血液には酸性体質の人とアルカリ性体質の方が
いらっしゃって、酸性でしたら血液の流れが
スムーズではないとかいう話を聞いたのですが、
この点についてご存知でしたら一言こめんといただ
けないでしょうか?
また、どのようにしたらアルカリ性になるのか
おしえていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

補足です。


健康な人の血液は、皆さんが書かれているように一定のpHに厳密に保たれています。
血液のpHを一定に保つためには肺と腎臓が重要な役割を果たしています。

血液に比較すると、尿はかなり大きなpHの変動をきたします。一般的には、弱酸性ですが、体液の酸性度の調節の結果いろいろ変動します。また、動物性食品を摂取したときは酸性となり、植物性食品を多食したときは、アルカリ性に傾きますので、一般に肉類などは酸性食品、野菜類などはアルカリ性食品と呼ばれます。
    • good
    • 11

ヒトの血液は弱アルカリ性であり、一部の疾患により酸性に傾く場合があります。

糖尿病によるアシドーシスなどがこれに相当しますが、極めて極めて不健康な状態です。
基本的に余程のことがない限りは血液は弱アルカリ性です。血液には緩衝作用というものがあり、少々の酸やアルカリを加えても元通りのpHに戻す作用がありますから。
酸性食品・アルカリ性食品という概念は、どうも日本独自のもののようですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 10

こんにちは。

酸性、アルカリ性を計る物差しとして用いられるのが、pHという数字で、7が中性、小さいと酸性、大きいとアルカリ性です。

で、血液ですが、人の血液はほとんどの場合、7.35-7.45に厳重に管理されており、そんな簡単に酸性になったりアルカリ性になったりすることはありません。もしなったら痙攣を起こしたり、真っ青になって呼吸ができなくなったりしてたちまち死んでしまいます。
病気や、過呼吸などで一時的に動く事はありますけど、意識不明になったり、すごい症状が出ます。
ですから血液のpHに関する限り酸性もアルカリ性もありません。

酸性体質だとかアルカリ性体質だとか仰っている方々が多いようですが、それは食生活、食品などを独自の視点で分類してそう呼んでいるだけで、実際に血液が酸性になったりアルカリ性になってるわけではありません。

血液がスムースに流れるかどうかというのは、血液粘度やヘマトクリット値(血液中に占める赤血球の体積の%)というものが重要な数値で、これらに影響を与える食生活というのはあります。

俗に血液をさらさらにする食品とかいうものがそれにあたります。
また水分の摂取によってもこれらは随分変わってきます。

例えば、寝てる間は長時間水分補給がされず汗もかくので、ヘマトクリット、粘度とも上昇します。こういう時にもっとも即効性で効果があるのは水を飲むことです。そういう時に水分補給もせずにいきなり血液をさらさらにする食事をとっても意味がありません。

また水を飲むときにある程度の塩類、ナトリウムとかカリウムとかいうやつですね、があると水の吸収がよいというのもかなり知られている事と思います。

ですから血液検査(でpHを計るのはあまり多くはないですが)等で出てくる「酸性」「アルカリ性」とは全く違うので混同しないでください。

また、No.1の方の仰る事は、最初の「血液が酸性」の部分を除けばその通りです。原因は脂肪が多いと動脈硬化が進みやすいからです。
    • good
    • 5

> 血液には酸性体質の人とアルカリ性体質の方が


>いらっしゃって、酸性でしたら血液の流れが
>スムーズではないとかいう話を聞いたのですが、

ウソです。
血液が酸性になると人は死にます。
体温が30℃や50℃になると死ぬのと同様に、血液が酸性やアルカリ性になると死にます。

どんな物を食しても、ホメオスタシスにより血液はph=7.4で一定に保たれています。
体温が36.5℃であるのと同じしくみです。
    • good
    • 4

血液が酸性=>脂肪が多い=>悪玉コレステロールが高い=>血液の流れが悪くなる



だと思います。

(回答ではありません。想像です)
血液をアルカリ性にするには、アルカリ食品を食べればよいのでは?
酢の物や、梅干が良いって聞きますよね。
ミネラルが多いものは大抵アルカリ食品です。
わかめとかこんぶ、ひじきなんてのも良いとおもいます。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QABO式血液型不適合について、詳しい方がいらっしゃったらどなたかご回答

ABO式血液型不適合について、詳しい方がいらっしゃったらどなたかご回答お願いします。

私は現在ニ児の母です。
今年の夏、第ニ子を出産したのですが生後2日で黄疸の数値が21になってしまい、大きな病院に緊急搬送され交換輸血をしました。
検査の結果、ABO式血型不適合と診断され、(私がO型で子供がA型でした)ABO式でここまで重症化するのは珍しいと言われました。

そこで質問なのですが、第二子がABO式血液型不適合にかかってしまった場合、第三子もそうなってしまう可能性が高いのでしょうか?

今はまだ産後間もないし、次の子供のことを考えるのはまだ早すぎだと思うのですが、将来的にはまだ子供を望んでいるし、もし妊娠する前の段階で治療法があるのなら知っておきたいと思ったのです。
現在、治療の甲斐あって後遺症もなく退院できたのですが、次の子供も同じ治療をしなくてはならないのかと、また妊娠しても血液型不適合により流産してしまうのではないかと不安でなりません。
ちなみに第一子は生後黄疸もなく健康でした。


長くなりましたがどなたか詳しい方がいらっしゃったら、ご回答をお願いしますm(__)m

ABO式血液型不適合について、詳しい方がいらっしゃったらどなたかご回答お願いします。

私は現在ニ児の母です。
今年の夏、第ニ子を出産したのですが生後2日で黄疸の数値が21になってしまい、大きな病院に緊急搬送され交換輸血をしました。
検査の結果、ABO式血型不適合と診断され、(私がO型で子供がA型でした)ABO式でここまで重症化するのは珍しいと言われました。

そこで質問なのですが、第二子がABO式血液型不適合にかかってしまった場合、第三子もそうなってしまう可能性が高いのでしょうか?

今は...続きを読む

Aベストアンサー

普通はABO不適合で、妊娠中に胎児が死亡することはないです。ですが、普段からちょっとは気をつけておいたほうがいいですね。いずれにせよ、そこまで神経質になる必要はないですよ

Q尿pHがアルカリ性を示す

妊婦です。
検診でいつも尿のpHを測っていますが、ネットで調べるとどうも基準値よりアルカリ度が強いように思います。
7.5-8.5です。8.0のことが多いです。8.5は2回ありました。
酸性よりはいいことのようですが、いつもいつも7.5以上で何か問題はありませんか?

Aベストアンサー

尿は、体を弱アルカリ性に保つために、通常は弱酸性となっていますが、取ってから時間が経った尿などでは細菌による腐敗・発酵などでアルカリ性になる場合があります。また食事や飲み物の影響もかなりあり、pHは特定の病気と結びつけることは難しいものです。あまり、気にしすぎない方がいいでしょう。(下記URLより抜粋)

特に食事の内容が影響して、肉類が多いと尿は酸性に、野菜類が多いとアルカリ性に傾きます。また、食後数時間や立位数時間後はアルカリ尿になります。
検診でとのことなのでいつも時間が決まっていてちょうど食後などのアルカリ尿の時になってしまうのでは?と考えられます。
他に体調に問題が無いなら病気によるものではないと産婦人科医も考えていて特に何も言わないのだと思われます。

参考URL:http://ww3.tiki.ne.jp/~ashinsin/data/koza06.htm

Q生理の血液と普通の血液

素朴な疑問なのですが
生理の血液と普通の血液は成分は同じなのでしょうか?
生理の血液にも赤血球とか白血球とか血小板とか含まれてるのでしょうか?

Aベストアンサー

正確には血液の成分は同じです。

内容はNO.1の方と同様ですが表現の仕方で誤解されるといけないかと思いまして。補足と考えてください。
血液はまんべんなく体内を廻っていますので、子宮だけ違う成分が流れるということはありません。
月経時には不要となった子宮内膜を構成する組織等が一緒に流出するので、血液に組織等が加わったものが月経血となります。

Q白血球 血液検査 血液内科

30歳の男です。
約2年ほど前から、原因不明の痛み(頭痛・主に腹痛)が続いています。病名は慢性疼痛という 神経 の病気と一応診断され、さまざまな薬を試しましたが効果はありません。担当医師も打つ手が無い様子です。
痛みとして、主に腹部の痛みであり、下腹部が張るような痛みがあったり、きりきりとした痛みもあります。
さらにはっきりした場所は、へその下辺りにある場所が痛く、医師に尋ねたところ、リンパのところであるといわれました。
また、 盲腸 にあたるところが常に痛く、いつもゴロゴロしており、毎日ガスが出ます。
内科や精神科の医師は神経が過敏に反応して、そうなっていると言っています。
もちろん、医師も色々な検査を見てそう言っているのですが...。

ただ、今までの薬が効かなく、その他の原因では?と考えるようになっています。
つまり、痛みがある部分はリンパが通っている部分であり、盲腸の部分もずっと痛いわけで。

長々となりましたが、ここからが質問です。

いわゆる急性虫垂炎はどのような症状なのでしょうか?
少し調べましたが、食欲不振や吐き気があるとのことですが、
残念ながら僕はありません。頭痛はあります。

また、血液検査ですが3ヶ月前ですが、一般的な血液検査をしました。結果ですが、問題の白血球の数値は7,000と異常な数値は見られませんでした。
医師にリンパの疑いなどを聞きましたが、数値を見る限り異常な感じは見られないといわれました。

それでも、血液内科のような専門機関で検査を受けるべきでしょうか?
一般検査で異常が無い場合、血液内科で検査しても、あまり意味ないのでしょうか?
それとも、血液内科では、白血球をもっと細かく検査をしてくれるものなのでしょうか?

そもそも、血液内科は簡単に検査させてもらえますか?

長々と書いてしまいました。
少しでも構いません。情報をいただけたらありがたいです。
専門的なことでも、簡単なことでも良いのでお願いします。

30歳の男です。
約2年ほど前から、原因不明の痛み(頭痛・主に腹痛)が続いています。病名は慢性疼痛という 神経 の病気と一応診断され、さまざまな薬を試しましたが効果はありません。担当医師も打つ手が無い様子です。
痛みとして、主に腹部の痛みであり、下腹部が張るような痛みがあったり、きりきりとした痛みもあります。
さらにはっきりした場所は、へその下辺りにある場所が痛く、医師に尋ねたところ、リンパのところであるといわれました。
また、 盲腸 にあたるところが常に痛く、いつもゴロゴ...続きを読む

Aベストアンサー

>>一般的な検査で、異常が無い場合それ以上検査する意味は無い...ということですね。

必ずしもそうとは言えませんし、膠原病や悪性リンパ腫ではないのかと言われれば100%違うと言い切れる人はいません。
ですが、症状と現在の検査結果を考え合わせるとまず違うので、それ以上精査してもおそらく何も分からないだろう、
従っておそらく意味がないだろう、そういう意味です。

>>急性虫垂炎と疑わしい場合は血液検査以外に判断する場合はあるのでしょうか?

腹部の触診ですね。これが極めて重要な位置を占めます。
触診上疑わしければ、腹部エコーで虫垂の腫大を捕まえられれば虫垂炎と言えます。
触診上疑わしくてもエコーで捕まえられなければ、造影CTを行います。
これでも虫垂の腫大が捕まえられなければ虫垂炎とは言えません。

>>また、リンパ節が痛いとのことで、疑わしい病名は悪性リンパ腫・膠原病などあります。
>>それ以外に疑わしいとされるリンパに関係する病気はあるのでしょうか?

特発性のリンパ節炎とかでしょうか。

Q健常な赤血球数の血液と貧血の状態の血液とでは、酸素を運搬量でどのくらい差があるのでしょうか。

貧血の主な原因は、ヘモグロビンが生成できなくて、赤血球が小さくなる(少なくなり?)ことがあります。貧血になると、酸素や栄養が潤滑に供給されなくなるので体内で問題が生じます。

さて、質問です。
健常な血液と、貧血状態の血液とでは、酸素の運搬量にどのくらいの差がでるのでしょうか。

また、たとえば、L-カルチニンも肝臓から血液に乗って細胞に送られますが、貧血の場合、そのL-カルチニンの供給も少なくなります。それが脂肪がつきやすい、という原因になるくらい、赤血球の量に差がでることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

L-カルニチンについて

血液中では、タンパク質その他に結合せず、遊離(そのまま)の形で運搬されます。

貧血との関連では、鉄欠乏の影響がありえます。

L-カルニチンは体内で合成されますが、原料としてアミノ酸のリシンまたはメチオニン、とビタミンB3(ナイアシン)、B6、C、鉄が必要です。

当然、鉄が欠乏すれば、合成に影響が出るでしょう、ビタミンC欠乏の影響が大きいと言われています。

脳以外の組織では、エネルギー源として長鎖脂肪酸を使いますが、これをミトコンドリアの内膜に移動させる働きをします。

虚血性心疾患や末梢動脈疾患にたいする効果は認められています、長鎖脂肪酸の燃焼には必須なのですが、肥満にたいする効果は、まだ少しの証拠しかありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報