【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

私の父親は私の本当の父ではありません。私がこの事実を知ったのは母が7年前に再婚して4年経った頃の時でした。なぜ理解するのに四年も経ったのかと言うとまだ私は小学生で理解することができなかったためです。また、保育園生の時は父がいないことを私自身考えていなかった理由もあります。なので私の本当の父ではないと知るまでに時間がかかってしまいました。(顔も知らなかったし覚えていなかった)
このことを知った経緯は物心ついた時にアルバムを見ているとそこには今いる父のすががどこにも写っていませんでした。そのことがどうしても気になってしまって自分なりにアルバムを見返してみると私の母の母子手帳に知らない人の名前が書いてあってその時私はこの人が本当の父だと言うことが理解できました。母は再婚したことも本当の父のことも私に伝えてくれませんでした
母のラインに本当の父の電話が書いてあるのを見つけてしまいました。とっさにその電話番号をメモしてしまいました。母が再婚したこと、なんで本当の父と離婚した理由を母が言えないのなら、私が本当の父に聞いてみたくなりました。本気の父に電話をしていいと思いますか?

A 回答 (3件)

電話してもいいと思います。

知った以上すべきです。結果がどの様なものであってもそれを認めることで、次にどうすればいいのかに繋がります。

父親の存在を知りながら、何のアクションも起こさなければ、その子供は社会との関係に不安と緊張を抱えながら生きていくようになります。こういうことを言うと、母子家庭で育った子供が多い社会だ。と、言う次元の違うことを、あなたのご質問と同じ用に感じて言う人がありました。
    • good
    • 0

「親族とのトラブル」を除けば、離婚理由のほとんどが「性格」や「考え方」の違いによるものだと思います。



恐らく、質問者さんのご両親のケースもそうだと思います。

電話しても、お父様は、離婚理由を聞かれたら、責められているようで、困ってしまうと思うので、出来ればそっとしておいてあげた方が良いかと思います。

質問者さんは離婚理由が気になるかと思いますが、ごく一般的な離婚理由だと思いますので、察してあげてください。

どうしても離婚理由を聞かないと気が済まない場合は、それは仕方ない衝動ですので、聞いても良いかとは思います。
    • good
    • 0

自然な欲求だ。

母も責められないよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング