新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

大学についてです。気になったことなのですが、秋田、旭川、島根などの医学部は二時試験が英語と数学だけで理科が必要ありません。(センター配点が高いことは知っていますが二次よりも遥かに合格点が取りやすいと思います。)これらの大学と北海道などの下位の旧帝工学部を比べると、人によるとは思いますが難易度ってほぼトントンぐらいになると思いますか?

A 回答 (1件)

https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/
あなたの言う医学部の偏差値は河合の偏差値表では英数2教科で62.5~65.0、これと同じところを探すと、九大工学部の後期日程があります。

https://passnavi.evidus.com/search_univ/0820/ipp …
九大工学部の後期は英数の2教科で偏差値は学科にもよりますが62.5~65.0です。偏差値表的には大体同じです。

さて、旧帝大下位の工学部として想定されるのは北大や九大だと推察します。(東北や名古屋、阪大は中位でしょうかね)

>人によるとは思いますが難易度ってほぼトントンぐらいになると思いますか?
となると、北大や九大で前期に総合理系や工学部に合格者平均くらいで受かる人が、九大工学部の後期に受かるかという話です。

ただし興味深いデータもあります。2018年に国公立医学部医学科に受かった人の河合の偏差値別の人数の割合です。河合は2.5刻みなので集計できるのがいいですね。
https://www.kawai-juku.ac.jp/exam-info/kinki/ino …

実は以外にも弘前大あたりは合格者の5割くらいが河合の偏差値62.5を下回っています。また、旭川医科や島根も2次試験が2教科にも関わらず合格者の4割程度は偏差値62.5未満です。

そう考えると「人によると」のところがありますが、旭川医科とか島根は面接の配点も無視できないくらい高いので、コミュ力があれば面接で逆転して受かることもあるわけです。(最低限の準備は必要ですが)

となるとあなたの意見もあながち否定できないものだと思います。(ただし地域枠で入った人たちなのかもしれないけど。その場合は条件を満たしてないと受けられませんからね。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング