紅茶とフルーツジュースを混ぜると、どうして色の濃い粒が沈むのでしょうか?
日本茶とフルーツジュースを混ぜると、どうして色の濃い粒が沈むのでしょうか?
なぜ混ぜると、鉄が出てくるのか教えてください。

A 回答 (3件)

先の回答のとおりです。


紅茶と日本茶は、色は違いますが、基本的には、醗酵をとめているかいないかの違いですので、同じような反応になります。
薬をのむとき、「水で」と注意書きがあるのも、薬の成分によって、タンニンと反応するものがあるせいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
薬を飲むときの水のわけが分かりました。

お礼日時:2001/08/15 20:10

「鉄」と一言にいってもいろいろあります。



たとえば、製鉄場で作られる鉄の塊。いくら人間の体内に
鉄が含まれていると入っても、あんなものがあるとは
思いませんよね。

体内にある鉄は厳密には鉄ではなくて、鉄イオン(II)です。
鉄は水に溶けませんが、鉄イオン(II)は結構溶けます。

この鉄(II)イオンも、純粋な水の中ではそのまわりに
水分子がくっついた状態で溶けているのですが、
(化学式で書くと[Fe(II)(H2O)6](2+)となります)
水よりも、鉄(II)イオンにくっつきやすいものが存在すると
(このものを「配位子」と呼びます)鉄(II)イオンと配位子が
最初にくっついて、「錯体」というものを作ります。
今の場合は「鉄(II)錯体」ということもできます。

実際に紅茶なり、ジュースなりの中には「配位子」として
機能できる物質が何種類か含まれています。
「錯体」の性質、色、水への溶解度は今回の場合では
「配位子」の性質に大きく影響されます。

ジュースの中に含まれる鉄(II)イオンは水に溶けやすい「錯体」
の状態であるが、お茶の中に含まれる「配位子」は鉄(II)イオンと
別の種類の「錯体」を作りやすく、できた「錯体」は水に溶けにくく
黒色である。

ということになります。

具体的にできるものはume pyonさんが書かれているとおり
鉄-タンニン錯体でしょう。
このものは「タンニンブラック」として顔料に使われていたと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
こんなに、詳しく教えていただき助かりました。本当に専門的ですね。百科事典で調べても分からなくて、何か本を買うかしないとと思っていたところでした。

ところで、「タンニンブラック」として顔料に使われていたと書いてありますがそれは、なんのためなんでしょうか?

お礼日時:2001/08/15 20:17

おそらく、果汁に含まれる鉄分と、お茶に含まれるタンニンが反応して


タンニン鉄(タンニン酸鉄?)となって沈殿したものと思われます。
タンニン鉄は黒色沈殿です。

果汁にどのくらい鉄分が含まれるかはよくわかりませんが、ブドウ類には
多く含まれているというのは聞いたことがあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
黒いようなモロモロしたものが沈んでいました。反応してそれがタンニン鉄なんですね。

お礼日時:2001/08/15 20:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニトロフェノールのp,o異性体の色はどうしてoのほうが濃いのですか?

ニトロフェノールのp,o異性体の色はどうしてoのほうが濃いのですか?

いろいろなサイトで共役二重結合(電子が非局在化)があるものほど可視光線を吸収するからとありました。

またあるところでは
『電子というものは、狭いところに閉じ込めておくよりも広いところに放してやったほうが落ち着いて安定になります。一ヶ所の二重結合内に閉じ込めておかれるよりも、共役二重結合の非局在化で広々としたところに放たれたほうが落ち着きがよいのです。狭いところに閉じ込められた電子を揺さぶるには振動数の大きな電磁波が必要ですが、広いところに放たれた電子を揺さぶるには振動数の小さな電磁波で十分です。そのことは、吸収する光の波長という形で現れてきます。c=fλ です。cは光速で一定。振動数fが大きくなると波長λは小さくなります。逆に振動数fが小さくなると波長λは大きくなります。
共役二重結合が短いと吸収波長は短く、共役二重結合が長くなると吸収波長が長くなって、ついに目に見える「色」を吸収するようになり、物質に色がつくことになります。』
というのもありました。

しかし、p、もoもどちらも共役二重結合の数は同じように見えます。
どちらもキノイド状態のときでも考えましたが、まったく理由がわかりませんでした。

ニトロフェノールのp,o異性体の色はどうしてoのほうが濃いのですか?

いろいろなサイトで共役二重結合(電子が非局在化)があるものほど可視光線を吸収するからとありました。

またあるところでは
『電子というものは、狭いところに閉じ込めておくよりも広いところに放してやったほうが落ち着いて安定になります。一ヶ所の二重結合内に閉じ込めておかれるよりも、共役二重結合の非局在化で広々としたところに放たれたほうが落ち着きがよいのです。狭いところに閉じ込められた電子を揺さぶるには振動数の大...続きを読む

Aベストアンサー

こんな寄与があるからです。
(付図参照)

Q濃硝酸と食塩水を混ぜると、金・白金は溶けますか?

王水は濃塩酸と濃硝酸を3:1の割合で混ぜたもの。

というのは知っているのですが、なんで王水は金や白金をも溶かすのか?
と考えたら、濃塩酸と濃硝酸を混ぜて、パワーアップしたとしか考えられませんでした。
じゃぁ、なんで、濃硫酸ではだめなんだろう?ということも考えたのですが、
パワーアップしたから、なんていう理由のはずはないし、本当の理由は何だろう?

と、考えて、調べてみますと、
硝酸が塩酸のCl-を酸化してCl2(活性塩素?)になり、そのCl2が金や白金を酸化する。
という理由らしいのです。なるほど、と思ったのですが、
ということは、塩酸のH+は、金や白金を溶かすのには関係していません。だから、Cl-さえあればいい、と考えました。

濃硝酸と食塩水(などのCl-が存在する溶液)を混ぜたものでも、金や白金は溶けるのでしょうか?

あと、濃硝酸のかわりに使えるものはありますか?

濃硝酸を使ってるのは、濃硝酸が酸化力の強い酸だからだと思います。
それだったら、濃硫酸(あるいは熱濃硫酸)でもいいと考えたのですが。

Aベストアンサー

王水が金を溶かす要因は、硝酸と塩酸とを混合したときに出来る「塩素」と「塩化ニトロシル」のもつ強力な酸化力です。
HNO3 + 3HCl → Cl2 + NOCl + 2H2O
ですから、塩酸の代わりに硫酸を使用すると金を溶かすために必要な酸化力が得られないため使用できません。

>ということは、塩酸のH+は、金や白金を溶かすのには関係していません。だから、Cl-さえあればいい、と考えました。
余り聞きませんが結構昔から知られているようです。硝酸に塩化ナトリウムを入れゆっくりかき混ぜると上記とほぼ同じ反応が起こり、王水に匹敵する強力な酸化力をもちます。

ちなみに、金が解けると少し赤味がかった黄色の水溶液になります。また、金は「塩化金酸イオン(AuCl4-)」という状態で溶けています。

Qサリチル酸メチルが沈むわけ

サリチル酸からサリチル酸メチルを試験管の中で作る実験で、サリチル酸メチルに炭酸水素ナトリウムを入れたとき、それまで浮いていたサリチル酸メチルが沈んだのですが、なぜでしょうか?比重が変わったのかな?と思ったのですが、まだ浮かんでいるものもあり、離れているサリチル酸メチルどうしがくっついたとたん、下に沈んでしまいました。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の目で見たわけではないので想像だけですが。
サリチル酸メチルは比重1.182程度なので水に浮いている可能性もあります。よく振ると沈むかも。
サリチル酸メチルはサリチル酸のカルボン酸(COOH)部分がメチル化されメチルエステル(COOCH3)になっています。水には極めて溶け難いそうです。
サリチル酸メチルにはベンゼン環に付いた水酸基(OH)があり、フェノール性の酸ですから炭酸水素ナトリウムと反応してサリチル酸メチル陰イオンとなります。するとこの物質は界面活性剤となってサリチル酸メチルと水の間の反発力を下げる働きをします。
はじめに書いたようにサリチル酸メチルの比重は水より大きいですから、表面張力のため浮かんでいた液体は表面が親水性になったため比重に従って沈んだと思われます。
添付URLは熊本大学の日本薬局方サリチル酸メチルのページ

参考URL:http://mid.cc.kumamoto-u.ac.jp/data.php?record=1252500

Q水の硬度について(紅茶の色との関係)

水の硬度はカルシウムイオン マグネシウムイオンの濃度が関わっていることを習った記憶があります。
この件について質問です。

1.ヨーロッパの水は硬度が高いので,紅茶を入れると黒っぽくなると聞いたことがありますが,本当でしょうか?
2.1の質問がもし本当だとしたら,なぜ黒くなるのでしょうか?
3.実際に紅茶を使って実験しようと思ったときに,硬水を調製するにはどうしたらよいですか?単純に何かのカルシウム塩かマグネシウム塩を入れればよいと思うのですが,どんなものが適当ですか?飲んでも安全なものを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

繰り返し欧州に研究のために渡り、
度々長期に住んだりもしています。

1と3だけお答えします。
2は、私にはわかりかねます。

1
本当です。硬水度が高いほど黒くなります。
紅茶の事を日本語では紅いお茶ですが、
英語では black tee 黒いお茶です。
ちなみに、緑茶を硬水で入れると
その時はまぁまぁ緑色ですが
飲み残して翌朝になると無気味なオレンジ色に
なっています。
そして、全然おいしくないです。
特に麦茶は飲めない程まずいものになります。
しかし、何故かコーヒーは硬水のほうが美味しいです。
欧州の中でも、大陸の方が硬水度が高く
海を越えたイギリスは、わずかながら軟水です。
イギリスではお茶が、
欧州大陸の法ではコーヒーが好んで飲まれていた歴史が
あります。
やはり、軟水の方がお茶には適していて
硬水はコーヒーに適していたからだと、
私はにらんでいます。

3
実験をなさるのなら、
私は試したわけではありませんが
硬水度の高いミネラルウォーターを利用してみては
いかがでしょうか。
硬水度の高いものとして有名なのは
contrexです。
大きなスーパーやドラッグストアなどで売っていますよ。
緩下剤として飲まれている方もいるくらい硬度が高い。


欧州の水道水はものすごく硬水なので
シャワーの穴がつまってしまったりします。
スチームアイロンを壊さないために
ミネラルウォーター(軟水のエヴィアン)を
使うほどです。

繰り返し欧州に研究のために渡り、
度々長期に住んだりもしています。

1と3だけお答えします。
2は、私にはわかりかねます。

1
本当です。硬水度が高いほど黒くなります。
紅茶の事を日本語では紅いお茶ですが、
英語では black tee 黒いお茶です。
ちなみに、緑茶を硬水で入れると
その時はまぁまぁ緑色ですが
飲み残して翌朝になると無気味なオレンジ色に
なっています。
そして、全然おいしくないです。
特に麦茶は飲めない程まずいものになります。
しかし、何故かコーヒーは硬水のほう...続きを読む

Q茶色と何色を混ぜるとうすみどり色になるでしょうか

茶色と何色を混ぜるとうすみどり色になるでしょうか?
茶色の味噌の中に長期間漬かって染色された布がうすみどり色でした。
布の元の色は何だったと予想されますか?

Aベストアンサー

実は、元の布の色がうすみどり色だったりして?

茶色≒暗いオレンジ です。
オレンジ=赤+黄
緑色=青+黄
なので、少なくとも青の要素がなければ緑にはなりません。従って、薄い青かな?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報