HPLCで核酸関連物質の分析をしています。未知試料を分析したとき、標準試料としてインジェクションしたものとはは明らかにRTが違う、大きなピークが現れました。このピークが何であるか推定するためには、どうしたら良いでしょうか?文献等で、RTを調べてある程度あたりをつけ、その物質の試薬を買って、同じようにHPLCにかけてみることくらいしか、思いつきません。よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

核酸」に関するQ&A: 核酸について

A 回答 (2件)

 あなたの分析の目的が何かわからないので,回答しづらいのですが。

その未知物質を同定しなければならないのでしょうか。

 同定の必要があれば,「LC-MS を所有しないからやれません」というのは理由になりません。近くの LC-MS を所有する研究室や大学などに相談して測定してもらうこともできます。あるいは,メ-カ-に依頼して分析してもらうことも可能です。

 なお,未知物質の量が多そうであれば,分取して構造解析する事もできます。

 これらの方法で得た未知物質に関する情報を元に検討しないと,膨大な数の試薬の中からどうやって比較対照を絞り込めますか。極端な話,たまたまその時使った器具が汚れていたという事だってありえますよ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
他に依頼するという方法があることを、思いつきませんでした。そうですよね。LC-MSなら、近場にあると思います。
本当にありがとうございます。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/16 16:37

そのピークのLC・MSまたはUVスペクトルをとるのが、常識ではないでしょうか。


検出器に何を使っているのかわかりませんが、大きいピークが必ずしも主成分では
ないこともあります。
予想がついてから試薬を購入して確かめた方がよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
でも、LC・MSないです・・・・・。
ちなみに検出器はUVです。

お礼日時:2001/08/15 16:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。

Q未知試料のFT-IRでの分析

とある会社が作製している未知試料の分析をFT-IRで
できるところまでしてみろと言われて行いました。
その試料は水溶媒に無機の粉末が分散されているゾルで
分散剤として界面活性剤が含まれているようです。
つまり、何種類かの物質が含まれている試料なのですが、
こういう混合物の分析にFT-IRのみでどこまでできるのでしょうか。
実際のスペクトルもノイズも多く、水分のみを蒸発させて粉末状で測定してもピークが鮮明ではありませんでした。
それでも、何とか陰イオン系の界面活性剤かも、程度まで絞り込みました。
しかし、あくまで推定としてピーク解析を行ったので、
上の者には、わたしの力量不足と言われました…。

やはりわたしの力量不足できちんと測定ができなかったのでしょうか?
それともFT-IRの性能としてそこまで分析することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ 再び#2です。

>上司曰く「FT-IRのエキスパートになってほしい」とのことでした。
>今はUV-visの装置が導入されたので、そちらでもエキスパートになってほしいそうです。

すばらしいですね。有望視されているということだと思います。
それならばなおのこと機械の操作、データの見方も重要ですが、サンプルの扱いと分析の予測と計画の立て方を習得することが大切です。
そうなるには、かなりの期間が必要になるかもしれませんし、いろいろ勉強もしなくてはいけませんけども、必ず身に付くことですし、良い仕事をするための自信にもつながります。

今回のIRの件はスタートとしての失敗には最適だったかもしれません。ぜひとも努力してエキスパートになってください。あきらめなければ必ずなれます。

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

Q未知試料の定性分析法・・・

すみませんが質問です。

・第一類 Ag+  Pb2+
・第二類 Cu2+ Cd2+ 
・第三類 Fe2+ Al3+ Cr3+ Mn2+ Zn2+
・第四類 Ca2+ Ba2+ Sr2+

以上の陽イオンが入っている未知試料溶液から、定性分析を用いて陽イオンの種類を導きたいのです。試料には全部で4~7種類の陽イオンが入っています(原則として第四類は一つだけ)

そこで、この定性分析における有効な分析方法を教えて欲しいです。ただ、危険な毒物(KCN,NaCNなど)は使えません。

どなたかわかる方いらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

高校の化学の宿題でしょうか? 極めて初歩的な無機化学の問題ですので,どんな教科書にでも載っています。ここでわざわざ回答する程の内容ではないと思います。

> この定性分析における有効な分析方法を教えて欲しいです。

実際の研究では,このような用途では ICP 発光分析を使うでしょう。この方法を用いますと,定性分析だけでなく定量分析もできます。ここに挙げられているすべての元素が,その濃度を含め,一瞬のうちに測定できます。

Q高速液体クロマトグラフィー(HPLC)について

現在HPLCを勉強中なのですが、HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

>>HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなど
昭和電工様のHPLCの入り口のページを添付しました。ニュースレターなどをご請求下さい。
他に和光純薬様、東京化成様、島津製作所様、ジーエルサイエンス様などのニュースレターをお集めになると良いと思います。
また、日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会での発表をご覧下さい。

参考URL:http://www.shodex.com/

QHPLCのピーク面積

HPLCで分析をおこなってます。
蛍光検出です。
ピークの面積はどのように出したものなのでしょうか?
チャートを見ると、横軸:時間 縦軸:florescence
となっています。この縦軸は何を意味していますか?
辞書を見ても分かりません。
自分なりに、ネットや本を読んで調べてみた
のですが、あまり分からないので、
どなたか時間があれば、教えてください。

Aベストアンサー

|
|    
|-------/~~~-----
+-----------------
      ↑
グラフが上のようになっていた場合、↑で示したところの面積がいわゆるピーク面積です。
どのように出したといわれると困りますが、単純に(?)面積を計算して出します。最近のHPLCですとコントローラPCが勝手に計算してくれます。

縦軸はこの場合florescenceですよね。検出された蛍光量を示しています。これも何を意味しているか?といわれると困りますが、単純に検出物質の相対的な量と考えていいと思います。

ピーク面積を問題にするときは濃度が分かっているサンプルを流して面積をmolに変換できるようにして定量します。

QHPLCに関する質問:テトラヒドロフラン

現在HPLCを使用してます。
テトラヒドロフランでカラムの洗浄ができることということが、HPLCの説明書に書いてあるのですが、
テトラヒドロフランはポンプによくないということを知人に言われまして。
どなたか理由をしっているかた教えてください。

Aベストアンサー

汎用されているC18などの逆相HPLCと仮定して回答いたします。
一般的に逆相HPLCで用いる溶出液の系は水+比較的水溶性の高い(極性の高い)有機溶媒です。具体的にはメタノール、アセトニトリル、使ってイソプロパノールでしょうか。

ポンプ自体はこのような溶媒の使用を前提として部品が使われていますので、THFなどの相対的に極性の低い溶媒を使うと部品(樹脂部品など)が痛むというハナシはよく聞きます。
ただし、最近の機器はその程度ですぐに機械がだめになるとはおもいませんが。
詳しくはHPLCのメーカーさんに聞くとよいかと思います。メーカーさんではそういった耐有機溶媒の実証実験をやっていますので。

Q未知試料の溶液の濃度の求め方

濃度が分からない試料をボンと出されて、「さぁ、これの濃度を知らべてね」といわれたとき、どうしたらいいですか!?
メチレンブルを実験に使うようです。あと、吸光光度法を使うそうです。

Aベストアンサー

ごめんなさい、まだよくわからないのですが、

>濃度未知の溶液にメチレンブルーを加え、吸光光度法を用いて濃度を測定するということのようです。

というのは、濃度がわからないメチレンブルー水溶液の濃度を調べる((1)とします)のではなく、
メチレンブルーではない物質が、どれだけ含まれているかわからない水溶液にメチレンブルーをいくらか加えて
それによって濃度を調べよ((2)とします)、ということですか?

(1)なら典型的な吸光度測定で簡単にわかりますが、
(2)の場合は2種類の異なる物質が含まれていることになり
(コンタミになるのでしょうか)
普通に考えて測定は多分できません。
もし、(1)であれば、UV-visの装置はほとんどは
入射光と透過光の各光の強度を元に、自動でランベルト・ベール(ランバート・ベア)の法則を用いて
吸光度または透過率を算出してくれますよ。

ランベルト・ベール(ランバート・ベア)の法則の公式はご存知ですよね?
単純に吸光度と濃度は比例関係にあります。
吸光度が求まれば、検量線をとることで、濃度がわかります。

簡単に検索しただけなのですが、下のサイトの
「吸光光度法の概要」と「ランベルト-ベールの法則と検量線 」が参考になるかと思います。

参考URL:http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwb1024/absorptiometry.htm

ごめんなさい、まだよくわからないのですが、

>濃度未知の溶液にメチレンブルーを加え、吸光光度法を用いて濃度を測定するということのようです。

というのは、濃度がわからないメチレンブルー水溶液の濃度を調べる((1)とします)のではなく、
メチレンブルーではない物質が、どれだけ含まれているかわからない水溶液にメチレンブルーをいくらか加えて
それによって濃度を調べよ((2)とします)、ということですか?

(1)なら典型的な吸光度測定で簡単にわかりますが、
(2)の場合は2種類の異なる物質が...続きを読む

QHPLCによるカフエインの定量での溶離液について

HPLCによるカフエインの定量を行う際、まずメタノール100%を流した後に水:メタノール=60:40に切り替えて溶離液を流した後、カフエインの標準液を注入し、検量線を作成し、その後、カフエインを含む試料(お茶など)を流し、試料濃度を検量線より求め、終了して、また1週間後にカフエインを含む別の試料の定量を行う場合もその都度、最初と最後にメタノール100%を送液するように言われました。1週間後にいろんなお茶など同じカフエインの定量を行う場合でも、まずメタノール100%を送液した後、水:メタノール=60:40で濃度決定を行い、またメタノール100%を送液するようにしなくてはいけないのでしょうか。水:メタノール=60:40で送液してそのまま終了し、そのまま新たな別のカフエイン試料を注入してはなぜいけないのでしょうか。なお、HPLCはカフエインの定量だけで他の人はHPLCは使用しません。HPLCの初心者で分かりませんので宜しくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験からいいますと

 (1). 分析終了後にメタノールでカラムを洗浄する。
    (カラムはメタノール充満状態で保存する)
 (2). 使用時はベースが安定するまで溶離液を直接流す。
 (3). ベースが安定したら分析を始める。
 (4). 分析終了後は(1)に戻る。
  
    参考にして下さい

QHPLCでピークが重なった場合の対処法

HPLCを行っていて、それぞれのピークの間隔が狭く、分取が難しいとき、どのような対処法を皆さんは取られますか?このようにしたらうまくピークが分かれてくれたという例がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

根本的な解決には溶離液の組成またはカラムの変更をお薦めします。

すぐできる、その場しのぎ的な対応としては、
・流速を下げる(クロマト時間は長くなります)
・サンプル注入量を下げる(1回の分取量減)
・同じカラムを複数直列に繋ぐ(流速も下げないと圧がかかりすぎるかも)
・オーブン温度を下げる
・前ピーク前半&後ピーク後半のみ分取する(収率減)
などが挙げられます。


人気Q&Aランキング