カテゴリーがこれでいいのか・・・。
 質問はずばり妖怪はいるか?です。このたぐいの質問は個人の信じるか信じないかの話になって紛糾してしまいがちですが、あまりそういうことにならないようなご意見をお待ちしています。ちょうど夏休みで帰省して田舎のおばあちゃんちで「~見たよ」なんて人いないかなぁ。以前マンガですが、「本当にあった」話しで妖怪おとろしを見たというひとがいました(僕は信じました)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

自然に対する恐れや敬いを、わかりやすい形にしたものが妖怪であるような気がします。


日本の神道をはじめ世界中の宗教に自然を畏怖するものがあり、他の国では精霊と云われる者が妖怪なのではないでしょうか。
日本に「鰯の頭も信心から」という諺があるように、神道には全てのものには神様が宿るという考え方があります。神様が宿るものだから、無駄に扱ってはいけない。大事に扱うようにしましょうというように。
でもこれは、神道の考え方というよりは、日本人が無意識の中で物を大事にするという気持ちで過ごしてきた現われであると思うのです。
日本には言霊というように、一度言葉として発してしまった言葉は、魂を持つというものもあります。
不注意な言動を戒めるものなのかもしれませんが、言葉の重みを如実に表しているような気がします。
物を無駄にする、モラルを守らずにいるとコミュニティの中で一緒に暮らしづらくなる。それは、子供が大人になるために必要な道徳を、妖怪と云う形にかえて現したものなのでしょうね。
近代になり、今の世の中では妖怪も住みづらいでしょうね。
でも、妖怪が住めなくなった世の中は、人間にとって住みやすいところなのでしょうか。一度じっくり考える必要がありそうですね。
PS.
若い頃、深夜に山の中の神社で肝試しをしていたところ、前から歩いてきた人が大木の中に消えてしまったのを二人で見てしまった経験を持ちます。
あれは木霊だったのでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 なんだ木霊見たんですか? いいなぁ。妖怪って不気味だけど幽霊より愛着があるのは鬼太郎のおかげなんですかね?

お礼日時:2001/08/16 00:54

どこで読んだか忘れてしまい、裏付けがとれてないのですが、


「妖怪」は明治時代以降だかの言葉で、それまでは「化け物」と言われてた、
と、ありました。化け物、百鬼夜行、付喪神っていずれも、何らかのモノや
ケモノ、時には人間が化けたものですものね。

で、妖怪の存在なんですけど、控えめに言えば「昔は妖怪がいる余地があった」
のじゃないかなぁ、と思います。見知らぬ気配や、見知らぬ音、見知らぬ味、
見知らぬモノ、そういった異世界からつながっているようなモノたちがあって、
妖怪そのものの存在はわからんけれども、妖怪の存在を感じざるをえないような、
物理的、心理的な舞台があった、そういうことじゃないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答どうも! そうですねぇ、確かに古典を読んでみると、妖怪と言う文字は現れませんねぇ。物理的心理的舞台ですか・・・それは現代においても個人がそういう舞台を自分の中に持っていれば見れると言うことでしょうか? 見たと言う人がいる以上そうなんでしょうね。見れない僕っていったい・・・。

お礼日時:2001/08/21 14:27

こんにちは!!


私が小学校4年生の時、清里に林間学校に行った時なんですけど、
その時リフトに乗って自然の中を見て回ってたんですけど、
何人かの友達が、下へ行くリフトがすれ違ったときに、
「みつ編みをした妖精がいるっ!!」といったのでそこを見たけど
何も見えませんでした。
友達の話によると、すれ違ったリフトの椅子にちょこんとピンクの
洋服をきた妖精がちょこんと、すわっていたそうなのですが・・・

私はみなかったので、本当なのかはわかりませんが、まぁそんなことが
ありましたぁ。

PS>芸能人で見たって人の話は聞いたことがありますねぇ。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちわmimizukumimimiさん。清里ですか・・・うーん響きからしていかにもいそうですねぇ(笑)。何ですって? 妖精? しかもみつ編みしてる!? 世の中には見える人がやっぱりいるんですねぇ。ちなみに羽根ははえてたんでしょうか?

お礼日時:2001/08/20 19:02

私はいると信じています。


座敷わらしのようなものは見たこともあります。あれが幽霊だったかも知れませんが・・・付喪神なら見れるかもしれません。物を大切にしていると、その気持ちが物にも伝わり、妖怪となる。夢の中でなら会えるかも・・・ってちょっと無責任ですね。
私は、幽霊や、妖怪、UFOや超能力者などを含めて全部信じています。
何事も信じなければその正体を掴むことはできないと思います。
でも、悪霊や、幽霊が出ると言われるスポットへはあまり行かないほうが良いですよ。私も小さい頃、動物霊に憑かれたことがあります。俗に言う狐憑きです。
ですから、充分気をつけてください。
その点、妖怪は憑くことはないのでしょうか・・・?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。座敷わらしデスか! すごいですね、一番見たいのはそれですよ。座敷わらしっていると裕福になるんですよね。反対にいるとビンボーになるのが貧乏神・・・なんで神なんすかネェ? やっぱり妖怪たちのカテゴリー分類は難しい・・・。

お礼日時:2001/08/19 20:18

NEWSです。


新しく本がでました。「地方発明治妖怪ニュース」
柏書房(03-3947-8251)B5変形187ページ2300円
なんか面白そうですよ。以上ご報告まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答&ご報告ありがとうございます。明治ってのが意味ありそうですねぇ。検索してから本屋行ってみまーす。

お礼日時:2001/08/17 13:56

妖怪がいるのかという質問は幽霊はいるのか、妖精はいるのかと言う質問と同義だね。



幽霊はいるが妖怪はいないと言う人もいるな。
私は幽霊がいるなら妖怪もいると言う立場だ。

ところで妖怪の定義って何だろうね。
妖怪が物質として実在する存在であった場合、それが発見されたならそれは「そう言う生き物」として認識されるのではないかな?
例えば、ツチノコ
ツチノコはいまだ発見されず、伝説上の生き物である。ある意味妖怪といえるだろう。
しかし、発見されたならそれは「新種の生き物」として見られるだけだ。
んで、動物園なんかで「昔、伝説の生き物と呼ばれていた」とかプレートに書かれているんだ(笑)
つまり、妖怪とは未知の存在であるが故に妖怪たりえるのだ。

一方、非科学的な(もしくは現在の科学で感知できない超常的な)存在と考えることもできる。
この場合、その存在原理は幽霊と同等であり、その構成要素(エーテルと言う言葉がある)は妖怪も幽霊も同じであろう。
なれば、幽霊が存在するとすると妖怪も存在すると考えるのは自然ではないだろうか?

ま、言いたいことは幽霊が存在するのと同程度に妖怪も存在するのではないだろうかということです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 論理的ですね。大体僕も同じことを考えていました。ツチノコの例は言い得て妙ですね。妖怪とは分類自体が難しいんですね。

お礼日時:2001/08/16 00:51

妖怪談義ここらで一服。


妖怪は近所に住んでいます。100歳近くにもなってるのに、
その元気なこと。「わしゃあメガネなど生まれて一度もかけたことがない」などと豪語し、あちこち自転車で飛び回っております。人は皆彼のことを○×町の妖怪と呼びます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 それはそれは・・・(笑)。でもそれは妖怪というより仙人にちかいんじゃあないんですか?

お礼日時:2001/08/15 14:57

信じない人の前には決して姿を見せないのが妖怪です。

妖怪は日本の特産ではありません。世界中にいていろいろな姿で人間と交信をしようとしています。

日本では水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」が有名ですね。水木氏は妖怪の研究だけで飯を食っている人です。本もたくさん書いています。
「日本妖怪大全」講談社 「妖怪画談」岩波書店 「妖怪伝」新紀元社

水木氏は海外の妖怪研究もおこなっており、最近はメキシコ南部のオアハカに出かけオアハカ地方に伝わる妖怪を調べ「幸福になるメキシコ」祥伝社 を著しています。現在「世界妖怪協会」の会長です。

妖怪は拝金主義の日本が嫌になったのか最近はほとんど現れないようですが、日本人にやさしさ、思いやりの心が戻れば、また以前のようにあちこちに現れるようになると信じています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 妖怪を信じる信じないという概念(認識)がない人(つまりそんなものの存在さえ知らない人)は何かの拍子に見るんですかね。前にニュースで中国で太歳(?)という分類では何になるか知りませんが、一応妖怪の本に乗っているものが発見されて話題になってました。

お礼日時:2001/08/15 14:53

物理的な意味では存在しません(と思います)。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ということは、霊的なものですか。

お礼日時:2001/08/15 14:48

世の中、特に日本で有名な妖怪といえば河童伝説が多数ありますよね。


これらは実在の証拠であるミイラとか色々とありますけどその大半は合成して作った偽者だという事が判明しています。しかし、中には彼の京都大霊長類研究所の博士すら何なのか分からず、本物かも知れないと認めざるを得なかったミイラが佐賀県にあります。
妖怪というのは基本的に昔の人達のあらゆる信仰心が作り出した幻影と言われ、邪念の具現化した存在とも言われています。百鬼夜行などは付喪神という、物が99年経つと妖怪になり、読経を唱えながら夜の町を徘徊するという室町時代からの伝説ですけど、何故それが今でも伝わっているかというと、今の老人までの世代は物質文明というより精神文明に近い世代であって、親などから「物を大切にしないと妖怪が出るよ」言われて戒められてたんです。
ですから妖怪というのは人間が作り出した想像の産物と言った方が無難かも知れませんけど、現在のサイエンスではまだ解明出来ない不可思議な事が現実にある以上否定は出来ませんね。人間が無意識に望む事を想像の産物として妖怪を作り出し、それを長い歴史の中で歪曲されて認識されているのか。しかし歴史は過酷ですからここまで現在に伝わっているという事は昔、何かがいたという事かも知れませんね。

でも基本的には「存在するんだ」と思う方が夢があっていいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。夢があっていいのはいいんですが、やっぱりしっくりこないのがホントのところで・・・。幽霊はいるでいいんです。妖怪は・・・? やはり故事来歴などをひもとけば、現実としての妖怪ってのはやはりいないのですかね。みんなの認識がそうなら(サンタさんみたいに)いいんですが、たまに見たとか言う人がいるとね・・・。かと言って口裂け女みたいなデマではないような気がするし。

お礼日時:2001/08/15 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテンプラについて

最近ドライバーショットでテンプラが出るようになってしまいました。
なぜテンプラが出るのか、どうしたら治るのか、どなたか教えてください。お願いします。

ドライバーショットの球の位置は左足のかかとの前、ティーの高さは3,5センチ~4,5センチくらいだと思います。

Aベストアンサー

クラブヘッドが鋭角に入ってきて、インパクトにおけるクラブヘッドの最下点が極めてボールに近いところにあるから起きる現象だと思います。
原因としては。(右打ちの場合。)
・回転運動ではなく、直線運動になっている。
・テークバック~トップにおける体の捻転不足。
・右サイドの運動量が少なすぎる。
・体重移動が上手くできていない。
体重移動はスタンス幅の範囲内で、回転運動によって自然に行われるべきで、インパクト時は完全に左足に体重が乗るのではなく、右足にも幾分か体重を残しておきます。また体重移動を意識し過ぎるのもよくありません。あくまでも自然です。また左サイドへのスエーや突っ込みは知らず知らずのうちに起きやすく、これは意識して注意します。
・ボールへ当てに行こうという意識が強すぎる。
ドライバーの場合、クラブヘッドの最下点はボールより右側にあります。どのくらい右側かは練習時の感覚で養うしかありません。
慣れればじきスイングが覚えてくれます。自分のスイングを信じて、スイングでボールを捕らえるようにしましょう。
以上、自分の経験談によるアドバイス。

クラブヘッドが鋭角に入ってきて、インパクトにおけるクラブヘッドの最下点が極めてボールに近いところにあるから起きる現象だと思います。
原因としては。(右打ちの場合。)
・回転運動ではなく、直線運動になっている。
・テークバック~トップにおける体の捻転不足。
・右サイドの運動量が少なすぎる。
・体重移動が上手くできていない。
体重移動はスタンス幅の範囲内で、回転運動によって自然に行われるべきで、インパクト時は完全に左足に体重が乗るのではなく、右足にも幾分か体重を残しておきます...続きを読む

QCOP どうして紛糾?

一応まとまった感を持って閉会しましたが、、、。

次の議定書の設置をいつまでにするか、でさえ期間設定できませんでしたね。

どうして各国そこまで、ゴタゴタするのでしょうか?

もともと京都議定書でも守れる国はそれほど無いのでは?
日本も破りまくりですね。制裁もないし、、、。

そんな協定にもかかわらず、いつまでの設定期間にするだけで何日もゴタゴタ(協定の中身ならわかりますが、、、)、何か真面目にやっているようで、守らなくても、特に、、、いったいCOPはどのような位置づけ(参加国にとって)なのでしょうか?

答えが難しければ、日本にとってはどうなのでしょうか?(京都議定書の延期以降の次は不参加を決め込んでいるようなのですが、、、「参加しなーい」と言えばこれで通っていまうのでしょうか?であればどこも真面目にやらないですよね。 既にCOPは空中分解している?)

詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

アメリカ人が大量にCO2をだいまくっておるのに、それ以下のCO2しか輩出していない我々(途上国)がなんで、CO2の抑制努力をせにゃならんのかニャ?。という疑問・反発ですね。

CO2の問題は最大排出国のアメリカと中国とインドが率先して排出抑制努力を確約しないと他国は追随しないでしょう。

Qテンプラの上手なあげかた

外国人の友達がテンプラを作ってくれましたが、あげている最中にコロモがとれてきてしまっていました。
私自身は料理を全くしないため、どうしたらコロモがとれなくなるのか、聞かれてもわかりませんでした。

ちなみに、今回彼女が使ったのは、テンプラ用に日本のスーパーで売られている粉と、そのパッケージに書いてあったとおりの水を混ぜ、シーフードや野菜をあげました。

彼女が目指すものは、レストランなのででてくるような、海老の頭から先までコロモでしっかりと囲まれているようなテンプラです。

いったい、どうしたら上手にあげることができるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

材料の水気をキッチンペーパーでよく取ってから、

うすく小麦粉をすこしまぶすといいと思いますよ。

野菜などつるつるしたものは、衣が取れやすいです。

もしかしたら、揚げ油の温度かも。適正温度であげないと

そうなります。

あと、おいしい衣にするには溶いた衣に氷を少し入れると

サクッと仕上がります。

お友達に教えてあげて、再度チャレンジしてみてください!!

Qブロッケンの妖怪が見たい

 今まで、ブロッケンの妖怪を見た事がある方、どうですか?
 なんか、神の存在を感じるほど神秘的で、ミステリアスみたいですが?
 全くの山登りの素人でも見れる、遭遇する方法はありませんか?本当に素人ですが、住まいはあ、山だらけの長野県なので、チャンスはあるような感じですが?
 苦労は、あまり惜しみませんのでお願いいたします。
 また、詳しいサイト、実際に体験した方、意見聞かせてください。
 どうしても、出くわせたいです、お願いします。

Aベストアンサー

よく登山に行きましたが、2~3回しかその記憶はありません。天気はよいが時々霧がかかるような時に遭遇可能です。よく見える場所までは不明です。

↓下記辺りを参考に・・・。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2931/brochen.html
http://www.est.hi-ho.ne.jp/m-kokumai/kouzan/phenomena.html

参考URL:http://isweb11.infoseek.co.jp/photo/hph-i/i/brocken/

QデスノートのLは、かぼちゃの煮つけ・かぼちゃのテンプラ・サツマイモのテンプラ・

Lは、甘いもの好きですが、それなら、かぼちゃの煮つけ・かぼちゃのテンプラ・サツマイモのテンプラ・煮物けい全般・も好きですかね?
どう思いますか?
あとお菓子以外で、Lの好物は、なんだと思う?
甘くないものでお願いします。
例>オムライスなど

Aベストアンサー

そうとは限らないと思います
私個人で言えばお菓子のかぼちゃや芋は好きですが
おかずとしては嫌いです 甘すぎてお菓子としか認識できません
ケーキをおかずにご飯食べている感じがしてだめです

ほかにも同じ食材でも調理法によって好き嫌いが変わる
場合もあると思います

あくまで創造に過ぎませんが

Q公的調査より、民間調査が信じられる現実

都内や神奈川で高放射線量やストロンチュームの検出、すこし前では、お茶のセシウム、ホットスポット、いろいろな原発事故由来の危険性に対して、民間の調査やNPOの活動の中から、指摘を受けて後手後手となる政府や省庁、自治体の調査が遅れ、公的発表が信用を失っている現実があります。

ある意味、風評被害の元凶は政府の調査、発表に対しての国民の不信感です。
初期発表の隠匿がどこまでも風評被害の拡大、連鎖を増強し、「ただちに影響はない」という政府発表は国民を守る姿勢からはかけ離れた対応だったことは、間違いありません。

230キロ離れた関東平野が大きく汚染された現実も間違いがありません。
この事態を受けてもまだ安全という識者がいますが、公的発表が信用、信頼を得るためには、安全の連呼ではなく、知っている現実を隠さず、公表することしかありません。

皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

やっと最近になって騒ぎ出し、調べてみたらホットスポットという異常値が出たので、すべてが福島のせいだとされていますが、過去に各地区を調べて無かったという事実がなければ、検出された放射能のすべてが「福島由来」とは言えません。

政府が仲立ちするのではなく、純粋に個々の損害賠償を東電に求める訴訟を行う場合には、そういった障害があります。

放射能物質は多くはチリという形で移動しているので、空気中を浮遊している平均値に対して、特定の場所で異常値が出るのは統計上では当然の事です。

勿論、今回の福島の影響が「上乗せ」されているでしょうが、半減期が数万年以上という放射能物質が過去70年から大気中に放出されているので、地形や水流の関係で放射能物質が集まるホットスポットは、捜せば関西でも九州でも見つかる筈ですし、平均値が日本より高い諸外国でも同様でしょう。
それを確認するために関西や九州でも調べましょうと言う事は、おそらく東電以外は誰もが望まないので行われないだけなのでしょう。


過去にチェルノブイリ事故のあと、民間で輸入食品を調べて放射能が検出されたと騒ぐ時がありましたが、その後それが継続されて「現在は全て放射能ゼロになっている」と言う訳ではないと思います。


現在問題になっている放射能の影響は、「発がん確率の上昇が明らか」か「上昇すると言う明確な実例がない」という点で線引きされていますが、前者であっても受動喫煙やストレスの方より確率が低いというものです。

平均値の中の異常値もそういった確率の中の話であり、過去にも異常な放射能がある場所があって健康被害が発生したという事例が多く発生しています。

子供を心配するという親の気持ちは判りますが、運転ミスで幼稚園児が殺傷される確率や、イジメで自殺してしまう確率より、放射線被曝による発癌の確率が高いかどうかと言う事は、今の時点では不明ですし、後ではっきりとした結論が出るかと言う事も不明です。

やっと最近になって騒ぎ出し、調べてみたらホットスポットという異常値が出たので、すべてが福島のせいだとされていますが、過去に各地区を調べて無かったという事実がなければ、検出された放射能のすべてが「福島由来」とは言えません。

政府が仲立ちするのではなく、純粋に個々の損害賠償を東電に求める訴訟を行う場合には、そういった障害があります。

放射能物質は多くはチリという形で移動しているので、空気中を浮遊している平均値に対して、特定の場所で異常値が出るのは統計上では当然の事です。

勿論...続きを読む

QUSBテンプラ問題

どういう意味でしょうか?検索すると食べ物のテンプラしか出てこないのですが。。。助けてください。

Aベストアンサー

テンプラは cold joint もしくは cold solder joint って所ではないでしょうか。

Q夢のような話ですが、内容的に信じられますか?

シベリアにある、世界で4番目に大きい隕石クレーターには、世界の市場に今後3000年間にわたってダイヤモンドを供給できるほどの大量の「衝突ダイヤモンド」が存在している。
との記事を見ましたが、品質、埋蔵量どこまで信ぴょう性が有ると思いますか?
世界のダイヤモンドの稀少価値が下がり、市場相場が下がるのでしょうか?
宝石としての美しさや大きさや輝き等は、他の天然ダイヤモンドと同じだろうか?


http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130220/wir13022013010003-n1.htm

Aベストアンサー

「今後3000年間に渡って」というのは、主に工業用のダイヤモンドの話でしょう。現在の工業用ダイヤモンドの使用量からすれば、3000年分ぐらいの供給量がある、ということです。
工業用としては、一粒が砂粒ほどの大きさであれば十分に大きいので、もっと微細な粒でもダイヤモンドカッターなどに利用できるのです。こういうダイヤモンドがたくさん取れるということでしょう。


宝飾品としてのダイヤモンドの値段に影響がでるとは思えません。宝飾品のダイヤモンドは、工業品に比べて、明らかに一粒が大きい必要がありますし、色・形・透明度のほかに職人によって作られるカットの加工技術によっても価格が違ってくるからです。

これらは単に結晶としてのものではなく、原石を加工した工芸品としての価値も含まれているのです。

ですから、工業用としての市場価格は変化があるかもしれませんが、宝飾品の相場が変化するとはいえないと思います。

Q妖怪の存在が日本で根強いのは何故?

こないだテレビでやっていた「ゲゲゲの鬼太郎」を見て、日本の妖怪について興味を持ちました。
日本ってなぜあんなにも妖怪がいるのでしょうか?先ほどウィキペディアで調べたら、予想以上に妖怪の数が多くてびっくりしました。浮世絵のおかげでほとんどの妖怪の姿絵がありますし、どこ出身の妖怪か、どんなことをするのか、そしてその対処法まで詳しく書いてあるものが多かったです。
しかも、身近で生活密着型の妖怪が多く、一般人でも遭遇率が高いのが多いようです。逆に隣国中国や欧米の妖怪は、妖怪というより怪物に近く、場所なども海や山など遠隔地で、遭遇率は低そうです。
そして、日本の妖怪は恐ろしく有害な妖怪から、何も危害を加えない無害なもの、時には微笑んでしまうような愛嬌のある妖怪までいますが、海外の妖怪・怪物はそのほとんどが有害のように感じます。
またその起源においても、日本の妖怪は物が化けたとか、人の姿をした妖怪だとか、原型がしっかりとしているものが多いですが、海外、特に西洋の妖怪・怪物は何かと何かが合体したなど、原型をとどめずに、進化したようなものが多いように思いました。

日本国内だったら、どんなに興味のない人でも最低5つ以上は妖怪の名前を言えるのではないでしょうか?中には「座敷わらし」のように目撃談まである妖怪もいます。
何故日本の文化にはこんなにも妖怪の存在が根強いのでしょうか?
よろしければ参考になる本など教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

こないだテレビでやっていた「ゲゲゲの鬼太郎」を見て、日本の妖怪について興味を持ちました。
日本ってなぜあんなにも妖怪がいるのでしょうか?先ほどウィキペディアで調べたら、予想以上に妖怪の数が多くてびっくりしました。浮世絵のおかげでほとんどの妖怪の姿絵がありますし、どこ出身の妖怪か、どんなことをするのか、そしてその対処法まで詳しく書いてあるものが多かったです。
しかも、身近で生活密着型の妖怪が多く、一般人でも遭遇率が高いのが多いようです。逆に隣国中国や欧米の妖怪は、妖怪という...続きを読む

Aベストアンサー

中国の場合は分かりませんが、
西洋との違いは、宗教観の違いではないでしょうか。

西洋では神とは絶対的なものです。畏れの対象も神です。
自然に対しては恐れることはあっても、畏れることはありません。
基本的には支配し征服する対象です。
また、神話に出てくる神々も、基本的に人間の生活とは直接関わりません。

日本の宗教観は、むしろアニミズムに近いものがあります。
自然界の無生物にすら神が宿り、それは畏れの対象です。
自然の恵みに感謝し、自然と調和して生きる文化です。
その、生活に密着した畏れの象徴として、妖怪というものが
伝承されてきたのではないでしょうか?

これが、中国になるとよく分かりません。
どちらかというと、悪霊や仙人などが、多く出てきます。
ベースは人間で、絶対的な力を持つカミに近づくことに失敗して、
悪鬼になってしまうというような話も多いです。
やはり、国の勃興、制服の繰り返しによる文化伝承の断絶と、
怖いのは人間だという意識が、その違いを生むのかも知れません。

と、書きながら気づいたのですが、妖怪の豊かさは、
自然の豊かさと、生活との密着度に寄るのかもしれません。

中国の場合は分かりませんが、
西洋との違いは、宗教観の違いではないでしょうか。

西洋では神とは絶対的なものです。畏れの対象も神です。
自然に対しては恐れることはあっても、畏れることはありません。
基本的には支配し征服する対象です。
また、神話に出てくる神々も、基本的に人間の生活とは直接関わりません。

日本の宗教観は、むしろアニミズムに近いものがあります。
自然界の無生物にすら神が宿り、それは畏れの対象です。
自然の恵みに感謝し、自然と調和して生きる文化です。
その、生...続きを読む


人気Q&Aランキング