【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今回の「コロナの経済状況」は、「リーマン・ショック型」ではなく、「世界大恐慌(1929年)型」だという解説がありました。
なぜ「世界大恐慌(1929年)型」なのでしょうか?

A 回答 (3件)

リーマンショックはアメリカ、ヨーロッパ、日本など



サブプライムローンがらみの金融恐慌のような感じですが

コロナ不況は先進国も後進国も

すべての国に経済的なダメージを与えるので

世界大恐慌タイプの不況なのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました

>リーマンショックはアメリカ、ヨーロッパ、日本など

>サブプライムローンがらみの金融恐慌のような感じですが

>コロナ不況は先進国も後進国も

>すべての国に経済的なダメージを与えるので

>世界大恐慌タイプの不況なのです


早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/23 15:34

世界への広がりと、深刻度から言えば


リーマンではなく
大恐慌型、という意味だと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/03 10:15

他人が言ってる事よりも 他人が言ってない事の方が注目を浴びる



事実で無くても良い事は 色んな説が出ても おかしくない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2020/09/23 15:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング