鉄骨構造の3階建てにALC版のイトンを使用しています。ALC版は外壁だけでなく、各階の床にも使用しています。
 築後24年になりますが、最近、床のALC版があちこちで隆起するようになってきて困っています。結構広範囲に、5~10mmぐらい隆起しています。
 つまづく可能性もあるので、何とかならないかと思っています。このようになった原因と対策について教えていただきますようお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

多分、ALC版が重量物の重みにより、たわんできたのだと思います。


その原因は、鉄骨の梁のピッチが粗いことが考えられます。
しかし、どなたかが書かれていたような『床に使用することは無い』ことは無いと思います。現に、私なんかも使用しておりますが、小梁等をきちんと入れておけば大丈夫と思いますが。ただ、質問者のように、24年前の施工では小梁等が足らないかもしれませんので、ちゃんとした、工務店で見ていただいたらと思いますが。
    • good
    • 0

もし、お住まいが住宅でしたら床下地は木軸ではないでしょうか、普通はALC版に直接仕上げはしません。


あるいは軽量コンクリート打ちの上にCFシートならば
ALC版自体が隆起したわけではないかもしれません。
どちらにしろ現場を見ないと判断は難しいでしょう。
信頼できる設計事務所なり、工務店に見てもらってください。
ALC版自体は施行実績もあり、床が落ちたという話も聞いたことが無いので安心して良いと思いますが、万一と言うことも有るので早急に行動を起こされた方が良いかと思います。
    • good
    • 0

床板にALCを使う場合、鉄筋の梁にかかっている部分はごくわずか(数センチ)なので、大丈夫かなと日々思うことがあります。



しかし、デコボコになってしまったものはしょうがないので取り替えた方が良いでしょう。

ALCというのは、いわば軽石みたいなもので、一応中に5~10ミリ程度の鉄筋が入っているので強度は大丈夫ですが、梁への架かり部分が短いのでそれが不安です。予算が許すなら他の部材も検討されてはいかがでしょうか?

ALC建築職人より
    • good
    • 0

基本的にALCは水分に弱いので現在は土間(床など)に


使用することはありません。
原因は下からの熱や蒸気後は結露といった
水分なんだと思います 
対策はそうなったらしょうがないので
そこを管理している不動産などに
問い掛けてみてください。
身近な建築一級を所持した工務店に 
相談に行ってください
ただしその場合お金がかかることがあるので
気をつけましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございました。
 鉄骨で建てられる家をずっと観察してきましたが、ALC版を床材として使用するケースは、おっしゃるように極めてまれでした。
 膨れは多分水分によるものと思いますが、最近急に多発してきている点が理解できないところです。膨れがあると構造自体の耐久性にも問題が出てくるのではないかと懸念しています。

お礼日時:2001/08/22 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QサイディングとALCパネルの違いは?

ネットや建築辞典の類を見ても、よくわからないのですが、サイディングとALCパネル(外壁パネル)って何が違うのですか?
「ALCパネル」が総称で、そのうちの一つに「サイディング」があるのか、それとも、二つは別のものなのか・・・
大きさのバリエーションは色々あるのですか?デザイン性や機能に優劣があるのですか?

ちょっと漠然とした質問ですいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サイディングとは外壁に張る板材の総称です。一般的に、セメントやセラミック、金属等を使った外壁材を指してます。

ALC(autoclaved lightweight concrete)パネルは軽量気泡コンクリートパネルの事です。

これくらいしか判りません。
(『イヒ』で有名な旭○成のヘー○ルパワーボードがALCなので覚えてました。)

Q鉄骨1階と木造2階部分の床の結露について

質問します
築6年の中古住宅を購入したのですが,一階部分が鉄骨で全て駐車場になっており、2階・3階部分が木造と言う建て方をしているみたいなのですが。
購入当時,空の部屋を見させてもらったときには,わからなかったのですが、
2階北東向きの部屋の床がカビだらけになっているのに,住んでから気づきました。
そのカビはちょうど、ベッドの真下部分になるので,全く気づかなくて,購入後,3ヶ月間住みつづけ、ちょっとベッド下を掃除しようかとベッドを移動させたら
黒白のカビが水っぽく生えていました。
主人は隣がお風呂場なので配水管が、ひび割れているのかと心配しているのですが,下水設備の人に調べてもらったら,ひび割れはしていないとのことで,
理由は建築構造の性だとのこと・・
1階が冷たいコンクリートの天井となり,その上に2階の木造の床を作っている為,どうしても温度差が存在し、結露が発生すると言われました。
で,ながながと書いて申し訳ないのですが、結局、この結露を防ぐにはどのようにしたらいいのでしょうか?
今、急ぎでドライペットの水取り受けのようなものを置いている状態です。
このまま放置していたら床が腐りかねません。
建築構造に詳しい方取り急ぎ回答をお願いいたします。

質問します
築6年の中古住宅を購入したのですが,一階部分が鉄骨で全て駐車場になっており、2階・3階部分が木造と言う建て方をしているみたいなのですが。
購入当時,空の部屋を見させてもらったときには,わからなかったのですが、
2階北東向きの部屋の床がカビだらけになっているのに,住んでから気づきました。
そのカビはちょうど、ベッドの真下部分になるので,全く気づかなくて,購入後,3ヶ月間住みつづけ、ちょっとベッド下を掃除しようかとベッドを移動させたら
黒白のカビが水っぽく生えてい...続きを読む

Aベストアンサー

現在1階駐車場の天井が貼られているのでしょうか、?

鉄骨が剥き出しの場合、鉄骨部が冷え(デッキの冷え)→コンクリートが冷え→
2階床が冷え→2階室内の温度が高く結露が発生したと考えたのですが、

天井が貼られている場合は、天井裏を確認してください(断熱材が入っているかどうかです、)

天井の新設に関しては、専門業者に頼まれたほうがよろしいと思いますが、
(断熱材入れも含む)

理由、天井張りには、足場を組む必要があり、足場の上での作業は危険が伴います、
実際に60cm上がった所から落ちて、死亡された方もいます、
又、1人では天井板となるケイカル板を持ちながら釘を打つことは、素人さんには無理です、

>かなりの費用がかかるのでしょうか
費用に関しましては、・…事務関係は事務員さんに任せているので費用関係は分かりません…すいません

>新築の際の造り方に問題もあったのでしょうか?
お住まいになられている地域の差もありますし又設計、施工の地域差も有りますので、分かりかねます、

QALC外壁と16mmサイディングのメリット・デメリット

新築の外壁で悩んでいます。

HMと契約は済んでいるんですが、契約前の詳細見積もり時のときに、予算をオーバーしていたので、HMとどこを削るか相談したところ
ALC外壁を16mmサイディングにすれば60万円くらい下がるとのことで結局それに変更しました。

ただALC外壁を今調べてみると、コンクリートみたいなものを吹きかけるので、サイディングより、防音、耐火、その他でかなり有利ということを知りました。

やはり新築するなら、60万円をケチるよりも、ALCに変更した方が長い目で有利なんでしょうか?


それとALCとサイディングのメリット・デメリットも合わせて教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

耐火性     ALC>サイデ        
耐震性     ALC>サイデ
気密性     ALC>サイデ
防音性     ALC>サイデ
価格      サイディングが安価
メンテナンス性 ほぼ同等
       (塗装等のリフォームが10年周期)
断熱性     ALC<サイデ
熱橋・熱損失  ALC<サイデ
雨漏      ALC<サイデ
融通性     サイディングのほうがリフォームしやすい。

施工方法でクリアーできる部分も多く、一概には言えませんが、ALC工法は私もお勧めできないですね。

Q鉄骨造ALC3階建の基礎への影響(浴室リフォームに伴う)

鉄骨造ALC3階建(築約25年/1階面積約20坪)の基礎について、浴室リフォームに伴う影響をご教示お願い致します。
 浴室リフォームでは浴槽の下のコンクリートを撤去すると思います。一方、鉄骨造では基礎の部分が木造と比較して比較的に幅広と思います。また、軒下通気口から見ると、地面表面に少なくとも40センチメートルは基礎から内側にコンクリートが見えます(建築図面がなく詳細は分かりません)。場所的には柱から離れてます。
 例えば、建築のときに基礎のコンクリートと浴槽のコンクリートが一体的に作られた場合など、浴槽の下のコンクリートを撤去するときに、基礎のコンクリートを傷めるようなことはないでしょうか。リフォームのために、構造体の一部を傷つけるのは本末転倒にも思えます。なお、浴槽は壁から垂直方向に向かって配置の予定です。
 どなたか、コンクリート撤去等における、浴槽リフォームに伴うリスクの有無をお教えていただけないでしょうか。
 実は業者に見積もりを頼んだ時には、特にはリスクがあるとは聞かされませんでした。数社のうちの1社のみ、鉄骨造の場合には十分に気を付ける必要があるとのみ言われました(いずれの会社も見積もりはしてくれました)。何にも触れない会社に少し不信感が起こりました。

鉄骨造ALC3階建(築約25年/1階面積約20坪)の基礎について、浴室リフォームに伴う影響をご教示お願い致します。
 浴室リフォームでは浴槽の下のコンクリートを撤去すると思います。一方、鉄骨造では基礎の部分が木造と比較して比較的に幅広と思います。また、軒下通気口から見ると、地面表面に少なくとも40センチメートルは基礎から内側にコンクリートが見えます(建築図面がなく詳細は分かりません)。場所的には柱から離れてます。
 例えば、建築のときに基礎のコンクリートと浴槽のコンクリートが一体的に...続きを読む

Aベストアンサー

no.4にて回答したものです。素人さんに鉄骨構造の基礎を口で説明するのは難しいですが、鉄骨造の場合は、土間コンは構造強度を負担していません。柱の下に柱体の基礎その下にフーチング基礎が有り、その基礎同士を地中梁がつないでいます。鉄骨は柱に力を負担させるので、柱の下に(地中)に基礎があります。地中梁は土間コンより上には出ません。柱体の基礎の上部には鉄骨の柱を固定するためのアンカーボルトが有りその部分も土間コンより上には来ません。
ALCの基礎は、ALC版を固定する為の布基礎であり、構造には余り関係ありません。とは言ってもALCを支えているのですから削ってはいけません。
UBで土間を削る必要は無いと思いますが、どうしても削らないといけない場合は、柱体の基礎と地中梁を傷つけないように、深くまで削ってはいけません。
とはいえ、これは一般的な構造です。特殊な場合もありますので、
構造図が(せめて、矩計図が)欲しいところです。

*土間コンを削らない方法を考えてみてはいかがでしょうか。
(UBの床を一階床面よりあげるとか、在来浴槽にするとか)

Q外壁にALC材を使った場合のデメリットは?

立てるのはまだ先になりますが、家の建築を予定しています。
いろいろとハウスメーカーをまわっているうちに、ALC(へーベルパワーボードなど)材を使った外壁を紹介されたのですが、このALCを外壁に使った場合のデメリットはどんなことがあるでしょうか?
建てる予定の場所は長野県の北部なので、冬は雪が降り積もります。
ALCは、たくさんの気泡を固めたような構造だそうで、水分が入ると凍った際の膨張で割れてしまうと聞きました。
そのため、外壁に塗装をして水分を入りにくくするそうです。
しかし、塗装をしてしまうと、ALCが持つ調湿性は失われてしまうのでしょうか?
その他、デメリットがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 ALC材は断熱性、遮音性、耐火性などに優れたいい建材です。

 価格はそんなに安いとも思いませんが、関東南部で見るこの材料を使用したプレハブ住宅を見るかぎり、以前のものは素地そのまま、最近はやはり塗装を施しているといった感じに受け取れます。

 塗装を施す理由としては、やはり外界に露出した気泡の部分に水分が溜まり、これが氷結して体積を増すことで材料の表面部分を侵す可能性があること、そして単調になりやすい外観を飾るということに尽きると思います。ただし、モノにもよりますが、個人的にはけっして安っぽい材料とは感じておりません。

 ただし、内包された気泡は温度差や湿気、含水などで材料を劣化させるという心配はまず無いはずです。

 また、ご心配の調湿性というのは、室内に対してのことですので、外壁の塗装ということとは直接関係無いはずです。

 とにかく施工例を見せてもらい、出来ればお住まいの方にも意見をお聞きになるなど、ご当地での性能や劣化の程度をまずお確かめになるのが大切かと思います。

Q鉄骨鉄筋の上階部は鉄骨?

SRC造の高層マンションの上階部は鉄骨造って本当ですか?ちなみに15階建ての9階です。

Aベストアンサー

NO.3の方の回答が正解です。
ちなみにうちのマンションは10階建て下5階がSRC造、上5階がRC造です。

QALC外壁のタイル貼り

「鉄骨・外壁ALCにタイル貼り仕上げ」 私的には仕上げが割れないか心配です。別の現場で貼っているのを見ました。(誘発目地は無し)
構造的に鉄骨やALCが変形許容があるといっても 現実的にめったに変形はしていないのでしょうから 大丈夫なんだろうな?と思っていますが、 実際のところどうなんでしょうか。
また、どの程度で外壁のタイル等に影響がでるものなんでしょうか。

Aベストアンサー

随分前にALCにタイル貼りして雨漏りの原因になったという話をきいたことがあります。
メーカーの承認工事などで、保障や裏付けのある工法(目地はALCとそろえる、変形に対応できるなど)であればいいのですが、ありきたりな施工では将来クレームになる可能性が高いと思うのですが。
ALCに工場でタイルを貼った商品もあるので、そういった工法が安全だと思います。
参考
http://www.clion.co.jp/alc/tile_panel/index.html
http://www.alc.gr.jp/qa/panel_qa.html#5-5

Q一般的な2階建て木造住宅の2階の床は何キロで抜けるでしょうか?

アイダ設計の木造2階建て住宅に住んでいますが、東日本大震災で震度6強を経験し内壁にヒビが入ったほか、2階部分の床が軋む音がして2階の荷物の重量が気になるようになりました。そもそも、木造2階建て住宅の2階部分の床はどれくらいの重量に耐えられるように設計されているのでしょうか?また、何方か荷物の重量で床(天井)が抜けた方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

建築基準法により、一般的な住居の床の耐荷重は
「1平米あたり180㎏以上の重さに耐えられなければならない」と定められています。
つまり1m角に180kgまでなら確実に大丈夫、大まかに200㎏程度までの重量を想定しているでしょう。
後は部屋の面積と単純計算すれば、大体の耐荷重がわかるかと。
ただし経年劣化・1箇所に荷物を置きすぎたりすれば床が抜けることはありえます。

Q木造住宅の外壁について(ALC)

木造住宅(木造軸組在来工法)を建てようと計画しているものですが、外壁についてALCと普通のサイディングとではどちらがよいのでしょうか。個人的にはALCがいいのかなと思っているのですが。皆さんの意見を聞かせてください。
ちなみに鹿児島県です。

Aベストアンサー

ALCとサイディングの両方を月に50棟工事している業者です。


●サイディングは16ミリ厚の塗装板12ミリ厚の塗装板、、12ミリ厚の無塗装板が
一般的です。サイディング塗装板はデザインのバリエーションが豊富なのが良いです。

しかし、塗装板も塗装しているので、10年ごとには塗り替えが必要です。
最初は何色も使って見た目はきれいですが、10年後はベタ塗りに・・・。
また、耐久性は高くないようです。
あとクレームが多いのは、どうしてもコーキングが切れてしまうことです。

12ミリはお値段は安いのが魅力ですが、プロの目から見ても
あまりおすすめできません・・・。建て売り住宅によく使われているのは
やはりあまりコストをかけられないからでしょう。

●ALCの旭化成パワーボードは厚み37ミリで重厚感があります。
しかし、サイディングに比べてデザインの種類が少ないのが難点です。

防火性能、耐久性能、遮音性、断熱性、メンテナンスなど、
性能面でいくと木造住宅の中ではピカイチです。
また、パワーボードの素材であるALC(軽量気泡コンクリート)は、
ヘーベルハウスをはじめ、パナホームなど、高級な大手住宅メーカーが
採用しており安心ができます。セキスイはALCのようなダインコンクリート。

塗り替えのメンテを10~15年に一回しっかりやれば、何十年も
もつ素材です。

価格については、16ミリ塗装板とパワーボード+弾性リシン塗装は同じくらいです。
弾性リシンは安い塗装なので、塗装次第でもっと高くなります。
でも、パワーボードは火災保険が半額になり、約30万円くらい浮いてくるので、
その分を塗装のアップグレードにまわすのがおすすめです。

まぁ、好みや外観の部分もありますので、よくご検討してみてください。

ALCとサイディングの両方を月に50棟工事している業者です。


●サイディングは16ミリ厚の塗装板12ミリ厚の塗装板、、12ミリ厚の無塗装板が
一般的です。サイディング塗装板はデザインのバリエーションが豊富なのが良いです。

しかし、塗装板も塗装しているので、10年ごとには塗り替えが必要です。
最初は何色も使って見た目はきれいですが、10年後はベタ塗りに・・・。
また、耐久性は高くないようです。
あとクレームが多いのは、どうしてもコーキングが切れてしまうことです。

12...続きを読む

Q地震の際 木造2階の建物で1階と2階どっちが安全か

一般的な木造2階建て建物について質問します。こうした建物が何らかの損傷を受けるような規模の地震に遭遇した場合、1階に居る場合と2階に居る場合のどちらが、より安全なのでしょうか? 地震の際、とにかく建物の外に出る方が安全とすれば、外階段などを使わずに出ることができる、1階に居た方が出やすいとも思います。しかし2階部分の重量が掛かっている1階の柱や壁などが、2階より先に傾いたり損傷を受ける確率が高いのであれば、1階に居ても外に通じる戸口などが損傷を受ければ外への避難は出来なくなってしまうことも考えられます。 時々TVで放映される木造建物の耐震実験などによる科学的なデータに基づく、この事項についての学説があるのでしょうか? ご回答頂きたくよろしくお願いします。 木造2階立て木造の建物といっても、いろいろな条件などがあろうかと思いますか、ごく一般的な普通の建物に関してで結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐えてくれればいいのですが、古い家屋はほぼ全部といっていいくらい潰れました。
まだ起きている時間ならば咄嗟に逃げたりテーブルの下へ潜り込んだりすることも可能かもしれません。しかし、寝ている深夜早朝に被災した場合飛び出す余裕はありません。

また、救出作業では、2階は比較的原型を留めていたことと瓦を剥がせばすぐ部屋に侵入できたので素早く救出することできました。一方、1階は高さ1mくらいまで圧縮された上に2階部分の床が作業の手を阻みました。
大変残念なことですが、長田区近辺では倒壊した家屋の下でまだ生存していただろう人が火に飲まれて亡くなりました。

津知町や清水町など戦後から残っていた古い家屋で、足の悪い年寄は1階で寝ていた為、多くの方が圧死しています。可能な限り2階で寝るほうが安全でしょう。

余談ですが、家じゅうがガラスや食器の破片だらけになりますから、ベッドの近くにスニーカーを用意しておきましょう。
切り傷、釘の踏み抜きなど、日ごろだったら大怪我の部類ですが、非常時にはその程度は怪我の内に入りません。治療は重症患者が優先されますから、避難生活の間、ずっとつらい思いをすることになりますよ。

学説じゃなく体験した話なので感想として聞いて下さい。

阪神淡路大震災では1階が挫滅した家が圧倒的に多かったです。日本の家屋は古くから災害といえば台風のことを対象に考えて作られてきました。
屋根瓦や屋根自体が風で飛ばないよう重く作られているのでトップヘビーの状態になってます。屋根+2階の重さを支えきれずに1階が崩れおちます。
そのくらいの揺れになると(震度7)立ち上がって脱出することは困難です。揺れがおさまるまでしがみついてるしかありませんので。
揺れがおさまるまで壁や柱が耐え...続きを読む


人気Q&Aランキング