今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

日本発

海外に浸透している
日本の言葉って何が
あるんでしょうか?(^-^)

『お弁当』って言葉を
使ってるみたいですし、
『モッタイナイ』もそうですよね。

こんな使い方してる言葉に
びっくりした等々、
ありますか?

雑談でも、かまいません(^^)d

*✲ฺ* ✲*.。✡

「日本発 海外に浸透している 日本の言葉っ」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 昨日は世界の社食
    と言っても、ほんの一部
    タイ、アメリカ、
    シンガポール、
    インドやら

    ああ、こんな感じなんだと
    他人のアップした写真見ながら
    ほうほうと頷いてました。

    昨日の私のランチもアップ(笑)
    アボカトたっぷり!!

    ん?アボカドじゃなくて
    アボカトで良かったかな(*^^*)

    「日本発 海外に浸透している 日本の言葉っ」の補足画像1
      補足日時:2020/09/30 12:17
  • はじめてのお給料で
    何を買ったか、覚えてますか?

    アルバイトか会社員としてか、
    どちらも記憶ある方~(*≧∀≦*)

    私は、アルバイト代は
    友人との交際費に使いましたが
    それが初めてか?忘れました(^_^;)

    「日本発 海外に浸透している 日本の言葉っ」の補足画像2
      補足日時:2020/10/15 09:37
  • お好きな
    『かぼちゃ料理』
    ありますか?

    「日本発 海外に浸透している 日本の言葉っ」の補足画像3
      補足日時:2020/10/26 10:41
  • Halloweenですね~

    なんとなく、しっとりした
    声が聞きたくなりました。

    私の好きな歌手、Uru


    昨日の夜中にHalloweenの
    クラシック.&ホラーな曲
    聞いて寝たら変な夢を見ました。

    交響曲、はげ山の一夜は、
    怖い~!!
    人を不安にさせる(笑)

    あの、携帯の危険アラームも
    やたら不安にさせますよね。

    では、
    素敵な1日を(~▽~@)♪♪♪

    「日本発 海外に浸透している 日本の言葉っ」の補足画像4
      補足日時:2020/10/31 14:19
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (119件中1~10件)

あ、あ、あれは~、最新のテントなのかあ。



あんな縁側もいいなぁ。うちの縁側は木、ボロボロになってしまった。

全部やり変えたら30万はかかるって言われて。まぁズボッと落ちるまではいってないからこのままでいくことにしました。

今TVでもふもふモフモフの予告やってて。

犬が雑巾がけしながら廊下はしってた~。

ではおやすみなさい。
    • good
    • 1

Bun です。



皆さんには『こんばんは』ですが、こちらは『おはようございます』です。
旅疲れもとれて、今日は早起きじゃないけど寝坊もしませんでした。
宵っ張りのカミさんと子供より早く起きた!
天気は雲一つないピーカンで週末は雨が降らなかったから、暖かくなってきたら、今日は散歩ですね。

田舎の話しを楽しんでいただけたようでよかった。
リタイアして何しながら暮らそうかなぁと思ってたので、ひとつすることが出来てホッです。
暇に任せて、ぼちぼちヨタ話題を提供させてもらおうと思います。

当地よりもコロナの感染状態の悪いNYなんかをまわって帰ってきたので今はウチで自主隔離しています。
幸い症状はないので大丈夫と思いますが、散歩以外はずっと巣ごもり。
で、週末はカミさんとチャーシュー作りをしてました。
まだ暖炉を焚きだしていないのでBBQセットでの『焼き』や『煮込み』でしたが、次回はそんな話題でもしましょうか。

今日は老後の健康保険である『メディケア』の申請に悩まなければならないようなのでこの辺で失礼します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Bunさん、真夜中ですか?(笑)

ありがと~ございます!
そちらのスローライフが
楽しそうで、羨ましい限り。

メディケア?
アメリカって日本みたいな
保険制度はないのでしたっけ、、
老後の?

介護保険みたいなものかなぁ。
チャーシューと同じ位
興味深い(*≧∀≦*)

いつかは誰もが、ご老人ですからね。
あがきながらも、準備はしなきゃ

自主隔離お疲れ様です。

うちの会社、小分けして
忘年会やるはずでしたが
やはり、ダメだと思います。

もともと、
かなりの人数がいるんですよ。
色々無理がありましたね。

辞めた方が良いとは思いますが
う~ん、、
せつないです
・・・(;´Д`)

Bunさんお酒好きでしたよね?
かなり飲んでも顔に出ない
タイプでしたか?

今年は酔った振りして
抱きつけないし、なにも
面白くないから、まあ中止でも
良かったと前向きに捉えます(笑)

あ、おしぼり落としちゃった!
とか言って間違えて触るとか
出来ないし、
やだ、これおしぼりじゃないわと
言いながら、
あり得ない場所を触るとかね。

それを世間でセクハラと
言うのでしょうね。
もう、封印しなきゃ。

やだやだ、Bunさん
これは、ネタですからね、
実際にはやってないですよ?

信じるか、信じないか
Bunさん次第
((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

すいません、かなり
ふざけました~
( ´∀`)ハハハハ

仕事戻らねば、ではまた!
ε=(ノ・∀・)ツ

お礼日時:2020/11/24 16:00

Bun です。


追加の話題。

当地は、今週は感謝祭ウィークです。
アメリカの田舎では10月末から1月初めまでは日本で言う盆と正月が一緒に来たような時期で、感謝祭はその真ん中の行事。
今回はその風物詩を紹介しましょう。

ハロウィンでその季節は始まります。
ハロウィンが終わると、友達や恩師、親戚などに向けたクリスマスカードを書き始めます。
年賀状のようなものですね。
近年電子メールやSNSが普及してきても、この国では『手紙』がすたれてはいません。
個人振出しの小切手が使われたり公共料金や税金の書類は郵送されることで『住民』であることを証明したりするからですが、クリスマスカードと言うものの習慣もその一役を担ってるように思います。

この時期、そんなカードが届けられると、暖炉の上に並べられたりします。
家族が見たり、家にやってくる仲間が見たりできるようにです。
暖炉のひとつの効用ですね。

11月の末には、収穫や1年の生活に感謝する感謝祭(サンクスギビング)がやってきます。
子どもは実家に帰り、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんと過ごします。
食べ物はかぼちゃのパイや豆のスープ、トウモロコシのパンに七面鳥の肉なんか。
その時の料理にも暖炉は活躍します。
焼いたり長く時間をかけてトロトロ煮込んだりといった調理のためです。

我が家でも『あんこ女』を自称するカミさんは『あずき』を仕入れて来てはなべいっぱいにあんこを煮ますが、その煮込みは暖炉でです。
ゆっくりじっと煮込めるからなんだそうな。

作るのはチャーシュー、プライムリブ、スープストックなんか。
いつもは5~6ポンド(2~3キロ)の肉のかたまりを買ってきて煮込んだりします。
こんなんで3人家族で約一ヶ月楽しみます。
というより、ウチはよく出入りする仲間が居るのでその分の消費があるのでこれしか持ちません。

それと焼きいも。
日本のように美味しいサツマイモはなかなか手に入りませんが、フォイルに包んで灰に埋めておくといい感じに焼けます。

感謝祭が終わるとクリスマスの準備です。
まずはツリー。

郊外の農場に行き、生の木を買ってきます。
そのために専用のもみの木畑を作っている農家が居るんです。
この時期になると畑の脇を通る道路端にテントで即席の店を開きます。
行くと、畑の中を歩いて気に入った木を決め、店の人に言うと切ってくれ、店のトラックでウチまで運んでくれます。
配達はいたってシンプルで、買った木を積んだトラックが我々の車の後をついてきて、家に着いたらリビングまで機を運び込んでくれる、というもの。
だから買いに行く前には木を立てておく土台を準備しておかなければなりません。

そしてツリーや家の内外を飾り付けたりプレゼントやパーティーの材料を街に買いに行く。
カミさんや子供が一番楽しむときですね。
感謝祭の翌日の金曜日のことを『ブラックフライデー』って呼ぶのは、感謝祭が木曜日で、それが明けた日にクリスマス準備の『買い物』のために人が街に出て、街が人であふれかえる事から来ています。
クリスマスパーティーをするのもこの感謝祭とクリスマスの間の期間です。

カミさんは友達から聞いたと言ってツリー用の飾り(オーナメント)を毎年クッキーで作っています。
クッキーと言っても、作り方は同じですが、食べるためのものではありません。
砂糖の代わりに塩を使うことで硬いカチカチの物が作れるんだとか。
それに透明のラッカーを薄くコーティングし、その上に色付けをしていきます。
毎年何個か作り、そのうちの1~2個を残すことにしていて、もうずいぶんたくさんたまりました。
『あの年は・・・だった』などと思い出にふけれるのでなかなかいいもんです。

パーティーをするのはイブの前の日まで。
イブの日は家族でゆっくり過ごし、クリスマスの日は教会に行きます。

そうそう、アメリカを旅する時に年に4回注意しないといけない日があります。
感謝祭、クリスマス、元旦、独立記念日です。
この日は皆自宅や教会で過ごすので、レストランなどのお店が営業しないんです。
最近はそうでもありませんが、昔はそうでした。
だから、旅行してもホテル以外はどこも閉まっているので、観光もショッピングも食事も楽しむことができませんでした。

クリスマスの翌日はブラックフライデーに次ぐバーゲンの日です。
特にクリスマスの飾りつけやプレゼント用のものがバーゲンされます。
飾りつけは翌年のクリスマス用に、プレゼント用品は日ごろの贈答用なんかのために買いこみます。
アメリカのバーゲンではブランド品でも平気で値引きしたりするところがありますから、買い物好きにはたまらないようです。

そして最後が12月31日と1月1日。
社会的なイベントは大みそかのカウントダウンだけで、日本のようなお正月行事は全くありません。
ただ、なぜか1月1日の早朝はバーゲンを良くする日になっています。
お店によっては夜もあけやらぬ4時や5時という時間から開店するので、徹夜して並ぶ人が居たりもするほどです。
しかし、そんな時間だとまだ折り込み広告が入った新聞が発売されていないので、どの店で何を安く売るのかわからないんじゃないかと思うんですが、みんなそんな情報は持っている。
そのあたりは謎です。
ちなみに、ウチのカミさんもどこで仕入れるのか知りませんが街の情報は事前にかなり仕入れているようで、毎年早朝から並ばされます。

冬の入り口の行事のお話でした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

面白~い話満載!!

あんこ女に引っ掛かってしまい
そこから話が入ってこないけど
繰り返して二回以上見ちゃいました。

昼に一回、夕方に一回
今はサラッとね。
日本でも、ブラックフライデーは
聞きますがHalloweenほど
浸透してないかな。
私も全然よく理解出来てなく(笑)

クリスマスカードですか、、
良いですねぇ
年賀状みたいな物、へぇ
そうだったんですね。
暖炉の上に飾るんですね、お洒落。

あんこをコトコト煮込むんだ、、
楽しいお仲間さんがいて
羨ましい( *´艸`)食事も
楽しそうですね。

塩クッキー?飾り用とは。
ちょっとビックリしてますよ。
そんなのやったことない。

アメリカ旅行、4回注意します。
多分機会ないのですが
いつ、その機会が
くるかわからないから(笑)
夢だけはありますよ。
宝くじあてて、世界旅行。
今は当てても行けないかな、、

当てたーい(*≧∀≦*)

あ、まさか元旦に
セールに並んでるとは
知りませんでした。
元旦早々、風邪引きません?
でも、楽しいんでしょうね~
きっと♪v(*'-^*)^☆

珍しい話を、
こんなに大放出してくれて
本当にありがとうございます。
Bunチャンネル登録済みです。

お礼日時:2020/11/23 20:31

Bunさん、詳しくありがとうございます。


煉瓦、石積みの隙間は
通気性の良いモノを 
詰めて仕上げるのですね。
屋根裏の綿の実の話は凄い!
だから綿畑で、一儲けできたんですね
そんなトコにも、需要があったんだ。

スローライフ、羨ましいです。
クリスマスツリー、
役に立つんですねぇ、残すことなく

アンクル.トムさん(薪売りさんの
ニックネーム、勝手に付けました)
(*^艸^)クスクスw
の、話を楽しみにしてます。

ブルマちゃん、借りた。
アタシ、薪割りはうまかったんだよ。
ぱっかーん って、ナタで…
お風呂、五右衛門だったからね
Bunさんに雇ってもらお〜
やかんしーのは、要らないってか
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ノアちゃん

こんばんは、こちらは
夜、八時を過ぎた、、、

あ、時差ないや(笑)

Bunさんの生きたツリー
すごいね。

アンクル・トム
鹿児島市のね?(笑)
いやいや、アメリカのか。

薪わり上手かったのですか?
いや~五右衛門?本当に❗️
アメリカンサイズの薪は
割れますか~

一度やりたいけど、あれ
相当疲れるハズ。
諦めます(笑)

さてさて、一杯やってこようかなぁ
明日は休み??

お礼日時:2020/11/23 20:15

Bun です。



この地の気候は日本の首都圏とほとんど同じです。
緯度が似たようなもので、沿岸は暖流が流れていて、西には北極からの寒風を遮る山脈がありますから、地理的な条件が関東平野に似てるからです。

その当地の森にどんな危険があるか。
幸い大したことはないようです。

前に、凍った水面から口だけ出したワニの写真をお見せしましたが、ウチの周りには幸いワニが居そうな湖や川はありません。
なので、近所の公園レンジャーによれば、森の中の危険と言えば、オオカミ、コヨーテ、ヘビ、カミツキガメ、スカンク、ファイヤーアント(日本名=ヒアリ)、ダニ、あたりのようです。

でも、昼日中のこの森には、けもの道にまで、ジョギングやトレッキングをする人、マウンテンバイクで走る人、散歩する人などがひっきりなしにいるので、オオカミやコヨーテに出会うことはまずないでしょう。
なので、整備された道でないところを歩くと、それ以外のものの被害にあったり病気をもらっちゃったりするのが唯一危険なことというようです。
そのために、サンダルや短パン半袖などで肌を露出しないこと、運動靴やTシャツのような薄いものを着ないこと、木の枝や葉や草に触れないこと、木や草の実や地面に落ちているものを踏んだり手にしないこと、などを守りなさいと教えられました。

そんなところですが、今日は雨予報だったので散歩するかは迷いました。
でも、降らなかったのと日差しがないので、森の奥に行くのはやめ、広いドッグランのある運動公園の森に行きました。
ワンコは好きなのですが、留守にすることが多いことを考えてウチでは飼えないので、こんなところで触れたり眺めたりして楽しむことにしていますので。

今日の景色では、縦横に走り回る数頭のワンコの中で、訓練士についてしつけの訓練中の子が周りが気が気でない様子がほほえましかった。

他の子が楽しそうに走り回っているのに、訓練の子は『Stay=待て』の言葉でじっとお座り。
ご主人が歩くとそれについて脇を進む、まわりの犬たちがそれにちょっかい、それでもじっとご主人の指示に従う・・・

一通りの訓練メニューを終えたのか、シェパードも最後には他の子たちといっしょに遊ばせてもらい、その時の喜びようがそれまでとギャップがすごく、とてもほほえましくて笑っちゃいました。

さて、暖炉。
まず Noahru さんがおっしゃる煙突についてです。

私は何件かの家に住みましたが、家を新築したり新築の建売を買ったことはなく、どれも2代目以降の住人でした。
そのうち、ちゃんとした暖炉の家は2件だけでしたが楽しみました。

どちらの家も煙突は屋根からほとんど飛び出していません。
煙突の上端はかなり高いので私は登ったことはありませんが、屋根の外に出た部分の煙突は、それ以下の部分に比べて太さが少し太くなっているようです。
暖炉で火をを焚くと煙突自身も暖かくなりますが、その熱を屋根に伝えないためか屋根と煙突の間には隙間があって、そこにはログハウスの丸太の間の隙間を埋めるような苔のようなものを詰めてあると聞いたことがあります。
現代でもそんなのが使われているかは知りませんが・・・
屋根と煙突の間に隙間があり、そこに詰め物をしてあるとは言っても雨水は防げないので、屋根上に飛び出した煙突の方を太くして隙間に屋根をかけているんでしょう。

ちなみに、二階の天井裏は、30センチ以上の厚さで一面に天然の綿が敷き詰められています。
殻から飛び出したままで、脱脂などの人工的な処理を全くしていない直径が数センチのボール状の綿です。
たぶん、壁や1階と2階の間にも詰めてあるんじゃないかと思います。
煙突と屋根の間なども含め、結構自然素材も使ってます。

煙突の穴は下の暖炉の中から覗き上げたことしかありませんが、驚くほど大きいです。
人一人が通れそうなほどで、上まで脚をかける金具がついています。
頼んだことはありませんが、煙突(煙道)掃除はきっと人が入ってするんでしょう。
そう考えると、サンタさんが煙突から来るというのはうなづけます。

煙突の出口には、その上に鉄製の平たい屋根が載っています。
雨や雪が降り込まないようにです。

その屋根の下で、煙の出口には屋根とは別の鉄板のふたがついています。
これは暖炉の焚口から伸びた鉄棒で押し上げたり下げたり出来るもので、煙の出口を開閉できるようになっています。

何のためのものかと言うと、暖炉を使わない春から秋までの間、嵐で風が吹き込まないようにするのと、煙突の中に鳥が入って来て巣を作らないようにするためのものです。

それでもその蓋の上に小鳥が巣を作っちゃったことがあり、冬口に暖炉を焚く前に業者を呼んで巣をとってもらったことがあります。
夏の間は煙突を通して暖炉から小鳥のピーチクパーチク鳴く声がしたのも『暖炉ならでは』の楽しみかもしれません。

さて、今日の本題は薪です。

暖炉の燃料、住んでる地域にもよるでしょうが、私が住んでいた地域では薪でした。
木の種類は知りませんが、長さが40~50センチ、径が十数センチのものでした。
結構太い感じです。

熱を出すとか燃やすという意味では松のようなヤニのある木の方が良いようにも思いますが、私が使っていた薪はどれもそういった木ではありません。
薪はホームセンターのようなところできれいなものも売っています。
それも松じゃなかったです。
周囲に松林はたくさんあるんですが理由はわかりません。

ホームセンターなんかで売ってる薪はきれいですが高いので、私は町の近郊の森に暮らす人から買っています。
間伐材や開墾で出た木材などをチェーンソーで短く切り、屋外に積み上げて放置して自然乾燥させたあと、斧やなた、油圧スプリッターなんかで割いたものです。
その割いた後のものが径十数センチの大きさと言うわけです。

薪を買うのは冬に向かう秋の終わりの風物詩のひとつです。

私はこの冬に入る時期に大きいピックアップトラックに山盛り2杯ほどの薪を買います。
住んでるのが寒さの厳しい地域ではないので、これでだいたい一冬は越せます。
寒い年に予想以上に消費したときは季節の途中で追加を頼んだことはありましたが・・・

薪は家の外の軒下に積み上げておきます。
もともと森の中の地面に放置して乾燥させた木なので、まずは間違いなく虫が食ってます。
どんな虫かは知りませんが、シロアリも食ってると聞きます。
なので、そんなのが家の木材に取り付かないようにするためです。

我が家の場合、日当たりのいいガレージ横と裏の軒下に自家製の薪用ラック(棚)を置いて積み上げています。
自家製と言っても全部自分で作ったわけではありません。
大枠はポンチ絵をかいて町の鉄工場に鉄筋の溶接で作ってもらいました。
私がしたのはそれに角材で仕切りをつけただけです。

細かく区切っておくのは崩れなくていいから。
棚は薪を地面からかなり浮かして積むようにしています。
そうすると一番下のをとるときも深くかがまなくていいので。
また、雪が積もったり雨が降っても木が湿りません。

木が湿るとシロアリが来るとも聞きました。
その意味で、地面はしっかり排水されるように暗渠排水と言って、地面の下に染み込んだ雨水を雨どいの水と一緒に下水に流す配管を埋めてあります。
この地に限らずアメリカ南東部の土地は結構粘土質なので、雨水対策をしないと雨や雪ですぐにぬかるみ、なかなか乾かないもんですから。
排水管の上には厚く砂を敷き、その上から消石灰などの防虫剤を撒き、最後にこれも結構厚く砂利を敷いて重しにしています。

薪は家の壁には直角に飛び出すように積みますが、家の壁との間は結構離します。
これも家に虫が入らないようにです。
こうすると薪の先っちょは軒から出てしまうので、棚には家と同じ樹脂製の瓦を吹いた屋根を付けました。
その外観が家や周囲の景観を壊しちゃいけませんからね。

この棚に薪を積みのも一仕事です。

運んできてもらった薪は一度ドライブウェイ(ガレージと道路の間のコンクリートの道路)にばらまきます。
薪に噴霧器で殺虫剤をかけ、それを乾かすためです。
一晩乾かし、翌日に棚に積みますが、量があるので年寄りには立派に1日仕事です。

ちなみに、クリスマスツリーもクリスマス後は薪になります。
ツリーは生きているものを買ってきますが、一ヶ月も家の中に置くカラカラに乾き、葉や枝はいい焚き付けに、幹は立派な薪に使えます。
もみの木は、買ってきたばかりでも独特のいい匂いがしますが、燃やしてもその香りがしていいものです。

薪を買って運んできてもらった時、薪を降ろした後に運んできたおじさんとする一服は楽しいひと時です。
コーラでの一服で、森での暮らしの話しなんかを聞かせてもらいます。

いつも来るのは私よりも年配の黒人のおじいちゃんで、すごいなまりがあります。
日本で言ったら鹿児島弁なんかの感じです。
私も南部で英語を覚えたのでなまりはある程度分かりますが、土着の年寄りの言葉は全然違います。
英語とはとても思えない・・・はっきり言って、私は話の半分も分かってはいません。
でも、おじいちゃんはそんなことお構いなしで話し、ワッハッハァと笑います。
裏庭の小鳥のエサ台のリス除けはこのおじいちゃんから教わったものです。
ことしの薪積みはまだですが、今度は何を話してくれるかな。
コロナにめげずに元気に配達に来てくれるといいですが・・・

暖炉にまつわるお話を長々としちゃいました、スイマセン。
今日のところはこれにて。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Bunさん、こちらは夜八時

そちらは、まだ早朝ですかね。

色々詳しく有り難うございます。
そうそう、、ワニの口だけ水面に
出したやつ。
ありましたね、、、

小さい危険な生物もいるんですね。
ヒアリはまさにそれ、
日本にも紛れ混んでますよ。
カミツキガメも、恐ろしいこと。
日本とは違いますよね。
まあ、森の中は日本でも油断は
出来ないですけど、そちらほど
危険は少ないかなぁ。

オオカミ、コヨーテは
震えます。よく動画でオオカミ犬
見たりしますが、
やはり犬とは違いますね。
あまり、慣れないというか
媚びないというか。

ドッグランで癒されてますか?
( ´∀`)わかります。見てるだけ
でもねぇ
Bunさんもstayが、その場所なら
上手なんですね(笑)

暖炉の作り、、なるほど~
小鳥が巣を作るのですか。
暖炉の火を入れたら
危険ですよね(*_*;

その巣を取り払う時は、
もう鳥たちは巣だった後の?


薪の話、
しかし、太いですね。
棚から何から何まで工夫と
苦労があるんですね。
あらら、白蟻は勘弁ですね。
自然の薪だから仕方ないでしょうが。

訛りの話
ハハハハ鹿児島弁の英語
聞いてもわからないけど
聞いてみたい(笑)

お礼日時:2020/11/23 20:09

あら?いっぱい書いたのに、消えた


ヒェ〜

借りるねブルマちゃん。

音ネちゃん、
記念館に書いてあったんじゃなくて
聴いたはなしですよ。
でね、
まだその頃は、シーボルト記念館は
無かったかもしれない。
下の書き込みを見て思った。
グラバー邸は、行った。
その一画にシーボルトのサワリが
あったのかな?
バスガイドさんの話で、出てきた話。
子供ゴコロには、
強烈な話だから覚えてた。

当時、桃屋のイカの塩辛のCMが
あってね、
蝶々夫人が「ピンカートン行かないでぇ」
って、放送してたんだ。
それもあってガイドさんが
話してくれたのだと思う。

CM、探してたら、あった。
さっき、書いたの消えたけど…
消えません様に……



良かった、消えなかった。

ヘェ〜地図とか持ち出そうとしてたんだね。
そりゃ強制送還だね。
ありがとう。

あ、因みに アタシら
高校の修学旅行は、
東京、富士登山、日光、奈良だった。
いやいや、懐かしい。
京都が入ってなかった
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ノアちゃん、ねねたんへ

こんにちは\(^_^)/
良い天気に恵まれましたよ。

桃屋のコマーシャルに
こんな種類があるなんて
ビックリ、イカの塩辛のは
初めて見ました。

こんな感じのコマーシャルが
普通に流れていた
昭和は良い時代でしたね。
ああ、年老いた(笑)

日光、奈良ですか~
今時の修学旅行は
やや贅沢ですよね。
飛行機使って、、

私立だと海外か
当たり前みたいかな。

私は中学校の修学旅行は
確か、京都でしたよ。
社会人になってからも
行きましたが。
秋は良いですね。
汚れた心が、浄化しそうです。

まだまだ行ってみたい場所も
あるけど、今は無理ですね。
早く世の中が、元に戻ると
良いですけど。

今日は、雑煮を頂こうと
仕込みました。
単に楽に済ませるため(笑)

ノアちゃん仕事?
頑張ってね~♪v(*'-^*)^☆

お礼日時:2020/11/23 10:24

ブルマリちゃん、借りますね。



ブンさん、こんばんは。

いや~、暖炉の話面白かった~。
韓国のオンドルなんかも多少通ずる所があるのかな。

火付けはやっぱり松なんですね。前にアメリカに行った時、背丈も高いけど、松ぼっくりもでかい!!って思ったけど、日本もかなりの大きな松ぼっくりありますね、よく見ると。松は油分が多いんでしたかね。松明とか赤々と照らすのに昔からとても貴重なもので、って「日本人のお名前」って番組でみました。

ソロキャンプ、せめてBBQでもと思っているうちに寒くなってきたけど、この頃BBQのマシュマロおいしいってTVでよく見かけるので、焼いたマシュマロ食べたくなってきたなぁ。食べたことはあるんだけど、もうかなり前。

私の実家は長いこと薪でくべるお風呂だったから、薪も懐かしいなぁ。次回のお話も楽しみです。


引き続き今度はノアちゃんへ。

シーボルトは今でいう産業スパイみたいな仕事を本国から命じられていたのかな。地図を国外に持ち出そうとしたのを咎められて、追放になったから、おたきさんや娘とも別れなければならなくなり、おたきさん達はとても苦労したのかな。

地図は良港とか大砲をもうその当時は置いてる港もあったんだったか、とにかく国防のために海外持ち出しは厳禁だった。国防意識はその当時の方がしっかりしていたかもしれないね。

シーボルト資料館、長崎にやっぱりあるんだね。あるのは知ってて、アジサイの話もあり、一度行ってみたいと思っていたんだけど、そうなんや、山口だったらシーボルト資料館修学旅行で行くんやね。

私が高校の頃は和歌山も修学旅行九州って決まってて、これは長いことそうだった。で長崎もいったけど、グラバー邸は行ったけどシーボルト資料館、話も聞いたことなかったね。

シーボルトはそんなで一旦は国外追放になったけど許されて又日本に来るんだね。彼は日本がとても好きで、際どいこともやりつつだったみたいだけど、それは日本のためによかれと思って働いたみたい。

来日しておたきさん達とどうしたか、私が見たものでは一切話はなかったから分からないけど、末裔の方は日本におられて、シーボルトが本国でもうけた家庭の末裔の方と、今でも行き来しているってのはネットで見たね。
おたきさん、下町の商家の娘って説もあったりで、そう思いたい気持ちは分かるけど、現実はノアさんの言われた通りって言ってる人の方が多いみたいかな。シーボルト資料館にはそう書かれていたんやよね。

小泉八雲の奥さんのは長くてまだ読めてないけど、腰を落ち着けてじっくり読むね、ありがとう。
    • good
    • 1

良かったね


Bunさん、おでまし❤️

オペラの蝶々夫人は、
シーボルトの話が元に…って説があるんだ。

Bunさんの暖炉……
でっかい暖炉で、
よく観る石造りの暖炉は
セメントや漆喰で、繋いであるけど
隙間を繋がないで、何重にも
組み立てて重ねるだけなのかなぁ。
高説から、そう思ったけど?
煙突の外側は太く見えるけど
内側は細いのかなぁ、そして
外に出た煙突部分はハリケーンに
耐えられる様にセメントで、
くっつけてあるのでしょうか?

映画に出てくる 家の中に、
もう一つ家があるような
二重構造なのは、そのせいかなぁ

『所変われば品変わる』ですね。

今度は、
ダーウィンが来た(お家編)
一本、得した気分。

ーーアメリカ紀行 Bunですーー
最高の読み物です♪
    • good
    • 1

Bun です。


皆さんこんばんは(こちらは土曜の晩なので)

北の方に用足しに行ってきました。
もう氷点下になる地域でしたから、帰ってきて地元が暖かいのには救われてます。

今日は無風のいい天気だったので近くの州の森に散歩に行ってきましたが、昼は10数度になったので小汗をかきました。
森の中はまだリスが餌を食い漁りに走り回ってましたから、ここの冬はまだもう少し先かな、です。
今日は森の中を普通の遊歩道を外れてほとんど獣道という感じのところを歩きました。

近所に住む公園レンジャーに言わせれば『その道を外れて森に踏み込まないこと』とのことなのですが、それでも結構『生きた自然』がありました。
木の上には葉を落とした枝に大きな鳥の巣がいくつも、倒木の芯にはくりぬかれた穴が、切株の根っこにも穴が。
谷間に細い小川がいくつかあって、まだ乾季なので水はほとんどないけど、周りには倒木や木の枝がいっぱいなので1~4月の雨季になればビーバーがダムを作りそう。
明日は雨予報なので行きませんが、また行ったら写真でも撮って来ましょう。

さて、先回の続きで今日は暖炉のお話を。

暖炉って何か。
『家の中で火を焚いて暖を取る道具』と言えばそれまでですが、それなら『石油ストーブ』や『ひばち』、『いろり』なんかと変わりませんよね。
でも、そういったものとはかなり違う要素があるんです。

『石油ストーブ』や『ひばち』、『いろり』も、せいぜい1日のうちの何時間かだけ火を入れ、その時だけ暖が取れます。
それに対し、本物の暖炉は秋の終わりに火を入れると本格的に春が来るまでは火を落とさず、その間ずっと暖気を提供します。

北海道のような寒冷地では、暖気を維持するために石油や薪などのストーブやいろりを夜通し燃やし続けるでしょう。
『火を絶やさない』と言う意味では暖炉も同じですが、その『暖気』の取り方が他のものと違うんです。

暖炉と聞くと『石造りのかまどにゆらゆら揺れる薪の燃える炎』を想像する方々が多いと思います。
そして、その方々の多くは、その炎で暖を取ると想像されていると思います。

もちろん、その炎も暖気の大切な源ですが、暖炉の暖気の本体はそれではないんです。
薪が燃えているかまどは暖炉という暖房システムのほんの一部にすぎません。
暖炉の本体はそこと屋根の上の煙突の間にある煙道という熱気が通る部分なんです。

たとえば薪ストーブ。
薪を燃やすストーブの本体からは、ふつうは金属の煙突が外に伸びています。
このシステムでは薪を燃やしているストーブ本体から出る熱が暖気の源です。
燃えた熱気が通る煙突までの煙の通り道も熱を帯びておまけの暖気の提供源になります。
夜寝るときに火を弱くすれば、ストーブ本体からの暖気は弱くなり、煙の通り道からはほとんど暖気は出なくなります。

では暖炉はどうか。

暖炉では火をたくかまどと屋根の上の煙突の間の煙道はただのパイプではありません。
着火などの時に火の燃えと排煙がいいように、煙道の中には真っすぐ屋根上までつながったルートもついていますが、それはメインではなく、ケムリと言うか燃えた熱気がジグザクに走る仕組みが隠されています。
その仕組みは、薄っぺらな金属の筒ではなく、石材やレンガなどを使って組み上げたちょっとした構造物になっているんです。

かまどで燃えた熱い空気は、その煙道の中をジグザグに走り、熱をそこの石材やレンガに伝えられます。
煙道の石材やレンガはこの熱で温まります。
どのぐらいまで暖まるかと言うと、それは火の焚き具合にもよりますが、煙道の構造物を外(家の中です)で触れると、お風呂のお湯のような温かさを感じるぐらいまで暖まります。

この煙道から得られる熱気は、薄っぺらな金属の筒とは違って容易に冷えることはありません。
たぶん、温まった『石』や『レンガ』が発する遠赤外線なんだと思います。
煙道の外側は家の中の廊下や部屋に露出していますから、そこが熱すぎず、熱持ちもいいように、煙道の壁の厚さなんかは経験からうまく決まってるんだと思います。

煙道の壁の暖かさは、かまどの火を灰をかぶせて落としても、そこからわずかに立ち上る熱気で維持されます。
暖炉が暖かいのはこのためなんでしょう。
暖かさをただ『熱』と言わずに『気』をつけて『熱気』と表現したのは、このなんとなく醸し出されるものを表現したかったからです。

薪を燃やして出る独特の香りとあわせ、暖炉には電気や化石燃料の暖房にはないタイプの良さがあるように思え、私は好きです。

この暖炉は、暖かい日や夜寝るときも火を絶やさないなどの手間がかかるものですが、その中でも一番大変なのが火付けです。
つまり、冬の初めに行う使い始めの火入れです。

使い始めようとするときにはまだ煙道は温まっていません。
すると、焚口で火を焚いても煙は煙道になかなか吸い込まれません。
その結果、ともすると煙は部屋の中に入ってきて、しまいには家中が煙で大変なことになってしまいます。

そこでするのが、かまどでご飯を炊くときと同じ『はじめチョロチョロ』です。
我が家の周りは松林が多いので、焚き付けには松葉や松ぼっくりを使います。
この地の松ぼっくりはソフトボールより大きいですから使い甲斐があります。
それを焚口でちょっとずつちょっとずつ燃やし、よく乾いた木の枝なんかに火を移し、少しずつ太い枝に変えていきます。
そんな小さな『たき火』をすることで煙の発生を抑えながら煙道を温めます。

でも、相手は厚い石造りの煙道なのでそう簡単には暖まりません。
そこそこ暖まり、煙道内に上昇気流が出来るには2時間はかかり、その間お父さんは火の番を続けます。
その間、小さなたき火ではありますが、スルメやマシュマロを焼くには十分。
いい屋内ピクニックです。

ケムリがスムーズに煙道に吸い込まれるようになると、あとは燃料を本来の薪に切り替えて、燃焼が本格的に進むようにします。
煙道さえ温まってしまうと、焚口から煙道に吸い込まれていく燃焼用の空気は、温まった煙道の上昇気流で、その瞬間の燃焼の具合とは関係ないので、焚口はガラス戸で閉じ、その戸の下に付けた空気口で火を煽りながら焚いていくようにします。
ガラス戸を閉じていれば狭い空気口から入る勢いの良い気流で火は激しくなり、戸を開ければ燃焼は炎がゆらゆら揺れる穏やかなものになります。
ここから先が、よく知られた暖炉の風景と言うわけです。

こんな暖炉ですが、実際の世界ではこういったちゃんとした暖炉はそう多くはありません。
アメリカに『暖炉がある』という家は少なくありませんが、その多くは実は見せかけだけの『たき火』の暖炉です。

見せかけかそうでないかを見分ける方法があります。
完ぺきな方法ではないですが・・・

それは、暖炉と煙突の位置です。

ちゃんとした暖炉なら、かまども煙突も家の真ん中にあります。
煙道は前後左右どの面からも熱を放出してくれるので、それをしっかり利用しない手はないからです。
そんなちゃんとした暖炉のある家は、暖炉・煙道の周りに居間や寝室が配置されます。
だから家の真ん中に煙突が来るんです。

もし暖炉や煙突が家の外壁に面していたら、それは偽物です。
ただ家の中でたき火をして『暖炉ごっこ』をしたいという道具です。
煙道に見える石組みの部分はただの飾りで、その中に普通の真っすぐな煙突が入っているだけです。
こんな家、結構多く、それを暖炉と固く信じている人も多いのが実際のところです。

暖炉がどんなものかと言うお話。
お出かけの飛行機移動での時間を使って作ったスクリプトでした。
次は暖炉とは切っても切れない縁の薪のお話などを。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Bunさん

ちょっとお久しぶりです(’-’*)♪
リスの走り回る森は
まだ、そんなに寒くなってないの
ですね?
今の関東くらいかなぁ
数日間はわりと暖かくて、
暖房要らずです。

日中も散歩に丁度よいです。
風がなければ。

森の奥に行くと、危険が
あるんですね。狼とか熊とか?
絶対に踏み入れないでくださーい!

くりぬかれた穴、
なんか、そういう穴から
危険生物が出てきそう(^o^;)
森の写真?楽しみです。

暖炉の話
めちゃくちゃ勉強になりましたよ。
遠赤効果?なるほど

偽物暖炉(笑)
ハハハハ

確かに石油ストーブは
わりとすぐに消したらば
冷えちゃいます。

熱気って、いいですねぇ
ただの熱じゃない感じ( *´艸`)
熱にも種類があるイメージです
からね。

電気ストーブなんかの熱は
それこそ、か弱い少女の様な、

暖炉の熱は、Bunさんみたいな
色々な意味で大きな男性の様な?

松ぼっくりで、スルメ焼く姿
想像したら、笑いました。
はじめチョロチョロじゃなく
やってることが、チョロチョロ?
アハハハ
マシュマロは食べたいなぁ
スルメも勿論大好き。
気流にスルメの薫り(笑)

飛行機の移動は
もうないですかね?
なかなか忙しいみたいなので、
隙間時間が出来たらぜひ。

写真も楽しみです。

お礼日時:2020/11/22 22:00

うん、絶望からの復活スレ。


一度死んでみた なんて、ピッタリでしょ。

借りるね。

音ネちゃん、おたきさんは
確かお女郎さんだったよね、
上級娼婦。
シーボルトは、若い男だし、
血(ワイン)を飲む野蛮人と言われてた外国人の身の回りの世話をさせるのに、
良家の子女はあてがわれない 
かといって、育ちの悪いのは…と、
没落した遊女の中から
おたきさんに白羽の矢がだったんだ。
シーボルトが帰国した後、
娘を抱えて、相当苦労したみたいだね。

アタシら山口だから、
中学の修学旅行は長崎。
シーボルト記念館で、聴いた話。
娘のイネは日本初の産婦人科医に
なったし、シーボルトは医師だから
後を継いだ様なもんだけど、
あの時代に女、それも" 毛唐" との
混血が、学問をする って、並大抵の苦労じゃないよね。

紫陽花は、外国名では オタクサ
愛されてたんだね、蝶々夫人。

で、島根県松江市の
小泉八雲『ラフカディオ.ハーン』
の奥さん、節子とは
えらい違いがあるね。
出会いの差…だね。
アタシが松江に、小泉八雲館に
行ってみた時は、アタシはもう、成人してて
この2人の女の違いは何だろう
なんて、考えたモンだよ。
で、長いけど 良いモノ見つけた。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000224/files/1119 …

時代も違ったか…。
脅威でない人には緩やかだったんだね。

長々と…m(_ _)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ノアちゃん

こんばんは

すごい話ですね(;´∀`)
昔の女性は生きにくい時代
でしたでしょうに。

しかも、外国人の血が流れてる
のに、奇異な目で見られたり
差別されたりもあったのだろうし
逞しさに頭が下がると言うか、
少しでも見習わないとかな

ブルマちゃんは、
か弱い女だからダメだわ
オヨヨ、、(笑)

今日は新しい携帯を
チラ見しに行きました。
なかなか、変えるのも
勇気要るものですにゃん

Bunさんが、旅から
戻って来たらしく
楽しい話をまたまた
書いてくれてます。
読みましたか?

暖炉に偽物があるなんて
ちょっと面白い( *´艸`)

知らない話をノアちゃんも
ねねたんもBunさんもくれるから
嬉しいなぁ♪v(*'-^*)^☆

お礼日時:2020/11/22 21:36
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング