日本で戦時中に,国民を総動員するために利用されたプロパガンダ
(政治宣伝),(例えば「欲しがりません,勝つまでは」等)にはどのよ
うなものがあるのでしょうか.ご存じのものがありましたら教えて下
さいませんでしょうか.

 現在でも,「民族浄化」という言葉がNATOによるユーゴ空爆の
際に利用されたりするなど,ある言葉が人々を一定の方向へ駆り立て
ることがあるようです.

 日本では,「改革」という言葉により,同じような作用がもたらさ
れているように思えます.そういったことから関心を持ち,質問をし
た次第です.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この回答への補足

回答してくださってありがとうございます.ある程度,時間も経過
いたしましたので,質問を締め切らせていただきます.

 2度も回答して下さってありがとうございます.

補足日時:2001/08/19 23:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速の回答ありがとうございます.
 3つとも拝見させていただきました.こんなにたくさんの標語があったの
ですね.非常に驚きました.

 これらを見ていきますと,その当時の国情がよく反映されておりますし,
当時の雰囲気がよく伝わってきます.このような短い言葉にすることで,国
民にも受け入れられやすく,世論を一定の方向に向かわせるには有効な手段
のように思います.

 質問でも申し上げましたが,小泉首相が口にする「改革」という言葉の内
容が不鮮明であるにもかかわらず,国民の高い支持を受けている現状を見ま
すと,憂慮せざるをえない状況だと思います.

お礼日時:2001/08/17 19:11

「撃ちてし止まむ」「ぜいたくは敵だ!」「鬼畜米英」などがあります。

下のURL参照。他にたくさん載っています。

参考URL:http://cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/hosigarimase …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幹事長と官房長官は、どんな仕事をするの............??

こんにちは、
組閣人事が決まりましたね。

幹事長と官房長官はどんな仕事をするのですか?

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

幹事長は、党のNo2です。総裁が官邸に入って総理になりますから、実質的な党の元締めです。
昔で言うと、藩主が江戸に行ったケースの城代家老といったところです。
選挙があると、財布を握って選挙区への応援や資金を仕切りますから、党内への貸し借りがかなりできます。

官房長官は、総理の官房のトップです。仕事はスポークスマンで、報道の対応をします。
総理の腹心ですね。
通常ではない問題がおこり、官邸で処理する時は、陣頭指揮をします。
アメリカでは主席補佐官に相当する要職です。
内閣で仕事をしますので、行政のことはよくわかります。

幹事長は党内に強い実力派議員向き。
官房長官は頭脳明晰で失言が一切無いタイプに向いています。

ちなみに官僚のトップは、官房副長官です。

Q旧ユーゴの戦争責任について

戦時中の犯罪者に関してはハーグで裁かれていると聞きましたが、戦争勃発の責任は誰にあるのでしょうか?いろいろ言われてるということだけ耳にしましたが実際どんな事が言われてるのかわかりません。軽く本やネットで調べてみましたがあまり回答を得られませんでした。
セルビアの人にも聞いたところミロシェビッチが全て悪いという訳ではないと聞きました。どなたかご意見聞かせてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

ユーゴ戦争の開戦の責任者は、当時のドイツのコール首相とゲンシャー外相でしょう。

当時のドイツは、東ドイツを併合し、国粋主義が高まっていた時代で、東欧は全てドイツの物といった考えが高まっていました。
オーディール・ナイセ線問題も、再発しました。

旧ユーゴのうちスロベニアは、神聖ローマ帝国の一部でしたし、クロアチアは、神聖ローマ帝国の属国(後オーストリアの)ハンガリーの一部でした。
そのため、スロベニア・クロアチアは、ドイツの勢力圏との認識が、ドイツにはあり、ゲンシャー外相の、ユーゴ分割独立支持発言につながります。

ゲンシャー外相やコール首相の独立支持発言により、まずスロベニアが、そしてクロアチアの独立宣言につながります。

Qホリエモン 無所属出馬...........

え?!
無所属で出馬なの?! どうして....?!
一言で言うと勿体ないと私は思うのですが。

自民党の公認であれば、選挙費用 (ポスター 車
手伝ってくれる人達 団体の協力等など)

無所属だと、それらの条件の全てを自分で準備しないといけないですよね。

何故 敢えて強力なバックアップを選ばずに、単独で
大変な事なのに.....

ホリエモンは何故、単独を選んだのでしょうか?
単独だと、「政見放送」にも出れないですよね。

もうビックリしました。
何故 単独を敢えて選んだのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問への回答というより、私自身が彼の出馬はあり得ないと思っていたので、立候補を聞いて私なりに考えた感想のようなものと思って下さい。

まず、なぜ立候補するのか?
彼は政治にはかかわりたくないことを常々言っていたので私にも意外でした。しかし、今までの彼の言動からすると、結果はどうであれ、成果としては十分の利益を得てきております。プロ野球参入、日本テレビ株の取得によるフジ産経グループへの支配などにしても然りです。結局、彼はわずかの出費で莫大な広告、宣伝費に匹敵する利益を得たわけで、直接的な収益勘定はとんとんでよかったのだと思います。それが、日本放送株問題では損得半ばする収支どころか、おつりがくるほどでした。フジ産経グループへの支配や業務提携という面では報われませんでしたが、そもそもそれが彼の本当の目的であったかどうかさえ怪しいものと、今は思えます。
そこで、本題ですが、以上より想像できると思いますが、彼は立候補する以上は「当選」を目的にしているかのように言動するにしても、本心では当選することがあり得ない立候補を考えているのだと思います。

では、なぜ広島6区なのか?

これは、彼の本当の目的、つまり最大のlivedoor宣伝効果を得られる選択をしたことが理由でしょう。出身地である、福岡では、万が一当選しかねないと思ったことが理由だと思います。それに、亀井氏との対決だと、マスコミへの登場は否が応でも頻繁になり、最大の露出効果が得られます。彼を面白く思わないメディアにとっても頻繁に取り上げざるを得なくなるでしょう。

つぎに、なぜ無所属なのか?

万が一当選することがないように駄目を押すというのも理由の一つでしょう。しかし、私にはそれ以上の意味が隠されていると思います。彼は、立候補を決意した時点ですぐに、民主党の岡田氏と密会しています。その内容については詳しく明らかになっていません。ただ、そのあとに岡田氏が語ったときに、まったくクールであったことは印象的でした。会見で明らかにした要点は三つだけ、(1)堀江氏から面会を求めてきた、(2)堀江氏は本来は民主党に近い人、(3)自分からは民主党候補として立候補をお願いしなかった。

以上で、どうでしょう。私は堀江氏と岡田氏の間にある種の密約があったのではないかと思えるのです。つまり、亀井氏の票の一部を堀江氏が食う事により、民主党候補の当選を確実にし、民主党政権成立の時に、何らかの関わりを得る担保を取ったという事です。今回の総選挙で民主党勝利は確実と踏んだ堀江氏が、民主党に恩を売ったほうが利益が多いと判断したのではないでしょうか?
そして、如何にも彼らしい逆説的な民主党支援を行う事にしたのではないでしょうか?彼は、あくまでも小泉氏側に付いたと印象を有権者には与える様に振る舞うでしょうが、発言を聞くかぎりは、彼自身はあくまでも「改革の一巻として郵政民営化に賛成」の立場しか表明していません。これだと、民主党政権になった時に、いつでも方針転換が可能です。

とここまで、考えると、私は小泉氏自身がこのプロットに参加しているのでは無いかとさえ思える様になりました。つまり、彼は「古い自民党をぶっ壊す」と発言してきましたが、実際には彼を支える森派にしても、残留した橋本派にしても、今回選ばれたいわゆる刺客にしても、その体質は古い体質の人間ばかりです。有名人や上級官僚、大学教授などの一本釣り候補、いわゆる美形の女優まがいのお飾り候補などに新しい政治潮流等作れるはずはありません。小泉氏は、古い自民党を本当にぶっ壊すにはここで、一旦民主党に政権を渡すしかないと判断して、敗北を覚悟して、あえて無理な解散総選挙に踏み切ったのだと思えるようになりました。
間違いなく、自民党は選挙で敗北すると思います。本気で勝つ気なら、竹中法案に反対した議員をまとめてつぶしにかかり、対立候補を立てるという愚は犯さないと思います。懐柔したり、無視して当選後の翻意を期待するという秋波を送ったりするはずです。

この質問への回答というより、私自身が彼の出馬はあり得ないと思っていたので、立候補を聞いて私なりに考えた感想のようなものと思って下さい。

まず、なぜ立候補するのか?
彼は政治にはかかわりたくないことを常々言っていたので私にも意外でした。しかし、今までの彼の言動からすると、結果はどうであれ、成果としては十分の利益を得てきております。プロ野球参入、日本テレビ株の取得によるフジ産経グループへの支配などにしても然りです。結局、彼はわずかの出費で莫大な広告、宣伝費に匹敵する利益を得...続きを読む

QTVコメンテーターって.......

TVコメンテーターって.......

TVをさほど見るわけではありませんが、普天間問題でコメンテーターが「地元もダメ、徳之島もダメ、アメリカもダメではどうすればいいのか?はっきり具体的な道筋を示してほしい」
「普天間問題をもっときちっとやってほしい」
と確かに意見はわかるのですが(そんなこと小学生の頭の良い子でも言える...)

文句を言うだけいって、自分の案を言わずにギャラをもらっているなんて卑怯だと思いました。
(TVの前で、エラソーにいってじゃ、あなたはどうなの?と怒りを覚えました)

それと、神妙な顔をして「うーん、普天間が....うーん政治と金が」
と何かわかったようなフリをして、次の話題にいくとバカみたいに明るくなったり。

自民党時代の時、特に麻生さんの時も似たようなことが多々ありました。

コメンテータなんていらないと思っていますが、みなさんは必要を感じていますでしょうか?

ちなみに、私がコメンテータなら「僕なら普天間問題はこうして....交渉して」
など自分の具体的な意見を言ってから、批判をします。

Aベストアンサー

私は最近、「テレビはわざとムカツク司会者やコメンテーターを起用しているのでは」と考えるようになりました。
人間にとって、ムカムカもやもやする感情は無視しがたいもののようです。
嫌よ嫌よと言いながらも気になってしまう。

「悪徳な」政治や企業の不祥事、「バカな人間」による虐待・殺人事件など、
一方的なものの見方で徹底的な悪・愚か者に仕立て上げて、
「さあ叩いてください」と視聴者に差し出すのがワイドショーですが、
いくらか冷静な視聴者の中には、薄っぺらいコメントをする司会者・コメンテーターに対してムカツクこともあるわけです。
すると、事件にムカツク人、司会者等にムカツク人、両方を獲得できるわけです。

Qイラク空爆の前に

アメリカがイラクを空爆しようとしているが、その理由はテロ支援、兵器関連らしい。が、現在、難民に戦車で襲いかかったり、住民のインフラを破壊し、非戦闘員を虐殺するイスラエルに対して何らかの措置(これまでの経緯から空爆か?)をとるべきではないのか。
まだ、イラクはその兵器を行使していないから、先に対処すべきは、パレスチナ関連問題であると思いますが、みなさんどう思いますか。

Aベストアンサー

もしsdamauさんが「イスラエル政府VSパレスチナの抵抗運動」という次元の話をされているのであれば、非常に残念ですが、イスラエルの方が「正義」でしょう。
確かにイスラエルの現政権の強行な態度は望ましくないと私も思いますし、個人的にはシャロン首相が危険だとも思いますが、しかし「どちらが悪い」という話をするのであればやはりテロリストの側でしょう。
そもそもテロの横行が、できていたはずの和平合意をぶち壊したわけですから。

>自爆テロはテロではない(抵抗運動)という世論もあるようですね。
という考えは確かに一理あります。実際テロといわゆる抵抗運動の間に厳密な区別はありませんから。
ただしこの事は言えると思います。
イスラエル軍の行動は、シャロン政権と民主主義のイスラエル国民の責任の元に行われています。残酷ですが公明正大であり、住民の殺害も含めて最終的な責任者ははっきりしています(仮に当人が非を認めなかったとしても、です)。
しかしテロリズムには「責任者」がいません。パレスチナの民衆がテロを支持していると言っても、仮にそのテロの結果パレスチナの情勢が悪い方に変わったとして、その責めを負える者はいません。パレスチナ人自身だって負えないでしょう。
そういう理由でやはり住民の意思による抵抗運動と呼ぶのはまだ無理があると思いますし、こういうテロで歴史や政治が動くことは不当だと、私は思っています。
(強いて責任者を挙げるとすればアラファト議長ですね。だからこそイスラエルは本来無力なアラファトを責め立てる訳でしょう)

もちろんテロの方では一般人が死なないというなら、平和的な解決も要求できるでしょう。
しかし実際にはlvmhyamznさんがおっしゃる通り、イスラエルの市民もまた想像を絶する危険と犠牲を負わされています。それも前述の通り顔の見えない敵対勢力によってです。
この事態にパレスチナ住民が責任を負えないなら、イスラエルが「自力救済」を試みる事を責めるわけには行きませんし、逆にこれがパレスチナ住民の意思だというなら、やはり武力による報復も責められない‥という事になると思います。
もし仮に「イスラエルやアメリカは強大なのだから自爆テロで何人か死ぬくらい我慢してあげて当然」とお考えだとしたら、それは大変な非人間的(「非人道的」ではありません)な考えだと思います。もちろんsdamauさんはそうではないと信じていますが‥

確かに各国がイスラエル軍の行動に警鐘を鳴らしていますが、これは言ってみればcse_ri2さんのおっしゃる通り、「過剰防衛」を戒めているだけです。それから「善・悪の判断をひとまずおいても流血の事態を収束させたい」という考えもあるでしょう。
そういうイスラエルを悪者にしない形での調停なら成立する余地はあるかもしれませんね。私も大いに賛成ですし、イラク問題より優先というのも賛成です。
アメリカも遅まきながら現在調停に動いています。sdamauさんは空爆ばかりを気にしているようですが、実際にはアメリカほど積極的に紛争の「調停」に活躍している国はあまりありません。楽観はできませんが希望はもつべきでしょう。

しかしイスラエルに対する制裁だの空爆だのは本来筋が違うと思います。
明確に「不当な侵略」であれば国際社会による制裁もありうる訳でしょうが、ただ「残虐な軍事行動」を行ったからというだけでは空爆などないでしょう。だって自爆テロだって空爆だって全く同じ「残虐」な行為なのですから。
sdamauさんはご自覚されていないと思うのですが、国際紛争に対する日本の世論は、
「強い者が弱い者を武力で攻め立てるのは悪」
「必要以上の暴力を振るうのは悪」
という考え方に過度に強く支配されてる(というか振り回されている)ように私には思われます。
もちろん欧米社会にもそういう感情論はあるでしょうが、実際に制裁を行うとなれば「そもそも悪いのは誰か」「責任を負うべきはどちらか」という事がむしろ重視されるようです。
そして、多分軍事問題に関わる時にはそれが正しい態度なのだと思います。
だって例えば原因を重視しない「圧倒的な力をもつ国が弱い国に侵攻して住民を殺すなんて許せない→だからもっと強い国の力で制裁」
という考えこそはまさに戦争を誘発する危険な理論だと思いますから。

もしsdamauさんが「イスラエル政府VSパレスチナの抵抗運動」という次元の話をされているのであれば、非常に残念ですが、イスラエルの方が「正義」でしょう。
確かにイスラエルの現政権の強行な態度は望ましくないと私も思いますし、個人的にはシャロン首相が危険だとも思いますが、しかし「どちらが悪い」という話をするのであればやはりテロリストの側でしょう。
そもそもテロの横行が、できていたはずの和平合意をぶち壊したわけですから。

>自爆テロはテロではない(抵抗運動)という世論もあるようですね...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報