法律の素人です。
民事裁判で例えば100万円、相手に損害賠償を命じる判決が出たとします。しかし、相手が支払うことはできないと言ったらどうなるのですか? もちろん、それは虚偽という可能性もあります。
また、一般的に、そのような場合、例えば、預貯金の名義を家族の名義などに書きかえれば、簡単に支払い能力を0にできるように思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>相手が支払うことはできない


任意に支払われない場合は、裁判の勝訴者は仮執行宣言付の判決や確定判決、仮執行宣言付支払督促といった「債務名義」に基づいて民事執行手続を利用することになります。
この債務名義に基づいて、債務者(敗訴者)に不動産があれば不動産執行、動産があれば動産執行、債権があれば債権執行などによって、国家権力を利用した回収を行います。
現状でめぼしい不動産も動産もない場合、相手が商売人なら未回収の売掛金を差押さえることが考えられます(債権執行)。
また給与所得者であれば、一定の制限の下(給料の4分の1)で給与を差押さえることも出来ます。
>預貯金の名義を家族の名義などに書きかえれば
これらの執行逃れを防ぐ手段も用意されています。
例えば債権者取消権(民法424条)があります。
債務者(敗訴者)が詐害的に事情を知った第三者(質問者の例でいえば家族)との間で贈与を行ったりして、責任財産を減少させた場合、その贈与を取消す事が出来るという制度です。
この債権者取消権の主張が認められれば、家族に贈与された財産が責任財産に戻されることになります。
また、民事保全といって裁判で勝つ前にあらかじめ仮差押をすることで、相手の責任財産を保全することが一般的です。この仮差押が認められると、その後の贈与等の処分は手続き上無効となります。

質問者が気づいたことは「裁判に勝つ=実際の救済を受けられる」とは限らないということです。私も法律を勉強するまでは裁判に勝つだけでOKだと思ってました。
世の中にはそのため「強制加入の保険制度」が存在しています。交通事故で8000万くらいの賠償請求が認められても加害者が金を持っていなければ一銭も支払いを受けられないのは先に見たとおりです。
例えば自賠責は、「実質的な」被害者救済がなされないことを解決するために、一定額の強制的な保険制度を設けたものです。

「ないものはとれないが、あったものをなくそうとすることを防ぐ制度はある」というのがこたえです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有益な情報、ありがとうございました。
さっそく書いていただいたあたりのことを本で調べて勉強してみたいと思っています。ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/29 17:47

>>相手が財産の名義を変えた場合、その家族(名義人


>>がその家族だとして)にお金を支払わせることはで
>>きるのでしょうか?

 民事事件の問題として、仮装譲渡は無効(事由)ですので、その譲渡行為自体が成立せず、名義を他人に変更しようとした者に依然と帰属していることになります。
 従って、その者から支払わせることになりますし、仮装譲渡を受けた家族が支払う支払わない、という問題自体生じません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
お礼がおそくなり、申し訳ありません。

お礼日時:2005/01/30 21:49

通常は、裁判をするときに仮差押を申請します。

すると、財産の譲渡等ができなくなりますから、問題ないわけです。初めからない場合はどうしようもありませんが・・・。100万くらいなら、給料を差し押さえれば問題ないでしょう。また、強制執行を免れる為に仮装譲渡をすると、刑事犯罪となります。

強制執行妨害罪
第九十六条の二 強制執行を免れる目的で、財産を隠匿し、損壊し、若しくは仮装譲渡し、又は仮装の債務を負担した者は、二年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、そういうテクニカルなことがあるのですね。初めて知りましたが、言われてみれば、当然の手続きだなと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/29 17:50

相手に支払能力が本当に無い場合は、判決が出ても実際に回収する事は不可能です。

このような判決を業界用語では“紙くず判決”というそうです。金が取れないとしても法的に責任をはっきりさせて憂さを晴らし、臨時収入があっても全部毟り取って相手を締め上げることが目的です。

以上が本当に支払能力が無い場合という仮定ですが、本当に無いのかどうか、いかに賠償金を回収するかは依頼弁護士の腕次第です。単に財産の名義を偽装したくらいでは回収不能にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございました。

>単に財産の名義を偽装したくらいでは回収不能にはなりません。
このことに関してなのですが、例えば、相手が財産の名義を変えた場合、その家族(名義人がその家族だとして)にお金を支払わせることはできるのでしょうか?

お礼日時:2005/01/29 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損害賠償の裁判を民事訴訟で起こし、勝訴しても相手が支払わなければどうす

損害賠償の裁判を民事訴訟で起こし、勝訴しても相手が支払わなければどうすればよいでしょうか?相手は自営業で給料の差し押さえもできません。判決はいつまで有効なのでしょうか?自分で取りに行こうと思いますが、トラブルに巻き込まれないでしょうか?

Aベストアンサー

簡裁ですか。地裁ですか。
普通に強制執行すればいいと思いますが、
相手が自営業なら、いきなり
電話加入権の差し押さえしたらどうでしょうか。

ある日突然、電話がつながらなくなったら、
商売できないですよね。

ちなみに地裁の債権執行です。

Q相続で建物を姉妹で共有名義にして、固定資産税の半額を相手に支払ってもらえない場合は?

見ていただき、ありがとうございます。
親が亡くなり、私と妹で相続の話し合いをする予定です。
両親が建てた家と土地を、私と妹で共有名義にして、もし、固定資産税や修繕費などの費用の半額を妹に支払ってもらえない場合、どうすればよいでしょうか?
なにか法的に対処できることはありますか?

在宅で母の介護をしてた時に、妹は同じ屋根の下に住みながら介護を手伝ってくれず、時々、お金を借しても未返済のままなので、信用できない自分がいます。
共有名義にすると決めたわけではありませんが、話し合う前に知識として知っておきたかったので、質問させていただきました。

以上、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>支払ってもらえない場合、どうすればよいでしょうか…
>なにか法的に対処できることはありますか…

裁判所が支払い命令を出したところで、ない袖は振れない、もらえないものはもらえません。

そんなことを考える前に、共有名義になどしないことです。
土地や建物は包丁で 2つに分けることができないのですから、共有などと言うのは必ず失敗します。

土地建物ほかに現金や預金・株券などがあるならそちらを一方が、他方が不動産をと分けるのが理想です。

土地建物以外にめぼしい遺産はないのなら、土地と建物をもらうほうは時価を調べて半分に見合う現金を相続しないほうに渡すことです。

兄弟は、子供のうちは確かに家族ですが、お互いが結婚して所帯をかまえたら「近い親戚」に成り下がります。
親戚同士で一つの財産を共有しても、おたずねのように固定資産税を払ってもらえないとか、住むにしても半分しか権利がないとか、賃貸に出したり売却してしまいたくなったとき相手方が簡単に同意してくれるとは限りません。

共有など選択肢から外しましょう。

Q預貯金の名義変更

主人の母が入院中で様態がおもわしくありません。
配偶者は他界しいています。
家と土地、預金関係はすべて母名義です。
義母がもしもの時の相続人は、主人の他にAさんという
数十年付き合いのない人と2人になります。
義母はそのAさんには財産を渡したくないらしく
「もしもの時は自分が死ぬ数日前、あるいは死亡届を
出す前に定期預金の名義変更をするか、解約をしなさい」
ということですが、そんなに簡単に定期預金の解約や
名義変更等はできるものでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遺言をしておき、遺言のなかには、検討のうえ可能であれば、Aさんを相続人から廃除する旨を盛り込んでおけばいいのではないでしょうか。
 Aさんというのは、当然、ご主人のご兄弟のはずですが、お母さんが財産を渡したくないというのには、それなりの事情があることでしょう。民法892条を参照していただきたいのですが、Aさんが、お母さんに対して、何かひどいことをした事実があるというのなら、それを以って、Aさんを相続人から廃除することができる余地があります(最終的に家裁が認めるかどうかはわかりませんが)。
 生前の名義変更には、贈与税の問題に加え、すでにお母さんが、入院状態という時期に行いますと、客観的には、「そもそも、本人の意志に基づいて行われていたのか?」という形で、トラブルになることも想定されます。
 公正証書の形で遺言をしておかれることをお勧めします。
 司法書士に相談されるといいと思います。
 そのさい、お母さんの印鑑証明書、出生から現在までの戸籍謄本、御主人の住民票・戸籍謄本、お母さん名義の不動産の評価証明書、登記簿謄本、預金通帳など、用意できるだけ用意していかれると、話が早いと思います。
 入院中でも、公証人は病院に出張してくれるはずです。
 証人2名が必要で、ご主人と、obabasanさんはなれませんが、司法書士事務所の人になってもらえばいいです。

遺言をしておき、遺言のなかには、検討のうえ可能であれば、Aさんを相続人から廃除する旨を盛り込んでおけばいいのではないでしょうか。
 Aさんというのは、当然、ご主人のご兄弟のはずですが、お母さんが財産を渡したくないというのには、それなりの事情があることでしょう。民法892条を参照していただきたいのですが、Aさんが、お母さんに対して、何かひどいことをした事実があるというのなら、それを以って、Aさんを相続人から廃除することができる余地があります(最終的に家裁が認めるかどうかはわかりませ...続きを読む

Q土地は母親名義 家は兄名義 母親と嫁さんの仲が壊滅的な状態。 権利金、地代は支払っておらず 使用貸

土地は母親名義
家は兄名義
母親と嫁さんの仲が壊滅的な状態。

権利金、地代は支払っておらず
使用貸借状態です。

この状態で土地を第三者に売却可能でしょうか?私は可能であると思っております。
がご意見頂ければと。

Aベストアンサー

法的には可能です。

購入した第三者は、地代を請求出来る
ことになります。

ただ、そういうトラブルが予想される
不動産は敬遠されます。

買い叩かれる可能性があります。

Q預貯金の名義変えについて

5年ほど前に、金銭貸借において
利息制限法を超える利息をもらっていました。

今になって、相手方から「過払い請求」や「損害賠償」などの
訴えを起こされそうになっています。
金額は2000万円くらいです。
もし実際に裁判になり、万一敗訴した場合に備えて、
自分の預貯金を今のうちに配偶者の名義にかえておくことは違法ですか?
(相手方は民事告訴を検討中で、提訴はまだしていない状態です。)

Aベストアンサー

名義変更は特別な理由がない限りできません。そのために変更したとしても実質的な事柄で判断されますので無意味です。贈与税の発生も考慮してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報