「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

皆の為・皆で決めたことなら「集団自殺」は絶対善ですか?

質問者からの補足コメント

  • 皆様へ
    絶対善の主張者さんから回答入りました。
    皆様よろしければ是非ともお読みください

      補足日時:2020/09/15 20:10

A 回答 (30件中1~10件)

個人主義と全体主義


うまく調和して社会が成り立ってるはずなんですけど

注釈・・・調和なのか、妥協なのかは
見解によるけど、妥協すら調和として
捉えると調和ですもんね

個を否定する全体主義や!
全体を無視した個人主義!

この頃の流行なんでしょうか?
( ̄~ ̄;)

マスクと人権なんかも

個人主義だと勘違いされてて

全体を尊重するからこそ、個人が生かされ
人権なんかも大切にされますもんね

個人の主張を認めるからこそ
社会全体が生き生きしてくるのも、同じ事だと言えますもんね

生物の多様性から
淘汰や進化が起きたからこそ

個人の尊厳なき全体主義だと
社会全体の進化や変化は
望め無くなりそうだと
個人的な妄想ですけど
思ってますよ
(  ̄▽ ̄)にっこり
    • good
    • 1

皆の為、皆で決めたような事柄が


その地域や社会では
常識になりますね

常識てのは善悪ってより

無難とか、ベターてな話だけど

決めてしまうと
( ̄~ ̄;)

危険な思想も罷り通りますもんね

思春期の子供が

みんな言ってる
みんなしてる

みたいなノリの皆とは
( ̄~ ̄;)

確定されないまま、おさまったみたいですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
個の尊厳を無視した全体主義は必ずしもいい方向には進まないですね

お礼日時:2020/09/23 09:34

無何梨さんおはようございます。

 『受動意志仮説はデカルトをうちのめした?』https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11797573.htmlのNo.112さんに「「未来を見ている」について量子論を参照する前に「特殊相対論」を参照してみてください。未来に見るはずの世界は実は過去の世界だとわかりますから。」とありました。『「絶対善」の提唱者shinwoodさんの持論が多くの回答者さん否定的に捉えているようですがそれはなぜ』https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11859322.htmlのNo.12へのお礼で「日常生活で発生する加速度では人が認識出来る時間の遅れは発生しません」とありました。
 今見ている月は1.3秒前の月です。1.3秒前なのは光の速度が一定だからではありません。光の速度が有限だからです。
過去    現在
       目
ーーーーーーー・→
 ┏ー光1.3s→┛
ー・-ーーー-・→
       月
月と目は384400㎞離れています。月が1周回るのに28日かかります。1周の長さは2π384400kmです。月の速度は1km/sです。月が地球の周りを回るときに太陽から離れる方向に動いてるときにポコンと跳ね返した遅い速度299999㎞/sの光が目に届いたり反対に太陽に近づく方向に動いてるときにガツンと跳ね返した速い速度300001km/sの光が目に届いたりしたとしても1.3秒かかります。
 特殊相対論を参照すると分かる日常生活で発生する加速度での人が認識出来ない時間の遅れを加味した未来に見るはずの世界は実は過去の世界だということとはどういうことでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
私は「受動意識仮説」を否定したのではなく脳科学における時の表現が適切ではないと言ったまでです
私たちが見えているのは物理的には「対象から経過時間」+「脳処理時間」後の過去です
以上を踏まえて言えば「未来に見えるはずの世界」は実は「過去の世界」であるとなります
詳しい説明をご希望ならば以前提示された例をもう一度回答して下さい。
そうしていただければその例を踏まえてご説明致します

お礼日時:2020/09/19 07:52

https://note.com/shouga/n/ndd17fa48f094
哲学カテに私は不適かもしれません。
でも一言、「言葉は政治」。
人は、「~べき」に従う部分、「~したい」という動機で動く。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2020/09/23 11:01

彼に対する違和感。


彼の態度でも主張でもなく彼そのものに対する。

それを述べたい。
この質問へのズバリの回答ではないが関連する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2020/09/23 11:01

「誰に対する皆」なのか?


「抽象的な部分」なので、良く解らないですが、
「皆で決めた」というのは「何か一方的な感じもします」けどね。

「一方的に決めた」という事を「前提とする」のなら
「脅迫性も含まれた集団自殺という事にも成る」と思いますが、
その集団の中の「有力者の1人」などが
「集団自殺に対して、異を唱えたりする」と、どうなるのかな。

その有力者の異論に「賛同、同意する他の者達が増える」と
「1つの集団が2つの集団に分裂する可能性」も考えられます。

上記のようなケースを考えると、一概に絶対善とは言えず、
「一方的で具体性の無い脅迫性を含む絶対善にも成り得る」と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
「誰に対する皆」の誰とは絶対善の事です
絶対善の主張社会の主張に従えば「皆の為皆で決めたことは絶対善となる」となります 
但し「集団自殺」については条件付きとなると絶対善の主張者が述べているのです。絶対善の主張者ば「皆の為皆でも決めた」としても必ずしも絶対善にはならないと述べています。

お礼日時:2020/09/19 18:41

>絶対に正しい、、、



絶対に正しいのではなくて、絶対に善いのである。
依って『絶対善』というのである。

確かに、これが“科学的に”証明されたのであれば、世界は一大センセーショナルを
巻き起こされるでしょう。
ノーベル化学賞、ノーベル物理学賞ものである。


***********************************
■妙法蓮華経 方便品第二
『当知是妙法 諸仏之秘要』(当にしるべし是の妙法は 諸仏の秘要なり)

※秘要⇒『南無妙法蓮華経』の事である。


■十界

【十界】

・地獄界・・・苦しみの境涯
・餓鬼界・・・欲深い境涯、どのような状況でも常に満たされない状態。
・畜生界・・・本能のおもむくままに生きる境涯。⇒以上、三悪道
・修羅界・・・憎しみが強く、争いを好む境涯。⇒以上、四悪種
・人 界・・・一般的な『人間』の境涯。
・天 界・・・喜びの境涯。⇒以上、六道。六道輪廻の六道です。
・声聞界・・・悟りを求める、求道の境涯。
・縁楽界・・・自然現象などから、物事の真理を悟る境涯。⇒声聞、縁楽二つの境涯を併せて『二乗』といいます。
・菩薩界・・・悟りの道を開いて、人々を救おうとする境涯。
・仏 界・・・究極の真理を悟った覚者の境涯。

この十種の境涯が、一つも欠けることなく人(衆生)の生命に具わっている事を『十界互倶』と言います。
そして、何かの縁に触れる事によって、瞬間瞬間にその境涯が変化していくのです。
その生命の奥底にある十種の境涯が、意識や言葉、表情や態度や動作にそのまま表れてくるのです。
そしてそうした事が関係して、自身の生活環境や地域社会を形成しているのです。


■立正安国論
「速に実乗の“一善”に帰せよ」
***********************************


●要するに、人間の生命の中には法界というものがあって、そこには十界で
上げた生命状態が等しく具わっている。
これら(心法)が何かの縁に触れて、色法として体に出てくる。これを『色心不二』という。
また、(心法)は依報に繋がり、その生活、環境にまで影響を及ぼす。これを『依正不二』という。
上記十種の生命状態の中で、一番善いのは『仏界』である。これを『仏の生命』とも言うが、この生命を引き出す役割(縁)が、『南無妙法蓮華経』なのである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご説明ありがとうございます。
ご回答に記されている事柄が果たして正しいのか?
と言う点を踏まえて言えばそれはご回答には記されていはいません
ご回答に書かれている事柄を否定するつもりはありませんが「絶対正しい」とするならその証明が求められるのです
と言う事です

お礼日時:2020/09/17 21:34

>回答者さんの仰っているその根拠が絶対的的に正しいとどのようにに証明するかと言う事です



もう既に、何十万人、何百万人が実践しているのだから、その統計を見れば良いのではないですか。
ある意味『創価学会』という組織は、幸福になれたか成れなかったかの人体実験場であると言っても良い。

また、教義や理論等は書物もたくさん出ているのだから、入会するとかしないとかではなくて、ただ単に何を言っているのかを研究してみたら良い。

こういうところで素人批判をしているよりかは、有意義な回答が得られると思うが、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問者さんの考え方それ自体を否定しているわけではありません
ただそれが絶対に正しいと言うならそれが絶対に正しいと証明しなければならないと言う事です
それは統計数値を用いても変わらないのです。同じ事なのです
絶対に正しいと証明しようとする限り「絶対に正しいのか?」と言う問が永遠に続いてしまうという事です

お礼日時:2020/09/17 20:38

No.19です。



>仮に全ての人達が「絶対善」に関して何らかのイメージを持っているとします。
そうであるとしても問題は「絶対善」と言える絶対的な根拠を誰も持ち得ないからです
何故なら絶対善と言える絶対的な根拠が絶対的に正しいと言うならそう言えるよう検証しなければなりません。
しかしながらどのように検証すればその根拠が絶対的に正しいと言えるのか?その検証方法を誰も知りませんしそう言える判断基準も誰も持っていないからです
よって絶対善と言える絶対的な根拠が絶対的に正しいとい検証すると「絶対的に正しいと言えるのか?」という問題が永遠に続いてしまいます。
これはまさに「フレーム問題」です。
永遠にその答えが出せない以上誰しも絶対善と言えるその絶対的な根拠を持ち得ない事から絶対善を誰しも持ち得ないと言う結論が導き出されます


●絶対善というのは、衆生をして仏に至らしめんとする『法』の事である。
所謂『南無妙法蓮華経』是也。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
問題は回答者さんの仰っているその根拠が絶対的的に正しいとどのようにに証明するかと言う事です

お礼日時:2020/09/17 19:35

第二次世界対戦の時の玉砕や集団自決



欧米列強には、まったく理解されない精神でしたね

アジア諸国でも

日本人の覚悟ってのは
なかなか理解されなかったみたいですが!

戦後、東南アジアでは
欧米からの
植民地支配からの独立戦争だったと

認めてくれる国が増えたのは
日本が経済大国で援助目当なのか!
戦後の内戦や独立戦争などの
国際的な転換期だったと認識してもらえたのか?

答えは解らないですけどね

回答!
この世に善を求めたいけど
善だの、悪だの
判断仕切れない事柄が沢山ありますね

よって、善ではないです

集団自決や玉砕は、覚悟てな言葉で語りたいですね

諸外国では。洗脳なんてな言葉で片付けられたりするけど

相当な覚悟があつたのは、まちがえないですもんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
物事にはあらゆる面があります
それらの面の一つに善悪があるというだけです
一面だけ捉えて論じては正しい答えが導き出されないことから善悪だけで論じても正しい答えは導き出せないと言う事です

お礼日時:2020/09/17 22:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A