ドイツでは、抗うつ剤、医薬品として、認可されている、サプリメント「セントジョーンズワート」の副作用、特に、他の医薬品との相互作用について、情報がありましたら教えてください。

私が知りえた情報としては、

1.厚生労働省の「セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)と
医薬品の相互作用について」(平成12年5月10日)  http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1205/h0510-1_15.html

2.日本薬剤師会の「健康食品「セント・ジョーンズ・ワート(St John's Wort:セイヨウオトギリソウ)製品」で重大な相互作用の可能性」(2000.3.10)
http://www.nichiyaku.or.jp/news/n000310.html

があり、特に、2の情報において、「セント・ジョーンズ・ワート製品は、英国や米国では医薬品としては認められていませんが、ドイツでは抗うつ剤として使われており、その作用機序は、最近日本でも承認されたSSRIと同様に脳のセロトニン作動性神経を活性化するといわれています。したがって、SSRIと併用した場合には、セロトニンによる作用が増強され、副作用が現れやすくなると指摘されています。」とあり、うつ病の治療薬として、メジャーになりつつあるSSRIとの相互作用が指摘されています。うつに悩むものにとっては、少しでもよくなる可能性があるのであれば、服用したい思うのですが、この情報からは、SSRIと併用禁忌と考えるべきでしょうか。また、他の抗うつ剤、特に、SNRIとの関係はどうなのでしょうか。情報があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論から申し上げますと、セント・ジョーンズ・ワートとSSRIの併用は避けた方がよいと思います。

(禁忌ではありませんが…)
理由といたしましては、どちらも同じ作用をもつため、一緒に服用しますと、その作用が増強し副作用があらわれやすくなります。(市販の総合風邪薬を2種類飲むのと同じような感じですね)
病院でSSRIをもらっているのでしたら、そちらのみを飲まれた方がよいでしょう。それで効果が不十分でしたら、担当の先生に相談してください。
また、セント・ジョーンズ・ワートは他のお薬の作用を弱めることがありますので、病院にかかる時にはそのことを先生に伝えた方がよいでしょう。(複数の病院にかかる時は、他の病院でもらっている薬について話しをするようにしてください)
ドイツでは軽い鬱病の患者さんにセント・ショーンズ・ワートで治療しているようです(参考URL)。

参考URL:http://www.mazcal-bf.co.jp/health/nf/NFstjonswor …

この回答への補足

回答有難うございます。SSRIのセロトニン再取り込み阻害作用が、セントジョーンズワートのそれと重複するため、併用を避けたほうが良いとすれば、SNRIも、脳の神経伝達物質であるセロトニンおよびノルアドレナリンの神経終末での再取り込みを選択的に阻害し、抗うつ効果を発現させる薬剤であることから、同様に、併用を避けるべきでしょうか?

補足日時:2001/08/16 11:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【植物】セントジョーンズワートのハーブチンキ(ハーブティーのお酒版みたいなもの)を作ろうとセントジョ

【植物】セントジョーンズワートのハーブチンキ(ハーブティーのお酒版みたいなもの)を作ろうとセントジョーンズの乾燥ハーブを買おうと思ったらセントジョーンズワートの乾燥ハーブは500g6480円くらいすることが分かりました。

750mlのハーブチンキを作るのに1800円の安いウォッカを買ったとしても750mlのセントジョーンズワートハーブチンキは8280円もして、

これならセントジョーンズワートの乾燥ハーブをそのまま粉にして圧縮プレスしたサプリメントの方が安いと思いました。

で、セントジョーンズワートの種子の値段を見たら一袋300円で売ってました。

そうだ。自分でセントジョーンズワートを種子から育てれば良いんだと思いました。

セントジョーンズワートの植物の育て方の特性を教えてください。

寒さに良いのか強いのか等

セントジョーンズワートは本来どういうところに自生しているのでしょうか?

育て方のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

セントジョーンズワートはセイヨウオトギリという雑草だと思うのですが
これは多くの国では「毒草」扱いなので
サプリとして服用するのなら自己栽培及び調合はやめたほうがよいと思います。
漢方薬とか毒草で有名なジギタリスなども
上手く調合すれば薬になりますが、下手に飲んだら死ぬこともあります。
(安全性が確かめられているはずの)市販のサプリでの副作用なども報告されているので
個人では危険だと思いますよ。

Q抗うつ薬の抗コリン作用の訳は??

三環系の抗うつ薬の説明で、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害して脳内に増やすというのはわかりました。しかし、他の受容体にも作用するから抗コリン作用があるというのがさっぱり理解できません。ドーパミンやアドレナリンの受容体にも作用したら、同じように再取り込みが阻害されて増えるってなことにはならないのでしょうか?抗コリン作用ってアドレナリンが増えるから起きることですか?

Aベストアンサー

 三環系は比較的古くから使われてきた抗うつ薬ですが、お書きの「抗コリン作用」が副作用として表れることが欠点とされます。

 お書きのとおり、三環系はセロトニンやアドレナリンの再取り込みを阻害します。その結果、受容体は多くの神経伝達物質を受容することができ、うつ症状を軽減することが出来るようになります。

 ここで、神経繊維における情報伝達のプロセスを簡単に説明します。神経細胞と神経細胞の継ぎ目は「シナプス」と呼ばれます。これは情報の流れに沿ってシナプス前部と後部に分かれますが、前部が神経伝達物質を放出し、後部がそれを受け取ることで、情報が伝わるようになっています。
 その際、シナプス前部が放出した神経伝達物質が後部に受容されずに残ると、これはシナプス前部が回収するようになっています。これが神経伝達物質の「再取り込み」です。三環系の抗うつ薬がセロトニンやアドレナリンの再取り込みを阻害とは、放出されたセロトニンやアドレナリンがシナプス前部に再吸収されるのを防ぎ、シナプスの隙間にそれらの物質が残り続けるようにする作用のことです。

 ところが三環系の場合、セロトニンやアドレナリンの再取り込みを阻害するだけなら良いのですが、他の種類の神経伝達物質である「アセチルコリン」を、シナプス後部が受容することも邪魔してしまいます。これが問題の「抗コリン作用」です。これが起こると、アセチルコリンで作動する神経は正常に機能しないことになってしまいます。その結果、便秘や口の渇きといった、抗コリン性の副作用が現れるのです。

 ということで、抗コリン作用は、アドレナリンではなくてアセチルコリンに関連した現象です。お分かりいただけましたか?

 ちなみに、ご存知と思いますが、現在では抗コリン作用のない「SSRI」といった抗うつ薬が開発されています。これはセロトニンの再吸収だけを阻害し、他の神経伝達物質に影響がでないように作られています。そのため、抗コリン作用とも無関係なのです。その代わり抗うつ作用は少々弱いので、軽度のうつ病の人や、高齢などで三環系などを使えない人に処方されます。

 三環系は比較的古くから使われてきた抗うつ薬ですが、お書きの「抗コリン作用」が副作用として表れることが欠点とされます。

 お書きのとおり、三環系はセロトニンやアドレナリンの再取り込みを阻害します。その結果、受容体は多くの神経伝達物質を受容することができ、うつ症状を軽減することが出来るようになります。

 ここで、神経繊維における情報伝達のプロセスを簡単に説明します。神経細胞と神経細胞の継ぎ目は「シナプス」と呼ばれます。これは情報の流れに沿ってシナプス前部と後部に分かれま...続きを読む

Qセントジョーンズワートとの併用

セントジョーンズワートと他の抗うつ剤との併用について教えてください。
いままで、抗うつ剤の副作用が怖くて、病院の薬は飲まず、セントジョーンズワートを飲んでいたのですが、やはりちゃんと先生に言われた薬を飲もうと考え直しました。さっそく今日、病院に行き、セントジョーンズワートを飲んでいますと先生に言ったところ、その先生はセントジョーンズワートをよく知らないらしく、以下の薬を処方されました。

ドグマチール
アモキサン 
ソラナックス 
ガスモチン 
MYSLEE

そもそも、セントジョーンズワートを知らないなんて大丈夫か?と思ったのですが、そのこと以外は、話しも親切に聞いてくれてとても良い先生だと感じました。一応SSRI系の薬はないと思うので大丈夫だと思うのですが、今まで1ヶ月半ほどセントジョーンズワートを飲んできているので、ちょっと不安です。セントジョーンズワートをやめて、これらの薬を飲み始めても大丈夫なのでしょうか?それとも、体から薬が抜けるのを待ったほうが良いでしょうか?ちなみに、うつ病としての症状は軽いほうらしいです。長文になりましたが、どなたかアドバイス頂けると幸いです。

セントジョーンズワートと他の抗うつ剤との併用について教えてください。
いままで、抗うつ剤の副作用が怖くて、病院の薬は飲まず、セントジョーンズワートを飲んでいたのですが、やはりちゃんと先生に言われた薬を飲もうと考え直しました。さっそく今日、病院に行き、セントジョーンズワートを飲んでいますと先生に言ったところ、その先生はセントジョーンズワートをよく知らないらしく、以下の薬を処方されました。

ドグマチール
アモキサン 
ソラナックス 
ガスモチン 
MYSLEE

そもそも、セント...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずそれらの薬とセントジョーンズワートの
相互作用はありませんでした。
でも私もお医者様の薬をのんでもうセントジョーンズワートは
飲まないほうがいいとおもいます。
所詮あれはサプリです。
薬ではありませんので何日も体に残らないと思います。

私なら・・明日、(もう今日ですね)から
先生のお薬だけを飲み続けます。

ところでその薬のなかのひとつに(MYSLEE)
「寝る前のカフェイン摂取は少なめに」みたいなことが
あったのでご注意ください。効果がおちるんだそうです。
寝る前に緑茶紅茶コーヒーなどはとらない、のが一番では。

どうぞお大事に。
お医者さんへいって薬をもらう、ということは良くなる
1歩目を踏み出した、ということだとおもいます^^

Qうつ状態とセロトニンなどについて

ここ最近、以下の症状に悩まされています。
・無気力、無意欲
 (酷いときは布団から出られず、風呂にも入れない)
・何をしても楽しいと思えない
 (楽しそうな人を見るだけで凄まじい嫌悪感や劣等感が湧いてしまう)
・知的好奇心の枯渇
 (以前は自然科学等に対し旺盛な好奇心と楽しさを見出していました)
・稀に、原因の分からない不安や恐怖に襲われる
 (軽度の不安神経症のような症状です)
・眠りに入っても2~3時間で中途覚醒してしまう
 (その後は眠れなかったり、眠れたり様々ですが、眠れても中途覚醒してしまいます)
・普段以上に食欲が増進したり、減退したりすることがある
 (過食や拒食ほどではありません)

等といったものです。トラウマがあるため、心療内科での相談は致しません。
私が特に困っている症状は、「無気力・無意欲・何も楽しくない・知的好奇心の枯渇」です。

他にも様々な症状はあるのですが、考えても原因がよく分からないのはこの症状です。
他の症状についての原因はベンゾジアゼピン離脱症候群だと思います。
(参考までに。悲観的、極度の疑心暗鬼、憂鬱感、記憶力集中力低下、脳波(Cz)異常等)

調べてみると、
「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」
が不足した場合の症状にほぼ当てはまっていたので、私はこれらのホルモンが不足しているのではないのかと思っております。

これらの材料となる、
「チロシン」「フェニルアラニン」「トリプトファン」
を豆乳や納豆等の大豆製品で毎日摂取しているのですが、一向に改善が見られません。
他にも、食事で得られない栄養素は青汁を飲んだりサプリメントを飲んだりして補っているつもりです。
セロトニンは腸内環境も関わっていると聞いたことがあるので、水溶性食物繊維イヌリンやミヤリサン等を摂取しています。
これら上記のアミノ酸は全て大豆製品と少量の牛乳で摂取しております。
肉や魚はあまり好まないので滅多に食べないのですが、動物性蛋白質も必要なのでしょうか。

セロトニンは、運動や太陽光を浴びると活性化するとも聞いたことが有りますが、部屋にあるエアロバイクをする気力すら無いのが現状です。
こうして起き上がってパソコンを操作しても、3分~2時間ほどで精神的に苦痛を感じ布団に戻ってしまうことがほとんどです。
太陽光については、これから梅雨の時期なので期待出来そうもありません…。


三大神経伝達物質を増やすには、単にその材料となるものを摂取していれば良いというわけではないのでしょうか?
私が今すべきことが全くわかりません。正直、知識が乏しいということもあるため、現状為す術が無いといった気持ちです。

現在は無職ですが一年間のブランクを経て今月から大学を目指しています。
そのため、切実にこの症状の改善方法を知りたく、皆様のアドバイスやご意見等をいただければと思います。

ここ最近、以下の症状に悩まされています。
・無気力、無意欲
 (酷いときは布団から出られず、風呂にも入れない)
・何をしても楽しいと思えない
 (楽しそうな人を見るだけで凄まじい嫌悪感や劣等感が湧いてしまう)
・知的好奇心の枯渇
 (以前は自然科学等に対し旺盛な好奇心と楽しさを見出していました)
・稀に、原因の分からない不安や恐怖に襲われる
 (軽度の不安神経症のような症状です)
・眠りに入っても2~3時間で中途覚醒してしまう
 (その後は眠れなかったり、眠れたり様々ですが、眠れても...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

心療系とは違いますが私の周りでも効果あったケースもありましたので
ご参考で記載します。

生活習慣上、他の症状でも共通している部分があり、同じ原因かなと思い当たれば
他の方にも書き込んでいます

ちなみに今迄の生活習慣で下記に当てはまるかどうか確認して下さい。

・肉、卵、魚等動物系を殆ど食べない。
・菜食主義である。果物好きである。
・カロリー制限を行っており、野菜中心だ。
・ジャンクフード好きである。
・コーラ、ジュースしか飲めない。水は味がないので苦手
・スナックが止められない。
・うどん、そば、パスタ、ピザ、ご飯物が大好きだ
・低体温である。
・エアコンがないとつらい。年中エアコンをつけている。
・若白髪である。
・肌が弱く、すぐかぶれたりする。アレルギーがある。
・にきび、しみ、いぼ、水虫がある。
・歯周病がある、虫歯が多い。

以上は糖尿病患者に多い特徴ですが、うつの人も結構当てはまります。
ホルモン分泌とその受容体の働きが悪い場合にどのホルモンによるかで、発症が異なるようです。
中にはどちらも発症している方もいます。

原因として共通しているのが『糖(炭水化物)』です。
糖は体に必要ですが、余れば体を蝕みます。

糖は甘く、本来は毒として感じる為の味覚ですが、麻薬のようにやめられなくなる性質があります。
もし、前述の生活習慣があてはまる場合、糖を摂取しない食事を行う事によって
うつも改善する可能性もあります。

食事による改善方法として『糖質制限』があります。
過去ダイエット等で我流で実施されている方も多いのですが、正しく実践できていない方は
逆に体を壊す方もいらっしゃいます。

正しく実践できないとは、糖質を制限しているつもりが実は気付かずに糖質を摂取していた方となります。
肉、魚、卵中心の食事になり、良質の脂も摂取します。

一般的には体を悪くすると思われがちですが、そこに炭水化物を含んでしまうが故に中性脂肪が
溜まってしまうからです。
炭水化物なしだと、脂肪とタンパク質が本来の化学反応をおこし、中性脂肪に変わるのではなく
良質の細胞を作り出します。
エネルギーに必要な糖も化学反応で作る事ができます。

炭水化物はエネルギーには変換できますが細胞を作る事ができません。

良質な細胞が体の調子を整え、うつであればセロトニン等各種ホルモンの分泌と
受容を正常な働きに戻します。

あと、太陽光に関しては天気はそれ程関係なく、光を感じれば問題ありません。
買い物する為の往復レベルでも効果あると思えばよいと思います。

またこの糖質制限を始めると以前の生活習慣が炭水化物依存であればあるほど変化が激しい為
慣れるまでに期間がかかる場合もあります。

私も糖質制限を継続しておりますが最初の1ヶ月は下痢でした。
ただ医師の指導の下実践しているので体質の変化が落ち着く迄の体の反応であるという認識が
ある為、継続できました。

以上、長文で失礼しました。

こんにちは

心療系とは違いますが私の周りでも効果あったケースもありましたので
ご参考で記載します。

生活習慣上、他の症状でも共通している部分があり、同じ原因かなと思い当たれば
他の方にも書き込んでいます

ちなみに今迄の生活習慣で下記に当てはまるかどうか確認して下さい。

・肉、卵、魚等動物系を殆ど食べない。
・菜食主義である。果物好きである。
・カロリー制限を行っており、野菜中心だ。
・ジャンクフード好きである。
・コーラ、ジュースしか飲めない。水は味がないので苦手
・スナックが止...続きを読む

Qセントジョーンズワート

セントジョーンズワートは
セイヨウオトギリソウで、
ガルシニア(例:ダイエット補助のサプリで見かける)という植物は、
“セイヨウ”が付きませんが、
オトギリソウの仲間です。

抗うつ剤を飲んでいたら、
「セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含む食品を避けてください」と
大切な注意が書いてありますが、
ガルシニア(セントジョーンズワート以外のオトギリソウ)には
気をつける必要はないのですか?

確かに、セントジョーンズワートと
ガルシニアとでは、
“何に良いと思われているものか”
“どんなことで摂取したいのか”という内容は
全くの別物ですが、

「両方、オトギリソウなのになぁ~。」と思うと、
不思議だし、あまり納得できません。

わかる方がいましたら、
抗うつ剤を飲んでいても、
ガルシニアなど
セントジョーンズワート以外のオトギリソウでは、
支障がないのかどうか、教えてもらえたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最近面白い本を見ました、非常に優れた本ですが少し古いのが残念、古いと言っても和訳が二年前当たりで、ジェイゾロフトがあるのにゾロフトは国内では手に入らないなどと書いてあります。
今旅先なので著者名、出版社は分りませんが、アマゾンに聞けばすぐ出ます。(私はあまりアマゾンが好きじゃない)書名は 「鬱」と「躁」の教科書、 カギ括弧が付いて居ます。
この本の素晴らしいところはありとあらゆる双極性障害と大ウツの薬だけでなく、「医薬」ではない物質で
鬱と躁に効用のあるものが書いてあるのです。そこではっきり書いてあるのがセントジョーンズワート
なのですが、ガルシニアは「載っていない」、つまりガルシニアは無効か禁忌だと言う事です。禁忌は全て書いてあるので無効だと言う事になるでしょう。多くのサプリメントとビタミン剤特にVB群が載っています。
なお多くのサプリメントは無効に分類されています。お薦めしたい本です。
古いだけ。w

Q神経に作用する漢方はどれくらいで作用し始めるのか?

僕は2年前にアスペルガーという診断をされていて、
一週間前に漢方を飲むようになりました。

どうも向精神病薬の副作用の方が強く出て、
改善させたかった、集中力が無くて本も読めないような症状が
長年改善しなかったからです。

そして、桂枝加竜骨牡蛎湯と釣藤散を飲んでいるのですが、
だるかったり、逆に集中力が増したり、悪夢を見たり、色んな症状が出ているような
気がするのですが、こういう時は漢方屋の先生に相談した方が良いのでしょうか?
また、ちゃんとした効果が出るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

うつ病で、抗うつ薬(パキシル、ジェイゾロフト)に加え、漢方も服用しています。
現在は、八味地黄丸を用いています。
漢方も精神科の主治医の処方です。

まったく主観的にいえば、漢方がハッキリ効いているという印象はほとんどありません。
これまで、他の漢方薬も用いましたが、2~3週間くらい経ってから、そういえばちょっと体調が変わってきたかな、という感じだったと記憶しています。

おそらく、服用開始1週間では、少なくともまだその効果は感じられないのではないでしょうか?

「集中力が無くて本も読めないような症状が長年改善しなかった」ということが、「どうも向精神病薬の副作用の方が強く出て」と感じられるようでしたら、主治医にきちんと相談なさって、抗精神病薬の調整をしていただいた方が良いかも知れないと言う気がします。
もう一つ気になりましたのは、漢方薬は、主治医の処方なのでしょうか?
そうでないということでしたら、漢方薬の使用について、主治医にもきちんと相談して、了解をしていただくことが必要だと思います。

Q統合失調症なんですがセントジョーンズワートは・・・?

タイトルが長くてすみません。
今現在自分は統合失調症を患っており、精神病薬
のジプレキサを服用中なんですが、ストレスや
落ち込みが多少あるのでセントジョーンズワート
はどうかなと検討してるんです。
なんでも、天然の抗うつ薬品と呼ばれているらしい
ですが、この病気にかかってる人が
セントジョーンズワートを飲んでも何か心配ありませんか?
アドバイスをお待ちしています。

Aベストアンサー

おはようございます。

私は、飲む事をお勧めしません。
例えば「セントジョーンズワート 禁忌」をキーワードに検索してみると、相互作用によって効果を強めてしまったり弱めてしまったり副作用が出易くなったりする為に処方薬との併用には特に注意な事が書かれたページにヒットします(参考URLはその一部です)。
抗鬱剤のSSRIとの相性も悪い様です。

セントジョーンズワートは日本では市販されているサプリメントの様な位置付けなので治療薬ではありませんが、ハーブが原料だからと言って副作用がない訳でもありません。
漢方薬にも処方薬と市販薬がありますが、これも漢方だから副作用がないと言う物ではないのと同じだと思います。

質問者さんの感じるストレスや落ち込みが統合失調症の症状に因る物でしたら、その症状に見合う薬を医師に処方して貰う方が改善に役立つのではないでしょうか。
症状に因る物でないと思うのでセントジョーンズワートを服用を考える場合でも、飲み合わせ等の問題がありますので自己判断はせずに、先ずは医師に相談するのは宜しいかと思います。

参考URL:http://www.akitakouseiren.or.jp/jouhou-coner/healthy/14-05/,http://www.kenko.com/info/advice/20020411.html

おはようございます。

私は、飲む事をお勧めしません。
例えば「セントジョーンズワート 禁忌」をキーワードに検索してみると、相互作用によって効果を強めてしまったり弱めてしまったり副作用が出易くなったりする為に処方薬との併用には特に注意な事が書かれたページにヒットします(参考URLはその一部です)。
抗鬱剤のSSRIとの相性も悪い様です。

セントジョーンズワートは日本では市販されているサプリメントの様な位置付けなので治療薬ではありませんが、ハーブが原料だからと言って副作用がない訳...続きを読む

Qうつ作用の強い私が他の人のことをどこまでサポートできる?

こんにちわ。
友人との関係について少し質問させてください。
この間、「不眠だ」と打ち明けられてから、相談を受けているのですが、
原因もはっきりしないまま1週間以上、ずるずると相手のペースに巻き込まれて質問攻めにあっています。
勿論、「不眠」や「辛い気持ち」など、私にも思い当たる節があって、とても人事とは思えず、ずっと見てきましたが、
度重なる心労と、元々うつがあったことから、今ではノイローゼが強く出て、「電車に飛び込もうか」などと考えてしまうほどになりました。
友人には「病院へ行って症状を訴えろ」とアドバイスしたのですが、乗り気ではないようで私に3時間毎くらいにメールが来て、その対応でさらに自分の病気(?)的な心理に影響を与えています。
ここから、お願いします。
こういう同じような症状を持つ友人と、どこまで相談として聴いてあげるべきか。相談に乗るべきか。
勿論、当方もうつ傾向があり、通院しています。
どこまでを専門家に任せるべきでしょうか?

Aベストアンサー

なぜ無視するのが良いと記述したか、途中を省略した部分を補足します。

敢えて荒い言い方をすると、あなたがやっている事はその人をサポートしていません。

冷静に考えてみて下さい。
鬱の経験者であるあなたは彼の話を聞いてあげることは出来るかもしれませんが、結局医者ではないので病名を判定することも治療をすることも出来ません。

今の状況はと言うのは、あなたが彼の相談役になることによって、彼が治療を開始するのが遅れていることが問題ではないでしょうか?
体や精神的な不調を速やかに医者に話して、本当に病気だったら早急に治療を開始すべきです。
早期に治療を開始すれば、その分早く治ります。

ですので無視することによって、その彼が医者に相談に行くことになるよう方向性を変えることをお勧めしています。

Qセントジョーンズワートの睡眠作用は?

セントジョーンズワートは抗うつ剤(SSRI)のような睡眠効果はありますか?
抗うつ剤を以前服用していたとき、朝起きれずに昼まで寝てしまうことが多々あり、
会社に遅刻して散々でした。(それまではそんなことありませんでした)
また、昼間も居眠りしてしまったりといった感じでした。
体質によるとおもいますが、セントジョーンズワートはそのようなことになる作用は考えられますか?
ちなみに自律神経失調症(社会不安)の改善に使用したいと考えています。

Aベストアンサー

セントジョーンズワートは、ドイツのコミッションE(ドイツの薬用植物の評価委員会)は、うつ状態に対する使用を承認しているハーブですが、副作用として睡眠障害が起こる場合もまれにあるようですね。


こちらに詳しく記載してあります。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail85.html

ところで、質問者様は、現在も処方薬を飲んでいらっしゃいますか?

セントジョーンズワートは、素晴らしい働きを持っていますが、医薬品との相互作用には、注意が必要ですので、服用している場合は、必ず医者か、専門家に相談してから摂取するようにして下さい。
http://www.stjohnswort-wiki.com/

参考URL:http://www.stjohnswort-wiki.com/

Q抗うつ剤とハーブ

 抗うつ剤と、ハーブを含んだサプリなどって、併用するとよくないのでしょうか。  どこかで聞いたことがあるのですが・・・

Aベストアンサー

病院で抗不安薬(デパス・メイラックス・ベンザリン)と抗うつ薬(レスリン25)と頓服で向精神病薬(ヒルナミン)を処方されてますが。

以前薬局で「他の薬やサプリメントを飲まれてますか??」と聞かれたので「カルシウムとかマルチビタミンとかなら…あの、飲んじゃいけないのってあるんですか」と聞き返したことがあるんです、その答が。

「セントジョーンズワート。これ有名ですけど、併用されると効果が強く出すぎてしまう(だったような、うろ覚え)ので、これだけは避けて下さい」

でした。
ハーブはハーブでも、例えばラベンダーとかカモミールなら、ハーブティー(薬局ではなくハーブの店とかスーパーとかで売ってる物)として飲む程度なら全然大丈夫だと思いますが。服用前提なら。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報