プロが教えるわが家の防犯対策術!

解雇の予告手当について。

9月末で退職予定の従業員がいます。
有休があと4日残っており、26日の土曜が出勤予定だったため、25日を最終日として今のところ動いています。
もうすぐ会社の改装に入るのですが、社長から「給料を払うから23.24日を最後にするのはどうか?」と相談されました。

この場合、給料の支払いがあるので会社としては予告手当等の必要はなくなるのでしょうか?
30日までは籍を置いているという事になると思うのですが…
もし、退職予定者の方の籍自体を23.24を最後に…というのであれば、支払いの必要があるのでしょうか?

A 回答 (9件)

9月末日退職なら社会保険(健康保険、厚生年金)の9月分はあなたの会社で加入。

29日以前の退職なら9月分の健康保険と国民年金は該当社員さんが役所で手続きして自己負担になる。社員さんにとっては月末まで在籍してる方が有利。
社長にとっては9月分の会社負担がなくなるから月末前の退職が有利。
    • good
    • 0

解雇予告手当につて


会社が解雇予告をしたばあいは、解雇日の30日前に書面で通告することで、解雇手当の支払いはありません。しかし、通告から30日前に解雇する場合は、残りの日数分の解雇手当を支給することになります。
また、有給休暇は、法定休日及び所定休日は有給休暇日数となりませんので、あくまでも平日の稼働日が有給休暇を取得する日になります。9月26日土曜日,27日日曜日は休日としている場合は、有給休暇にカウントしないために10月1日までが有給休暇残数となります。退職日は10月2日になります。給与は、締め日から10月1日分の給与を支払うことになります。
「給料を払うから23.24日を最後にするのはどうか?」については可能ですが、解雇手当は残日数分を支払うことになります。
解雇通知は、解雇手当を支払うことのない措置であり給与と別にすることです。
また、解雇予告通知が社会通念上容認できる事由であることが条件となります。また、労働基準監督署に報告することになります。
労使双方ともに問題がない場合は、社長の「給料を払うから23.24日を最後にするのはどうか?」に申し出に従業員は合意すれば合意退職扱いをすることで予告手当を支払うことなく辞職を促せるものです。
従業員は特例受給資格者として優遇を受けることもできるし、次の就職時にも影響しないために双方とも納得ができるものと思います。
つまりは、会社が早期退職規模を募ったところに従業員が応じたということです。また、残有給休暇日数分は買取をしても賃金(手当)を支払いしても変わりはないかと思います。
    • good
    • 0

#6です。

お礼ありがとうございます。

>23日を最終出勤日、30日を退職日とする場合、会社側が「24.25も有休と同じ扱いにしてあげるよ」というスタンスなら、問題ないという解釈で良いのでしょうか?

ええ、そうです。御社の事務手続きがどのような形なのか分からないので具体的には言えませんが、少なくとも社長が直接「23日まででいいじゃん」と指示できる会社なら「24,25は出社扱いの自宅待機を社長が命令した」で済むはずです。
    • good
    • 0

#3です。

お礼ありがとうございます。

>月末締めの当月25日払いの会社です。
9月30日で締めて、それを9/25に払う、ということですか?珍しいですね。

>翌月ではなく当月なので、退職者は得するのか?と思っていたのですが、どうでしょう?
9月30日に締めるのに、9/23を退職日にしたら、日割り計算になりませんか?
日割り計算になるなら、24日分も26日からの有休分ももらえなくなりますよね。

で、予告手当なんですが「解雇予告手当」というのは「今日解雇するけど、本来1か月前に宣告しないとダメなので、今日宣言してその代り1か月分払うよ」というものです。
だから今回の件では関係ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、9/30締めですが、9/25に払います。
私もあまり聞きません(^_^;)

23日を最終出勤日、30日を退職日とする場合、会社側が「24.25も有休と同じ扱いにしてあげるよ」というスタンスなら、問題ないという解釈で良いのでしょうか?

お礼日時:2020/09/15 16:37

社長のいう給料を払うから出勤するのは、23日か24日にしてはどうか、23、24は来なくていい。

という意味じゃないですか?退職日は9月30日、改装を早くしたいのでは?
    • good
    • 0

社長の言葉が理解し難い言い方ですね。



>給料を払うから23日・24日を最後にするのはどうか?

24日を最後にするのはどうか?って言われたら、最終出勤日を24日にしたらどうか?って意味に取れますが…23日・24日と言うから意味がわからなくなってくるんだね。

「給料を払うから23日・24日を休み(特別休暇)にして、22日を最後(最終出勤日)にしたらどうか?」って言えば意味がはっきりします。

この場合なら、23日・24日を休み(特別休暇)・25日・28日・29日・30日の4日間を有給休暇で、退職日は30日になります。

解雇予告手当の必要性については通告日がわからないので何とも言えません。
    • good
    • 0

#1です。

お礼ありがとうございます。

>もし退職日を23にした場合、何か会社的にデメリットはあるのでしょうか?
会社には特にデメリットはないでしょう。事務処理をちゃんとやっておけばよいだけです。

>退職者の方にはデメリットはありますか?
30日まで在籍扱いで満額支給なら、23日だと満額にならないことになりませんか?
そこが退職者のデメリットですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

月末締めの当月25日払いの会社です。
翌月ではなく当月なので、退職者は得するのか?と思っていたのですが、どうでしょう?

お礼日時:2020/09/15 15:21

解雇予告して



有給は買取しないと言ってるなら

残したのが悪い。
    • good
    • 0

ちょっと意味が分かりにくいのですが、


30日が退職日で26・28・29・30日分の4日分が有休消化ということでしょうか?

だとすれば、退職予定者の籍は30日まであります。
その上で23・24日を有休休暇にするならそれは「出社扱いの自宅待機を社長が命令した」と言うだけのことです。

逆に23日を退職日にするなら、24日以降の支払いは発生しないかもしれません。それは会社と従業員の契約が「途中退社は日割り計算」の場合です。

ただ、退職日を23日、でも給料を満額払いたいなら、特に問題にはならないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりにくくすみません。
有休は、仰る通り26.28.29.30で消化です。
もうその方の有休が残っていないので、23.24を有休扱いには出来ないです。

もし退職日を23にした場合、何か会社的にデメリットはあるのでしょうか?
退職者の方にはデメリットはありますか?

お礼日時:2020/09/15 14:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング