プロが教えるわが家の防犯対策術!

6000年前も一日24時間でしたか?

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    歴史学にカテゴライズしない方が良かったかもしれません。
    それでも1日24時間って、昔と今もあまり変わらない事がわかり感謝します。

      補足日時:2020/09/22 20:07

A 回答 (8件)

月の影響で地球の自転は遅くなってはいますが 6000年くらいでは大して変わりません。


そもそも一日は24時間ぴったりではなく 23時間56分4秒 です(だからうるう年が必要になってくる)ので、その程度のアバウトな話なら「6000年前でも24時間でした」ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
大事なところ忘れていました!
いいね押しときます!

お礼日時:2020/09/24 16:12

歴史カテですが、かなり理系の回答をしておきます。



1日の長さは太陽に対する平均的な自転周期で、現在は24時間です。
19世紀の100年間の地球の自転による1日の長さが24時間に定められましたが、
20世紀末には約2ミリ秒(1秒の1000分の2)長くなっています。
後述しますがこの割合は一定ではないのですが、一定と仮定すると
5万年で約1秒、1時間長くなるには1億8千万年かかります。
概算では1億年後には1日が24時間30分になる計算です。

このことから、6000年では誤差程度しか変わりません。



地球の自転速度は、長期的には主に潮汐摩擦で遅くなります。
潮汐摩擦とは潮の満ち引きによる海水と海底の摩擦、
潮汐力は月の重力によるものなので月の影響といえます。
短期的な影響には地球の核の運動の変化や水の分布の変化もあり、
一定の割合で遅くなるわけではありません。
実際に、地球の自転速度で見ると1990年頃より2000年頃は
自転が速くなっています。
1日が2ミリ秒長くなれば、500日で1秒の誤差になります。
これを修正するのがうるう秒です。
うるう秒のWikiを見れば判りますが、1秒加えられるのは不定期です。
(実は、大きな原因は原子時計の周期の設定不備によるもので
 最初から現在の1日に合わせて設定すればもっと少なくなります)

太陽を基準としない(遠方の星を基準にする)場合の地球の自転周期は
約23時間56分なのですが、1日の間に地球が公転することで
太陽の位置も変わることになるので24時間より短くなります。
このことで太陽暦では公転周期との誤差からうるう年があります。
ただし、通常は1日の長さという場合には使いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
勉強に、なりました!

お礼日時:2020/09/24 20:16

短くなっている→長くなっている、ですね。

100年前が今より短い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
有力候補に、入れます!

お礼日時:2020/09/23 08:16

たしか、『おおよそ、100年で、1年の長さが1秒短くなっている』ことが観測されていたはずです。

6000年前だと『1年の長さが60秒短くなる』計算ですね。
1年365.25日くらいですが300日で大雑把にいえば、1日の長さが0.2秒短い計算でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
対して変わりませんね!

お礼日時:2020/09/23 08:16

6千年前の1日は明るくなってから暗くなるまでなので、季節によって変動し、おおむね12時間内外でしょう。

寝てる間の時間を計るすべはありません。目が覚めたら翌日。
か?w
自転してないというのは考えられません。それじゃ昼も夜も変化しない事になっちゃう。コマじゃないんだから、止めたり動かしたりはできません。ビッグバンで回り出したら数京年ぐらいは回り続けるかと。地球はその前に太陽に飲み込まれて消滅するけど。たぶん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビッグバンもないかも知れません。

お礼日時:2020/09/22 18:25

紀元前2世紀から1世紀の頃、ギリシャ人天文学者ヒッパルコスによって、1日を24等分、つまり24時間と考える概念が生まれた。


なので、1日24時間の概念は、約2000年は地球の歴史から考えれば、ごく最近のこと。

地球の自転速度については、わずかだが年々遅くなっていることが確認されている。
恐竜がいた時代(少なくても1億年以上前)は、今の時間に換算すると、1日22時間だったと言われている。

なので、6000年前は1日24時間の概念はなかったが、地球の自転速度から考えると、1日24時間と考えて差し支えないと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もしかしたら自転してないかも知れません。

お礼日時:2020/09/22 15:03

人類が居たかもしれませんが、そう言う概念は無かったと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
そう言う概念あっても良いと思います!

お礼日時:2020/09/22 15:03

6000年なんて、地球の年齢からすれば一瞬。


5万年で1秒変化する程度だから、6000年前も一日24時間。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もしかしたらこの世界は、5万年前も経って無いのかも知れません。

お礼日時:2020/09/22 14:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング