人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

メニエールの発作で母が毎回嘔吐と下痢が止まらなくなり顔色が白くなって悪くなります。
この前この状態で1時間耐えてました…。
その後は病院にいったのですが、この発作のせいで心臓が悪くなったり動脈硬化が進んだり動脈瘤ができることはありますか?

A 回答 (3件)

メニエール病 ウイルス でネット検索されたらウイルスのことは知ることが出来ます。


https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=He9 …


添付しました画像はこちら徳島の協力医の古い寄稿文です。協力医になられて3年程したころの寄稿です。現在、癌では8名の消失も見られていますし、様々な疾患にワクチンの有効性をお知りです。私はこのお方と定例会を長年持っています。
「メニエールの発作で母が毎回嘔吐と下痢が止」の回答画像3
    • good
    • 0

『メニエールになると塩分制限をしないといけないらしいですが、必ずしないといけないのでしょうか?


発作が起きてない時など外食など一緒に行ってはいけないのでしょうか』

以上の点ですが、

●塩分摂取のことを調べますと、
 1日の食塩7.6g(ナトリウム3g)以下にすることで、内リンパ吸収に有益であると見られ、聴力の改善、めまい発作の改善に有効である・・との研究があり、指導では,1日の食塩摂取を5.1g(ナトリウム2g)以下に制限することが推奨されているのでしょぅ。
 (外食については、塩分摂取の点でどうかということ以外に、何か問題はあるのでしょうか?質問の意味が良く解りません)

ただ、塩分摂取の制限をしても、メニエール病自体が治る訳ではありませんから、これまで度重なるめまい発作による吐き気などで悩まれているのでしょうし、また、そのままでは難聴にもなるでしょう。
とにかく、治らない病気とされてはいますが、頭を働かせて治せばよい訳です。

●私は、メニエール病にもウイルスが関係していることから、治癒された例も上げて、ハスミワクチンという免疫療法をお勧めしました。

 原因が解らないとされ、現医療で治せない疾患は数多くあります。
それらの多くは何らかのウイルスが関係しています。逆に言えば、ウイルスだから効く薬は限られ、治せない疾患となっているのでしょう。

 体内のウイルスは、自身の白血球が活性化すれば認知され排除されます。そのための免疫療法が国内には2つあり、ハスミワクチンであり、丸山ワクチンです。
それぞれの材料、理論なども私は知ります。(必要ならおっしってください)
これらのワクチンは皮下接種であり、強制的に白血球を刺激し活性化させます。
ですから、癌以外の疾患にも処方されているのです。
 サプリメントや健康補助食品などでは、直接白血球の活性化は望めず、回り道をするばかりです。
この様なワクチンは他にはありません。
とにかく病気は可能性があるものを見つけ治すことです。
    • good
    • 0

メニエールとそれらは関係がないと思います。



メニエール病は、内リンパ腔という部分の内リンパ水腫によって目まいや難聴など症状が引き起こされます。
なぜ内リンパ水腫がおこるのかは不明ですが、内耳の前庭水管の発達異常・内耳の後半規管後部の乳突蜂巣発育不全・アレルギーの関与・内耳組織への自己免疫・ヘルペスなどのウイルス感染・内耳の血流不全などが原因として上げられてはいます。(利尿剤は、少しはリンパ水腫が改善する程度です)

ここで「内耳組織への自己免疫・ヘルペスなどのウイルス感染」ということは、ヘルペスウイルスが内耳組織の細胞に感染し、白血球がその細胞を傷害する結果、リンパ液が増え水腫が起きるということになり、これが原因と思われます。

それを証明する様に、七戸・中山両先生は抗ウイルス剤を使用され、その有効性について述べられていますが、一介の医師であることから医学界からは無視されてはいます。
http://shichinohe.web.fc2.com/

なお私の関係では、総合病院の看護師さんが免疫療法であるハスミワクチンを使用し、長年のメニエルが完全治癒しています。1ヶ月単位で起きていたひどいめまいは接種しだしてすぐに出なくなり、霧笛のような耳鳴りも10ヶ月で止まり完全治癒されました。
ウイルスが原因として間違いないと思います。

こちら徳島のハスミワクチンの協力医は、様々な疾患に500名を超える手続きをされておられ、メニエルに対する有効性もご存知ですし、「自己免疫疾患の全部に効くようだ・・」とも述べられています。

ハスミワクチンは、癌ワクチンとして開発されたものですが、癌以外の自己免疫疾患やアレルギーなどにも効果があるため処方されています。
効果がある理由は、活性化した白血球によりウイルス排除がなされることからです。
免疫療法のことは担当医に相談しても知識はなく理解は得られないと思いますので、ご自分で判断し行動を起こすことでしょう。
-------------------------------

●ハスミワクチンはBSL48クリニックが受診窓口ですが、関西から西には3つの協力医が居られ、そちらからもワクチンの手配が出来ます。
https://bsl-48.com/hasumi-vaccine/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅れて申し訳ございません。
ありがとうございます。
あとご存知されておりましたらのお返事で構いませんが、メニエールになると塩分制限をしないといけないらしいですが、必ずしないといけないのでしょうか?
発作が起きてない時など外食など一緒に行ってはいけないのでしょうかね…。

お礼日時:2020/09/06 16:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング