色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

僕が通っている高校は
偏差値 37で 評定はとりやすいみたい。
そりゃあ 授業内容があれだから。
そして 僕はAO入試で 偏差値50のところを受けてみようと思います。
質問します。
AO入試を受けるにあたって
重要なことは 評定が基準より上回っていること
なぜ その大学へ進学を希望するのかをはっきりしていれば
高校の偏差値って 気にしませんよね?
大事なのは この大学にふさわしいかを
見て 合否を決めるんですか?
まだ 高1なので 勉強頑張ります。

質問者からの補足コメント

  • 100%受かるとは限らないと思うので
    勉強を頑張って
    学力をつけようと思います。

      補足日時:2020/08/31 09:57
  • 自分は 数学と理科 英語の勉強を頑張ります。

      補足日時:2020/08/31 10:30
gooドクター

A 回答 (2件)

まず、志望専攻を明確にしてください。

どこの大学かはぶっちゃけあんまり重要ではありません。
特に私立に絞り込む場合、入試科目を絞り込む方が有利です。
また、入学までしか考えてないようですが、入学すれば卒業できるのはポンコツ高校だけです。
まともな大学であれば、入学したところで、学力が無いなら卒業できる保証はありません。
理系であれば、留年率は1~2割、大概最低1割、厳しいところは2割でしょう。
AOでしか受からない、なんて人だと該当する可能性が飛躍的に高まります。
また、理系の場合は、まともな大学であればあるほど、口頭試問など、何のかんので学力試験がありそうなものです。
基礎学力が無いと、専門系統の授業を聴いても何のことやら理解できませんので。分野にも依りますが。

勉強方法、取り組み方が判っているのでしょうか?
どこを目指しますどういう入試方法を、なんてのは、どうでも良いことです。
どうやって学力を上げるのか、数年分の遅れを、高い確率で学習速度の遅い人がどうやって取り返すのか、当面何をやって行くのか、が重要なのです。
返答がありませんので、あなたの学力は、偏差値37の高校にしか入れない人のレベル、地力もそんな物、と以後仮定します。
スタートラインがどこなのか、どこから勉強していかなければならないのか、というのは、決して軽視して良いところでは無いのに返答がない。
どこの大学に行きます、こんなバラ色の未来が、が重要なのではありません。
当面何をして、どうやって学力を上げていくのかが重要なのです。
偏差値37相当であるなら、小学校の学習内容、中一の学習内容、が、大学の入試科目について身に付いているかどうかを確認すべきでしょう。
確認方法は、残念ながら私には判りません。
6年生の問題集をやってみたり、中一の問題集をやってみたりすることになるのかもしれません。
スラスラ全部できればOK、中二以降へ、躓けば学年を下げて問題集を解いてみて確認。
偏差値37相当ということは、間違いなく中学の学習内容が身に付いてないわけで、大学入試科目については、それがどこからなのか、どこから勉強し直さなければならないのか、の発見をしなければなりません。
訳の分からないまま、高校生用の教材に手を出しても無駄ですし、普通の塾では高校生の学習内容からしかやってないでしょうから、普通では無い塾を探すことから始めなければなりません。
    • good
    • 0

AO入試って金さえ払えば誰でも入学できるシステムです



授業についていけるか、日本語が理解できるか?の確認の為に試験
があります
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング