システムメンテナンスのお知らせ

韓国では弁護士の本来の業務ではなく、主にブローカーみたいなことをする弁護士が存在します。
つまり、警察、検察、裁判官などとの人脈とコネを利用して、被告に有利な弁護団を組むことを主な仕事とする弁護士がいます。そういう弁護士のことを「渉外弁護士(正式な名称ではない)」と呼びますが、日本でいう「渉外弁護士」は国際弁護士みたいなもんですね?

もし、日本にも上記のような弁護士がいたら、何という呼び方をするのでしょうか?

「ブローカー弁護士」ってふうに表現すると意味が通じるでしょうか?
一言で言い表せる訳語がないなら、どのように説明したらいいのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。
    日本では「顧問弁護士」が私が本文の質問で書いたようなことをするのでしょうか?

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/25 12:10
gooドクター

A 回答 (4件)

書かれている通りに説明すればよいと思います。

短くしました。

警察、検察、裁判官との人脈を利用し、被告に有利な弁護団を作ることを専門業務とする弁護士。
    • good
    • 1

渉外弁護士=国際弁護士で合っています。


韓国で渉外弁護士と言うと、違う意味になるんですね。初めて知りました。
ブローカー弁護士では、残念ながら日本では意味が通じません。

それ自体は悪徳行為ではないから、悪徳弁護士は違うと思います。

顧問弁護士は、何かあった時すぐ動いてもらえるようにあらかじめ以来関係をもっておく弁護士のことです。
顧問だろうとそうでなかろうと、おっしゃるようなブローカー行為もするかもしれませんが、それを専門とする人をズバリ表す言葉はないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、難しい問題なのですね。
では、日本人に韓国でいう「渉外弁護士」を説明するならどうしたらいいでしょうか?

お礼日時:2020/09/27 12:43

普通に言うなら「顧問弁護士」

この回答への補足あり
    • good
    • 1

あえて言うなら「悪徳弁護士」

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング