たしか去年あたりだったと思うのですが、
ハードカバーの本で、表紙にとても綺麗な
女性が正座をして(ちょっとお辞儀してるような
格好だったかもしれませんが)真正面を
見てるという本を本屋で見ました。
内容はどんな物だったかすっかり抜けてしまってるのですが、
京都の芸者さん?というイメージでした。
でも、白い化粧はしていなくて一見旅館の女将さん風のお化粧でした。
ずっと気になっています。
曖昧な記憶しかないので本当に申し訳ないのですが
心当たりのある方、ご返答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして



違うと思うのですが
自分の手元にある本で
京都 佳つ乃 歳時記 というのがあるんですよ

近いかなぁ・・

講談社 ¥1900

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062120 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです!そうです!!
まさしく。

歳時記だったのですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/01/30 11:42

確かベストセラーになった本じゃないですか?


祇園の女将さんが書いた本で「登る人、登りきらずに終わる人」こんな感じのタイトルだったと思うんですが、違う本かなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

探していた本は見つかりました。
しかし、「さゆり」を読んで舞妓さんや芸妓さんに
とても興味を持ちましたので、そういった類の本も
とても興味があります。
是非参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/30 11:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q祇園のお茶屋

知人を介して祇園のお茶屋さんを予約して貰いました。
食事は別にとる予定ですので、つまみとお酒でお願いしたところ
つまみは「ぬれもの」と「かわきもの」程度ですと言われました。
具体的にどんな物がどのくらいの量出るのでしょうか?
直接は聞きにくいのですが...
参考までに、6月上旬に接待で予約して貰いました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

量は・・つまめる程度の量です。
物は・・湿ってる物、乾いてる物。
そのままですが、お酒に合うように工夫されてる物が
少量でるだけです。メインは酒では無いです。
メインは何かわかりますよね?お茶屋なんですから。
メインで無い酒につくつまみはおのずとどの程度かわかるのでは?

ちなみに、会席料理は酒がメイン。懐石料理は茶がメイン。

京都弁は直接言わない事が美徳ですから、直接聞くのは×ですよ。
聴いて、アバウトでも、あのくらいの量だなと軽く見ておけばいいです。

Q外国の本だったと思うんですが

私の記憶が正しければ、ケネディー大統領やそのほかいろいろ有名な方に飼われていた犬達の話だったと思うんですが。
その時ちょうどお金がなくて買えなかったんですが、あとから行ってみるともうなくって。
ねだんが・・・・・千円ちょっとで二千円まではいかなかったと思うんですよ。
ごぞんじでしたら教えてください。
すごく気になります。

Aベストアンサー

書 名:世にも有名な犬たちの物語
原書名:La vie des chiens ce´le`bres.
出版社:文藝春秋
著 者:ピエ-ル・アントワ-ヌ・ベルネム、檜垣嗣子/訳
価 格:\1,905
発 行:1999.02
判 型:B6
頁 数:348p
ISBN :4163547509

フランスやイギリスの王家、アメリカ歴代大統領、アガサ・クリスティーなど有名人に愛された犬たちや、名作のなかの犬たち、その活躍ぶり、エピソードを集大成。
君臨する犬
犬と文学
その他の優れた主人たち
知られざる有名犬
実力本位の犬社会

表紙画像
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9972148742

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9972148742

Q京都のお茶屋さん

「京都のお茶屋さん」と聞いて思い浮かぶのはどちらのお店ですか??

Aベストアンサー

辻利さん。
東京の汐留にも出店されています。

参考URL:http://www.kyoto-wel.com/shop/S81095/

Q写真集『メッセの町は海だった(写真・幕張の60年)』

写真集『メッセの町は海だった(写真・幕張の60年)』
上記を捜してるんですがどなたかご存じありませんか?
1989年出版
安藤操編著
株式会社千秋社
っていうんですけど

Aベストアンサー

#1です。
Amazonの在庫表示が信頼性のないものだとは知りませんでした。紀伊国屋他で調べると確かに取り扱い不可、危うく誤った回答をしてしまうところでした。申し訳ありません。(#2さんに感謝します)
出てきたついでに、#2さんの回答に少し補足をさせていただきます。
もし地元の図書館で本を探されるのであれば、下記のページからリンクをたどられると便利です。(ちなみに千葉県内の図書館では8館で9冊ありました)
うまく見つかるといいですね。
http://www.jla.or.jp/link/public.html

参考URL:http://www.jla.or.jp/link/public.html

Q今度お茶屋さんの面接に行くのですが、どんな服装や受け答えが受かりやすいですか? 現在ホームセンターで

今度お茶屋さんの面接に行くのですが、どんな服装や受け答えが受かりやすいですか?
現在ホームセンターでバイトしておりそういうバイトが初バイトだった為、何も分からずに面接では、嘘ついたりしてたのとスーツで行ったら受かりました。
今度の場合は、嘘をつきたくないので正直に入れる曜日だけ言おうと思いますが、それでも受かりますか?
ちなみにホームセンターのアルバイトは、受かり次第辞めるので、お茶屋さんが本命です。

Aベストアンサー

じゃあ、お茶屋なんて表現をしない事ですね
ふだんから使ってると実際にその言葉が出て不快に思われる事がありますよ

そのお店の求める日程と合致するのであれば、採用される可能性は高いです
服装は常識の範囲での服装です、汚く不快に思われないような服装

服装で採用するわけではありませんから

Qもともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでま

もともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでまずは短いショートショートから読んでみようと思っています。そこで、皆さんのオススメのショートショートの作家さんを教えて頂けると嬉しいです。また、面白いエッセイを書いている作者さんも合わせて教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どういうのが好みなのでしょう?ファンタジー?SF?ミステリー?ホラー?
わからないので、私のオススメを下記にあげておきますので、参考にどうぞ☆

『小松左京ショートショート全集』(SF作家さんの作品)
宮部みゆきさんの「我らが隣人の犯罪」
東野圭吾さんの「毒笑小説」
横山秀夫『臨場』(『半落ち』が有名な作家ですが短編の方が断然面白いです)

有名処で言えば、芥川龍之介も短編小説作家さんなので、『蜘蛛の糸』とか『羅生門』も良いと思いますが、いかがでしょう?

Q大相撲の桝席ではお茶屋とかかわらないといけないのですか?

大相撲の来年1月場所の桝席チケットを取ろうと考えています。
今考えているところでは前売り券前日(金曜日)の早朝に整理券をもらいにいって、できれば桝席Aを取りたいと思っているのですが、こちらのQ&Aを見ていたら、結構お茶屋さんとのかかわりについて書かれていて少々不安になりました。
希望としては入場券のみ購入して、あとは現地で適当に食事なりお酒なりを買って済まそうと思っているのですが、「お茶屋さん」という業者が勝手に介入してきてしまうものなのでしょうか?(例えば座った席には担当のお茶屋がいて、心づけを渡したり、何かを購入しないといけないといったものがあるのでしょうか?またはそれをしないと観戦に支障がある、気持ちよく観戦できないなど。)
もしアドバイスいただけましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さんの仰る通り、チケットのみで購入可能ですし、出方さん(裁付袴の方々)の案内はありませんが、お席の案内は国技館のスタッフ(秋場所は紫の半纏でしたが、以前は蛍光の黄色いジャンパーを着てました)が案内してますので、安心して下さい。
ちなみに、お茶屋さんのWEB(国技館サービスという、合資会社で運営しているんですが)でもお土産無しでチケットのみ買えますよ。
食事や飲み物をご自分で買われるなら、心付けを渡さなくても気分を害されるような事もないかと思います。

出方さんによるお席までの案内、お席で食事などをオーダーしたい、お大尽気分を味わいたい、、、等というのでしたら、お茶屋さんからの購入しかありませんね。いかにも相撲観戦という雰囲気があり、初めての観戦や、記念に一度・・・という方には、是非こちらをお勧めしたいですが、その場合はやはり心付けがあった方が気持ちよく遊べるかと。
はっきり申し上げますと、せっかちな方にはこういうお遊びは不向きかと思います。食事や飲み物のタイミングというか、時間の流れが独特ですので、ご自分で手配された方が気持ち良く観戦できるかと思いますよ。



ちなみに平日なら良いお席が取れますが、土日祝は桝席Aと言えど後ろの方しか出回りませんので、可能なら平日をお勧めします。
桝席というのは、本来お茶屋さんが持っている席であり、レギュラーの企業やお偉いさん、部屋関係(タニマチ筋など)が発売前からお席を押さえられてます。これらの方々で押さえが入らなかったお席を一般に売り出すという仕組みです(野球のバックネット裏のような感じでしょうか?)ので、例え1番乗りで窓口に向かわれても限られたチケットしかありませんので、驚かないで下さいね。

それではご検討をお祈りしております。

No.1さんの仰る通り、チケットのみで購入可能ですし、出方さん(裁付袴の方々)の案内はありませんが、お席の案内は国技館のスタッフ(秋場所は紫の半纏でしたが、以前は蛍光の黄色いジャンパーを着てました)が案内してますので、安心して下さい。
ちなみに、お茶屋さんのWEB(国技館サービスという、合資会社で運営しているんですが)でもお土産無しでチケットのみ買えますよ。
食事や飲み物をご自分で買われるなら、心付けを渡さなくても気分を害されるような事もないかと思います。

出方さんによるお席ま...続きを読む

Qお店が暇です。 つい先日アルバイトで入ったお茶屋がとても暇です。(条件などは良いので転職は考えており

お店が暇です。
つい先日アルバイトで入ったお茶屋がとても暇です。(条件などは良いので転職は考えておりません。)
同じフロアにお茶屋が2件あり、そちらの方が老舗で当店の売り上げの5倍ほどあります。
同じようなお茶もあれば、他店には置いてないような商品もあります。
スタッフの年齢層は20代〜の若い子が多いです。毎日のように暇ですとモチベーションが下がります。色々工夫はしてますがどうしたらいいでしょうか?
あと自分が試飲に立つとそれまで人が居た通路がガラガラになる気がします。
考えすぎでしょうか?

Aベストアンサー

同じフロアにお茶屋が2件あるってのは難点やね↓
うん考えすぎだよฟ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報