「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

菅さんの政権(ほぼ確定)でさっそく内閣人事が進んでいますが、そんな中で公明党との連立が早々に決定しました。
さて、自公連立政権になって20年以上(一時期野党になりましたが)になりますが、どう思いますか?
いいこと?
悪いこと?
20年以上も続いているということは、お互いに利害が一致しているということにもなりそうですが・・・

A 回答 (10件)

まあ、両党にとってはデメリットよりメリットのほうが大きいからくっついてるんだと思いますが、日本にとっても良いことかそうでないかはよくわかりません。



本来、公明党はそういうことをするべき党ではないように思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>本来、公明党はそういうことをするべき党ではないように思う
連立なので、黒でも白と言わなければいけないジレンマですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 08:45

トンビさんこんばんは☆



全然詳しくないんですけど、個人的には、宗教団体である創価学会に対して良いイメージを持っていないし、そういう特殊な思想のある団体が政権を担うのは不適切な気がしますし、そもそも政教分離原則に反しないのか?と疑問に思います。。
と、言いながら、去年、創価学会が運営している、東京富士美術館に行ってきたんですけどね。。(^_^;) 八王子の地の果てのような場所にあるのですが、行ったかいがありました。。貴重なフランス絵画などの宝庫で、資金力の大きさを感じましたねー。。立派な建物からして圧巻でしたし。政府も、背に腹は代えられない、という事でしょうか。
余談ですが、菅さんは、トンビさんの出身大学の先輩ですね!おめでとうございます!同じ大学出身の先輩の出世は嬉しいでしょう?私は先輩の蓮舫さんだけでも、嬉しかったので。。(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう、八王子の果てなのに「東京富士」と銘打っていますね。
大石寺とは仲違してるので、もはや「富士」の名称は必要なさそうです。
学会はともかく、収蔵物にはなかなかのものがありそうです。
私も一度、ナポレオン展?かなにかで行ったことがあります。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 12:17

>公明党がなにか(功績)やりましたっけ?



公明党は弱者救済を掲げながらも、安倍政権の中小企業や個人経営店を締め付けるような政策によって、コロナの影響もあってか、多くの弱小企業が倒産しました。

創価学会・公明党のいう平和活動とは、各国の文化人や政治家と平和について会談をすること。
海外に出向いてお茶会を開くことで、世界平和が守れるとは到底思いません。

お茶会を開くわりには、国内外のボランティアや寄付、感染防止策やコロナウイルスの創薬などで海外と提携しません。

逆に、教祖・池田大作の親友であるパナマのノリエガ将軍は、麻薬取引の罪で国際指名手配されました。
静岡県には「ノリエガ庭園」を造るほどの親密さでしたが、ノリエガ逮捕されるや否や庭園を壊してしまいました。

これが答えですよ。


>まぁ 何もしないから 毒になっていないだけマシなのかもしれません。

反日政策、弱者をくじき強きに媚びる政策、創価学会が起こした組織犯罪などは大問題だと思いますよ。

【公明党の政策】

・過去に外国人参政権法案を何度も国会に提出
自民党・・・ 0回
共産党・・・11回
民主党・・・15回
公明党・・・29回
民主党以上に外国人参政権や人権侵害救済法案や移民1000千万人受け入れを強力に推進しています。

・従軍慰安婦肯定

・南京大虐殺肯定

・靖国神社参拝反対

・副作用の強い、子宮頸がんワクチンの導入

・闇金のような違法な金利を復活させる

・国籍法改悪推進

・人権擁護法案推進

・外国人参政権推進

・日朝国交正常化推進

・児童ポルノ規制法改悪推

https://www18.atwiki.jp/nihonnkiki/pages/127.html


新聞、雑誌、テレビ報道、ネット辞書サイト(Wikipedia)、創価学会幹部の告発書に書かれている、創価学会の組織犯罪件数があまりに多すぎます。
小さい事案を含めれば、300件を軽く超えます。

創価学会は50年も前から、言論妨害事件、盗聴事件、偽造写真事件、携帯通話記録窃盗事件、YahooBB個人情報漏洩事件などの組織犯罪によって、社会に大きな悪影響を与えたことは誰もが知っています。

こういった事件の多さや、マインドコントロールされて家庭崩壊した信者の多さから、国会では宗教団体に規制をしようという動きもあり、海外の議会・政府機関は既に創価学会をカルトに指定しました。

1950~1970年頃の暴力勧誘。

1965~1970年頃にかけて行われた戦後最大級の言論妨害・出版妨害事件。

1980年頃に多発した暴力団・後藤組と提携して行われた暴力事件や殺人事件

1990~2010年にかけて行われた宗教戦争。

2000年以降、創価学会は自民党の犬として政権与党と一部になったことで、教団の大悪を報じるマスコミは減り、大事件に創価学会が関わっていたこともあまり報道されなくなったので、教団の有害性は目立たなくなってきました。

自公政権を始めるときに、教団の悪はかき消され、日本をおかしくして、やがて日本は教団に食い荒らされて沈没する運命にある、と警告していた政治家や大学教授の予想は当たってしまいました。

最近は、国家転覆やテロリズムをしており、警察、役所、一般企業が、業務情報の漏洩、書類改竄、組織的不正、口裏合わせをさせられ、
一般市民は、集団ストーカー、悪評の流布、誹謗中傷SNS、怪文書攻撃などの犯罪行為をさせられています。
国内外の非合法組織やヤクザ者を引き入れて、暴力を利権にして、日本を暴力団国家にしています。
一言でいうと、宗教テロ、カルトマフィアの内乱です。

反社会性的な前科多数のカルト教団(創価学会)が与党の一部(公明党)になり、マスコミは教団の悪を報じることができなくなってしまったために、歯止めがかからなくなり、ついには宗教テロが起こされたわけです。


辞書サイトWikipediaを例に出して、創価学会の組織犯罪をお見せしますね。

言論出版妨害事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AB%96 …

創価学会と公明党が自らに批判的な書籍の出版、流通を阻止するために、著者、出版社、取次店、書店等に圧力をかけた事件。
憲法を侵害するものだとして激しい社会的批判にさらされた。

出版予告が掲載された直後から、出版元に抗議や脅迫の電話や手紙等が多数寄せられる。
著者 藤原弘達への手紙や電話等による嫌がらせや脅迫が始まる。
藤原は身の安全を図るため、都内のホテルを転々として出版に向け執筆を続け、段ボール箱に3 箱以上も嫌がらせの投書が来たり、警察が子供に警備をつけなくてはならないほど脅迫が相次いだという。

西日本新聞のケースでは、版元の文部大臣から出版中止を要求されるなど、様々な圧力が加えられた。
社長は出版社に正体不明の者から、「暴力団を向けるぞ」と脅迫され、暴力団風の男が身辺につきまとうようになるなど、周囲からの圧力でノイローゼ状態に陥ったことなどから初版は出版されず絶版となる。後に出版社も印刷所も倒産した。


共産党委員長宮本顕治宅 盗聴事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%9C%AC …

日本共産党委員長であった宮本顕治宅の電話回線が創価学会の学生部幹部数名により盗聴されるという被害にあった。
宮本委員長は特定の個人は不明としながらも宗教法人としての創価学会に対して、盗聴被害の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。1988年、東京高等裁判所での控訴審の判決後、学会側が最高裁判所への上告を取り下げたことにより、創価学会側の敗訴が確定した。
言論出版妨害事件追及の急先鋒にあった共産党の弱みを握って潰すために盗聴をしていたことが関係者の証言から明らかとなっている。


携帯電話通話記録窃盗事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%90%BA%E5%B8%AF …

2002年に創価学会幹部3名が通話記録を盗み、被害者に嫌がらせをした容疑で逮捕された事件。
ジャーナリストの乙骨正生の通話記録や創価学会に対立する団体幹部、脱会者らの通話記録を盗んでいた。
被害者で元創価学会員の女性ら2人が、東京地検に告発状を送付した。
被害者らは、教団の敵対者の個人情報入手と嫌がらせが目的であったと、被害者シンポジウムで批判した。
日大名誉教授の北野弘久、政治評論家の屋山太郎は「新聞を読んでも、事件の裏側が分からないことが問題。知らないうちに気に入らない相手の情報を手に入れ悪用する。なにより一般の人ではとてもこんな組織的な広がりを持ちえない。つまり大犯罪を起こしえる組織力を間違いなく持っている」とコメントした。


Yahoo! BB顧客情報漏洩事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/Yahoo!_BB%E9%A1%A7 …

2004年、450万人分ものYahoo! BB登録者の個人情報が漏洩している事が発覚し、この情報に対してBBに現金を要求していたソフトバンク関連元社員らが逮捕された。
逮捕された3名のうち、2名は創価学会の謀略部隊所属で、言論出版妨害事件の前科者だったことが話題となった。
『日刊ゲンダイ』と『朝日新聞』が、創価学会幹部が流出事件に関与していたことを報道。


練馬区投票所襲撃事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%B4%E9%A6%AC …

東京・練馬区の第4選挙投票所において、午後6時の投票終了後に創価学会員の2名が投票に訪れた。
係員が投票終了後のため投票できないことを告げると信者は激高。数百人が投票所を取り囲んで襲撃。
女性・高齢者を含む投票立会人4人に暴言、集団暴行を加え流血させ、土下座謝罪を強要した。


創価学会偽造写真事件
https://www.correct-religion.com/ryouran/html/so …

創価学会は、違法に入手した写真を変造し、被害者が性的錯乱している異常者のごとく見せる写真をつくり誹謗中傷した。
この偽造写真を創価学会の機関紙にも掲載された。
東京高裁は、写真変造は被害者を中傷することが目的に行われたものであり、極めて違法と断罪した。
創価学会はこの事件の前にも、被害者がシアトルで売春騒動を起こしたなどと性スキャンダルをでっちあげて、裁判所から断罪されたことがあった。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ということは、一緒にやっている自民党が諸悪の根源と解釈できますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 12:13

いいわけがありません。



公明党は、創価学会というカルト教団が自身に利益をもたらすためにつくった、いわば私党であり、内外の評判はとても悪いです。

自民党は「自民党の一強と、創価学会からの票があれば、無茶をしなければ永久与党でいられる」という思い込みから、最近は強気な姿勢を見せています。
政教分離原則と選挙制度を無視した、限りなく黒に近い違憲、違法な政治をしているわけですが、世界に日本の恥を晒さないでほしいですよね。

自民党にとって公明党=創価学会は何百万という票を集めてくれる集票装置なので、”宗教法人課税”や、”創価学会のカルト指定”(西欧諸国の多くは創価学会をカルト認定済)など、創価学会(公明党)が嫌がることは、たとえ国民にとってプラスになる法案であっても、自公政権は全力で阻止します。
自公政権にとっては、国益が損なわれようと、国家予算が減ろうと、国民の安全が脅かされようと知ったことではないのです。

創価学会はフランス、ドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカといった国々でセクト(カルト)指定を受けた、政府機関お墨付きの有害カルト宗教団体でもあります。

そんなカルト宗教団体が、今は日本を乗っ取り、テロリズムを起こし、警察、役所、一般企業が、業務情報・捜査情報の漏洩、書類改竄、組織的不正をさせられ、
一般市民は、集団ストーカー、悪評の流布、誹謗中傷SNS、怪文書攻撃などの犯罪行為をさせられています。
国内外の非合法組織やヤクザ者を引き入れて、暴力を利権にして、日本を暴力団国家にしています。

国の運営という役目を担った人達が、過激派が起した国家犯罪に加担し、国家(日本)を破滅させてしまいました。

日本のイメージ、威信、信頼というものは地に落ち、犯罪と犯罪の隠蔽に躍起になる国民をみて、よその国々はどう思うでしょうか。

憲法も法律も道徳も日本には存在していません。
国家の機能を失ったのです。


>公明党との連立が早々に決定しました。

今後さらに、創価学会のスキャンダルが噴出するでしょうし、目を覆わんばかりの汚点も見えてくるでしょうし、国家転覆およびテロ犯罪への追及、国賠、社会運動、スキャンダルの暴露、批判、デモ等々、災難いや国難に見舞われます。
自民党は腹をくくり、国が修復不能になるまで、テロ宗教と一緒になって暴走を続けるつもりなのでしょう。


証拠も載せておきますね。

海外では、オウム真理教やアルカイダと横並びで評価されていることから、テロリストとしての扱いを受けています。
異質な宗教というよりも、ISIS等の過激派やテロ組織という見方をされているわけですから恐ろしいです。

フランスは有害宗教に対して最も進んだ取り組みをしているので、フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は、カルトか否かを判定する世界基準として利用されています。

フランスでは、以下の宗教団体をセクト(反社会的カルト)に指定しています。(日本に現地法人があるものに限る)

ー>創価学会、統一教会、エホバの証人、サイエントロジー

ドイツの認定は以下のとおり。(日本に現地法人があるものに限る)

ー>創価学会、統一教会、ヤマギシ、東方聖堂騎士団


エビデンス

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E5%BA%9C …

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AF …


フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』を、辞書サイトより転載。

『1995年12月、フランス国民議会で採択された報告書『フランスにおけるセクト』は「通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。
この中で、セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、以下のように「セクト構成要件の10項目」を列挙している。


・精神の不安定化(マインドコントロール、洗脳、人格破壊)

・法外な金銭的要求(高額なお布施徴収、寄付金強要)

・住み慣れた生活環境からの断絶(会館での長時間の拘束)

・肉体的保全の損傷(暴力および精神的虐待)

・子供の囲い込み(創価学園に入園させるなどして子供を洗脳する)

・反社会的な言説(暴言、誹謗、中傷、対立関係にある者を攻撃するよう指導する)

・公秩序の攪乱(言論妨害、出版妨害、政治権力の悪用、テロ行為など)

・裁判沙汰の多さ(対立宗派とは200件超の裁判を起こしている)

・従来の経済回路からの逸脱(詐欺や脱税、裏金捻出、不法労働の類のこと)

・公権力への浸透の試み(公明党を立ち上げて政教一体の政治運営、行政への浸透)


以上の項目のいずれかにあてはまる団体をセクトとみなしているが、創価学会は全項目に当てはまる。(最高度に危険)

創価学会はフランスだけではなくドイツ、チリ、ベルギー、オーストリア、アメリカといった国々でセクト指定されている。

※フランス以外では「セクト」という呼称は用いられず「犯罪性の高い宗教団体」「犯罪を起こしえる監視を必要とする団体」「テロカルト団体」などという言葉を用いて、創価学会をテロ予備軍とみなしている。

フランス政府のセクト対策はキリスト教以外を排斥するためだという陰謀論じみたレベルの低い議論や、キリスト教を守れという議論はフランスでは主流とならなかった。
全く違う高度な議論の末に対策の議論が行われた。』

---


日本では創価学会に詳しいジャーナリスト古川利明は、著書『カルトとしての創価学会=池田大作』(第三書館 2000年11月)で、創価学会はカルトだと結論している。

https://matome.naver.jp/odai/2153286172928370701

---


国会でも創価学会のカルトについて論議されました。

○政府委員(小野元之君) 御指摘ございましたカルトでございますけれども、宗教学の説によりますれば、カルト、教団という意味でございますけれども、自発的な集団でいまだ教義や組織が未成熟である、そしてカリスマ的な指導者に率いられた熱狂的な宗教団体を指すというふうに一般的には言われているようでございます。
このカルトという言葉でございますが、近年アメリカの学会やジャーナリズムを中心に盛んに使われているわけでございまして、特に破壊的カルトといったような場合には、その宗教活動を主観的に判断して、閉鎖的で異端的、反社会的で危険な運動を行う団体、こういったものを指すというふうに聞いているところでございます。

○中島眞人君 カルトがやっぱり日本にもあったんですよ、あるんですよ。外国の報道も、日本の宗教に対してカルト的だという表現を使っている。ですから、そういうことは本当にそうなんだろうか、もしそうでなかったとしたら大変迷惑な話でありますから、そういう点で外務当局にタイムとかBBCとかABC放送の内容というものを的確に見せていただきたい。そして、その言っていることが間違いだとしたら国を挙げて抗議をしなきゃいかぬでしょう。そのとおりだということであったら政治や国会という場の中でこれに対して警告を発していかなきゃいかぬじゃないですか。
そういう意味で、私どもは外務当局に先ほどお願いをいたしたわけでありますけれども、そういうことについて早急に資料をお出しいただけるということでございますから、それはその時点でお話をいたしたいと思います。
さて、実は先ほど聖教新聞のいわゆる選挙特集を発言したのでありますけれども、聖教新聞というのはどういう新聞なんですか。

○政府委員(小野元之君) 私も詳しく存じ上げませんが、創価学会の機関紙というふうに考えております。

https://matome.naver.jp/odai/2153286172928370701

---

フランス国営放送で『創価学会-21世紀のカルト』と題した、日本の危険宗教を紹介する番組が放映された。

「平成十二年六月八日に、フランスの国営テレビ局(チャンネル2)が、『創価学会―21世紀のセクト』と題するドキュメンタリー番組を、約一時間にわたって放映した。
 フランスといえば、学会員が一万人ほどいるとされ、ヨーロッパにおける創価学会の中心地。その地の国営放送が学会批判の番組を流したのであるから、ただごとではない。
 もっとも、フランスではすでに、国会が創価学会を「危険なカルト教団」と認定している。
 そんなこととはご存知ない日本の学会員は、池田大作を称して「世界の指導者」「世界中が先生を求めている」などと言うが、海外における実態は、うさん臭いカルト教団の支配者としか見られていない、ということだ。」

https://web.archive.org/web/20180924182303/http: …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ということは、一緒にやっている自民党が諸悪の根源と解釈できますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 12:13

悪いことです。

内政がボロボロになります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ということは、20年ずっとボロボロだったんで、大した政策もないままにやってきたんですね、政府は・・・

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 12:11

良くも悪くも、創価学会の選挙協力を得なければ、国会議員の過半数を得られないから



https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公明党としては、我が票があるからこそ自民党政権があるという自負なのかも知れませんね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 09:08

さて、自公連立政権になって20年以上(一時期野党になりましたが)


になりますが、どう思いますか?
いいこと?
悪いこと?
 ↑
悪いことです。

宗教団体の第一の目的は信者獲得です。
ルターの宗教改革で、信者を減らしたカトリックは
信者を求めて国と組み、国外に
乗り出しました。
これが、大航海時代です。

だから、欧米以外のクリスチャンにはカトリック
が多いのです。
戦国時代に来日したイエズス会もカトリックでした。

彼らは命を懸けて、地球の裏側にまで出かけ
布教活動をしたのです。

このように、宗教団体の布教にかける熱意というのは
凄まじいものがあります。

国内で頭打ちになっている創価の信者を増やす
ため、国外に乗り出しています。
韓国には既に150万人の信者がいます。

今後は中国です。
布教に成功すれば、千万単位の増加が見込めます。

だから、公明党は、中韓寄りなのです。
こうした政党と組むのは、問題です。





20年以上も続いているということは、
お互いに利害が一致しているということにもなりそうですが・・・
 ↑
政策の一致ならよいのですが、
一致しているのは選挙だけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>一致しているのは選挙だけ
ある意味そうかも知れませんね。
自民党にとっては公明票は大事、公明党にとっては我が票があるから今の自民がある・・ということかも知れません。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 08:59

あれを 連立政権 と言ってもよいかどうかは疑問ですな。


公 がなにかやりましたっけ?
まぁ 何もしないから 毒になっていないだけマシなのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自民党にとっては大事な票田なのかも知れませんね。
それが唯一の貢献かも知れません。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 08:57

政党の意味がないかな?



 公明党は解散して素直に自民党になればいいかと思いますけど?

 自民党のー派閥の気もしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回の組閣でも、国交省大臣は公明党の指定ポストですからね。
それが自然になってしまっていますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 08:55

自民党だけの判断だと不安です。

公明党の判断は庶民のこと考えてくれてるなぁと思います。個人的な意見です。
これも個人的な意見ですが、野党に頑張ってもらいたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公明党は自民の暴走を防いでいると言いますし、自民党は公明票をアテにしているという構図がありますが、今回の10万円支給は公明党が動いたと言われますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/22 08:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング