2~3年前から急に顔のおでこや手の甲にいぼがたくさんできはじめました。病院に行って診てもらったら,精神的な苦痛が原因だと診断されました。
それで,「ヨクイニン」を1年間飲んでいるのですが,全く直らず最近ひどくなってきています。
他に,直し方があれば教えてください。
ちなみに今はその精神的苦痛はないと思うのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も2年前の夏頃、突然顎に小さないぼが出来ました。

そして1~2ヶ月で急に大きくなって、しかも数も増えました。びっくりして皮膚科にかかると、「ウイルス性のいぼ」と診断されました。治療法は「液体窒素で焼く」こととやはり「ヨクイニンの内服」でした。実際、焼いてもらうといぼは無くなってきました。ただ、原因がウイルスなのでそのウイルスがいなくならない限りまたいぼが出来ます。ですから、2年経った今も時々小さいいぼができてくるので、月に1、2回焼いてもらっています。でもたいていの人はすぐ治るらしいです。私のはたちが悪いようです。

参考ページを見て下さい。実際に見ていないので断言できませんが、momotaさんのいぼもこの仲間ではありませんか。momotaさんの主治医を疑うわけではありませんが、「ストレス性のいぼ」なんてあるんでしょうか。って、思いっきり疑ってますね(笑)。一度、別の皮膚科にかかる事をお勧めします。

2年も治療を続けていると他にもいろいろな事がありました。私の話でよければまた返事しますので補足してください。どなたか専門の方が回答してくれると良いですね。お大事に。

参考URL:http://www.r-kanda.com/common/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
液体窒素とヨクイニンはやったことがあるのですが、直りませんでした。でも、やはりこれが一番なのでしょうか。
このままでいきたいと思います。

お礼日時:2001/08/19 19:40

大きな病院に行って.いぼ取り用の薬の局部注射((ポリ)ブレオマイシン類)を受ければすぐ直ります。

ただ.顔ですから.跡が残らないようにできるかどうかは.不明です。
跡が残ったらば.イボの治療の後に形成手術でしょうか。
この当たりになると.医師でないので分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
局部注射はちょっとこわいので、いままでどおりでいきたいと思います。

お礼日時:2001/08/19 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手の甲のいぼのようなもの

どなたか教えて下さい。ずっと前から手の甲に小さないぼ?のようなものがあるのですが、
とても小さく、また一つしかない事から皮膚科に行くべきか否かを迷っています。
そもそもこれはいぼなのでしょうか……。

画像添付しますので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一見、小さいいぼのように見えますね。
いぼなら、皮膚科での液体窒素による治療が最適だと思います。

いぼ以外にも、毛穴の中に汗がたまる「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」という病気の可能性もあります。
手や足などにできやすく、かゆみを伴う場合が多いです。これは、軽めの痒み止めの塗り薬で治ります。

蛇足ですが、異汗性湿疹は他の人や身体の他の場所にうつることはありませんが、いぼの場合だとウィルス性なので、気にして触ってたりすると、他の場所にうつってしまう可能性があります。

どちらにせよ、早めに医療機関で受診なさる事をおすすめします。

Qこんにちは。手の甲にできたいぼについて質問させてください。

こんにちは。手の甲にできたいぼについて質問させてください。
半年ほど前、手の甲に2~3mmのいぼができました。しばらく放置しても治る様子がなく、皮膚科に行きました。尋常性ゆうぜい、と診断され、液体窒素で焼いてもらいました。それでしばらくはきれいだったんですが、再発。今度は何個かできました。また焼いてもらい、ヨクイニンを処方されましたがあまり効果がなく、増える一方です。焼くたびに増えている気がして今は通院していません。医師も「中々完治は難しい、ヨクイニンを気休めに飲んで、大きいのができたら、焼くくらいしかできない」と言っていました。
同じようないぼで完治したかたはどのように治療されましたか?お聞かせいただけると嬉しいです。
また、ヨクイニンについてですが、妊婦が飲むと流産する可能性があると聞き不安です。今は妊婦ではないですが、不妊治療に通っているので、妊娠の妨げになるようなことはしたくないんです。やはり影響あるんでしょうか?もしあるなら、妊娠、出産するまでは治療は諦めようと思っています。こちらに対するご意見もお待ちしております。

Aベストアンサー

いぼに関しましては他の方に委ね,不妊治療中は,もしものことが子供に遭ったら大変ですから,ヨクイニンは絶対に止めて下さい。

Qほくろみたいないぼなのですが、上のほうは黒くて下が肌色になっています。

ほくろみたいないぼなのですが、上のほうは黒くて下が肌色になっています。
何年も前からずっとあるのですが、だんだん大きくなっているようにも思えます。
がん化しないか心配です。切り取ってしまったほうが安心でしょうか?!
こういうのは皮膚科なのでしょうか?
いくらぐらいかかるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ほくろといえども癌になったら怖いですから
一度診察してもらえば安心です

芸能界で取らない人いますが

場所によって取っていいかどうかはありますので
とりあえず皮膚科でご相談してください

場所や種類によって外科、形成外科とかお話があると思います

下記に費用を参考にしてください
http://www.nakashima-hifuka.com/pc/free3.html

Q皮膚科か,外科か,産婦人科か?

脚の付け根よりもう少し内側の,デリケートな部分近くにおできのようなものが出来ています。
1ヶ月かそれよりちょっと前くらいから,約1cmくらいの何か固いものがグリグリあるな・・・という感じだったのですが
ここ最近になって急に3cmくらいに大きくなり,痛みも出てきました。

おできといっても,外側に出来ているのではなくて,皮膚の内側に出来ているようです。
ダンナに見てもらったところ,「多分毛穴からバイ菌が入って,化膿してるのではないか?」とのことです。
というのも,ダンナも以前同じようになったことがあるらしいので・・・。

このまま放っておくとますます酷くなりそうで,明日病院へ行こうと思っていますが
このような場合は何科へ行くのが良いのでしょうか。
皮膚科かな・・・とも思いますが,場所が場所なだけに産婦人科?と思ったり,ダンナは「膿だったら
切って出さなくちゃいけないから外科じゃない?」と言います。
基本的にどの科でも大丈夫でしょうか?(とはいえ場所的に診てもらうのがかなり恥ずかしいです)

Aベストアンサー

全部の科がある総合病院に行かれてはいかがでしょうか。
受付に相談窓口みたいなのがあって、状況を説明すると適切な科を紹介してくれますよ。

私の場合、お尻のほっぺたにぽっこりおできができてしまい、相談したら外科でした。
ちょっと切って終わりだと思っていたのにわりとちゃんと手術されちゃいました。
HIV検査もしましたし。→手術するときは陰性である証明が必要なのです。

簡単に済ませたい?のであれば単科病院でもいいですね。
場所が脚であれば外科(もしくは皮膚科?)、脚ではなく陰部であれば婦人科で相談されてはいかがでしょうか。

Q精神と体。精神が怪我や病気に及ぼす影響について

男子学生です。
よく聞く話で、余命○カ月と宣告されたのに、完治した。
不治の病と言われたのに、いつのまにか治っていた。
原爆時に重傷の人間に水を飲ませたら、安堵感から昇天してしまった。
病は気から。とあるように、元気な人ほど治りが早い。こと。
私の祖父も癌で余命1年宣告されていましたが、3年ほど生きてました。
この体に対する精神の影響について、知りたいです。

週刊少年チャンピオンに連載されている、「バキ」というマンガに出てくるキャラなのですが、
主人公の地上最強トーナメントの優勝者のバキに挑まんとする、ボクシング界の王者マホメド・アライのジュニアがいました。
マホメドジュニアは、バキとの試合の予定日に合わせて、真心会空手の会長であり神の拳を持つとされる愚地独歩、合気道の達人の渋川剛気、地上最強トーナメント準優勝者でバキの兄のジャック・範馬と、それぞれストリートファイトをします。
全員が全員地上最強トーナメントのベスト8のメンツで、マホメドジュニアは善戦するも、最終的にコテンパンにされ、重傷の怪我を負います。
腕や足は骨折、体中の打撲、とてもチャンピオンのバキに挑戦できるようなコンディションではありません。
しかし彼は諦めることをせず、折れた腕や足でサンドバックを何日も叩いて、バキとの試合の日には折れたハズの腕や足は治ってすらいないのですが、雄々しく戦える状態に整っていたのです。
一重に体の不調に対する、精神性のなせるワザです。
体を鍛えるにしても、目標とするボディを具体的にイメージ出来てた方が、何もイメージしていない方と同じ量のトレーニングをしても、肉体の発達が違うとか・・・
計画性のある方が、同じ労力を伴ったとしても、イメージに近づけるということでしょう。

ただ、これが実際問題としてどれだけ可能なのか知りたいです。
大事な用事の1週間くらい前に瀕死の重傷を負ったとして、メンタルの力でどのくらい立て直せるか?
医学的なデータ、見解などもらえたら幸いです。

質問がイマイチまとまらず申し訳ないのですが、
精神が及ぼす体への影響について、お話を聞かせていただくだけでも良いです。

お手数ですが、ご回答お願いします。

男子学生です。
よく聞く話で、余命○カ月と宣告されたのに、完治した。
不治の病と言われたのに、いつのまにか治っていた。
原爆時に重傷の人間に水を飲ませたら、安堵感から昇天してしまった。
病は気から。とあるように、元気な人ほど治りが早い。こと。
私の祖父も癌で余命1年宣告されていましたが、3年ほど生きてました。
この体に対する精神の影響について、知りたいです。

週刊少年チャンピオンに連載されている、「バキ」というマンガに出てくるキャラなのですが、
主人公の地上最強トーナメントの優勝...続きを読む

Aベストアンサー

例えば、不安や心配なことがあると食欲が失われることはよく経験するところではないでしょうか。そればかりか、精神的なストレスがもっと深刻になったり慢性的になると粘膜に炎症がおきて胃が痛くなったりさらには潰瘍になることさえありますね。心身一如、心と体は本は一つです。心の有り様はそのまま身体の有り様を映し出しています。これは逆にストレスが減れば身体にかかるストレスも減って体調が回復することを意味します。
怪我が治ったり、病気が治るには細胞が治癒に必要な十分なエネルギーを産生しなくてはなりません。そのためには細胞に酸素と栄養を持続的に供給しなければならないのですが、どうしてもそれを運ぶ安定した血流が必要です。心に悩みをかかえたり辛いストレスがあると顔色も悪くなりますが、血流が悪くなったり体温が下がっていくことが原因です。ストレスが増すほど血管は収縮するからです。

1週間で瀕死の重傷をどれだけ立て直せるかは分かりませんが、心の持ちようの違いは治癒力の差となって現れることは間違いないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報