ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

筋肉痛のメカニズムについて教えてください。グルコースを嫌気呼吸によって分解し、その結果エネルギー(ATP)を取り出すとともに、副産物として乳酸ができることまでは理解しています。
わからないのは、この乳酸がどのように筋肉痛と関係があるのか?もう一つは、筋肉が疲労していることと、筋肉痛は関係あるのかどうかということです。グルコースが乳酸になることと、筋肉疲労がいまいちイメージとして結びつきません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

24blackbirdsさんのご指摘の通りと思います。

乳酸は疲労物質ではなく,アシドーシス(酸性化すること)による悪影響を排除しているようです。

筋肉痛のメカニズムにつきましては,最近の説を紹介しますと,激しい運動で活性酸素が発生し,この活性酸素が筋繊維の細胞膜やタンパク質を破壊し,痛みとなって現れると考えられているようです。

原論文は,金沢大学?の先生が出したはずですが残念ながら見つかりません。何かの参考になりましたなら…
    • good
    • 0

無酸素運動→乳酸→疲労 という図式を否定する研究結果が出てきているようです。

乳酸は老廃物ではなく、糖の代謝の中間産物なのだと。筋肉痛のメカニズムは完全に分かっているわけではないようですが。

下記URLに第1回乳酸研究会の案内があります。

参考URL:http://idaten.c.u-tokyo.ac.jp/~hatta/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳酸と乳酸飲料

馬鹿な質問です。
今、生理学の勉強で代謝関係を扱っています。
好気性エネルギー産生機構や乳酸酸性機構やATPのとこです。
素朴な疑問なのですが老廃物、疲労物質の乳酸ってありますよね、あれと乳酸飲料に含まれる乳酸って成分は一緒なのでしょうか?

Aベストアンサー

一緒です。ただ、体内の乳酸は補酵素(例えばCoAなど)やリン酸化されていて反応性が高くなっている場合も多いです。

Qαグルコースとβグルコースを混同してしまう

よろしくお願いします。気合いで覚えろと怒られそうですが
今日も模試で『あれ?どっちが-OH下だっけ?』と混乱し怖くなりました。
私はヘミアセタール構造が直線に近い方がαと覚えているのですが
何か良い覚え方はないでしょうか?
αとされたいわれがシステマティックで覚えやすいものならそれが一番ですし
なにか理由付けにより記憶が強化できたらと思っています。
ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は4位と同じ側に-OHがある→α
     逆にある→β

と覚えました。

Q身体のコリの乳酸が溜まっているという表現とヨーグルトの乳酸菌の乳酸は同じ意味ですか? ヨーグルトを

身体のコリの乳酸が溜まっているという表現とヨーグルトの乳酸菌の乳酸は同じ意味ですか?

ヨーグルトを食べると乳酸が溜まって肩こりになる?

Aベストアンサー

動物は、ケルビンサイクルでグリコーゲンからエネルギーを
創出します。その時の老廃物が乳酸です。これが筋肉にたまり
静脈から血液を通じて排泄あるいは分解されないと肩こりなどの
筋肉痛になります。ヨーグルトの乳酸は、一部は吸収されて
分解されるかもしれませんが、腸内の酸性を維持して雑菌の
繁殖を抑制する効果がありますが、これが肩こりの原因に
なることはありません。日本酒の醸造でも乳酸発酵による
酸性維持で雑菌を抑制し、発酵酵母の働く場を維持させています。
自然界の不思議です。

Q好気呼吸と嫌気呼吸の違い

好気呼吸と嫌気呼吸の違いってどんなものなのでしょうか?また「発酵」反応の種類ってどんなものがあるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

好気呼吸とは我々が行う呼吸の事で、
有機物(グルコース:ブドウ糖とか)を酸素を使って分解しエネルギーを取り出します。
好気呼吸の特徴は有機物を水と二酸化炭素まで完全に分解できることで、
有機物1g当たりで得られるエネルギーが大きいです。

嫌気呼吸とは酸素を使わず有機物を分解する代謝で、
有機物を完全に分解することは出来ません。
従ってエネルギーの効率が悪く老廃物として有機物が残ります。

発酵とは微生物(細菌orカビ)の行う呼吸のことで、ほぼ「腐敗」と同義語です。
一般的には人間の役に立つ微生物の呼吸を発酵、
人間の役に立たない微生物の呼吸を腐敗と呼びます。

発酵は一般的に人間の役に立つ物質を生産しますから、
生産する物質の名前を取って、アルコール発酵などと呼ばれます。

Q乳酸は疲労物質でないことを証明したサイエンスの文献

「試してガッテン」で乳酸は疲労物質ではないことを証明するために「サイエンス」の文献を挙げていたそうです。

PubMedで検索する際に,その文献の著者や他のキーワードが解らないのですがご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

これのことかしら?

参考URL:http://www.ricoh.co.jp/abs_club/Science_f/Science-2004-0820.html

Q好気呼吸と嫌気呼吸は植物もするのですか

タイトル通りの質問です。

好気呼吸と嫌気呼吸は植物でいうと光合成にあたるのですか。

又、酵素について(つくり、性質、働き等)は植物を勉強する上で必要ですか。

宜しくお願います。

Aベストアンサー

 詳しくはまたの機会にしますが、簡単に考え方だけを言います。
 「呼吸と光合成は正反対のものです。」
 呼吸は有機物を分解し無機物などのより簡単なものにし、そのとき生じるエネルギーで生命活動を維持する。好気は酸素を必要とする(空気が好き)、嫌気は酸素を必要としない(空気が嫌い)という意味です。
 光合成は光エネルギーを利用して、無機物質の二酸化炭素と水から有機物を合成する反応です。このとき、水の分解時に副産物として酸素が放出されます。
 つまり、呼吸はエネルギー放出反応で、光合成はエネルギー吸収反応なのです。
 なお、これらの反応はすべて、「酵素」の関わる反応です。もちろん、植物も生きていますから、「呼吸」はします。

Qガンの犬に乳酸菌はダメ?今後のアドバイスも頂けると大変助かります。

ガンの犬に乳酸菌はダメ?今後のアドバイスも頂けると大変助かります。

乳酸菌は免疫向上に良いとよく聞きます。

しかし、以下のように記載されているサイトがありまして、
実際に癌の犬に与えて良い物なのか迷っております。

アドバイスいただけませんでしょうか?

以下抜粋しました。
【ガン細胞は単純な炭水化物(ブドウ糖など)を好んでエネルギー源として代謝し、
乳酸を産生します。
この乳酸は犬にとって廃棄物で、この処理にエネルギーが奪われます。
ガンのエサとなる炭水化物(ブドウ糖)と処理にエネルギーが必要となる乳酸は
与えないほうが良いのです。

乳酸菌とは腸内で糖を分解して大量の乳酸をつくり出す細菌の総称。
乳酸やブドウ糖はガン患者の炭水化物代謝に負担をかけることになります。】

以上です。

私の愛犬は大型犬12歳で肺ガンです。
咳、痰、貧血、肺炎などの症状があります。
高齢の為、手術は避けた方が良いのと、抗がん剤は効かないタイプのガンだそうで
免疫療法、ステロイドなどのお薬でQOLを上げる事にしました。

上記の症状に積極的に食べた方が良い食べ物などありますか?
リンゴが肺疾患に良いと聞いたので
リンゴとパセリをミキサーでジュースにした物を凍らせて毎日少しずつ食べてもらってます。

動物用の酸素の機械を借り、出来るだけ笑顔で接して、体に負担をかけないように少しだけですが外気浴もしてもらい、横になっている時は話しかけ、マッサージをしています。

しかし、呼吸が苦しそうで昨日あたりからあまり眠れてないみたいです。
伏せの状態でいる事が多くなりました。横になると辛そうです。
食欲はあり、寝たきりの状態ではありません。

彼女の為にできる事はなんでもしたいです。

なんでもいいのでアドバイスをお願いします。
まだ安楽死は視野に入れていないので、それ以外でお願いします。

ガンの犬に乳酸菌はダメ?今後のアドバイスも頂けると大変助かります。

乳酸菌は免疫向上に良いとよく聞きます。

しかし、以下のように記載されているサイトがありまして、
実際に癌の犬に与えて良い物なのか迷っております。

アドバイスいただけませんでしょうか?

以下抜粋しました。
【ガン細胞は単純な炭水化物(ブドウ糖など)を好んでエネルギー源として代謝し、
乳酸を産生します。
この乳酸は犬にとって廃棄物で、この処理にエネルギーが奪われます。
ガンのエサとなる炭水化物(ブドウ糖)と処理にエ...続きを読む

Aベストアンサー

「ガン細胞は単純な炭水化物(ブドウ糖など)を好んでエネルギー源として代謝し、乳酸を産生します。
この乳酸は犬にとって廃棄物で、この処理にエネルギーが奪われます。
ガンのエサとなる炭水化物(ブドウ糖)と処理にエネルギーが必要となる乳酸は与えないほうが良いのです。
乳酸菌とは腸内で糖を分解して大量の乳酸をつくり出す細菌の総称。
乳酸やブドウ糖はガン患者の炭水化物代謝に負担をかけることになります。」


全くの嘘ではありませんが、全くの正解でもありません。
乳酸菌を補給しなくても、生き物の腸内には、乳酸菌がそもそもたくさん居ます。
サプリメントで補給する乳酸菌で、負担が掛かることはないでしょう。
また、乳酸は、腸管内で別の菌が産生するアンモニアなどの有害物質を中和します。
そもそも、酸味のキツイものを犬はあまり好まないと思いますので、乳酸そのものを与えることはほとんど無いでしょう。

どうしても心配であれば、乳酸を産生しない死菌の乳酸菌サプリメントを与えてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.nichinichi-phar.co.jp/kenkyu/fk_23.htm

「ガン細胞は単純な炭水化物(ブドウ糖など)を好んでエネルギー源として代謝し、乳酸を産生します。
この乳酸は犬にとって廃棄物で、この処理にエネルギーが奪われます。
ガンのエサとなる炭水化物(ブドウ糖)と処理にエネルギーが必要となる乳酸は与えないほうが良いのです。
乳酸菌とは腸内で糖を分解して大量の乳酸をつくり出す細菌の総称。
乳酸やブドウ糖はガン患者の炭水化物代謝に負担をかけることになります。」


全くの嘘ではありませんが、全くの正解でもありません。
乳酸菌を補給しなくても、生き...続きを読む

Q好気呼吸・嫌気呼吸条件下での酵母の作用

酵母(ビール酵母)を好気・嫌気下で培養し、利用されたブドウ糖量、エタノール生成量、菌体生成量を測定しました。
ブドウ糖量、エタノール生成量は理解済みですが、菌体生成量の実験データからなにが読みとれるのかわかりません。ヒントを教えて下さい。

菌体生成量の測定
操作>
遠心管の風袋(A,B)の重量を測定
遠心管に好気培養(A)、嫌気培養(B)それぞれ一定量を入れる
遠心分離機にかける
沈殿物と上澄みに分離され、その上澄みを捨てる
残った沈殿物が入った遠心管を凍結乾燥させる
乾燥後の遠心管の重量を測定

その結果、乾燥後の重量-風袋の重量(g)が
好気下A…10.9g
嫌気下B… 1.52g
となりました。※Bは完全な嫌気下ではありません

残った沈殿物は酵母ですか?確信がもてません

Aベストアンサー

一般的に炭素源等が水溶性であるなら、遠沈物は
酵母であると考えて問題は無いと思います。
最終的には、エタノールおよび二酸化炭素・水になるんですから・・・

補足ですが、
呼吸では、グルコース1分子が完全に燃焼すると、高エネルギー化合物であるATPが38分子生成します。
一方、発酵では、グルコース1分子から2分子のATPが生成します。
グルコースあたりの量からみると、発酵によるエネルギーの獲得は呼吸よりはるかに劣ります。
なので同じエネルギーを得るためには、酵母は嫌気的条件の方が好気的条件よりグルコースを多量に消費することになります。
好気下の方でグルコース消費量が少なかったかと思いますが?これは、パストゥール効果といいます。

以上のことから、多くのエネルギーが作られる好気培養の時は、増殖速度も大きくなり結果、菌体重量となって現われたということでは、ないでしょうか?

答えになっていなかったらゴメンナサイ。

Q乳酸菌と乳酸の違いって?

腸まで届く乳酸菌が豊富と聞いて、毎日キムチを食していますが、
乳酸を体に溜め込むと、疲れやすい、むくみ、痩せ難いなどの原因になるということも聞いて、不安になりました。
主に、筋肉を使うと乳酸が発生すると聞いてます。
乳酸菌を採る事によって乳酸も発生して体に溜め込むのでしょうか?
乳酸と乳酸菌に違いってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ビフィズス菌が作る乳酸と、筋肉エネルギーを使う際発生してしまう疲労物質乳酸は、
基本的に同じ酸性物質だそうです。

ただし、本来酸性であるべき腸内で発生すれば、体に良い影響を与えますが、
弱アルカリ性であるべき筋肉の中では悪い影響を及ぼしてしまうそうです。

よってキムチの乳酸は、腸で働き体に良いということになります。

http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruyogurt/yogurt5.htm

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruyogurt/yogurt5.htm

Qグルコースの代謝

中学校・高校の理科で習った記憶があり、グルコースは解糖系のスタート物質であり、また、解糖系は全ての生物が持っているものだと認識していたのですが、グルコースを利用できない微生物(レジオネラなど)がいることを最近知りました。
なぜグルコースを利用することができないのでしょうか?解糖系をもっていないのですか??
ご回答のほど、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

解糖系を持たない生物がいるのかどうかは知りませんが,
レジオネラについては全ゲノムが解読されており,解糖系の遺伝子を持っていることが報告されています。
おそらく培養条件ではグルコースの取り込みか,グルコースの代謝に関わる遺伝子が働かず,
例えば細胞内に感染したときなど条件がそろった場合に解糖系を機能させているのかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報