こんにちは.はじめて書込みするtoroimoです.

掲示板の過去のスレッドをいくつか見たのですが,
FAT16/32とNTFSの違いがよく分かりません.

私の理解では,Win9xをインストールするときは,
ファイルシステムの形式FAT16/32としてフォーマットし,
WinNT/Win2kのインスールの際は,NTFSとしてフォーマットする
ぐらいです.
過去のスレッドでは,1台のNTマシーンを複数のユーザーが
使用する場合はセキュリティNTFSにした方がいいと記載されていました.

この点もよくわからないので,もしご存知の方がおられましたら
御教示よろしく御願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、管理、メンテナンスの点からいうと、



たとえばWindows自体の起動に関係するあるファイルが
破損していた場合、FATならDOSモードで起動してOSの
CD-ROMから復元という処理が簡単にできますが、NTFS
だと、WinNT/2kのインストール画面の途中に表示される
選択肢から、「修復セットアップ」を試して上手く復旧
すればよし、駄目なら再インストールまたは、リカバリ
するという手順になります。

また、ユーザが「NTFSなので自分だけしかアクセス
できないようにしよう」と思ってアクセス権の変更を
したけど、「Everyone:フルコントロール」を削除する
のを忘れて、結局みんなから見れていていたとか、
管理者がバックアップしようとしてバックアップ
できず見捨てられたとか、バックアップするために
管理者が「所有権の取得」を行い、ユーザの設定を
強制的に変更してしまったりすることもあるでしょう。

という事情があり、Windowsは所詮Single User OSで
しかないということです。
無理に複数のユーザで使おうとすると思わぬところで
不具合がでる可能性が高いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

selenityさん,詳しい説明ありがとうございます.
なっとくいたしました.
今後とも宜しく御願い致します.では.

お礼日時:2001/08/15 19:03

NTFSにせよ、複数のユーザで使うにせよ、


使う側の人間がセキュリティというモノを
分かっていなければ、邪魔な機能になって
しまいます。むしろFATの方が便利かも
しれません。(NTFSだとDOSからファイルを
置き換えたりできないので、障害時は結構
辛いです)

できればWindowsはNTであれWin2kであれ、
1台1人が原則と考えてください。

NTFSのアクセス権はUNIXのアクセス権と若干
異なり、アクセスを[許可]されているユーザ、
グループの論理和を計算し(A)、その中で
「最も弱い制約(読み書きに関する制約の少ない)」
のアクセス権が適用されます

ところが[拒否]されている設定があれば
[許可]のアクセス権よりも優先して
アクセス拒否されます。
最後に残ったグループ/ユーザだけがその
リソースにアクセスできます。

NTFSはUNIXのパーミッションよりかなり複雑な
アクセス権を設定することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

selenityさん,アドバイスありがとう御座います.

>(NTFSだとDOSからファイルを
>置き換えたりできないので、障害時は結構
>辛いです)

しかし,ちょっと以下↓の意味が理解できないので
補足解説御願いしたのですが…

>できればWindowsはNTであれWin2kであれ、
>1台1人が原則と考えてください。

わかりました.

>NTFSのアクセス権はUNIXのアクセス権と若干
>異なり、アクセスを[許可]されているユーザ、
>グループの論理和を計算し(A)、その中で
>「最も弱い制約(読み書きに関する制約の少ない)」
>のアクセス権が適用されます

かなり柔軟かつ複雑な設定ができるのですね.
勉強になりました.
どうもありがとうございました.

お礼日時:2001/08/15 15:55

NTFSが従来型DOSのFATと根本的に違うのは、ファイルごとに細かいセキュリティレベルの設定ができることです。


各ファイルがそれぞれアクセスコントロールリスト(ACL)を持っていて、操作、読み書きの権限をユーザーやグループごとに管理できるようになっています。
AさんはBのファイルを読むことはできるが改変はできないとか、そういう細かい設定が可能です。
UNIXのパーミッションを想像してもらうと良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sesameさん,さっそく御返答頂いてありがとうございます.
>UNIXのパーミッションを想像してもらうと良いかもしれませんね。
Unix の rwx ですか…,はい,理解できました.
sesameさん,今後とも宜しく御願いします.

お礼日時:2001/08/15 15:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFAT16からFAT32に変換した場合

ハードディスクのシステムドライブ(Cドライブ・WINDOWS98)を
FAT16からFAT32に変換しようと思っているのですが、
変換した場合、空き容量が増えるメリットがありますが、
なにかデメリットってありますか。
知っている方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

Windows95以前(というかFAT16)を前提としたソフトウェアで障害が起こる可能性があります。
例えばClaris Impactはハードディスクに2GBを超える空き容量がある場合(FAT16ではありえない)インストールできません。

また、別OS(WindowsNTなど)とのデュアルブート時にFAT16のパーティションを認識しないことがあります。

FAT16を前提としたディスク管理ユーティリティではパーティションテーブルがまともに読み込めずエラーを報告しっぱなしになることがあります。
この手のディスク管理ユーティリティでは強引に修復するとパーティションを破壊する事があります。

一般的なWindows98以降を前提としたアプリケーションのみを使う場合は問題ないと思われます。

ただし、古いノートパソコンなどではサスペンド領域がFAT16であることが強制される場合があります。
この場合はサスペンド機能が使えなくなります。

Qfdが使用不可 fat32をntfsにして me→xpへ。

デスクトップ コンパック プレサリオ3571
cpu933mhzくらい メモリ192mbくらい
現在のwindowsのosはwindows meです
このマシンのfdが壊れていて使用不可
新しくxpをインストールするにあたって
フォーマットをfat32からntfsにして、osをmeからxpにしたいです
もう一台だいたい同様のデスクトップを所有しています
大型の外付けhddもあります。
データは消えてしまってかまいません
本を読むと起動ディスクからmsdosにして作業する方法が書かれていますが
fd(フロッピーディスクドライブ)の根元の線を切ってしまい
壊れていて、物理的にfdから起動できません
cdから起動してmsdosってできるのでしょうか?
また、何か他の方法でうまいことできませんでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

元々あるMeは削除してしまって構わないのですね?
それでしたら、XPのCDから起動すればOKです。
ハードディスクのフォーマットも、CDから起動したインストーラ上で行えます。
フロッピードライブは必要ありません。

QWindows XP(NTFS)でWindows 9x系のファイルシステム(FAT32)の操作は可能?

使用しているOSはWindows XPなんですが、XPがインストールされているパーティションとは別の、Windows 9x系のファイルシステム(FAT32)のパーティションにXPのデータを読み書きさせたいのですが、そういった事は可能なんでしょうか?

デュアルブート環境にあるため、一度FAT32をNTFSのファイルシステムにフォーマットしてしまうとパーティション内のデータを削除しなければFAT32に再フォーマットできないのでなるべくなら別パーティションはFAT32のまま使用したいと思ってます。

以上 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には問題がありません。つまり、XPからFAT32のデーターを読み書きできるし、場合によってはページファイルをFAT32のパーティーションに移すことも可能です。

制限をかける利用方法はNTFSでないとできなかったりします。XPの充分な機能を使いきるにはNTFSでないと他人からファイルを読み取られる心配もあります。もっとも、NTFSで制限をかけると、別のXPからもそのデーターを読み取れなかったりしますので、データーの復元まで考えるとFAT32の方が管理が楽です。

私は、XP、2000、MEのトリプルブートの環境でこの書き込みをしていますが、普段はXPで、全体の管理を2000で、MEでしか動かない当初からのソフトやプリンターなどにはMEを使っています。

XPも万能ではなく、こまかい制限をかけたりカスタマイズするにはホームエディションではできなかったりしますので、私はいまだに2000を作業用に使うことが多いので、2000もNTFSではなくFAT32にインストールしたりすることもあります。

FAT32のいい点は98SE等の起動ディスクからもファイル移動やコピーができたり、データーが取り扱いやすいのと、MEなどからも自由にアクセスできてデーターの共用ができること、MEからもウイルスチェック等ができることなどです。

その反面、ファイルが壊れると、復旧が難しいと思います。ドライブのバックアップにWIN-CDR7をまだ利用しているので、FAT32の領域を20GB程度は使っていますが、HDDの寿命を考えるとNTFSの方がいいみたいです。

ちなみに、CをMEのシステム、DをFAT32で2000、EをNTFSでXP,FをFAT32のデーター、GをFAT32で2000のバックアップ、HをNTFSでXPのバックアップで利用しています。また、HをCDのデーター保存領域、Iを作業領域で利用していますので、普段のバックアップはHDD上、1月に1回はDVDにバックアップを入れなおしでいます。

全部のマシンをこのようにしているのではありませんが、復旧がすぐにできるようにバックアップをこまめにしていますので、HDDクラッシュ時でも半日あれば完全に元の環境まで戻せる状態にはしています。最近はDVDなので、バックアップも簡単ですので、DVDブートさえできれば楽です。

実際には、FDD起動してからDVDからバックアップする機械が多いので、FDD無しのものは苦労します。

基本的には問題がありません。つまり、XPからFAT32のデーターを読み書きできるし、場合によってはページファイルをFAT32のパーティーションに移すことも可能です。

制限をかける利用方法はNTFSでないとできなかったりします。XPの充分な機能を使いきるにはNTFSでないと他人からファイルを読み取られる心配もあります。もっとも、NTFSで制限をかけると、別のXPからもそのデーターを読み取れなかったりしますので、データーの復元まで考えるとFAT32の方が管理が楽です。

私は、XP、2000、MEのトリプルブー...続きを読む

QLinuxのフォーマットをWindows用のNTFSに再フォーマットしたい

こんにちは。
Fedora core 4 を入れていたのですがHDDをWindowsで使用しようとあたら馬手再フォーマットNTFSでインストールしたのですが、80GBのHDDが30GBしか認識されません。
DOSで容量を確認したのですが、認識事体を30GBしかされていないようです。
どのようにしましたら、すべての領域を認識させることが出来ますでしょうか?
Fedora core をインストールし直すことで要領が元に戻りますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

HDDのMBRが壊れています。
FC4を再インストールして、DDコマンドで「0」クリアー。
512バイトをクリァーしてください。
DOSでfdisk /mbr
XP/2Kの回復コンソールからのfixmbrでは、
446バイトしか回復できないので、だめですよ。
1CD Linux(Knopixなど)からDDコマンドがいいのでは。

QFAT32 ファイル システム

いま、親子でパソコン検定に向け勉強中なのですが、参考書でも詳しく(私たち親子に分かる程度に)書かれておらず、教えてください。
『FAT32 ファイル システムをサポートしていないOSは?』という問題で、答えに『 Windows NT 4.0』となっているのですが、そのわけについて、どうしてそれなのか、いまひとつ分かりません。

Aベストアンサー

Windows9X系とWindowsNT系はそもそも開発が別々に行われていたという経緯があります。
http://www.orixrentec.co.jp/itsite/Platform/windows.html
個人ユース向けの安価なOSとビジネス向けの高価なOSという位置づけです。

でNT系は最初からNTFSという新しい規格で作られており、9X系は従来のFATで行われていました。NTFSの方がFATよりも信頼性や機能性、安定性が向上しています(たとえば管理できる容量や特に大きな所はセキュリティの概念が採用されています)。
じゃあなんで9XでNTFSを採用しなかったかと言うと、9XとNTではそもそもユーザーターゲットが違うわけで、敢えてNTFSを採用するメリットが「当時は」無かっただけのことです。
でNTと9Xの開発は交互にお互いの開発の成果を採用しあいながら最終的には統合される訳ですが、FAT32が9Xに採用されたのは96年の末頃(Windows95-OSR2)で、その頃にはすでにNTの方は4.0の時代(発売は96年中頃)です。
つまりNT4が出たのはFAT32がWindowsに採用された後です。その後にNTでもFAT32が認識できるようなドライバが別途出されていますので、NTはFAT32にインストールはできませんが、インストールした後、それらのツールを積み込めば認識は可能となっています。ただしそもそもNTの使用用途から言ったらFATを認識させなければならない事情というのがありませんから、そんな必死こいて正式サポートをする必要もありませんでした。もちろんSPなどを出して正式サポートをすることは可能でしたでしょうが、マイクロソフトにもそしてユーザーにも何のメリットもありません。逆に複雑になることによるデメリットの方がはるかに大きいわけで。

最終的にはXPで両者は統合された訳ですが、開発当時はまさかこんなことになるとは誰も予想していなかったと思います。

Windows9X系とWindowsNT系はそもそも開発が別々に行われていたという経緯があります。
http://www.orixrentec.co.jp/itsite/Platform/windows.html
個人ユース向けの安価なOSとビジネス向けの高価なOSという位置づけです。

でNT系は最初からNTFSという新しい規格で作られており、9X系は従来のFATで行われていました。NTFSの方がFATよりも信頼性や機能性、安定性が向上しています(たとえば管理できる容量や特に大きな所はセキュリティの概念が採用されています)。
じゃあなんで9XでNTFSを採用しなかったか...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報