子供の夏休みの宿題で、海水を蒸発させて塩を取ってみたのですが、
それを塩と証明するには、どうすれば良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「味を見る」というのは、かなり高度な分析方法で、たとえば、キリマンジャロとブルーマウンテンを区別するのに、「飲んでみる」以上の較べ方をするのは、そうとう大掛かりなものになります。

イオン交換でできた塩と、天然塩の味の違い、なんてのもあります。マグネシウムやカリウムも含まれますから。

元が「海の水」ですから、なめて危険ということはない、という前提があります。これが、「塩酸と水酸化ナトリウムを中和させて・・」という化学変化だと、困りますが。(しかし、昔、学校でやったぞ・・。さいしょっから食塩ができる、という前提だったからなあ。)

もちろん、「水が蒸発しただけで、化学的性質はかわらない」ということが前提にないといけませんが、そもそも、その前提がなければ、蒸発させてできたものが塩だ、と証明できても、海水中に塩がある、ということになりません。

よく、健康用品の店で「塩分計」というのがありますが、あれは「食塩」の濃度が出てくるのでしょうか。それなら、手っ取り早いけど、「そう表示されているから」という「受身」なことに納得しないお子さんであることを期待しますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/08/15 19:21

ちょっと堅苦しい表現になりますが、



現在手元にある試料が塩であると同定するにはどうすればよいか?

まず、いわゆる専門的な試薬なり、分析装置なりを用いて
積極的に「これは塩だ!」といえるのが理想ですが、
ご家庭で、しかもお子さんの課題としては難しいでしょう。

そこで、もっと消極的に、
「これは塩であると考えるのが一番妥当だ。」
という立場に立ってみてはどうでしょう?

具体的には身近にある白っぽい粉
小麦粉、塩、砂糖、片栗粉、砂・・・と、
海水からえられたものを比較するのです。

水に溶けるか?とかナメクジにかけるとどうなるか?
とか。ここら辺は私たち大人が考えるよりも
むしろお子さんに考えてもらった方が良いでしょう。

最終的に得られた結果から、
「少なくとも今回試した5つの中では塩に一番近い性質のものである」
ということはいえると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/08/15 19:20

余計なお節介ですが、それが何であるかを調べるときに「なめて調べる」というのはけっこうあぶない方法です。

ので、お子さんになめて調べさせるときには、何でもかんでもなめて調べて良いというわけではないことも教えてあげるといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/08/15 19:20

ここでおっしゃっている「塩」とは「しお」=塩化ナトリウムのことですよね。


専門的にはいろいろな分析法があり厳密に成分を調べることもできますが、お子さんの宿題だとそういうわけにもいかないですよね。
そこで手軽に試せる方法として、こんなのはいかがでしょう。
(1)売られている塩(食塩)をいったん水に溶かし、海水と同様に蒸発させて塩の結晶を作ります(塩A)。これを海水を蒸発させて作った塩(塩B)と比較します。粒の形を観察して比べてみてください。形が似ていれば同じ物質の可能性が高まります。
*厳密には形だけからでは結論できませんが、一つの手がかりと思ってください
(2)食塩、塩A、塩Bの味を比較します。味は似ているでしょうか?
(3)食塩、塩A、塩Bがまとまった量あるなら、一定量の水にそれぞれの塩がどれだけ溶けるか重さを量りながら調べてみましょう。同じ物質で、水温が同じなら溶ける量は同じです。

他にもいろいろ考えられそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせてもらいます。
意外と難しいものですね。

お礼日時:2001/08/15 00:40

新品の『釘』を10本程用意して「水を塗ったもの5本」「取った塩を溶かした水を塗ったモノ5本」に分けてサビの様子を観察するのはいかがでしょう?



一本づつだと説得力が弱いので10本ぐらいでやると良いと思います。

あとは結晶化したモノの写真ぐらいでしょうか。
下記にあるようなモノになれば『塩』と言えると思います。

参考URL:http://www.harenet.ne.jp/kinkai/conna.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/08/15 00:41

試薬も何もなしって事ですよね?


コンロに微量の塩と思われる結晶を
振り掛けると、炎色反応で、
火が黄色くなると思います。
(コンロに為にはよくないので、微量で・・。)
海水から蒸発したものと言う事は、
他のミネラル?で少しは違う色になるかも
しれませんね。
しかし、他の物質でも、黄色になるものも
有りますので、黄色=ナトリウム塩というふうには
当てはまりませんが・・。
ーなめてしょっぱいってのは駄目ですかね??

予断ですが、昔(探偵ないとスクープという)番組
では、汗から塩を精製し、それを塩と証明するために
塩ラーメンを作ってました・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/08/15 00:42

結晶を作ってみてはどうでしょうか?


濃い食塩水をその塩で作って、浅い皿に取ります。ほこりが入らないようにしてしばらく(一晩~数日?)置いておくと、水が蒸発して食塩の結晶が出来ると思います。この結晶がきれいな立方体をしているのなら、食塩の結晶であるといえると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/08/15 00:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学の夏休みの宿題で塩の結晶を作っているのですが、よくわからないので教

中学の夏休みの宿題で塩の結晶を作っているのですが、よくわからないので教えてください。

塩の溶け残りが出るくらいの濃さの食塩水を作り、小皿にその食塩水の上澄みを大さじ一杯入れ窓際で3日間かけて蒸発させました。
すると小皿には白い粒が無数に出ているのですが、結晶というよりは食塩水が蒸発してまた塩ができたという感じなんです。粒が小さすぎて結晶には見えません。
やはりこれは結晶ではないのでしょうか?

2mm角くらいの結晶ができれば、それを核にどんどん大きくしていこうと考えています。

Aベストアンサー

粒が小さすぎて結晶として見えないかも知れませんが、析出したのは確かに結晶です。
蒸発のスピードが速すぎるなどして、細かな結晶が多数現れたのです。

作りたいのは大きな単結晶ですね。
すでに回答にあるように、結晶はすでにある結晶(種結晶という)が成長するように析出します。
種結晶がない場合はホコリなどの不純物や、容器の壁などが種として働きます。
ですので、濃い溶液を作ったあとはろ過をしておきましょう。
また、細かな結晶が出てきたとしても、その中でも特に大きなものを種結晶として置いておきましょう。
残りの小さなものを再度溶かして濃い溶液とし、その溶液に先ほどの種結晶を1粒だけ入れておくのです。

ここで濃い溶液は飽和溶液の一歩手前が良いでしょう。種結晶の表面がやや溶けるため、種の表面にある細かな結晶をなくすことができます。

Q【化学】海水を消毒した海水のことを何と言いますか? 消毒海水? どうやって海水を消毒するんです

【化学】海水を消毒した海水のことを何と言いますか?


消毒海水?

どうやって海水を消毒するんですか?

使う薬品は何ですか?

Aベストアンサー

塩素を入れて消毒する。
Cl2 + H2O = 2H+ + Cl- + OCl-(次亜塩素酸塩)
海水中に天然にある臭素イオンと反応し、次亜臭素酸(HOBr)となり、これら次亜塩素酸塩と次亜臭素酸が海水中のアンモニアと反応してハロゲン化合物となる。
できたハロゲン化合物が菌を殺したり、不純物を漂白したりする。

>>海水を消毒した海水のことを何と言いますか?
清浄海水と言うらしい。

Q単塩・複塩・錯塩の違い

現在大学で有機化学の講義を受講しているのですが、単塩・複塩・錯塩の違いが微妙にうまく説明することができません。。。できましたらその構造等を含めて詳しく説明してもらえたらうれしいです。

Aベストアンサー

単塩:単塩という化学用語は特に定義されていませんが、複塩に対する言葉として使われているのでしょう。「塩」の定義:「塩基の陽性成分と酸の陰性成分からなる化合物」において、各「成分」が1種類のものを指すといえるでしょう。例:KCl(つまりK(+)Cl(-))。有機化合物の場合も同様RNH3(+)Cl(-)。
複塩:2種以上の塩が結合した形式で表し得る化合物のうち、それぞれの成分イオンがそのまま存在するもの。例:KCl・MgCl2(つまりK(+)Mg(2+)Cl(-)3)。
錯塩:(わかりやすい表現:2種以上の成分イオンが結合したままで1個のイオンとして行動し成分イオンの性質を示さないようなイオン(錯イオン)を含む塩)
(正確な定義:錯イオンを含む塩。例:[Co(NH3)6]Cl3、K4[Fe(CN)6]。錯イオン:錯体が陽イオンまたは陰イオンとなっているもの。[Co(NH3)6](3+)、[Fe(CN)6](4-)。錯体:中心となる原子(金属が多い)に別の原子または原子団が配位結合してできた分子またはイオン。)

Q4級アンモニウム塩やスルホン酸塩などの配位結合での塩は、どのくらい結合

4級アンモニウム塩やスルホン酸塩などの配位結合での塩は、どのくらい結合が安定なのでしょうか?

私はアミンとハロゲン化アルキルにて4級アンモニウム塩を合成しています。

アンモニウム塩が遠心分離などの強いエネルギーせん断により、解離してしまうことはありますか?

Aベストアンサー

配位結合というものを誤解なさっていませんか?
おまけ的結合ではありません。
共有結合と同じ結合です。
実際、NH4^+の4つのN-H結合は一切区別ができません。
アンモニウムイオンの成り立ちとしてはNH3に対してH^+が配位結合するというものですが、
結合したあとはほかのN-Hと等価なのです。

結合電子を1個ずつ提供するのか、片方の原子がすべて提供するかの違いです。

また、スルホン酸には成り立ち上、配位結合とされる結合がありません。

Q酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て

酸性塩や塩基性塩は二段階中和の一段階目が終了したところ、すなわち反応途中にできる塩で、中和反応が全て完了した場合、塩は全て正塩になる。
これで合っていますでしょうか?

Aベストアンサー

酸性塩はNaHCO3のように組成の中にHが残っている塩のことです、
塩基性塩はMgCl(OH)のように組成の中にOHが残っている塩のことです。
酸性塩塩基性塩は、塩の化学式の組成によって決められるもので、中和の過程や製造過程等で決めているものではないです。

正塩は酸性塩でも塩基性塩でもない塩で、化学式の中に-Hや-OHを含まない塩ですね。

反応の途中でできる終了してできる、のではなく化学式中の-Hや-OHが含まれるか含まれないかで、
酸性塩、塩基性塩、正塩か決まります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報