今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

賃借問題で
返済の催促で違法となる時間帯って?
個人間なんですけど

A 回答 (5件)

違法な取立行為の規制強化


正当な理由のない夜間の取立て、勤務先等居宅以外への電話や訪問、第三者への弁済の要求など行ってはならない取立行為の具体例について、法律で明確にされるとともに、罰則も引き上げられました(無登録業者の行為も罰則の対象となります)。

罰則の引上げ ⇒ 2年以下の懲役、3百万円以下の罰金
(注)罰則の引上げについては、9月1日に施行
内閣府令により
借金の取り立てに関しては「貸金業法」にそのルールが規定されており、例えば、借金の取り立てができる時間については朝8時~夜21時までと決められています。

貸金業法に違反した取り立てをすると処罰の対象になりますが、ルールを無視した取り立てを行う貸金業者も少なくありません。
 また、闇金業者は法を無視することは当たり前と思うことです。
    • good
    • 0

業者なら、午前8時から午後9時まで。



個人なら、そうした制約はありませんので、
常識の範囲内、ということになります。

具体的には、似たような時間帯になる
でしょう。
    • good
    • 0

>賃借問題で返済の催促で違法となる時間帯って?


>個人間なんですけど

賃借で返済の催促をしてはいけない時間なんて、法律に決められていません。
結果として、「違法となる時間帯」はありません。

ただ、深夜に何回も最速電話をかければ、迷惑行為防止条例に違反するかもしれない・・・


>個人間なんですけど

個人間であろうとなかろうと、借りたんもんはさっさと返したらいかがですか。
    • good
    • 0

社会通念上不適当と認められる時間帯とは、午後9時から午前8時まで

    • good
    • 0

個人間にはそのような規制はありませんが、あまりに早い朝や夜遅い時間は非常識と思われるし、債務者(相手)も意地で返さなくなるかもしれません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング