ソフトバンクは、球団売却など派手に世間を騒がせてますが、赤字なのになぜやっていけるんでしょうか?
ダイエーのように借金に借金を重ね最後は破産にはならないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1/2さんに補足です。



ダイエーの場合、「土地を担保」にして「金融機関から(過大ともいえる)借金」をしたところ、
「土地が値下がり」して「担保価値が下落」し、一方「本業の収益もディスカウントストア等との競争で厳しくなり」、「このままでは永遠に借金を返せない」状況と捉えられてしまったことが今日に至った原因としてよいかと思われます。

ソフトバンクの場合も、「持っている有価証券(特にヤフージャパン)」がその信用の源泉(=資金調達などが可能な状況)となっている部分が少なからずあるように見受けられます。
http://www.softbank.co.jp/stock/sharedata/st_grp …(ここでみると保有時価総額ダントツです)
ですので、
この有価証券の評価が今後大きく下がるようなことがあって、なおかつ本業の利益が芳しくない状況が続くようなことがあれば、
ダイエーと同様に、「借金を返しづらい会社」と捉えられるようなことが、起こらないとは言い切れないかと思います。
    • good
    • 1

倒産とはおカネがなくなり経営が行き詰ることをいいますが、赤字はおカネが足りなくなるから赤字になるというわけではありません。



赤字というのはあくまで損益計算書上の話で資金繰りの話とは異なります。
この会社は、営業上はおっしゃるとおり赤字で資金が流出しています。
また財務上も社債の償還や借入返済などで資金の流入出が多い。
しかし投資面で大きなプラスを生み出しています。
確かに、Yahoo BBなどでもインフラ整備に多額の資金をつぎ込んでいますが、あおぞら銀行株式はじめ多くの上場株式を保有しておりそれらを売却しながら資金を捻出しています。2004年3月決算はあおぞら銀行株式の売却による収入が多かったようです。

ただし、
営業上赤字が続くということは営業面では稼いでおらず資金が出て行っているということですので、この会社の経営分析上はリスク要因となります。
投資上も、保有株式は無限にあるわけではないですから、このようなことを10年も20年も続けられるはずはありません。また株式市場が何らかの要因で一気に冷え込んだりすると経営が行き詰る可能性がないとは言い切れない、かもしれません。

一方、孫社長はお金の流入出(キャッシュフロー)をとても気にする経営をしており、その点がダイエーなどと全く異なります。
今日現在の経営状況を取ると安定的とは言いにくいかも知れませんが、資金的に困ることにはならない可能性は充分あると思います。
現に、2004年3月末時点で、現預金は3,000億円以上ありますから。
    • good
    • 0

資産が相当あるからでは?。


YahooJapanなんて、相当な価値です。
関連企業全体の株式も結構あるので、それを担保にして借り入れてるのではないでしょか?

もし、関連会社が大規模倒産したり、株価が低迷すれば破産も考えられるでしょう。

まぁ、何かあればYahooJapanを売却すればいいでしょうね。欲しい会社は幾らでもありますから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米の経常赤字と財政赤字

数字が知りたいのですが、なにか良いサイトはありますか?
どれくらいあるかだけの回答でもよいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらは参考になりませんか。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/keizai/20050126/20050126a2090.html

http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/623.html

Q米国の財政赤字と貿易赤字のデータ

米国の財政赤字と貿易赤字の年度ごとの推移のデータを知りたいのですが、どなたか良いサイトを教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

下記URLをどうぞ。

参考URL:http://www.whitehouse.gov/fsbr/international.html

Q現在、交易赤字28兆円だそうです。交易赤字とは?

テレビでやってましたが、現在の交易赤字は28兆円だそうです。
黒字額で言えば、前年比10分の1だとか。
これは、どういう意味?
原油価格の上昇で、貿易赤字ということですか?

所得が海外に流出しているのでしょうか?

Aベストアンサー

交易利得(trading gains)や交易損失(trading losses)というのは、
自国から同じだけの輸出を行っても、
交換される海外からの輸入品の量は条件によって変わるため、
この変動で実質所得が増減するということです。
2000年を基準として、同じだけ輸出した際に輸入できるモノが少なくなり、
28兆円分の実質所得の目減りが発生したということになります。

原因としては、原油・資源高とその価格転嫁の遅れ以外に、
円が安くなったために減った部分もあります。
日本の総合的な通貨価値(実質実効為替レート)は、
2000年を基準にすると2/3程度になり、
アルゼンチンに次いで二番目に大きく下落したようです(1)。
また、日本の得意な輸出品目であるIT系機器/部品は、
多くの投資が行われ目覚ましい技術革新が行われたため、
他の産業よりも価格が下がり、交換の条件が悪くなってしまったという皮肉もあります。
一方では物価高が騒がれていますが、もう一方では200ドルとかいった
超低価格パソコンも登場している時勢で、海外の所得改善には貢献しています。
ただ、資源高を背景に資源・エネルギー関連の投資や技術革新が
活発になれば、長期的にはこの辺りは是正されるかもしれませんが。

交易損失が拡大したというのは、同じ量を輸入するために必要な
輸出の量が多くなったということになります。
直接カネが流出したわけではありませんが、
輸入品価格が上がり、多くの輸出を行わなければ交換できなくなり、
実質所得が目減りしてしまいます。
しかし、実質所得の変化を求める際に最もよく用いられる実質GDP(実質国内総生産)の計算は、
海外生産分の物価変動を打ち消してしまっています。
交易利得や交易損失を入れた指標は、実質GDI(実質国内総所得)として併記されています。(2)。

貿易黒字(trade surplus)や貿易赤字(trade deficit)というのは、
輸出額と輸入額の差で、貿易黒字=輸出超過、貿易赤字=輸入超過になります。
本来貿易というのは輸出と輸入が等しくなるはずなのですが、
日本やドイツ、中国のように、輸入以上に輸出する国もあれば、
アメリカやイギリスのように、輸出以上に輸入するという国もあります。
こうした差額分は、要するにカネを貸して充てられることになります。
従って、貿易黒字(正確には経常黒字)というのはカネが海外に流出しているのですが、
後で運用利益を付けて返ってくることになります。
貿易黒字は企業の黒字とは全く異なる概念であり、
家計が将来のために蓄える貯金のようなイメージです。
アメリカなどでは、国内の貯蓄が不足しているため、海外からカネを借り、
為替レートが高めになり、貿易赤字が慢性的な構造になります。
対して、日本や中国などでは、国内の貯蓄が過剰で使う先がないので、
海外にカネを貸して、為替レートが低めになり、貿易黒字が慢性的になります。

直近の貿易黒字の減少は、原油・資源価格の急激な上昇と、その価格転嫁の遅れ、
アメリカ、欧州等の広い地域のマクロ経済環境の悪化と、
昨年末から今年初めにかけて一時的に円が高くなったこと
(貿易収支に対する為替レートの影響は何ヶ月か遅れて現れる)
が積み重なっているかと思います(3)。
しかし、こうした変化の多くはきまぐれな一時的要因に負っており、
数ヶ月程度の貿易統計を構造的変化と捉えると早とちりになることがよくあります。
国内の貯蓄・投資の構造的なバランスが長期間に渡って変わらない場合、
やがて円がもっと安くなって元通りになる可能性もありますし、
この構造的バランスが変われば、原油が安くなっても貿易赤字になる可能性もあります。

なかなか分かりにくい考え方だと思いますが、
交易利得と貿易黒字、交易損失と貿易赤字は対応している言葉ではなく、
むしろ交易利得と貿易赤字、交易損失と貿易黒字の方が親和性の高い言葉です。
為替レートが低くなると、輸出入が価格面で有利になって貿易黒字は増えますが、
同じだけの輸出によって得られる輸入量は減って、交易利得は減ります。
為替レートが高くなると、輸出入が価格面で不利になって貿易黒字は減りますが、
同じだけの輸出によって得られる輸入量は増えて、交易利得は増えます。

(1)実質実効為替レートの変化
ロシア (2000年)100→(2008年7月)191
オーストラリア (2000年)100→(2008年7月)145
カナダ (2000年)100→(2008年7月)131
ユーロ圏 (2000年)100→(2008年7月)128
中国 (2000年)100→(2008年7月)102
韓国 (2000年)100→(2008年7月)101
イギリス (2000年)100→(2008年7月)87
アメリカ (2000年)100→(2008年7月)82
台湾 (2000年)100→(2008年7月)80
日本 (2000年)100→(2008年7月)65
アルゼンチン (2000年)100→(2008年7月)43
(BISより、2000年を100とした時の、対複数通貨、
インフレ調整済みの為替レートの変化。値は大きいほど為替レートが高く、
小さいほど為替レートは低い)

(2)実質GDPと実質GDI
2000年 実質GDP503兆円(うち実質純輸出 7兆円) + 交易利得 0兆円
= 実質GDI503兆円
2002年 実質GDP505兆円(うち実質純輸出 7兆円) - 交易損失 0兆円
= 実質GDI505兆円
2004年 実質GDP527兆円(うち実質純輸出14兆円) - 交易損失 4兆円
= 実質GDI522兆円
2006年 実質GDP550兆円(うち実質純輸出20兆円) - 交易損失15兆円
= 実質GDI535兆円
2007年 実質GDP561兆円(うち実質純輸出26兆円) - 交易損失19兆円
= 実質GDI542兆円
08年Q1 実質GDP569兆円(うち実質純輸出31兆円) - 交易損失26兆円
= 実質GDI543兆円
08年Q2 実質GDP565兆円(うち実質純輸出31兆円) - 交易損失28兆円
= 実質GDI537兆円
(内閣府より、2000年基準価格、08年Q1(1-3月)と08年Q2(4-6月)は一次速報値、季節調整系列の年間換算)

(3)貿易黒字と実質実効為替レート、原油輸入価格
07年 7月 貿易黒字 8795億円 実質実効為替 90.9 原油5.37万円/KL
07年 8月 貿易黒字1兆3053億円 実質実効為替 96.1 原油5.41万円/KL
07年 9月 貿易黒字1兆0749億円 実質実効為替 96.4 原油5.15万円/KL
07年10月 貿易黒字1兆2332億円 実質実効為替 94.1 原油5.56万円/KL
07年11月 貿易黒字1兆0670億円 実質実効為替 95.9 原油5.81万円/KL
07年12月 貿易黒字 7120億円 実質実効為替 98.1 原油6.31万円/KL
08年 1月 貿易黒字1兆0658億円 実質実効為替 98.3 原油6.33万円/KL
08年 2月 貿易黒字 4820億円 実質実効為替102.3 原油6.24万円/KL
08年 3月 貿易黒字 7904億円 実質実効為替100.2 原油6.27万円/KL
08年 4月 貿易黒字 6969億円 実質実効為替 98.8 原油6.39万円/KL
08年 5月 貿易黒字 8761億円 実質実効為替 96.5 原油7.05万円/KL
08年 6月 貿易黒字 1262億円 実質実効為替 96.1 原油8.05万円/KL
(新しい月は速報値を含む。貿易黒字は財務省より。実は貿易収支の値は複数の方式に別れており、一方が黒字で一方が赤字ということもよくあるが、国際収支ベースの財貿易の季節調整値。実質実効為替レートは日銀より、(1)とは基準が異なる。原油はCIF輸入価格)

交易利得(trading gains)や交易損失(trading losses)というのは、
自国から同じだけの輸出を行っても、
交換される海外からの輸入品の量は条件によって変わるため、
この変動で実質所得が増減するということです。
2000年を基準として、同じだけ輸出した際に輸入できるモノが少なくなり、
28兆円分の実質所得の目減りが発生したということになります。

原因としては、原油・資源高とその価格転嫁の遅れ以外に、
円が安くなったために減った部分もあります。
日本の総合的な通貨価値(実質実効為替レート)...続きを読む

Aベストアンサー

今期初だそうです。

Q現在日本には累積赤字約800兆円あり、年々17兆円前後この赤字が増えて

現在日本には累積赤字約800兆円あり、年々17兆円前後この赤字が増えています。
このまま続けばギリシャの二の舞になり世界的経済を今以上に混乱に陥れます。
皆さんはこの状況をどのようにお考えなのでしょうか。
日本全国民の生活に支障をきたします。
今後我々はどのようしてこの問題解決を政府に迫れば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

 何をすべきかとの事ですが、 一般の”個人”がすることは シンプルに


@マスコミの洗脳報道を真に受けず、政治家の方々の功績をしっかり調べ選挙に向かう

     私も#4様と同じく民主党にはいれません


@職がないなら働けるよう最善の努力をし 働いたお金を日本で有意義に使う

     私は経営していますが、政府の助成金を利用し雇用者を増やしています。


@子供を作る 


     など、個人ができることは人々が生きる ”国”の中でごく普通の行動の事なのかと



がそれが、考えの違う個人個人の事情がここに書ききれないほどあり簡単ではないのです

国民1億3千万をコントロールするのは至難だからこそ政治は難しいのでしょう

gooid様が言っておられたように政府は下支えであって民間が支えを有効に活用して変わるものです

政治家も含む国民全てに責任があるという事です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報