プロが教えるわが家の防犯対策術!

マンションvs賃貸の総支出額 こんなのあり??


マンションと賃貸で総支出額は35年間だと賃貸4400万でマンション5400万だけど、50年を考えるとマンションのが安くなるからマンションのがいいという内容でしたが、マンションは固定資産税を入れてないのと常に管理費と修繕積立金の合計が2万円と、30年過ぎたマンションは修繕積立金は結構上がると思うのですが、ファイナンシャルプランナーの人の記事なのに固定資産税を入れないなんてマンション業界のまわしものですかね?!

A 回答 (2件)

50年経ったら、老朽化したマンションは解体だよ。


1棟50戸の解体費用が数億~10億円。つまり1戸当りの負担が1千数百万~2千万円。
安くなるどころかマンションは負動産。
空論の数字なんて、どうにでも弄れる。ファイナンシャルプランナーはマンションを売らんがための回し者だね。
    • good
    • 2

回しものかどうかは知らないが、その「記事」というのがどういう性質なのかということだと思うよ。


依頼主がいて記事を執筆していれば、その記事は依頼主の意向を大きく取り入れた性質になる。
フィナンシャルプランナーのブログであれば、そういう主旨の記事を好む顧客がいるのだろうし。
つまりは宣伝記事。
個人のブログであれば個人的見解、というか私見を述べただけ。
ステルスマーケティング云々は別の話として。


なお、固定資産税については税額に幅がありすぎるので、賃貸・購入の比較記事では数字に含めないことは珍しいことではない。
税額を入れない代わりに「他に固定資産税や都市計画税などがかかる」といった注釈を付す。
管理費・修繕積立金も個々のマンションごとに異なるが、目安や相場的な数字があるのでそれを計上するのが一般的な記事。
値上がりについては金額や値上がりの有無など個別差も大きいので特に記載はしなくても問題はないだろう。

つまり。
その記事の内容が妥当性について、『信じるかどうか』だろうね。
それは閲覧者次第。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング