過酸化水素水、塩化銅水溶液を火にあてると、何色になるか分かりますか?
教えて下さい!ホームページなど、参考になるものも書いてくださるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「炎色反応の原理」
このページから
http://www.sci.hyogo-u.ac.jp/imafuku/flame/spect …
(炎色反応により放出される光)
内容は少し難しいかもしれませんが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://rpel.usr.che.tohoku.ac.jp/create/flame/ex …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 11:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄、アルミ、マグネシウムと塩化第一鉄と塩化銅の水溶液

鉄、アルミ、マグネシウムを塩化第一鉄と塩化銅の水溶液に入れたときの反応式などを教えてください。

Aベストアンサー

Fe^(2+)、Al^(3+)、Mg^(2+)、Cu^(2+) のイオン化傾向を考えればわかりませんか?

たとえば、塩化銅(II)水溶液にマグネシウムを入れた場合、イオン化傾向は、
Mg^(2+) > Cu^(2+) なので
 Mg + Cu^(2+) → Mg^(2+) + Cu …(1)
よって (1) の両辺に 2Cl- を足して、
 Mg + CuCl2 → MgCl2 + Cu

上記を参考にして、同様に考えればほかの問題も解けると思いますが、いかがでしょうか。

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2

Q塩化亜鉛水溶液と塩酸希釈液を混ぜると水素は発生しますでしょうか。

塩化亜鉛水溶液と塩酸希釈液を混ぜると水素は発生しますでしょうか。
ある文献でそのような記述を見つけましたが、本当に発生するのか確認できなかったため、
教えていただけると助かります。

また、英語でhydrated zincはどのように訳すべきか教えてください。
「亜鉛の水和物」または「水和された亜鉛」でよろしいでしょうか。
そもそも亜鉛が水和するのか分からず困っています。


教えていただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム NaOH は sodium hydroxide です。
水酸化物にはすべて後ろに hydroxide が付きます。
水酸化亜鉛 Zn(OH)2 であればzinc hydroxideになります。

水和はhydrationと言います。

水和されているイオンは hydratede ion ですから
hydrated zincはhydrated zinc ionのことではないでしょうか。
(原子状の亜鉛であれば金属(固体)ですから水和を考えることはできません。)

水溶液中にあるイオンは普通水和されています。
銅イオンの場合は [Cu^(2+)(H2O)4] がよく出てきますが亜鉛イオンも水和しています。

塩化亜鉛の結晶の中にも結晶水という形で水和水が含まれています。
ただ水分子の数は温度条件によって変わるようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E4%BA%9C%E9%89%9B

Q塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式

塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式は????

イオン反応式まではできましたが・・・全反応式が・・・

Aベストアンサー

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3SnCl2+K2Cr2O7+7H2SO4→3Sn(SO4)2+3CrCl3+K2SO4+7H2O

でもかまいません。コレも数合わせです。すっきりしているということで言えばこちらの方です。
溶解度についての議論をした結果ではありません。
SnCl2SO4を考えるのであればクロムミョウバンCrK(SO4)2を考える方が現実味があります。

オレンジ色の溶液が青緑色の溶液に変わったという事だけははっきりしています。

全反応式を求めよという問題は設定に無理があります。

前の質問の#3に書いたことをもう一度読んでみてください。

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3...続きを読む

Q塩化銅水溶液の電気分解

塩化銅水溶液の電極を、炭素ではなく鉄の釘でやってみました。-極からは銅が析出したのですが、+極からは塩素の泡が出ず、釘の色が変わっていました。+極の釘は塩化鉄になったんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

その通りです。
-極では銅イオンが電子をもらい銅原子になって付着、
+極では鉄原子が電子を放出して電荷を帯び、塩素イオンと結びついて塩化鉄となったわけです。
これが釘の色が変わった正体です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報