プロが教えるわが家の防犯対策術!

なぜ新型コロナウイルスの薬は発明されていないのに、感染者数が多いにも関わらず、最初の頃に比べて格段に死亡者数を減少させることができたのでしょうか?

A 回答 (9件)

弱毒化、強感染力に変異したり、人によって、無症状・重症化するという解明出来ない状況だから。



あと、皆さんが回答している通り、日本の医療技術・医療学の高さでしょう。
    • good
    • 0

ECMOが優秀すぎて

    • good
    • 0

医療体制と治療法が確立しつつあることが、最大の理由でしょう。


なお、感染者数に関しては、第一波と第二波では、PCR検査数がかなり違うので、実際にどちらの感染者数が多かったかは「不明」と言うところです。

医療体制に関しては、専門病院化する等で、不足が心配されていた人工心肺装置(ECMO)の問題なども、かなり解消されてますし。
治療法に関しても、新たに薬が発明された訳ではないのですが、レムデシビルやデキサメタゾンなど、新型コロナに有効な既存薬も続々と発見されています。
また、これらの承認手続きが、異例の早さで行われていることも、重症化防止に寄与しています。

死亡者を減らすためには、重症者を回復させることと、重症化させない方法が考えられますよね?
デキサメタゾンは、重症者に対して有効な薬です。
一方のレムデシビル(や未承認だけどアビガン)は、重症化を防ぐのに有効で、軽症者や中等症者に対する初期治療で威力を発揮します。

率直なところ、体制や治療法により、臨床現場では、それほど怖い病気ではなくなってきていると言えると思います。
ただ、やるべきことは、死亡者数や重傷者を減らしたり、医療崩壊を防ぐことであって、結局は感染拡大の防止に努めるしかないのですが・・。
あるいは、若年の軽症者でも後遺症がある事例も多く報告されているので、決して油断して良い感染症ではありません。
    • good
    • 1

PCR検査体制が充実してきたために(以前は検査をうけることさえできなかった)感染者数が増加しています。


すなわち、軽症や無症状の人も発見できるようになったこともおおきいでしょう。
ですから感染者の数が増えているわりには死者の数は少ないです。

もちろん、他の方がおっしゃられているとおり治療法の蓄積もすすんでいたこともあるでしょうね。

もっとも、死者は格段にはひとときよりも減りましたが、感染拡大とともに7月下旬から増えつつあります。
油断は禁物ですね。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
https://www.google.com/search?client=firefox-b-d …
    • good
    • 0

薬を別にするとコロナの予防方法は (1) 手洗い (2) マスク (3) SOCIAL DISTANCE などです。

それを徹底したため「感染者数」が減りました。「感染者数」が減ると死者も減りました。SOCIAL DISTANCEの中ではレストラン・飲み屋が重要だったようですが、旅行が減ったことなどもあるようです。
医者の治療方法の腕が上がったと言われています。
老齢者の外出が減ったと想像されます。
    • good
    • 0

単純に死に直結する、高齢者や基礎疾患者へのケアが成功しているからです

    • good
    • 0

対処治療の確立


世界中で可能性のある薬を使用して 篩に掛けられた結果、
状況 状況で使うと症状が緩和(特効薬では無い)できる薬の情報が広がってる。
それと医療崩壊(飽和状態で治療出来ない)が無くなったから。
    • good
    • 2

最初は、未知のウィルスゆえ試行錯誤で医療現場も混乱気味でしたが、徐々に症状に応じた隔離や治療方法が確立したからです。

    • good
    • 0

コロナウイルスに弱いひとが


真っ先に亡くなるからだと
思いますよ

ある程度、強い人や
かかりにくい人でもかかることはあるけど

最初の流行時みたいに
弱い人みたいに
死ににくいだけじゃないでしょうか?

それと、ある程度の治療方針なんかも
出来てきてるみたいで
回復率はあがってるのも、あるみたいですね

でもでも
後遺症の話が、日本では下火なのが
気にはなりますね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング