Kiss、YOUNG YOU、FEEL YOUNGで完結している漫画でオススメ作品を教えてください。似たような雑誌のでもいいのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

雑誌 YOU」に関するQ&A: YOUさんが出ている雑誌

A 回答 (3件)

ちょっと古いかもしれませんが‥



一条ゆかり「正しい恋愛のススメ」全5巻 
山下和美「摩天楼のバーディー」全8巻 
小椋冬実さんの作品いろいろ 「ビー マイ ベイビー」1,2 「僕の好きなPeach Pie」 「夢の人たち」 「オリーブの木陰」‥etc

などなど、全部YUNG YOU COMIXです。

一条ゆかりさんは、みんなが知ってる少女漫画の第一人者ですが、山下和美さんは、少女漫画家にしてはめずらしく、背景(建物や室内の風景)にこだわりがありそうな人です。小椋冬実さんは、短編でとてもすてきなエピソードを描く人です。

よかったら、読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一条ゆかりさんの正しい恋愛のススメは読んだ事がありました。他の作品はないので、見てみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/30 12:42

私は「雲の上のキスケさん」が好きです。

    • good
    • 0

水玉模様のシンデレラ(萩岩睦美)が面白いですよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。今度、探して読んでみます。

お礼日時:2005/01/30 12:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画家・酒井美羽、雑誌「YOU(集英社)」、雑誌「ASUKA」等につい

漫画家・酒井美羽、雑誌「YOU(集英社)」、雑誌「ASUKA」等について

酒井美羽先生の
ビリオンガールという作品があるのですが


酒井先生のファンで
ビリオンガールも大好きでコミックスも持っているのですが
10巻出ており、

10巻の最後は1部完という形になっており、
どうみても2部がある様子です。


ただ、5年ほど経ちますが
その後コミックスは出ておらず
連載もされていません。


酒井美羽先生のHP下部には

ビリオンガールについての記載があり


ビリオンガールは角川書店のASUKAという雑誌で連載されていたのですが

現在、酒井先生は集英社のYOU中心で活動されていたり、その他の仕事もあったりで
ASUKAでの連載を再開することも、はたまたYOUでビリオンガールを書くというのも無理な状況だそうです(確かに角川書店の雑誌で掲載していたものを集英社の雑誌で…というのは無理だなと思うのですが…)


もう5年です。
ここまできたら気長に待つつもりですが


このまま、酒井先生が
漫画を描かなくなるまでに連載が再開されないという事もありうるのでしょうか?


5年待った今、
10年、20年待つのも一緒かなと思うし、
いずれビリオンガール2部が発売されたら必ず買います。


なので、今はすっごい先でもいつかビリオンガールの連載が再開されると思っているのですが…

5年経っても再開されない今、
もうずっと再開されない可能性もあるのでしょうか?


出版業界がどうこうという回答ではなくてかまいませんので
素人意見(私も素人ですし)で回答ください。

漫画家・酒井美羽、雑誌「YOU(集英社)」、雑誌「ASUKA」等について

酒井美羽先生の
ビリオンガールという作品があるのですが


酒井先生のファンで
ビリオンガールも大好きでコミックスも持っているのですが
10巻出ており、

10巻の最後は1部完という形になっており、
どうみても2部がある様子です。


ただ、5年ほど経ちますが
その後コミックスは出ておらず
連載もされていません。


酒井美羽先生のHP下部には

ビリオンガールについての記載があり


ビリオンガールは角川書店のASUKAという雑誌で連載されて...続きを読む

Aベストアンサー

>角川書店のASUKAという雑誌で連載されていたのですが

元々は白泉社「メロディ」誌に連載されていた作品ですが
打ち切り後、角川書店「ASUKA」誌に移籍しています

>10巻の最後は1部完という形になっており、
>どうみても2部がある様子です。

...ですが、これも打ち切りと同様に
再開の目処が立たない場合に使用される常套句ですので
角川的には一応のケジメはつけたと判断してよいと思います

>集英社の雑誌で…というのは無理だなと思うのですが

前述のことからも、おわかりかと思いますが
けっして無理でも不可能でもありません...
ただ、各誌の打ち切り理由(詳細不明)が同原因の場合
集英社での再開も難しいかもしれません

>もうずっと再開されない可能性もあるのでしょうか?

「ある」とも「ない」ともいえませんが
作家自身に描きたいという明白な意思があり
続きを描かせたいと思う編集者が存在して
それを「よし」とする出版社があれば
再開する可能性はあります

このような前例はいくつもあるので
気長に待てるのであれば、忘れた頃に再開してた
なんてこともあるかもしれませんよ

>角川書店のASUKAという雑誌で連載されていたのですが

元々は白泉社「メロディ」誌に連載されていた作品ですが
打ち切り後、角川書店「ASUKA」誌に移籍しています

>10巻の最後は1部完という形になっており、
>どうみても2部がある様子です。

...ですが、これも打ち切りと同様に
再開の目処が立たない場合に使用される常套句ですので
角川的には一応のケジメはつけたと判断してよいと思います

>集英社の雑誌で…というのは無理だなと思うのですが

前述のことからも、おわかりかと思いますが
けっして無理...続きを読む

Q完結しているバトル漫画でオススメの作品

タイトルの通り、完結しているバトル漫画でオススメの作品を教えてください!
ジャンルとしては、ダイの大冒険やRAVEなど、ファンタジー系が好きです!

あと週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーの作品は大体読んでいるので、それ以外の雑誌に載っていた作品ですとうれしいです!

Aベストアンサー

「トリニティ・ブラッド」かな。
連載はつづいていますが、原作者がお亡くなりになったので終わっていると言えます。
女性向けかもしれませんが「シューピアリア」「D・N・ANGEL」もいいです。
手塚治虫「火の鳥」、「AKIRA」、「ファイブスター物語」(再開しているが全く別物らしい)は有名なのでご存じですよね。
「Maximum Ride: The Manga」も原作は完結しています。英語の学習にどうぞ。

Q完結済みのお勧めな漫画、アニメ、ゲーム作品教えてください。

完結済みのお勧めな漫画、アニメ、ゲーム作品教えてください。

綺麗に完結していて、最初から最後までここ無くても良かったんじゃって思えるような部分が殆どない作品でお勧め物があったら教えてください。
ラストはハッピーエンドで。定義としては個人個人あるでしょうが、生き別れや悲恋系は好きじゃないです。

以下、自分が好きな作品です。


<少年漫画>
ネウロ
レベルE
漂流教室
DRAGON BALL
スラムダンク
初恋限定
ますらお
寄生獣

<少女漫画>
OZ
花咲ける青少年
こどものおもちゃ
羅川作品全般
ごくせん
ぼくたちの地球を守って

<小説(ライトノベル)>
流血女神伝
アンゲルゼ
十二国記
黒い兄弟
白鳥異伝
風よ、万里を翔けよ

<ゲーム>(PSPorPCで出来るゲーム)
SWAN SONG
CARNIVAL
LUNAR SSS
英雄伝説 空の軌跡(FC,SC)

<アニメ>
白鯨伝説
家なき子(出崎監督版)
バトルアスリーテス大運動会
ジブリ(ラピュタ、ナウシカ、もののけ、魔女宅)
名作劇場(七つの海のティコ、小公女セーラ)
シリウスの伝説
ファンシーララ(とにかく最終話が好きです)
ホスト部(原作よりアニメのが好きです)


<現在連載中のもので楽しみにしている作品>
バクマン
俺様ティーチャー
7SEEDS
彼女は嘘を愛しすぎている(同作者の映画化2作品はあまり好きじゃないです)
ヤンキー君と眼鏡ちゃん
ましろのおと
ノノノノ
LIAR GAME
海月姫
ニコイチ



1992年~2000年 りぼん・なかよし作品
1996年~2002年 週間少年ジャンプ作品 
2004年~現在進行形 花とゆめに連載してる作品はある程度知っていると思います。

少コミ系はあまり読んでないです。
少女漫画で不必要なえろが入った作品、主人公がヒーローと当て馬の間でふらふらしている作品はあまり読まないです。



基本的に、主人公とヒロイン(orヒーロー)の位置づけが明確であるほうが好きです。ハーレム、逆ハー要素が濃いものはあまり好きじゃ有りません。無駄なえろとか。
主人公が客観的に見て人として微妙なのも遠慮します(デスノートは面白いと思いますが、月が黒すぎて読めなかったです)

かっこいい男キャラが沢山出てくる作品(所謂一般的に腐女子層が多いと思われがちな作品、一応ヒロインが存在するのに空気な作品)、BL作品、百合作品は遠慮致します。

現在連載中のものでもお勧めがあれば教えていただけるとありがたいですが、その場合、確実に完結しそうな作品(休載が多い作者とか、未完作品を沢山抱えてる作者作品以外という意味で)でお願いします。
打ち切り問題は未来のことなのでどうしようもないので、現在面白ければよいです。


上記にあげたもので、「こいつ、こうゆうの好きそうだな」とか言うのもあれば教えていただければ嬉しいです。
基本、挙げた作品の同作者作品は大体手をつけていると思います。


長くなってしまいましたが、宜しくお願いします。

完結済みのお勧めな漫画、アニメ、ゲーム作品教えてください。

綺麗に完結していて、最初から最後までここ無くても良かったんじゃって思えるような部分が殆どない作品でお勧め物があったら教えてください。
ラストはハッピーエンドで。定義としては個人個人あるでしょうが、生き別れや悲恋系は好きじゃないです。

以下、自分が好きな作品です。


<少年漫画>
ネウロ
レベルE
漂流教室
DRAGON BALL
スラムダンク
初恋限定
ますらお
寄生獣

<少女漫画>
OZ
花咲ける青少年
こどものおもちゃ
羅川作品全般
ごく...続きを読む

Aベストアンサー

☆赤名修「勇午」
交渉人・勇午の話です。
相手はテロリストだったり香港マフィアだったり幅広く。
「花咲ける青少年」がお好きなら、こちらも読めると思います。
海外編は全22巻が出ていますが、国内編(日本の企業や政府が絡んでいるシリーズ)は不定期にシリーズが出ています。

☆佐久間智代「少年☆周波数-王様の棋譜-」
高校生のプロ棋士とその周囲の話です。
BL雑誌に連載されていたにも関わらずBLではなく(編集からの指令なのか、その風味は若干あります)プロの将棋の世界と主人公の出生の秘密が中心です。
去年、新装版が全4巻で出ています。
この人の歴史漫画は扱ってる素材が珍しい(代表的なのは平知盛の息子・平知章)のでオススメなのですが、「少年~」以降は基本的にBL作品に移動しているため、基本的にそっちのコミックスに収録されています。
独立して「平家物語」シリーズがあり、平知章以外にも平重盛・資盛親子も取り上げています。

☆大野潤子「しずくの風景」「空の風景」
ある高校のサッカー部を描いた作品です。
個性的なサッカー部員たちが壁にぶつかったり、障害を乗り越えていったりする青春話になります。
古めかしい絵だからって理由で避けると損する作品です。
この人の作品は少女漫画でありながらユニークで、今の少女漫画と違って「平凡」が軸になっていると思います。
本来ならコミックスで読んでもらいたいのですが(「しずくの風景」が短編集シリーズの一部なので)文庫全5巻でまとめられているものもあります。

☆赤名修「勇午」
交渉人・勇午の話です。
相手はテロリストだったり香港マフィアだったり幅広く。
「花咲ける青少年」がお好きなら、こちらも読めると思います。
海外編は全22巻が出ていますが、国内編(日本の企業や政府が絡んでいるシリーズ)は不定期にシリーズが出ています。

☆佐久間智代「少年☆周波数-王様の棋譜-」
高校生のプロ棋士とその周囲の話です。
BL雑誌に連載されていたにも関わらずBLではなく(編集からの指令なのか、その風味は若干あります)プロの将棋の世界と主人公の出生の秘密が中心です...続きを読む

Aベストアンサー

少女向け漫画雑誌 だと思います。

古くから なかよし、花とゆめ、りぼん等
のような少女雑誌の王道とは違った道を歩んでいますね。
ASUKA創刊時に、角川自身が少女漫画の王道ではない少女向け雑誌を目指す!!というような事を言ってたと思います。(古くて記憶曖昧)
角川が少年誌、少女誌と二極化の固定を嫌がっていたのも言ってましたね。

余談ですがその昔、アニメのカウボーイ・ビバップの漫画がASUKA増刊のファンタジーDXで連載されました。
書き手の南天佑氏が以前にASUKA系で連載していたからというのもあったんでしょうか。
アニメはとても少女向けとは言い難い内容です。
角川でなければこのような挑戦はしなかったと思います。

反撃のルルーシュはキャラ原案がCLAMPなのでASUKA連載だと思います。

Q完結した漫画で、再びその後を描いた漫画を教えてくだ

完結した漫画で、再びその後を描いた漫画を教えてください

連載終了で、コミックも全巻完結している漫画で、再び、その後の数年~数十年後をエピローグ的に描いている漫画をご存知でしたら教えてください。

例えば「劇画オバQ」のように、「オバケのQ太郎」の15年後を描いた作品のようなものを探しています
最近の漫画はあまり詳しくありませんので、1980~1990年代に完結したものを中心に教えていただければ助かります。
よろしくお願いします

http://www1.odn.ne.jp/cjt24200/yamada/text/q/index.html

Aベストアンサー

「ボンボン坂高校演劇部」高橋ゆたか
本編終了の数ヵ月後が読みきりで。

「究極!変態仮面」あんど慶周
『スクールランブル』の小林 尽が、読みきりで続編を書きました。

「がきデカ」
「中春 こまわり君~妻の帰還~」サラリーマンになった、こまわり君。

「気まぐれオレンジロード」まつもと泉
特別編として、その後のエピソード。

「ミスター味っ子」寺沢大介
連載版ではなく、読みきり版。

「マジンガーZ」永井豪
→「思い出のK君」続編ではなく、マジンガーZは実際にあった事件をモデルとして出来上がった・・・という設定の読みきり。

「ドロロンえん魔くん」永井豪
→「鬼公子炎魔」数年後の物語。

「覚悟のススメ」山口貴由
→「覚悟のススメVOLTEX 起動編」数ページの読みきり。

「エリート狂想曲」弓月光
→主人公たちの息子が主人公の番外編。

「The かぼちゃワイン」三浦みつる
「かぼちゃワイン Sequel」「Theかぼちゃワイン Anoter」と数年後が舞台の続編?

とりあえず、時間軸的に本編の後になるのを思いつくままに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報