二宮金次郎についてしっている事を何でも良いので教えてください。詳しく書いてある本を知ってる方はタイトル&著者名を書いていただければうれしいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こちらが参考になるかと思います。



ご参考までに。。m(__)m

参考URL:http://isweb18.infoseek.co.jp/school/skura/ni/
    • good
    • 0

正確には「二宮金次郎の銅像」の話なんですが、


これはめちゃくちゃおもしろかったです。
ノスタルジック・アイドル 二宮金次郎―モダン・イコノロジー
ISBN:4880081213
新宿書房 (1989-03-10出版)
・井上 章一【文】・大木 茂【写真】

真面目な本としては、
二宮金次郎秘話―今甦る。永年に亘る渉猟資料から、尊徳翁の隠れた生き様を顕現
ISBN:4882730553
草輝出版 (2000-03-01出版)
・下田 隆【著】

よみがえる二宮金次郎―報徳思想の再評価とその可能性
ISBN:4433172278
268p 19cm(B6)
清文社 (1998-01-12出版)
・榛村 純一【編著】
などがあります。
童門冬二さんの、「小説二宮金次郎」も読みやすいと思います。
    • good
    • 0

以下の本が参考になると思います。



「日本の名著26 二宮尊徳」1970,中央公論社
「二宮尊徳」守田志郎著,1975,朝日新聞社
「二宮尊徳」奈良本辰也著,1993.7.1,岩波書店
「二宮尊徳のすべて」長沢源夫編,1993.3.1,新人物往来社
「尊徳の哲学」服部弁之助著,1952.12.1,社会思想社(文庫)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説タイトルと著者名

イギリスの小説で、general the(テ)という人が出てくる小説のタイトルと著者名を教えてください。時代と舞台は、ベトナム戦争の時代あるいはその後のインドシナ半島ではなかったかと思います。

Aベストアンサー

「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著)
http://www.mekong.ne.jp/books/honyakunovel/050901.htm
http://www.coda21.net/eiga3mai/text_review/THE_QUIET_AMERICAN.htm

Q新聞に載っていた作品の著者・タイトルを教えてください

最近(今月中です)朝日新聞に記事が掲載された作品なのですが、何となく心に残って、読みたいと思った時には古紙回収に出してしまっていて・・・。著者・タイトルがわかる方、教えてください。
幼い娘さんを亡くしてしまった著者の実体験をつづったもので、最後は「自分の子供」が「人類の子供」(←このあたり、あいまいです。自分だけのものではなくなる、ということが書いてあったと思います)であるという考えにたどりつくというストーリーでした。著者は文学の世界では著名な方のようでした。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「朝日新聞社の書評サイト」があります。お探しのものがあるかどうかは不明ですが・・・

 http://book.asahi.com/

 『幼い娘さんを亡くしてしまった著者』に該当しそうなのは「書評 一覧」にある「永遠の子ども [著]フィリップ・フォレスト」(掲載 2005年03月20日)でしょうか。

 http://book.asahi.com/review/TKY200503220181.html

参考URL:http://book.asahi.com/, http://book.asahi.com/review/TKY200503220181.html

Q「焼け跡の大審問官」の著者名を教えていただけますか?

「焼け跡の大審問官」の著者名を教えていただけますか?

Aベストアンサー

『焼跡の大審問官』竹山道雄

ですかね。

Q外国の童話の著者とタイトルを探しています。豆・ふかふかベッド・王女

外国の童話の著者とタイトルを探しています。物語の内容は、ある国の王子が本物の王女と結婚したいと思っていた。花嫁候補者は大勢いたが、何層にも敷布団を敷いたふかふかのベッドの一番下に豆をひとつぶ置き、これが邪魔になって、よく眠れなかった少女がいつもふかふかのベッドに寝ている本物の姫君だということがわかり、王子と結婚した、というものです。話の細部がもしかしたら正確ではないかもしれませんが、どなたかご存じの方は教えてください。

Aベストアンサー

「お姫様とえんどう豆」とか「えんどうまめの上のおひめさま」などいろいろな題名があるようです。
元はアンデルセン童話の「Prindsessen paa Aerten」だとか。
下記で内容をご確認ください。
http://aureaovis.com/story02_03.htm
http://www.medialynx.co.jp/mediahp/publish/publish_04.html

以前回答した質問も参考に載せておきますねー。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2700245.html

Q直していただけませんか。よろしくお願いいたします。

日本語を勉強している学生です。今論文を書いています。次は私が自分で書いたものですが日本語として間違えたところがあったら直していただきたいと思いますけどよろしくおねがいいたします。
論文要旨

樋口一葉(1872~1896)は、明冶時期の有名な女流作家であった。一葉は東京府下級官吏の家庭で生まれて、家族が中途で没落して、24歳という若さで亡くなりました。彼女は幼時から、文学がすきであったが生活の重圧に追い詰められて、生活と文学、現実と夢の矛盾に陥っていた。
本論文ではまず「未熟な作家」「生活第一という現実的な生活意識の芽生え」「立身出世の夢」という三つの方面から一葉の生活経歴及び現実的な生活意識の形成と成熟の過程を描きたいと思う。それから一葉の後期の代表作品「たけくらべ」「にごりえ」の分析を通じて彼女の生活第一という現実的な生活意識を述べてみようと思う。この二つの作品は前期の作品と比較すると大きな変化があったのである。それらが現実生活の問題を題材とし、社会意識をひらめかせた作風となっていって、明治文学を代表する傑作として日本文壇で確実な位置を占めている。ここで「たけくらべ」、「にごりえ」という二作を分析して、作家の現実的な表現手法、作品の内容を通じて、一葉の生活意識の変化と風格に注目する。

日本語を勉強している学生です。今論文を書いています。次は私が自分で書いたものですが日本語として間違えたところがあったら直していただきたいと思いますけどよろしくおねがいいたします。
論文要旨

樋口一葉(1872~1896)は、明冶時期の有名な女流作家であった。一葉は東京府下級官吏の家庭で生まれて、家族が中途で没落して、24歳という若さで亡くなりました。彼女は幼時から、文学がすきであったが生活の重圧に追い詰められて、生活と文学、現実と夢の矛盾に陥っていた。
本論文ではまず「未熟な作...続きを読む

Aベストアンサー

私が読んでいて引っかかるところ。
>家族が中途で没落して


>幼時
幼少のころから

>矛盾に陥っていた
何が矛盾なのか不明

>描きたいと思う。
述べる。

>大きな変化があったのである。
大きな変化がある。


>~思う
このような書き方はよくないと思う(^^

ちょっと目についたところを書いて見ました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報