今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

世界史で中国の漢の時代についてなんですが、前漢の時代に封建制と郡県制を併用した郡国制にシフトしたのはなぜですか?この頃、郡国制にするメリットとはなんだったのですか?

A 回答 (4件)

秦の中央集権に反発して全国各地で反乱がおき、結果前漢が成立します。


ですから、前漢が発足当時は封建制度だったんですよ。

でも封建制度だけだと、諸侯の力が温存されます。ですので直轄地をふやして郡県制をふやしていったのです。皇帝の直轄地が増えた方が皇帝の力も強くなりますし、諸侯の力を削ぐことができるからですよ。

下記のページが分かりやすく書かれています。

【古代のアジア】郡県制と郡国制の違い(高校生の苦手解決Q&A)
https://kou.benesse.co.jp/nigate/social/a13y0203 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考文献までのせてくださり、ありがとうございます‼️わかりやすかったです‼️

お礼日時:2020/08/26 15:50

日本の江戸時代と同じ。


最初は、強い大名にそのまま広い土地を与えるしかなかった。
いろいろと転封やらお家取り潰しを繰り返して、徳川の支配する安定した国にしていった。

漢も、最初は功臣たちに広い領土を与えるしかなかった。その後、支配しやすい形に変えていった。その時、参考にしたのが秦の支配システムだった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど‼️徳川の例はわかりやすいですね‼️ありがとうございます‼️

お礼日時:2020/08/26 15:52

自国の重要な地域には、自分の部下を配置し、それ以外の地は「地域の支配者」に任せることで、


それまでより広い地域を支配できるようになるからです。
実際、封建制地域も、その後重要な地域は、皇帝の「直接の支配地」になっていきますから。
「倭」の国や「韓」はそれほど重要でなかったため「封建制」の外に置かれていたわけですが、
逆に「封建制の仲間に入れて」とお願いする使者を送っていることからもそうした事がわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう背景もあるんですね‼️ありがとうございます‼️

お礼日時:2020/08/26 15:53

周の封建制も、秦の郡県制も結局


滅びたわけです。

それで、両者の利点を合わせた
郡国制にしました。


○コピペ
漢は、もともとあった国を残して、ゆるやかな『郡国制』を築いたんです。

まず周の『封建制』。各地の諸侯に統治を任せる方法です。

次の秦の時代に行われたのが『郡県制』。
こちらは各地に中央から役人を派遣して、
その土地を治めるようにする。
中央集権制のシステムですね。
しかし、このやり方は人々の反発を招いたわけです。
そこで漢が始めたのが周の『封建制』と秦の『郡県制』を合わせた
『郡国制』です。
こうすることによって、地方の不満を和らげようとしたわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にとてもわかりやすかったです‼️ありがとうございます‼️

お礼日時:2020/08/26 16:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング