私の車が2年前に盗難されて警察からの連絡で今月発見されました。車はフレームNOを変えられてました。抹消書類は私が持ってます。発見された当時所有していた方(善意の第三者・怪しい人)が200万で買ったと所有権を主張してきてます.どのように対応していいかわかりません。車は警察が話し合いがつくまで渡してくれません。どうしたらいいでしょうか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、土地及びその定着物である不動産以外の一般の動産の取引の場合、取引行為の相手方が善意無過失平穏公然にその動産の占有を取得した時には、その相手方はその物の上に行使する権利を即時に取得します(民法192条)。


そして、その動産が、盗まれたり(盗品)なくしてしまった物(遺失物)であったような場合には、所有者は、その盗まれた時もしくはなくした時から2年間に限りその回復の請求をすることができます(民法193条)。
そして、その時に、現在の占有者がその盗品または遺失物を、
(1)通常同種の物を販売する商人から盗品または遺失物であることを知らずに購入した場合
(2)裁判所が関与した競売によって買い受けた場合
の上記2通りの場合に限り、現在の占有者が支払った代金と同額の代価を弁償しない限り、元の所有者は、その物を自分に引き渡せと相手に請求することはできません(民法194条)。

但し、monchan-man2さんがおっしゃるように、登記や登録により公示された動産については、この192~194条は適用されません(最判昭62年4月24日)。
つまり、未登録であった場合を除き、自動車登録制度により所有者が公示されている場合には、現在の占有者が自己名義の自動車登録をして自己が所有者である旨の公示が無い限り、真実の所有者であるburiltujiさんに対し、現在の占有者は所有権が自己にあることを主張することはできません。
つまり、現時点においても、buriltujiさんのみが所有者ということになり、相手方から無償で取り返すことができます。

この辺りの理屈を相手方にお話して、相手方が応じてくれない場合には、弁護士のどなたかに間に入って頂いた方が良いと思います。

相手方に対しては、所有者でもないのに車を使用して利益を得ていたということで、現在に至るまでの車の使用利益を不当利得として『不当利得の返還請求(民法703、704条)』をすることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変貴重ご意見参考になりました。
相手の出方が車なののかお金なのかわかりませんが
ご意見を参考に話しを進めていきます。
本当に有難うございます

お礼日時:2001/08/18 11:02

 自動車の場合は、登録制度が完備していますので真正な所有者が明らかであり、民法192条「善意取得」の対象とはならない、というのが通説だと思います。

ですから貴方は、現在の所有者から盗難車を無償で取り返すことができます。
 詳しくは、損害保険会社または弁護士会へご相談下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変貴重ご意見参考になりました。
相手の出方が車なののかお金なのかわかりませんが
ご意見を参考に話しを進めていきます。
本当に有難うございます

お礼日時:2001/08/18 11:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q条件付き所有権仮登記の抹消でご教示ください。1番 所有権移転 A 2番

条件付き所有権仮登記の抹消でご教示ください。1番 所有権移転 A 2番 農地法5条許可を条件とする仮登記(贈与) B 3番 移転(相続)C 4番 移転(相続)D と登記されています
Bは40年あまり許可申請しなかった。今回当該農地を贈与者の相続人に返還する手続きをしたいですが、仮登記の権利書を紛失している場合、どうしたらいいか悩みます。利害人からBの承諾書を添付して抹消の登記ができることが、本に書いてあります。相続人Dは利害人として申請できるでしょうか?
Dは当事者だと思うのですが。

Aベストアンサー

当事者であるが「利害関係人」としてよい。
登記研究461

Q売買の解除による所有権抹消登記

売買による所有権移転登記後に抵当権が設定登記されている場合に、売買が合意解除された場合、法定解除された場合において、所有権移転登記もしくは所有権抹消登記を行うのはどのような場合か?利害関係人の承諾が得られない場合には、所有権移転登記でなく「真正なる登記名義の回復」登記を行うのか?承諾があれば所有権移転登記でなく、所有権抹消登記をするのか? 抵当権は所有権移転については「利害関係人」でないのか?抹消登記の場合には「利害関係人」になるのか?合意解除も法定解除も「利害関係人の承諾」があれば所有権抹消登記で、承諾なければ所有権移転登記なのか?混乱しています。教えてください。

Aベストアンサー

 登記原因が何であろうと、所有権「抹消」登記ですから、所有権移転登記後の抵当権設定登記は、登記官が職権で抹消登記をします。ゆえに、その抵当権者は「登記上」の利害関係人に該当し、その者の承諾を証する情報の提供が必要なのです。これは、きわめて手続的な話です。
 一方、元の所有者に対して抵当権を主張できるかどうかは、実体法の話です。法定解除であれば、どの民法のテキストにも記述されている「解除前の第三者」、「解除後の第三者」というような実体法の解釈問題です。

 まずは以上のとおり、実体法の問題と手続法の問題の区別をしっかりしてください。
 
 その上で、実体法の問題と手続法の問題とをリンクさせると、登記上利害関係人に該当する抵当権者が、所有権抹消登記の承諾義務を負っているか否かの問題となります。元所有者に対して抵当権者がその抵当権を主張できるのであれば承諾義務はないということになりますし、主張できなければ承諾義務があるということです。
 ここで注意しなければならないのが「承諾義務を負っている。」=「承諾を証する情報の提供がある。」ではないと言うことです。承諾義務を負っているにもかかわらず、「承諾書+印鑑証明書」の提出を拒むと言うことは現実的にありえるからです。
 相手方が提出を拒否する以上、承諾を求める民事訴訟を起こすか、所有権「移転」登記をすることを前提に、抵当権抹消登記手続を求める民事訴訟を起こすしかありません。

 登記原因が何であろうと、所有権「抹消」登記ですから、所有権移転登記後の抵当権設定登記は、登記官が職権で抹消登記をします。ゆえに、その抵当権者は「登記上」の利害関係人に該当し、その者の承諾を証する情報の提供が必要なのです。これは、きわめて手続的な話です。
 一方、元の所有者に対して抵当権を主張できるかどうかは、実体法の話です。法定解除であれば、どの民法のテキストにも記述されている「解除前の第三者」、「解除後の第三者」というような実体法の解釈問題です。

 まずは以上のとおり、...続きを読む

Q終戦当時の土地の所有権について

 古い話で、申し訳ありません。昭和19年頃、終戦の前くらいの話です。
私の父親の両親が、残した土地があります。
わずかな土地です。

私の父親は、二人兄弟です。
私の父親の弟が、その土地を何十年も前から駐車場にして、利益を得ています。
私の父の方には、何の話もありません。
私には法律はわかりませんが、気持ちとしては、兄弟ならその土地の権利を等分に分けるか、お互いが話し合って、納得しあうものだと思います。
 
私の父に理由を聞いたら、「弟が結婚した時、その嫁が弟から権利書をとった」と言ってます。
また「とったきり返してくれないので、どうしようもない」と弟から聞かされたそうです。
 
 私の父に借金とか、その他、後ろめたいことは一切ありません。弟も同じです。

時代的な背景などが、あるかもしれません。
私の父は、弟もですが、早くから両親を亡くして、助けあってきたみたいです。
 現在、弟の方は優雅な生活をしてます。
私と父の方は、厳しい状態です。特に父は、90歳を越して、身体の具合が悪くなり、寝たり起きたりの超高齢者です。
駐車場の利益を分けてもらうか、土地の権利書を返してもらうことは、出来ないでしょうか?

 古い話で、申し訳ありません。昭和19年頃、終戦の前くらいの話です。
私の父親の両親が、残した土地があります。
わずかな土地です。

私の父親は、二人兄弟です。
私の父親の弟が、その土地を何十年も前から駐車場にして、利益を得ています。
私の父の方には、何の話もありません。
私には法律はわかりませんが、気持ちとしては、兄弟ならその土地の権利を等分に分けるか、お互いが話し合って、納得しあうものだと思います。
 
私の父に理由を聞いたら、「弟が結婚した時、その嫁が弟から権利書をとった」...続きを読む

Aベストアンサー

この場合、土地の権利書は、なんの関係もありませんよ、あなたの父親の両親が亡くなった時から、まだ相続手つずきをしてないようですが、相続権が兄弟2人の場合なら(実子、養子縁組)おとうさんが無くなった瞬間に二分の一の相続が自動的に確定します、その後二人で分担分の詳細を決める訳ですが、いつまでに法的手つずき、登記をしなければならない、と期間が定められているわけではないので、今から弟さんに相続分担の申し出をしても、まったくおかしな事ではありません。むしろ普通です。

この場合、弟さんの嫁さんは、まったくの部外者ですので、法律的に無関係です。
権利書、は残された土地の場所や広さなどを知る手がかりになるでしょう、権利書を持っていても権利を得た事にはなりません。(相続者に権利が引き継がれる為)

これから、相続権利者の相続が始まる、と考えてください。
正当な相続権利者が二人(兄弟、で共に実子)ならば先に書いたように、各自二分の一の相続が確定しています、ようは、登記など、法手つずきが、これから、という事です。

あと、現行法では15年間、善意の占有(他からの意義申し立てなく、管理、使用)していた場合は占有していた者の所有権が発生しますが、あなたがたの場合の、相続分が(二分の一)確定した後の占有になりますので、このかぎりではありません。

この場合、土地の権利書は、なんの関係もありませんよ、あなたの父親の両親が亡くなった時から、まだ相続手つずきをしてないようですが、相続権が兄弟2人の場合なら(実子、養子縁組)おとうさんが無くなった瞬間に二分の一の相続が自動的に確定します、その後二人で分担分の詳細を決める訳ですが、いつまでに法的手つずき、登記をしなければならない、と期間が定められているわけではないので、今から弟さんに相続分担の申し出をしても、まったくおかしな事ではありません。むしろ普通です。

この場合、弟さん...続きを読む

Q建物所有権の移転登記の抹消と建物の返還

学校のレポートの宿題で困っています。内容は

X所有の建物を同居中の愛人Aが知らない間に登記をA名義に変えた。Xはそれに気づいて当初はAに登記名義を元に戻すように求めたが、その後Aと婚姻することになったことなどから、長年そのままにしておいた。さらに、XはA名義のままで抵当権を設定して銀行から融資を受けるなどA名義を利用した。しかし、Xとの関係が破綻するに至って、Aは自己の登記名義を奇貨として、建物をYに売却してしまった。XがYに対して建物所有権の移転登記を抹消し、建物を返還するよう求めた。Xの請求は認められるか。

という宿題です。
Xの請求は認められますか?認められるのであれば、どのような理由で認められるのか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

同じ事例が、判例にあります、

自分で書籍を、、、、、。

Q墓地の永代使用権を所有権が移転したと主張されたら

 墓地の一部を共同持分として登記しています。その共同持分の中に10区画の墓地を作り、永代使用権として販売しました。ところが、きちっとした契約書を交わしていなかったため、のちのち所有権を主張されたらと心配しています。当方が持分登記をしていますので、相手が分筆登記はできないと思いますが、このまま放置しておいて大丈夫でしょうか。どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

そうしますと、販売した永代使用権を持っている者からのトラブルをご心配のようです。
(この点、私は、他の持分権者との争いと思っていました。)
それでしたらkurosio1さんを含め、永代使用権を販売した者は「墓地、埋葬等に関する法律」で云う管理者となります。その管理者は都道府県知事の許可を得た者と思われます。当然、お寺(僧侶)との契約もあったことと思います。
その者と永代使用権者との間では当然と契約を締結していないとなりません。
そうしないと、土地の所有権との争いはないとしても(所有権の争いはできない。)後々、何らかのトラブルはあり得ます。
例えば、利用者の範囲や期間、そして管理者の責任と使用料等々詳細に決めておいて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報