今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

中国人です。日本はなぜ戦争を選びましたか。よろしくお願いいたします。

A 回答 (38件中1~10件)

非常に難しい質問です。


なので、明治以降の日本の歴史を振り返りたいと思います。

まず、明治維新自体が「欧米列強に対抗し独立を維持するため」でした。のちに明治政府の核となる官軍は「尊王攘夷:王を尊び、夷(外敵)を打ち払う」を旗印にしていたのです。

幕府に勝って明治政府ができると、明治政府は文明開化と富国強兵を行います。ほぼ同じ時期中国も洋務運動をおこなっていますが、中国は政治体制の変革はしなかったわけです

その結果、西洋列強への対応の仕方を巡って日清戦争が起きます。これはどちらにとっても重要な朝鮮半島をどちらが管理するか、の戦争で日本が勝ちました。
そのため日本は朝鮮半島への優先権をもったのですが、そこにロシアと他の西洋列強が圧力をかけてきました

そして起きたのが日露戦争で、勝った日本は朝鮮半島の権益を完全に掌握し、大陸に進出するとともに、大陸の広さ、つまり「陸地で国境を接していることの意味」を初めて認識します

朝鮮併合(1910)というのはその認識に立って行われたもので、つまり「日本本土を守るために、大陸から敵が来ても朝鮮半島をクッションにして、そこで迎撃する」ということです。

この時点ではまだ清朝がありましたから、清朝と国土保全条約を結べば安心できたのです。

ところがこの2年後(1912)に清朝が滅びます。またロシアも革命(1917)でソ連に代わります

この二つの事態で、今の中国東北部に中国とソ連さらに西洋列強の利権争いが始まっていくのです。
 日本も黙ってみているわけにはいきません

そこで日本もこの地域に軍隊を送り事実上の占領からのちに満州国をけんせつすることになっていくのです。つまり日本としては「朝鮮半島に投資をして日本国経済が活性化したから、半島を守るクッションがほしい」ということです
だから満州国は日本本土政府と対立してでも日本軍主導で作られたのです

ただ、そうなると中国のほうも黙ってみているわけにはいきません。しかし当時の中国は国民党政府・八路軍政府など様々な軍閥に分かれていて、日本軍相手にゲリラ戦をすることになります。これが太平洋戦争終結まで続く日中戦争の基本的な構図です。

だから日中戦争をなぜ日本が選んだかと言うと「大陸に安全な干渉帯をつくろうとすればするほど、内陸に入り込み、さらに清朝やロシア政府が崩壊したことで、安定的な国境線を作ることが不可能だったため、軍事力で周囲を圧倒しようとしてどんどん内陸に侵攻することになった」ということになります。
 
太平洋戦争は、日中戦争が西洋列強の利権意識を刺激したこと、に始まります。
日本はヴェルサイユ条約(1919)で約束した国際協調路線を逸脱した、と西洋列強が見做し始めたのです。

これによって西洋列強が行ったのが、日本でABCD包囲網と呼ばれる経済封鎖です。
この経済封鎖によって、日本の状況が悪化し、日本は満州などの権益を放棄するか、それとも戦争に勝つことで事態を打開するか、の二者択一に追い込まれていくのです

この時点で後世に生きる私たちが認識しなければならないのは
・当時の独立国は西洋列強・日本・タイと内戦中で権力が確定していない国民党政府(中華民国)しかなかったこと
・どの国も「軍事力を背景に問題解決を図っていたこと(戦争を躊躇しなかったこと)」
・明治以降、日本は連戦連勝で国民自体が「戦争すれば勝つ」と思い込んでいたこと
です。

つまり国際社会の醸成としても「戦争を回避する」ということは「自国の権益を失うこと」だったわけで、ABCD包囲網に譲歩するなら、日本は確実に満州を失っていたでしょうし「満州を失った後、確実に朝鮮に侵攻されない保証は無かった」ということです。

日本国内も軍部はともかく、政府自体は満州が「他国の承認を受けられない、半ば国際条約違反の国家」であることは承知していたのですが、しかし「朝鮮半島の併合派国際社会も朝鮮国内も合法的な手続きと認めている」ものだったので、日本としては「朝鮮半島を失う事態は避けたい」状態だったわけです。

しかし当時の国際社会は「実力主義」でしたから、満州の権益を日本が放棄したら「結局朝鮮半島まで取られてしまう」と言うことになりかねなかったわけです。
そして日本国民は「戦争すれば勝つ」と思っていたわけです。

政府は苦悩します。国民的な意志からいえば戦争賛成、でも実際にアメリカと戦争して勝てるわけがない、のです。

そのため政策決定をする御前会議(元首である天皇も参列して会議をする:ただし天皇はこのような場で発言したことは、明治以降1度も無い)でも、戦争するかどうか、でもめにもめます。

天皇は疑問を口にすることはあり、軍部に「勝てるのか?」と質問していることは何度かあります。そして誰も「勝てる」とは言わないわけです。まあどう考えても勝てないですからね、みんな責任を取らされるのが嫌だったわけです。

結局、昭和16年(1941)には4回の御前会議が開かれ、天皇は「平和裏に解決するように」という示唆が出されていたにも関わらず12月の第8回会議(S16としては4回目)で東条英機首相は「平和裏に解決できるように交渉してきましたが、アメリカは主張を一歩も譲らず、外交手段によって日本の主張を貫徹することが不可能になり、現状を打開するためにアメリカ・イギリスに対して開戦以外の選択肢がなくなった」と報告しています。

この報告により、日本は連合国に対して宣戦布告し、太平洋戦争が勃発、そして敗戦を迎えることになるわけです。

>日本はなぜ戦争を選びましたか。
実を言うと日本でも「なぜか?」と言う点は未だに議論があります。つまり「なんとなく、和平的交渉が不可能になったから=開戦」という流れが出来てしまった、わけです。

実はこれには伏線があり、当時海軍の最高司令長官だった山本五十六に、東条のひとつ前の首相が「アメリカと戦って勝てるか?」と聞かれ「1年程度はアメリカ相手に暴れまわって見せます」と答えているのです。山本五十六は開戦反対派で、後年「はっきりと、勝てません」と言うべきだった、と供述しています。
 はっきり言えなかったのは、当時の日本が「アメリカに勝てるわけがない」と言う言葉を言えなくする自主規制が蔓延していたからです。

つまり政治主導者は「海軍長官が勝てると言った(本当は言ってない)」からやってみるか、という気分になっていき、日本国民の熱気がそれを後押しした、から開戦にいたったわけです。

このあたりの事情は今の日本も全く同じで、コロナに対するマスクも法律で強制していないのに「自粛警察」が出てきたりする「なんとなく日本社会を覆う同調圧力」があるわけです。

それでも今の日本は異議を唱える人もいるわけですが、当時はそれすら難しかったし、特高警察に見つかれば捕まって拷問ということもありえたわけです。

それらの日本国内の様々な事情、国際政治の基本が「実力で勝負が決まる」という価値観だったこと、などから開戦に至った、のです。

ゆえに、敗戦後日本を占領統治したGHQのマッカーサー長官は、米国議会において「あの戦争は、日本にとって自衛戦争であった」と明確に述べています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん、まことにありがとうございました。

お礼日時:2020/09/24 17:45

中国の歴史でも散々自分から戦争を起こしてきたわけだから、まず自分のところから調べたらいかかでしょ。


理由は色んな理由があるだろうが、基本的に誰でもそうだが、国益のため戦争するわけじゃん?っていうか、本当に知りたかったら自分で図書館でも行って色々調べると思う。わざわざ、圧倒的に日本人しかいない日本のサイトにきてこういう質問をすること自体がちょっと面白いかも。

後、理由は何であれ、日本が先に戦争を起こし、外国の人はもちろん自国民もたくさん殺したのは事実。なのに、今だにそれに対する反省より言い訳を先につけようとする方が多いかな。(笑)
    • good
    • 0

検索したら出るよ



検索してみよう
    • good
    • 0

皆さん、よくこんな曖昧な質問に回答できますね。


中国人という事なので日中戦争なのか大東亜戦争なのか他の戦争なのか。
    • good
    • 0

第二次世界大戦のことですか?アメリカのせいです。

アメリカの望んだ通りの結果になりました。
    • good
    • 3

デビッドアイクの本に中国と日本を敵対させてた勢力があり戦争になったと書いてました。

人を対立させる人って何処にでもいますよね。対立させて私腹を肥やしたりとかをする人がいるんですよね。
    • good
    • 0

こんばんは。

うーん。
どの国だって「大義名分」がある訳です。

中国人ということですが、中国だって4000年以上の歴史で沢山の戦争をしてますよね?

今でこそ一応「中華人民共和国」という一国になっておりますが、正確には「多民族国家」です。チベットやウイグルなどは自治権はあるものの、ある意味「中華」の強力な支配の下、独立が許されてません。

それに厳密には中国人だって色んな民族が混ざってるわけですよね?
漢民族だけではないはずです。

余談ですが、台湾は中国本土の人にはどのように思っているのでしょうかね?

個人的には主義の違いで国が分かれるのはありだと思ってます。
※これは日本国内においても同じ。同じ民族だから1つの国家である必要性は感じません。
    • good
    • 0

ABCD包囲網(経済封鎖)の打開策としてです。


このままでは日本は当時全世界を搾取していた西洋人(白人)達から奴隷(アフリカ、インド、東南アジア)の様に扱われ、日本国自体が消滅する事が明白だった為に世界と闘わざるを得なかった。因みにAはアメリカ、Bはイギリス、Cは中国、Dはオランダです。
    • good
    • 1

いつの戦争の話ですか?


内戦の話だとすれば、日本の戦国時代はしょっちゅうしていましたし、理由は戦争ごとに違うと思います。
    • good
    • 0

https://www.yasukuni.or.jp/history/detail.html
諸悪の根源はこれって割り切ってとりあえず研究してみる?
    • good
    • 0
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング