「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

1. ひとは 分かりあえないか?

2. なぜか?

3. たとえばひとは孤独である。生涯 意志行為にあっては《われ
ひとり》として生きる。協力とは 意志の主体たる一人ひとりから成
る。

4. ただしこの孤独は 社会にあって 《孤独関係》である。孤独
関係でない孤独はない。

5. 分かり合えないなら 分かり合えないと互いに分かり合う。の
ではないか?

6. 《関係の絶対性》が あなたの目の前に見えているのではない
だろうか?




☆ コミュニケーションについてです。自由なご見解をお寄せくださ
い。問い求めてまいります。

質問者からの補足コメント

  • №12つづき1

    ☆☆ 〔西行の歌を〕うたって人びととそのマジハリを――
    前へ――すすめてゆけるか?

    ★ 他人と分かり合いたい気持ちがあっても完全には無理な
    ので、できるだけ期待しないで(ハードルを下げて)すすめ
    ていくのが良いかと。
    ☆ 《ことばによる応対》では――表面的には でしょうか
    ―― ふつうに生活しえています。すでに低いハードルでが
    んばっています。

    ★ 多く期待するだけ、求めるだけ、自分の苦しみもそれだ
    け多く(深刻に)なります。ゆっくりとなら可能だと思いま
    す。
    ☆ そう思って 静かにおとなしく生活をふつうに送ること
    だけを念頭にやって来ているのですが なお心が錆びついた
    ようになっています。

    もしそういう人のそういう状態が 現実にあったとしたらど
    するか? といった問いとして出してみました。

    つづく

    No.12の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/08/27 09:57
  • №12つづき2

    ☆☆ もののあはれを知る・・・ことは ひとにすがすがし
    さをもたらすか???

    ★ これには仏教に通じるような一種の「諦め」が必要なの
    かも知れません。
    ☆ でも西行は とある沢から鴫が飛び立つのを見て いわ
    ば《さとった》のかも知れません。

    かつて物語でスサノヲは 村人たちとチカラを合わせてヤマ
    タのヲロチを退治したあと やっと・生まれてこの方初めて 
    《わが心 すがすがし》と言ったそうです。必ずしもブディ
    ズムとは限らないように思うんですが?


    ★ ・・・・意地悪ですねえ・・・・(><)
    ☆ なんですが わたしも:
    ★ お手上げ
    ☆ なんです。

    どうやら 現実の世の中には――いわゆる中間層として――
    ぎりぎりのところでがんばっている人たちがいるのではない
    か・・・と思っての問いでした。

      補足日時:2020/08/27 10:00
  • №13つづき1

    ★ また、一人でいる適度な時間もある程度、必要です。プラ
    イベートな時間と言いましょうか。
    常に他人と一緒にいると神経疲れしてしまいます。
    ☆ 《固有時》なんて言いますね。


    ★ ただ、その孤独感が日常化し、適度でなくなった時に寂し
    さや虚しさ、深刻になると絶望感(分かり合えないという)に
    変わり、精神が不健全になってしまいます。
    あまりにも深刻な状態に陥る人も増加しており、カウンセラー
    という職業もあります。
    他人に奉仕するボランティアも効果的かも知れません。
    宗教も有益だと思います。たしか精霊による洗礼を受けたはず
    です。
    ☆ なんとか哲学としての答えを得たいとは思います。信仰論
    を 現実の現実に合わせて表わし得ればよいかも知れないので
    すが。

    つづく

    No.13の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/08/27 14:14
  • №13つづき2

    ★ ・・・他人とは分かり合うのは無理だという諦めを前提に
    して、割り切って仕事をこなしていた方が楽かも知れませんね。
    ☆ 心の中の何もない地べた そこにも分かり合える根っ子は 
    根づくか? という問い求めです。

    ★ たまに分かり合えた時・理解された時に喜びがあるからで
    す。
    いくらハードルを下げて他人に期待などしなくても、同調して
    いる「振りをしている自分」をごまかせませんから。むなしさ、
    寂しさなどが生じてきます。苦しみます。
    ☆ たぶん現代人のなやみとして よく描いてくれました。
     
    ★ 欧米では個人主義が当たり前で「ありのままの自分」が許
    容されますが、日本では出る釘は打たれる、空気を読めなど、
    いろいろな協調性が社会生活では求められる文化です。
    ☆ 次のように問うたことがあります:

    つづく

      補足日時:2020/08/27 14:21
  • №13つづき3

    【Q:日本人の強調性は 稲作農耕という経験から来たか】
    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8191551.html?isShow …

    ☆ ただし次の研究あり。
    ▲ 『日本人は集団主義的』という通説は誤り
    https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/p01_200 …

    ★ 近年、若い世代が台頭してきて、日本も互いの個性を認め合
    う・許容するように変化しているような印象は受けますが。
    ☆ はい。
    ★ 果たして・・・社会が変わるものかどうか様子見です。

    ★ 「諦める」ことが悟りにとって大切
    「悟り」と「ニヒリズム」が似ている
    バイブルを読むことも有益
    適度な運動で汗を流す。

    ★ 頭の良い賢く博識な方たちが多くいらっしゃるので、ナイス
    な助言が得られると良いですね。
    ☆ 期待します。

      補足日時:2020/08/27 14:26

A 回答 (16件中1~10件)

「寛容に徹して」「人権の尊重」をはかれば分かり合えます



狭い地域でさえ、価値観は違います
まして世界では、環境が伝統が常識が文化が違うため
多種多様の価値観が生まれます
それらに合わせる事など不可能です
だから
「寛容に徹して」「人権の尊重」をはかるしかありません

寛容とは、個人が進んで他者の尊厳を擁護
     しようとする心である。
寛容は、人間の尊厳に対して義務をもつ
    価値観としてあらわれる。
寛容は、他者を理解し、他者の異なるあり方を
    尊重する能力を必要とする。
寛容は、安定した立脚点を前提とする。
寛容は、どのような文化的環境の人にとっても
    保護・尊厳・自由に役立つものである。
寛容を保障し、さらに発展させることは、
教育の核心的要素であり一般的義務である

寛容とは傍観ではありません
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 「寛容に徹して」「人権の尊重」をはかれば分かり合えます
☆ 基本原則でしょうか。――原則を捻じ曲げる動きには どう
立ち向かうか?


★ 狭い地域でさえ、価値観は違います
まして世界では、環境が伝統が常識が文化が違うため
多種多様の価値観が生まれます
☆ その多様性を尊重せよと。
それには:
★ 「寛容に徹して」「人権の尊重」をはかるしかありません



★ 寛容とは、個人が進んで他者の尊厳を擁護
     しようとする心である。
☆ 価値観を――と言って茶々を入れることばかりしますが――
平気でころころ変える人の場合も その自由をとうとぶ?


★ 寛容は、人間の尊厳に対して義務をもつ
    価値観としてあらわれる。
☆ 強制的に・つまりは脅しなどで 価値観を変えさせられた場
合には その脅迫者を非難する ですね。

★ 寛容は、他者を理解し、他者の異なるあり方を
    尊重する能力を必要とする。
☆ このとき 付和雷同で強い者に就く場合もあります。しかし
それは 自由だとみとめねばならない ですね。


★ 寛容は、安定した立脚点を前提とする。
☆ 事なかれ主義も いわば《安定した立脚点に立つ》かも知れ
ない・・・けれど。



★ 寛容は、どのような文化的環境の人にとっても
    保護・尊厳・自由に役立つものである。
☆ ということは 強者がヴェト( veto )を持つことは 寛容
ではない?


★ 寛容を保障し、さらに発展させることは、
教育の核心的要素であり一般的義務である
☆ 批判の――学問的批判の――自由も 寛容であると思われま
す。
つまり:
★ 寛容とは傍観ではありません
☆ というふうに。


特殊なケースや例外的事項などに注意して いちゃもんばかりを
つけました。あしからず。

お礼日時:2020/08/28 09:19

陸上イージスは検索してないですが、沖


は戴せうなのでh僧ね。縄県よりも山口県の法が

落ちてもいないブースターと
落ちてもいないオスプレイ

アイスキューブで検索いsたら
黒人のラッパーでしたし、

地域によって人のいオチも価値も違うのでしょうかね。
    • good
    • 1

https://www.asahi.com/articles/ASN8V44DZN8KUTFL0 …

~~~~~~~~~
朝日新聞にyoutuberの葉対置とか言うyoutuberとかれから私が数学とか狂句youtuberの横臥を見るのはダメな尾でしょうか。なぜ煽れれてるのでしょうか。一が登場思案したが、
なぜ写真のアングルが右側から配置を見ているアングルなのでh層
配置も朝日深部腕紹介されましたから
そr

私は紹介もsレズだとかなぜゲイなのでしょうか。
意味側kら二のですが。八はレズのゲイ奈央でしょうか。八がゲイ奈央ですか。
なせkどんどん差が開いていきますね。
    • good
    • 1

お礼と補足を拝見いたしました。

苦しんでいらっしゃるみたいですね・・・・

ブラジェ先生の悩みだったのですね。
ブラジェ先生の場合は一人だけ傑出・突出しているからです。
周囲に同調しても「振りをする」程度で本音を晒せません。その点きついし、しんどいですよ。
妬みや、やっかみや、いろいろ軋轢が出てきます。

でも、こうした悩みは別に特別なものではありません。
大人は誰しもが(その辺の人も)抱えています。
私だって文章を書いていて、自分のことかな?と思いました。

本音と建て前を使い分けなければ社会生活が成り立たないのです。
誰しもが。
そして、プライベートで気の合う友人なり、本音を晒せる親友がいれば楽です。
たとえ、その友人・親友と分かり合えていなくても、本音を晒して受け入れてくれる寛容さを備えている相手がいれば気が楽になれるのです。
ですが、現代ではほとんどの人が、そういった友人なり・親友を持ちづらいです。
一人でもいる人は珍しいでしょう・・・・
そして、知識や知能が高まることで、悩みも深刻になり苦しみます。
伝道者の書にあるようにです。
平凡であればあるほど友人・親友など共感者も得やすいものです。

大抵の人たちはお酒や娯楽や没頭できるような趣味、恋愛、パートナー探し、SNSやLINEなどがあり、個人個人で孤独を紛らわせる対処法を持っているものです。
また、一人でいる適度な時間もある程度、必要です。プライベートな時間と言いましょうか。
常に他人と一緒にいると神経疲れしてしまいます。

ただ、その孤独感が日常化し、適度でなくなった時に寂しさや虚しさ、深刻になると絶望感(分かり合えないという)に変わり、精神が不健全になってしまいます。
あまりにも深刻な状態に陥る人も増加しており、カウンセラーという職業もあります。
他人に奉仕するボランティアも効果的かも知れません。
宗教も有益だと思います。たしか精霊による洗礼を受けたはずです。

ブラジェ先生の場合は他人とは分かり合うのは無理だという諦めを前提にして、割り切って仕事をこなしていた方が楽かも知れませんね。
たまに分かり合えた時・理解された時に喜びがあるからです。
いくらハードルを下げて他人に期待などしなくても、同調している「振りをしている自分」をごまかせませんから。むなしさ、寂しさなどが生じてきます。苦しみます。
 
欧米では個人主義が当たり前で「ありのままの自分」が許容されますが、日本では出る釘は打たれる、空気を読めなど、いろいろな協調性が社会生活では求められる文化です。
近年、若い世代が台頭してきて、日本も互いの個性を認め合う・許容するように変化しているような印象は受けますが。

ちなみに私は仏教には詳しくありませんが、たしか般若心境の教えに「諦める」ことが悟りにとって大切な教えと聞いたことがあります。間違っているかも知れません・・・・
そして学生時代に教授から「悟り」と「ニヒリズム」が似ている状態であると教えられました。
それと無人島に持っていくならバイブルと言われているぐらいです。バイブルを読むことも有益だと思います。
あとは確か誰かが仰っていらっしゃいましたが、適度な運動で汗を流す。


心の専門家でもない私にできるコメントはこれくらいしか思いつきません。
果たして、社会の担い手が若い世代に変化することで、社会が変わるものかどうか様子見です。

お力になれず長々とした駄文を申し訳ありませんでした。お手上げです・・・・m(。。)m

PS.
このカテには頭の良い賢く博識な方たちが多くいらっしゃるので、そういう方のナイスな助言が得られると良いですね。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あたたかいコメントをいただき感謝します。

わたしの悩みをめぐってですが:
★ 周囲に同調しても「振りをする」程度で本音を晒せません。
その点きついし、しんどいですよ。
妬みや、やっかみや、いろいろ軋轢が出てきます。
☆ ええ。そういった問題です。回答№2氏は 何気なく《な
わばり》といった問題点をも指摘しています。


★ でも、こうした悩みは別に特別なものではありません。
大人は誰しもが(その辺の人も)抱えています。
私だって文章を書いていて、自分のことかな?と思いました。
☆ そうでしたか。《中間層》と言えばずいぶん広いはずです
が・その中の一部分の人びとかなとは はじめに思いましたが
そうなんですか かなり一般的でしょうか。

クウキ問題じたいは 一般性がありますが。


★ 本音と建て前を使い分けなければ社会生活が成り立たない
のです。
誰しもが。
☆ うむ。まあ そういう問題としてなら 広範ですね。

★ そして、プライベートで気の合う友人なり、本音を晒せる
親友がいれば楽です。・・・寛容さを備えている相手がいれば
気が楽になれるのです。
☆ 《ひとり感》は薄れますか。たとえ居心地がよくないとし
ても。居場所を見つけにくいとしても。

★ ですが、現代ではほとんどの人が、そういった友人なり・
親友を持ちづらいです。
☆ あぁ。

★ 一人でもいる人は珍しいでしょう・・・・
☆ 学生時代の友くらいかも分かりません。あるいは それも
・・・。


★ そして、知識や知能が高まることで、悩みも深刻になり苦
しみます。
・・・平凡であればあるほど友人・親友など共感者も得やすい
ものです。
☆ 日経の交友抄を読んでいると 《馬が合う》友人は出来る
ようなのですが。


★ 大抵の人たちはお酒や娯楽や没頭できるような趣味、恋愛、
パートナー探し、SNSやLINEなどがあり、個人個人で孤独を紛
らわせる対処法を持っているものです。
☆ 《孤独をまぎらわす》 これはたぶん 哲学の答えではな
いですね。

つづく

お礼日時:2020/08/27 14:10

お礼を頂きありがとうございます。



質問を預かりましたので、回答を試みてみたいと思います。私なりの。

(あ) 言わばあいまいな孤独関係の中に落ち込んで 独り
わびしさを募らせている と同時に――孤独関係の関係性の
部分で――むしろみんなに対して なぜかそのような自分で
あることを詫びたい気持ちになっている。

まず詫びることの必然性を考えると思います。
必要のある「詫び」なのかどうか?
ただ、「詫びる」という行為は他者に受け入れられれば
自分が楽になれます。その点、詫びた方が楽ではあります。
ですが、これは個人の自由です。別に詫びなくてもいいと思います。
そして、この場合「そのような自分であること」が原因になっています。
これは仕方のないこと、どうしようもないことであり、「詫びる」ことで「そのような自分」=「ありのままの自分」を否定する、あるいは若干傷つけることになる可能性があります。
それが平気で気にならないならば「気持ちになっている」ので、気持ちに素直になって詫びた方が楽であろうと思います。


(い) 同じくそのような状態にあって さびしさが心の中
に雪のように積もってしまっている。なぜか 自分ひとりだ
けのように思う。言いかえると――人びとの輪の中になおあ
るけれども じつは―― 心が錆びついてしまった。

☆ このような場合 総合的に言って 分かり合える状態に
あり得ているか?


「心が錆びついてしまった」状態は他者とは十分には(総合的には)「分かり合えている」とは言えない状態であると思います。


☆ とうたって人びととそのマジハリを――前へ――すすめ
てゆけるか?

他人と分かり合いたい気持ちがあっても完全には無理なので、
できるだけ期待しないで(ハードルを下げて)すすめていくのが良いかと。
多く期待するだけ、求めるだけ、自分の苦しみもそれだけ多く(深刻に)なります。
ゆっくりとなら可能だと思います。


もののあはれを知る・・・ことは ひとにすがすがしさをも
たらすか???


これには仏教に通じるような一種の「諦め」が必要なのかも知れません。

個人的には以上のように考えます。
自分で何を書いているのかよくわからなくなりました・・・・(汗)
正直、お手上げです・・・・意地悪ですねえ・・・・(><)
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


☆☆ (あ) 言わばあいまいな孤独関係の中に落ち込んで
・・・むしろみんなに対して なぜかそのような自分である
ことを詫びたい気持ちになっている。

★ まず詫びることの必然性を考えると思います。
必要のある「詫び」なのかどうか?
☆ もっともです。そしてわたしがこのケースを引き合いに
出したときには《なんとなく〔そういう気持ちになる場合〕》
を想定していました。(と告白します)。

★ ただ、「詫びる」という行為は他者に受け入れられれば
自分が楽になれます。その点、詫びた方が楽ではあります。
ですが、これは個人の自由です。別に詫びなくてもいいと思
います。
☆ たしかにその理由――必然性――が問題です。しかもわ
たしは 《侘びしさ》を《詫びる》に――そして《寂しさ》
を《錆びる》に――引っかけて表現したかったに過ぎないか
も知れません。

★ そして、この場合「そのような自分であること」が原因
になっています。
☆ その自分とまわりの人たちとの関係がかかわっているか
も知れませんが ひとまづ自分の問題でしょうね。

★ これは仕方のないこと、どうしようもないことであり、
「詫びる」ことで「そのような自分」=「ありのままの自分」
を否定する、あるいは若干傷つけることになる可能性があり
ます。
☆ 複雑ですと言いますか 情況や状態は あいまいなんで
す。《何となく詫びたい気持ちになる》という事態です。

★ それが平気で気にならないならば「気持ちになっている」
ので、気持ちに素直になって詫びた方が楽であろうと思いま
す。
☆ ・・・なんですが そうなんですが じつはなぜ詫びる
のかが 分からない。・・・

いわゆるクウキ――同調を要求するような――の問題である
かも分かりません。


☆☆ (い) 同じくそのような状態にあって・・・心が錆
びついてしまった。

☆☆ このような場合 総合的に言って 分かり合える状態
にあり得ているか?

★ 「心が錆びついてしまった」状態は他者とは十分には
(総合的には)「分かり合えている」とは言えない状態であ
ると思います。
☆ それが 《何となく》の問題ではないかと。《仲間の輪
の中には なおいる》のです。《仕事をそれとしてこなして
いる》のです。


つづく

お礼日時:2020/08/27 09:56

貴公が一方的に絶縁状を私に叩きつけるならば、貴公と私は分かりあえた時期もありましたが、既に、時遅しのような気がします。



自らの琴線に触れたからと言って、無視を続けるのは如何なものかとは思いますが。
    • good
    • 0

貴殿は神に仕えているのでしょうか。



万民に対して、貴公は開かれているのではなく、貴公が人を選別する思想については、納得いきませんが。

一体、貴公の何の琴線に私は触れたのでしょうか。
    • good
    • 1

%の問題じゃないでしょうか?



100%分かり合うのは無理な話です。
また、100%を期待するのもどうかと思います。
所詮、他人です。
生きてきた環境も見てきた風景も違います。

なので、
ある程度、話し合い、互いに妥協点を見出しつつ
(なるべく低めの理解度を設定した方が関係性がうまく行くと思います)
ある程度の納得・理解を得たならそれで良しとし満足する。

例えば、60%分かり合えたら、それで良し。

あとは、上手な距離感を保つことじゃないですかね?

哲学になっていなくて申し訳ありませんが・・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

つまり ひとは分かり合えると。
言わば存在どうしのその全体なる関係(情況)として見て。


ご回答をありがとうございます。


これまでの回答から鍵語をひろうならば:

◆ 尊厳・尊重:ひとの意志を蔑ろにしない
■ 答責性:言動に責任を持つ
▲ 《公約数》:その部分を大切にする・深める
☆☆ 孤独関係:分かり合えないところは分かり合えないと
して分かり合ってすすむ


☆ そう実践する中身として提案されているように思います。:

★ %の問題:例えば、60%分かり合えたら、それで良し。
★ 妥協点と上手な距離感:妥協しあえる関係を互いがその
  主体性を保ちつつすすむとの暗黙の了解




わたしは いぢわるで天邪鬼ですから なお問うてみます。


(あ) 言わばあいまいな孤独関係の中に落ち込んで 独り
わびしさを募らせている と同時に――孤独関係の関係性の
部分で――むしろみんなに対して なぜかそのような自分で
あることを詫びたい気持ちになっている。

(い) 同じくそのような状態にあって さびしさが心の中
に雪のように積もってしまっている。なぜか 自分ひとりだ
けのように思う。言いかえると――人びとの輪の中になおあ
るけれども じつは―― 心が錆びついてしまった。


☆ このような場合 総合的に言って 分かり合える状態に
あり得ているか?

たとえば:

 こころなき身にも あはれは知られけり
 鴫立つ沢の秋の夕暮れ

☆ とうたって人びととそのマジハリを――前へ――すすめ
てゆけるか?

もののあはれを知る・・・ことは ひとにすがすがしさをも
たらすか???

お礼日時:2020/08/27 03:06

「公約数」は分かり合えますが、他は尊重するか否定するかしたないでしょう。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

そうですね。個々の文とそれらの集まりである文章――
これらごとに分かり合えるかどうか? と問うたときに
は そのような結果になるのかも分かりません。


でも どうなんでしょう。《ひとは 分かりあえないか?》
と問うたときには むしろ信頼がおけるようになり あ
いつという人間は 分からんところもあるけれど これ
これこういうやつなんだ・・・といったふうに捉えて受
け容れることが出来るようになる。かどうか?
――ではないでしょうか?


★ 「公約数」は分かり合えますが、他は尊重するか否
定するかしかない
☆ とき その《否定する》場合をもすくうことが出来
るか?

否定しなくてもよいように・という意味は 分からない
ところは分からないという相互理解を成り立たせて前へ
すすめないか?


ということなら たしかにおっしゃるように:
★ 尊重する
☆ という場合があり得ると思えます。その方向を目指
すことになるでしょうか。

お礼日時:2020/08/26 22:13

HE WILL COME AGAIN.....


    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング