プロが教えるわが家の防犯対策術!

〇左のものは丸です。/maru/は丸くありません。丸と書くと〇が頭の中にないです。丸と読むと頭の中に〇がないです。線上に並んだ音素を過去から現在へ聞きます。地としてこの行が終わったところから面を設定します。

        〇

上にある地に図があります。黒い線が閉じて地を2つの部分に分けています。
━━━━━━物━━━━━━━━
              
 頭の中┓短い時間┏頭の中 
 /m/  口→音声→耳 /m/ 
 /a/  ┃ ↓長 ┃ /a/  
 /r/  ┃ ↓い ┃ /r/  
 /u/  ┃ ↓時 ┃ /u/ 
    ┃ ↓間 ┃   
 ━━━┛ 〇  ┗━━━ 
              
━━━━━━━━━━━━━━━
言霊が宿る何かの候補を箇条書きします。
1 a priori な実体としての文
2 遺伝子
3 文法
4 話者
5 話者の頭の中
6 話者の口
7 地と図の対照
8 聴者
9 聴者の頭の中
10聴者の耳
11歴史
12習慣
13音声
14音素
15意義素
16物理
17物
18言語遊戯
19日本語
20人の集まり
21無意識
22意識
23語
24記号
25画面の点滅
26本
27図書館
28脳
29論理
言霊は何に宿るのでしょうか。言霊は言われる度聞かれる度なるのでしょうか。言霊は宿主を変えるのでしょうか。言霊は分裂するでしょうか。言霊は融合するでしょうか。言霊は消滅するでしょうか。
 『庭 三郎『現代日本語文法概説』に見る言霊論 』https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11823076.htmlさんと『言霊について』https://oshiete.goo.ne.jp/qa/57856.htmlさんと『ソシュール: 「もの」が先か「言語」が先か?』https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3187871.htmlさんを参考にしました。

質問者からの補足コメント

  • 30言葉
    31行動
     本質問の主題は科学です。言語学範疇で『庭 三郎『現代日本語文法概説』に見る言霊論 』さんは『現代日本語文法概説』さんの科学してなさを言霊論と呼称します。人文科学に投稿しました。言霊を科学して欲しいです。
     紳士がある。と紳士である。の比較です。両方ともその人は紳士です。否定します。紳士がない。と紳士でない。です。前者は人がいません。後者は紳士でない人がいます。両方ともに共通するのは変化です。人がいなくなるのと紳士でなくなります。前者は命令し難いです。紳士があれ。後者は命令し易いです。紳士であれ。があるは動詞なので命令し易いはずです。であるは補助動詞なので命令し難いはずです。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/10/03 05:06
  • でも結果は逆です。
    あるは動詞    あるは補助動詞
     紳士がある。   紳士である。
      紳士       人=紳士
     紳士があらない。 紳士であらない。
               人≠紳士
    命令し難い    命令し易い
     紳士があれ。   紳士であれ。
     紳士があるな。  紳士であるな。
     『「日本語動詞の活用体形」論の迷妄』https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11879241.htmlさんを参考にしました。居るに語幹がないです。活用と助動詞の組み合わせが4つあります。1)は連用形いに時制の助動詞現在ると過去たです。2)終止形のいると連用形いと過去たです。

      補足日時:2020/10/03 05:08
  • ア行上一段活用
    語幹 未然 連用 終止 連体 仮定 命令
       い  い  いる いる いれ いろ
    私は居る。
    私は 動詞 助動詞 。
    1)
    連用 い   る 現在
    連用 い   た 過去
    2)
    終止 いる    現在
    連用 い   た 過去
    3)
    連用 い   る 現在
    終止 いた    過去
    4)
    終止 いる    現在
    終止 いた    過去

      補足日時:2020/10/03 05:08

A 回答 (5件)

めんどくさ、アホくさ、誰もわからんお主もわからんだろ!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2020/10/10 06:15

脳の働きとして


イメージとそのイメージに名前をつけて関連付けをします。それを「紐づけ」と言います。図で表すと

○➖丸い

となります
こうすることで「丸い」と言う文字を見ることで「○」と言うイメージが想起されます。
同様に「○」と言うイメージを見ることで「丸い」と言う言葉が想起されます。
これは「視覚情報」だけではなくて「聴覚情報」においても行われています。それを図に表すと

 ↗↙「丸 い」(文字情報)
○    ⇅
 ↘↖「丸 い」(音声情報)

 となります。
「丸い」と言う文字を見ることで「○」と言うイメージと「丸い」と言う言葉(音声情報)が想起されます。
同様に「丸い」と言う言葉(聴覚情報)を聞くことで「丸い」と言う文字と「○」と言うイメージが想起されます
同様に「○」と言うイメージを見ることで「丸い」と言う文字(視覚情報)と「丸い」と言う言葉(聴覚情報)が想起されます 
「○」と言うイメージと「丸い」と言う言葉は本来互いに関係が無い情報です 
本来ならば「関係」が無い異なる情報を紐づけすると言う「処理(脳処理)」はとても高度な処理なのです
老化等で脳機能が低下すると上記の「高度な処理(脳処理)」を行うのは困難になってきます  
高齢の方が「顔は分かるが名前が思い出せない」と言っているのは老化によって上記の「高度な処理(脳処理)」を行うのが困難に成っているからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無何梨さんおはようございます。

お礼日時:2020/10/10 06:15

シャーマニズムのはなしですかね?


一定の技法と言葉で結果が導かれるというのは
一昔前のあたりまえ体操のようなもので行動にやどっているのでしょう
この回答への補足あり
    • good
    • 4
この回答へのお礼

べジャンさんおはようございます。ありがとうございます。

お礼日時:2020/10/03 05:06

言霊は言葉に宿る。

    • good
    • 5
この回答へのお礼

だーーーーさんおはようございます。ありがとうございます。

お礼日時:2020/10/03 05:04

「ひ」と「と」の間に宿ります。



間違いありませんッ!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼日時:2020/10/03 05:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング