ピットから出るときに腰に手を当てるのは何をやってるんですか?
とくに意味の無い仕草なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一応の経験者ですが、そういえば、私もピットを出るときに、腰に手を当てておりました。

手を当てているときは、最終、直前、寸前のイメージトレーニングをしていたような気がします。最終確認の意味でのイメージトレーニングを言ったらいいのでしょうかね。その後、ピットの出口手前で手をハンドルに戻して戦闘態勢に入り、フルアドレナリンの状態でコースに飛び出す。1ラップ目は70%から80%の状態で……、と思いつつ。
また、運動会のヨーイ、ドン! あの「ヨーイ(用意)」の段階にも似ているような気がします。あのときって、こうしよう、ああしようと思いながら集中力を高めますよね。

ビンの牛乳を飲むとき、多くの人が腰に手を当てますよね。ひょっとしたら、あれに通ずるのかもしれません。ビンの牛乳を飲むときって、なぜかしらん、「飲む」ということにコンセントレーションしていますよね。そして不思議なことに、気付かないうちに手が腰に……。

腰に手ではなく、タンクの上に肩肘を乗せ、少し斜に構えてピットを出ていく同僚もいましたけれど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか癖みたいなものなんですね。なんかわかる気がします。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/27 15:11

>今度からジーパンの突っ張りを直すようにします。



この時期、汗で張り付いてしまったGパンには効果ありますよ。
でもやるときは安全には気をつけてくださいね。
レース場は前から車が来ないからいいんですが、一般道ではね...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。気を付けます。

お礼日時:2001/08/27 15:08

すばらしい洞察力ですね(・o・)


でも、あまり深い意味はないと思います。

このしぐさをしているのは、ニーパットを中心としたツナギの下半身の落ち着きを良くするためだと思います。この動作と前後して、足を斜め下にピン!と伸ばす動作もしていませんでしたか?
レース用のツナギは上半身は多少余裕があるのですが、下半身はかなりピチピチに作ってあるので、実際に乗ってから落ち着きを良くしたいためだと思います。

でも一番の理由は、「よし、いくぞ」の気合入れの儀式もあったりしそうですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
こんな質問に答えていただいて恐縮です。
これであしたからレーサー気分に浸れます。

お礼日時:2001/08/16 15:58

腰に手を当てるの自体はそれほど意味のあることではないのですが、その後つなぎの足の部分のひきつりを直すために足を外にのばしたりします。


そのときにきゅっと持ち上げ気味にしてやることはありますよ。

それをやらないときは気持ちを落ち着かせるためとか、単に癖とか、他に手をやる部分が以外と無いので腰においている、コースの攻め方を思い出すときに何となくおいている。なんて事があるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
なんかかっこいいから真似したかったんですよ。
今度からジーパンの突っ張りを直すようにします。

お礼日時:2001/08/16 15:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF1でピットを出る時

さっき、初めてF1をジックリ見ました。

一つ疑問に思うことがあったんですが、ピットアウト(…で、合ってました?)するとき、ドライバーが
メットのシールドのあたりでビニールを剥がしてる動作をしますよね?
あれって何のための動作なのでしょうか??
何でビニールシールのような物があるのでしょうか?

F1の事って全く判らず、今回、日本の佐藤琢磨が3位スタート!と言う事で、見てました。

ご存知の方、教えて下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「捨てバイザー」ですね。
走行中に前車がオイルを噴いていたりしますと、シールドが汚れで非常に見にくくなる。
が、走行中ですと拭いている暇はないし、油分であれば、拭いても無駄。
って事で、数枚シールドの上に張ってあります。
剥がせば視界はクリアになるって事で。

参考URL:http://www.fujitv.co.jp/f1/answer/team/011.html

Q【SUPER GTにて】ピットロード付近でフロントガラスで点滅する緑色のLED灯の意味は何でしょう?

SUPER GT中継を見ていて思ったのですが、
ピット、またはピットロード付近でレースカーのフロントガラスの
右上(左上だったかもしれません)で点滅する緑色のLED灯の意味は
何でしょう?

もしかしたら予選の中継だったかもしれません。
確かクルマはカーズレーシングのMR-Sだったと思います。

Aベストアンサー

それは、全車に搭載されている「搭乗ドライバー識別用LEDインジケーター」だと思います。

常時点灯/点滅の二つの状態で二人のドライバーのどちらがドライブしているのかを(主として観客に)伝える目的で、一昨年のシーズン中より導入されています。

スーパーGT公式サイトのニュースページ内、このインジケーターの導入を伝えた項目のURLを貼っておきますので、質問が意図しているものと一緒かどうか一度ご確認頂ければ。

http://ww2.supergt.net/gtcgi/prg/NList02.dll/Code?No=NS005943&List=15

QF1ドイツGP、ピットで同時に作業できる台数について

F1ドイツGPを地上波で見ていました。
予選第3セッション、残り6~7分、燃料を減らすため、ランデブー走行で周回を重ねていた
フェラーリの2台が、本気のアタックをするため、同時にピットインしました。
そして、2台同時に前後にならんでタイヤ交換をしていました。

「いつの間にかF1もINDYのように、車の台数分ピット作業スペースを確保するように
なったのか・・・」と思って見ていると、
今度は残り2分くらいの時、ライコネンがピットインした時、デ・ラ・ロサがタイヤ交換中
だったため、その後ろでデ・ラ・ロサの作業が終わるのを待っていました。

デ・ラ・ロサは予選第3セッションでラルフと接触して右リアホイールを壊してしましたが、
タイヤ交換だけで済んでその後、普通にタイムアタックしていたので、その時の作業も
ただのタイヤ交換だけだったと思います。

どうして、マクラーレンは2台同時に作業しなかった(又は、できなかった)のでしょう?
チームで、ピット作業について差が付けられているとは思えません。

また、今年のF1を見ていて、決勝中に2台同時にピットインし燃料補給しているシーンは
見た事がありません。燃料補給は1台ずつしかできないけど、タイヤ交換だったら
2台同時にできるのでしょうか?

F1ドイツGPを地上波で見ていました。
予選第3セッション、残り6~7分、燃料を減らすため、ランデブー走行で周回を重ねていた
フェラーリの2台が、本気のアタックをするため、同時にピットインしました。
そして、2台同時に前後にならんでタイヤ交換をしていました。

「いつの間にかF1もINDYのように、車の台数分ピット作業スペースを確保するように
なったのか・・・」と思って見ていると、
今度は残り2分くらいの時、ライコネンがピットインした時、デ・ラ・ロサがタイヤ交換中
だったため、その後ろで...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

ここ数戦マクラーレンはQ3の出だしを少し遅らせている傾向があるように見えます。そのため待たせてもクリアラップが取れるという作戦なのかもしれません。

また、マクラーレンは一応ジョイントナンバーワンのはずなのでデ・ラ・ロサをライコネンがいい順位を取るための駒として使わない。またその逆もないので指摘のようなこともあると思います。

それに対してフェラーリはシューマッハを勝たせるための駒としてマッサを使い、対ルノーの防衛線としてシューマッハの前とか後ろにつける必要があってそういう作戦に出たのではないでしょうか。

決勝では雨などで路面コンディションが急激に変化した場合、スルーして1周余分に回らせるリスクとタイムロスより後ろで待たせるロスの方が小さいと判断したのでしょう。

開幕のスーパーアグリは無線のトラブルで誤ったピットインをしてしまったのだと思います。なので燃料もタイヤも余裕があり、後ろで待たせるよりスルーして1周余分に回った方がロスが少ないということなのでしょう。

それと90年代後半に新設されたサーキットだとピットエリアも広く、どのチームにも2台分のスペースがあてがわれるものと思われます。

ハンガロリンクやホッケンハイムのような古いサーキットだとピットレーンやガレージの広さが十分ではなく強いチームと弱いチームで差がついている可能性は大きいです。

#1です。

ここ数戦マクラーレンはQ3の出だしを少し遅らせている傾向があるように見えます。そのため待たせてもクリアラップが取れるという作戦なのかもしれません。

また、マクラーレンは一応ジョイントナンバーワンのはずなのでデ・ラ・ロサをライコネンがいい順位を取るための駒として使わない。またその逆もないので指摘のようなこともあると思います。

それに対してフェラーリはシューマッハを勝たせるための駒としてマッサを使い、対ルノーの防衛線としてシューマッハの前とか後ろにつける必要があ...続きを読む

Qピットからのサインボードは廃止されたのか?

最近F1GPのTV中継を見ると、昔のレースで行われていたピットからのサインボード掲示する姿が見られなくなった。
ルール違反行為で、ドライブスルーやピットストップ等のペナルティが科せられた時、ドライバーにどう伝えるのか?

Aベストアンサー

あれ?本当に?
言われてみると最近見て無いような気もしますが、
無くなったという話も聞きません。

無線は昔からあるんですが、それでもサインボードは出してたんですよね。
(無線は聞き取りづらい事もある為)

と、探してみたらやっぱりありました。
こちらは先週のイギリスGPの記事です。
http://as-web.jp/blog/f1sokuho/info.php?no=318

国際映像に映らなくなった、という事なんでしょう。

QF1のピットの停止位置の地面の棒?はなんですか?F1

F1中継を見ています。
ピットの車体停止位置のちょうどコックピットの真下辺りに地面から何か短い棒のようなものが突き出ているのですが、あれなんですか?
今回のレース場だけでしょうか? それとも近年はどのレース場でもあのような棒がでているのでしょうか?

Aベストアンサー

 ども、元レース屋(走らせる方ではなく、マシンを設計する方)です。

 アレ、棒じゃなくてペコペコ動く銅板のことが多いんですが。
 アレはGND(グラウンド)です。給油の時に静電気の『パチパチ』で火災が起きるのを防ぐ為、クルマ側のアースを落として静電気を逃がします。
 昔の耐久レースなど、レース中に給油が必要なレーシングカーではアース用のソケットがクルマ側にあり、ワザワザ電線をつないでから給油していましたが、F1ではピットストップの時間を短縮する為、クルマが所定位置に停止したら自動的に『アースを落とす』様にしてあるワケです。


おすすめ情報