靖国神社について質問します。

小泉首相の靖国神社参拝は、
国のために亡くなられた人を参拝するのは当たり前の行為であり、
13日に参拝をされたという事は、中国・韓国など諸外国の事を
考えると妥当な判断だったと思うのですが・・・。

反対派の人の意見が多いので、できれば、賛成派の人の意見が
ききたいと思いまして、質問いたしました。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

いやしくも政治家たるもの常にメリット・デメリットを考えて行動して


いただきたいと思うのですが、首相の靖国神社参拝って一体どういう
メリットがあるのでしょう?デメリットならいくつも挙げられますが、
そのデメリットを越えるメリットとは一体?

戦没者の方の遺族は自民党の票田の一つとの話しも聞きますが、
それにしたって宗教に関わりなく戦没者の方を追悼できる施設が
あれば済む、という話しは皆さんおっしゃられている通りでしょう。
首相の靖国参拝はそれさえ否定するもののように思えてしかたありません。

賛成、反対より私には理解不能です。あれだけの政治的デメリットを
おしてなお参拝するのは何故なのか。便乗質問で大変申し訳ないのですが、
どなたかご存じないか知りたいと思っています。
    • good
    • 0

masahumi-1さんがおっしゃっているように


 戦没者追悼と靖国神社参拝とをいっしょにしてはいけません。
 戦争中「靖国神社」が戦争遂行のシンボルの一つであったことも忘れてはいけません。
 戦争に駆出されていく兵士が靖国神社の名のもとに国家の英雄として死んで逝ったのです。
いわばナチスの「ハーケンクロイツ」のような存在と言えるのではないですか。
 戦没者慰霊碑にハーケンクロイツが描かれていたとすればナチスの侵略を受けたヨーロッパの国々のみならず直接被害を受けていない我々でも嫌悪感を感じるでしょう。

 やはり靖国神社は1宗教法人として個々人の静かな信仰の場として残し、公には「戦死者・戦没者慰霊会館」等の施設を作り、天皇陛下や三権の長(総理、議長、最高裁長官)が大手を振って参拝できるようにすべきだと思います。
 天皇陛下が諸外国、国民感情を配慮して靖国神社に参拝されないことはご存知かと思います。
 戦争の総括をきちんと行って、国のため家族のためにと思って死んでいった人々がすべての国民から追悼されるようにしていくことのほうが総理大臣としては大切な仕事であり、靖国神社へ参拝することなどはそのあとのことではないでしょうか。
    • good
    • 0

私は賛成です。


8月15日は他国がどうであれ日本が第二次世界大戦の無条件降伏ポツダム宣言を受け入れた敗戦の日には間違いない事実で日本国の代表として首相が二度とあのような戦争は起こさないと戦争犠牲者の遺族と共に英霊に誓うのが当たり前で世界の常識だと思います。
靖国神社で反対している人々を見ると再度戦争をしたい人達か又は日頃宗教など無関心な人達がこの日ばかりは宗教、宗教と無責任な人達と疑いたくなります。
そんな暇があるなら千鳥ケ淵墓苑で黙祷を捧げたらと思います。
与党の中で憲法違反だと反対する政党もありますが、いやしくも先の大戦で犠牲になった他国の国には犠牲者を祀る国立の墓地があり、日本の要人がその国を訪問した折には必ず訪れて二度とあのような戦争は起こさないと黙祷を捧げるのが礼儀であり常識。
ならば憲法違反だとかややこしい事を言わなくて、如何したら8月15日に靖国神社で首相以下閣僚及び他国の要人が参拝できる知恵を絞らないのか不思議。
レプラシの問題で小泉首相の最終決断で、先の選挙で小泉人気にあやかり選挙活動を展開した政党なら、そのぐらいの努力はすべきではないでしょうか。
A級戦犯の問題は東京裁判で戦争指導者の代表として、その罪をあがなう為に戦勝国承認のもとに極刑の死罪の判決を受けて絞首刑に処せられた人達に死後も何の罪があるのか反対している人達の無責任さを感じます。
    • good
    • 0

祀られる人と祀る人それぞれに宗教的な自由があると思います。

    • good
    • 0

何度もすみません。



kawakawaさん
>ローマ教皇庁代表のブルーノ・ビッター神父が、靖国に
>様々な宗教の方が祀られることはおかしいものではないと>いう世界のキリスト教を代表する意見をGHQに示しま
>したネ。終戦の年に決着を見ています
キリスト教徒はバチカンを信仰しているわけではありません。どこまでも権威にこだわるの?個人の信仰は権威に勝ると思っています。聖書に共感してもカトリックになる必要はありません。

どうも皆さんの回答を見てると、靖国神社参拝に反対するのと戦没者(この戦没者は戦争で亡くなった人の意)を追悼するのとごっちゃまぜ。それにこの国では、軍人もしくはそれに準ずるものしか奉らないのもおかしな話だ。ますます靖国神社がうさん臭いものに思えてきました。
できれば、大将や中将と二等兵が差別的扱いをうけてませんように。
    • good
    • 0

まず、13日の公式参拝は中国政府からの15日以外に公式参拝するならば構わないという先日の非公式要請(提案)に従ったものですよネ。


大平首相の頃までは公式参拝は当然のこととして行われており、諸外国からの反発などはありませんでしたネ。中曽根首相のときに某A新聞の記事が中国で紹介され、それが外交カードとして有効であると中国が判断したまでです。
単なる政治カードとして使われているだけですから、本来は15日に行なって欲しかったと思います。
A級戦犯合祀の件にしても、昭和30年頃に社会党議員の議案により、軍事裁判で有罪判決を受けた人を国内法的には罪人と見なさないことが与野党一致で可決されており、国内的には40年以上も前に決着がついていることですし、国際的にも戦勝国が敗戦国を裁く軍事裁判自体がおかしいものであるということは常識となっているのではなかったかと認識しています。
靖国には戊辰戦争のころからの戦死者から、日本軍人として戦った朝鮮人2万1千余(数十倍という競争倍率を乗り越えて応募してきた方々で、最高位は中将でしたし、戦犯として戦後処刑された方もおられます)、台湾人2万8千余も祀られている他、満州開拓団員やひめゆり部隊、対馬丸の小学生達なども国に殉じた軍人に準ずることから祀られています。
宗教の件についても、ローマ教皇庁代表のブルーノ・ビッター神父が、靖国に様々な宗教の方が祀られることはおかしいものではないという世界のキリスト教を代表する意見をGHQに示しましたネ。終戦の年に決着を見ています。
戦後教育の歪みから日本国内でも一部に反論があるようですが、どこの国でも国に殉じた方々を祀り敬意をしめすことは当然の行為であると思います。
他の回答にも書いたことですが、中国や韓国の友人は個人的見解として、堂々と参拝すべきだと私に語ってくれています(政府でそれなりの地位の方々です)。
この件や教科書問題、某虐殺事件等については、特に反対派の方々は史実等を無視し、検証しない傾向が強く、偏向教育の怖さを深く考えさせられます。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

なぜ、神社に奉ったのかという疑問がわきませんか?


あらゆる宗教に属する人が、何の躊躇もなく戦没者を追悼できるとすれば、宗教的にではなく、記念碑にしてその前で黙祷すればどうなんでしょうか?神社に参拝するのと黙祷では黙祷の方が劣るのでしょうか?根本的には神社に奉った事に大きな問題があるように思います。
 中国・韓国の方が批難されてるのとはちょっと違います。
 靖国神社は、民間の宗教団体です。たかだか民間の宗教団体に国家の戦没者を奉らせておくことはない。結局、靖国神社へ参拝する人あるいはできる人のものだけ。
 キリスト教徒や熱心な仏教徒、その他諸々の宗教の信者さんは、神社に参るのは、抵抗があると思います。
 私も神社へ行きたくありません。
 何十年前、確か訴訟がおこったと思います。キリスト教徒である戦没者が、遺族にことわりなく、靖国神社に奉られた精神的苦痛に対する賠償問題です。残念ながらその裁判結果までは覚えておりませんが......。
    • good
    • 0

私に特段の知識・教養が有るわけではありませんが、個人的には小泉さんには15日に参拝して欲しかったです。



そもそも今回の結論がどうであれ、「参拝」が問題になる事自体が『問題』だと思います。つまりは戦後のこの50年以上の間、この国は諸外国との「外交」をチャンとしてきていたのか?と疑問があります。
中国や韓国を始めアジアの近隣諸国やロシアに対して正面斬った外交をしてきたとはとても思えません。まるで独り言のように「北方領土は僕のもんやねんけどなー・・」と呟き続けた結果、つい先日の様にバカにされた態度をとられ、竹島はどさくさ紛れに占領され、教科書問題や参拝問題で中国や韓国にイマドキ「叩かれる」のはやはりおかしいです。
それを「目先」のODAやお金のバラまきによってゴマかしてきた政治と外交のふがいなさが原因だと私は思います。ましてやODAにかこつけてどさくさ紛れにネコババするなんて・・・・。
この50年に必要なのは『誠心誠意、腹を割った外交』であったと思います。今回の「参拝」は今まではともあれ、一歩新たな展開を見せるキッカケになり得たと私は思ってました。そう言う意味で今回13日の参拝は事情は察しますが、例によって曖昧な結論であり、私個人的には残念です。ある程度膿を出してしまわないと、過去の50年の様に全く先に進まないと考えたからです。
このままではあと50年経っても、ニュースの話題は教科書問題と参拝問題ですかね(笑)。

一部の人たちとは言え、ああ言った過激・過剰な反応をするのは私は腹が立ちますが、最終的には私は日本の政治・外交の「怠慢」に問題があると思ってしまいます。
ゴマかし案とは言え、「無宗教の国立の墓地・公園の設立」?良い考えじゃないですか、さっさとやったら良いじゃないですか!これが21世紀になって初めて出てきた案ですか?
笑わしよんな。
ともかく今からでも『誠心誠意、腹を割った外交』を現・これからの政権に切望します。小泉首相・田中外務大臣にどれ程力があるか存じませんが、邪魔する前にとにかく仕事をさせてあげてから「けなし」たいものです(笑)。
    • good
    • 0

私はまだ20代で、もちろん戦争も知らない世代ですが、基本的に総理の靖国参拝は賛成です。


靖国神社以外のどこに参拝しろと言うのでしょう。
ただ一つ思うのは、中国や韓国などが強く抗議する点として、靖国神社にA級戦犯が祀られているからという問題がありますが、A級戦犯を含まなければよいということなのでしょうか。
もしそうだとしたら、なぜ靖国神社はこれらの人たちを祀ることをやめられないのでしょうか。
靖国の神官が「いったん合祀した以上、魂は同化され、分けることなどできない」と言っていましたが、そんなもんでしょうか。
なんだか官僚以上に官僚チックな言い分に聞こえます。
靖国神社からキナ臭いところを取り除けば、小うるさいアジアの国々の抗議も弱まる上に、新たな国家的戦没者供養施設のためによけいな税金をつぎ込まずにすむと思うのですが。

なんだか後半違うことを書いたような気がしますが、単に先の戦争の犠牲者を追悼するだけでなく、不戦の誓いを表明するためにも、総理の靖国参拝は歓迎されるべき行為だと私は思います。
そして参拝はできるならばやはり15日に行なうべきであり、追悼よりもむしろ、先の戦争における日本の侵略行為と自衛行為を冷静に見つめ直し、不戦の誓いをするという点に重点を置いた国家的行事にすべきだと思います。

なお、daigopapaさんと同様、私も右翼団体でもなんでもありません。
    • good
    • 0

私もdaigopapaさん、そしてzawayoshiと同感です。


15日に参拝すると云っておきながら何故13日にしたのですか?誰から何を云われようと15日にすればよかったのに!! いくじなし!!
それはそうと、もともと亡くなられた人を崇拝し参拝することに「やめてくれ」とは何事ですか!!
「日の丸」賛成「君が代」賛成、天皇陛下万歳!!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報