タイトルのような事は実用化されてるみたいです。
コスト的にも大丈夫みたいです。化石燃料に
頼らないくてクリーンな燃料です。どうして
普及しないんでしょう。廃油って少ないから?
http://www.vdf.co.jp/someya/kenkyu/kenkyu_fl.htm

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

バイオマスエネルギーのなかで、最も簡単に個人が実行できて安くて実行でき、すぐに効果が確認できる技術がお尋ねの動植物油から経由代替燃料の製作かと思います。


 廃食油だけではなく、ヨーロッパではナタネ、USAでは大豆油などが主流のようです。オリーブやヒマワリやパームからも作れます。

Bio Disel Fuel 略して BDFと呼ばれる場合が多いです。外国では、Transesterification と呼ばれるようです。

普及の速度が遅い理由は幾つかあると思います。

1:世界中で最も実行されていると思われるアルカリ触媒法において、メチルアルコールと水酸化ナトリウム(もしくは水酸化カリウム)を使用するからです。これらは激しい特性を有しており、高校程度の実験であると思うものの一般的だと言えないからだと思います。

2:アルカリ触媒法といっても各自が工夫をした部分を公開しているのでどの方法がいいのか悩む。

3:できあがったBDFの品質が精製プロセスの違いによって異なっています。この品質検査をしようとすると30万円以上の検査費用がかかる。

4:原料にする未使用の植物油が1.5Kgで¥300-から¥400-するので軽油を購入したほうが安い。

5:廃食油を原料にする場合に、かなりの量を集積したところから少し原料にするなら品質が一定になるでしょうけれど、100Lやそこらでは毎回の原料品質が不安定になります。その原料品質を測定する試験紙や装置や薬品を個人でそろえるのが結構わずらわしいからだと思います。

もっとも、最近はリサイクルとして考えるのではなく、ディーゼル軽油の硫黄が減らされたことから来るエンジン寿命低下の対策として、あるいは走行中の車内騒音の低下による快適ドライブ。さらには、草刈機への混合で震動低下による作業効率向上など広範囲の利用が始まっています。

滋賀県甲賀郡水口町宇川会館では無料講座が始まっています。

検索エンジンで 新燃料研究所 を検索されれば詳細があります。
    • good
    • 0

化石燃料に代わる燃料として注目されるバイオディーゼル燃料ですが、VDFというのは固有名詞(商品名)で、一般的にはBDF(Bio Diesel Fuel)と呼ばれます。


廃油のリサイクルだけでなく、欧米では菜種や小麦、サトウキビの絞り粕・バガスなどの植物性(動物性)油脂を改質して燃料を作り出すこともされています。

課税されるために普及が進まないとありましたが、欧米では税的優遇処置を取って普及に努めているようです。一方、日本では単独で使う分にはいいものの、軽油と混ぜて使う場合に課税されるという問題が生じるようです。
詳しくは知りませんが、軽油の代替燃料として単独で使えることが売りだったBDFですが、純粋にBDFだけだとエンジンを痛めるため、軽油と混ぜて使うのが一般的のようです。


課税については、政策目的に沿って行われることですので、どのような政策を取るかが問われるわけです。
個人的には廃油のリサイクルという観点で捉えるよりも、エネルギー政策の一環として廃油の燃料リサイクルやBDF利用を促進していただくような政策を打ち出してもらいたいと感じてます...。
    • good
    • 0

 それにまだ、VDFには信頼性がありません。

現在の軽油自動車に正規軽油を注入してエンジンが腐食すれば、自動車会社に面倒を見てもらえます。VDFには歴史がありませんし、それ用に自動車は作られていないので不完全燃焼でススがエンジンの効率を悪くするかもしれません。これらの危険を消費者が背負うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんお返事ありがとうございます。廃油の
リサイクルシステムが確立するといいですね。

お礼日時:2001/09/16 22:24

廃食用油のリサイクルは、これから少しずつ進んでいくと思います。


参考となるかわかりませんが、情報を少し・・

・リサイクル装置は、南光(本社・鹿児島)、ディシーエイ(本社・東京)などが開発しています。
・生協の一部では車の燃料に再利用されています。
・長野市では公用車の燃料にできないか実証試験が行われるようです。
    • good
    • 0

「廃てんぷら油」からのVDFは採用するところ(行政?)が少しずつ増えてきているようですが・・・?



もちろん、染谷商店以外では行政が後押ししなければ、コスト面で厳しいのではないでしょうか?

「クリーン燃料」としては、確かに「硫黄分」+「芳香族(ベンゼン等)」がないことはメリットであると言われてます。

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=23564
この中で#2の回答で、「GAIAX」は最近また問題になってますが、VDFに関しては、フランス・アメリカ等で熱心に研究されてます。

「廃てんぷら油」は環境汚染面では、有効でしょうが、「地球温暖化」面では二酸化炭素を当然排出しますので・・・?
でも、これもバイオマスで「再生可能」と考えれば、「炭素ニュートラル」ですね?

話は反れましたが、「クリーンエネルギー」の本命は燃料電池ではないでしょうか?
もちろん、水素源として「化石燃料」では問題でしょうが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

廃油回収.シーゼル燃料として販売する


事は.実質的に石油化学コンビナート内では.行われています。
普及しないのは.回収費用の問題だけです。
コンビナート内で発生した廃油は.廃油バーナーで燃して.コンビナート内の熱源として使用されています。石油化学業界は.独占の為の価格競争が激しく.新規参入会社が存在すると.あの手.この手の価格競争が発生し.新規業者がいなくなると.なぜか価格が急上昇する世界ですから(過去の石油価格の変動を調べてみて下さい)。
    • good
    • 0

廃油の回収システムが出来上がっていないことが全てではないでしょうか。


現在、滋賀県で菜種によるVDFの実験が行われていますが、コストの問題解決にはもうしばらく掛かるようです。
また、現在掛かっている税金がVDFには掛かりませんから、行政としては進めづらいものなのかもしれませんね。
元々、染谷商店さんは廃油の回収を商売とされていた訳ですから、何とかなっていますが、他の業界から参入するのにはリスクが大きすぎます。
廃油回収業そのものが利益の薄い商売ということですから、その辺を何とかしない限り難しそうです。
    • good
    • 0

ズバリ単刀直入に回答させていただきます。


1、廃油からの再生にコストがかかりすぎること。
2、課税対象に指定されること。(軽油取引税;都道府県が課税)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんかこのアプリだけすぐ落ちる。(´・ω・`)何が原因ですか?Cookieは削除しました。アプリをア

なんかこのアプリだけすぐ落ちる。(´・ω・`)何が原因ですか?Cookieは削除しました。アプリをアンインストールして入れ直しました。でも相変わらず、エラーメッセージが出て落ちます。(´・ω・`)
なぜでしょうか?
スマホを落としたのが原因ですかね?

Aベストアンサー

教えて!gooのアプリですか?
それならアプリ自体の不具合だと思っています。
ゲームとは違い、入力中にさえ落ちなければ余り問題にならないのかも知れません。
初期の頃から同じ不具合が続いているので、たまに入れて使い勝手を確認していますが、結局私はアプリは使わないですね。

Q発電も含む化石燃料の猶予

震災における日本の原発停止における多くの火力発電所
再稼動や、自家発電の急増、
また、それによる節電による電気使用からガス使用へのシフト

その他、途上発展国の急成長等や、日本等を除く
世界的な人口増加による各種化石燃料
(石炭、石油、天然ガス、及び近年利用検討されている
 メタンハイドレートや、シェールガス)の使用猶予は
どれぐらいになるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化石燃料の埋蔵量には色々な種類があり、発見されている全ての量を言う究極埋蔵量と、現在の売買価格と技術を合わせ考えて採取可能と考える量の可採埋蔵量が良く使われます。
可採埋蔵量はエネルギー価格が上がると増えるので、使用猶予と言う事からは究極埋蔵量が対象になるかも知れません。
2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。
この場合の一次エネルギーには化石燃料以外も含まれるので、その計算はもう少し長くなるのですが、その後シェールガス開発と言う大きな変化が発生しました。

天然ガスについて新しい採取法でガスが得られる新田が、2009年の一部地域の調査だけで今までの世界中の埋蔵量以上に発見されたのです。
また海底油田もメキシコ湾の事故以降も新しく発見が続き、石油埋蔵量自体も可採で5割増は下らないとされています。

ですから化石燃料寿命の計算はもっと伸びて、無くなる事を気にするレベルではありません。


勿論、人口増や開発途上国の一人当たりのエネルギー使用増は、そのまま続けば資源寿命を減らす要因ではありますが、需要が増えればエネルギー価格が上昇し、既に可採埋蔵量に算入され始めたオイルサンドだけでなく、オリノコ原油やオイルシェールと言った採取コストが掛かる新資源も「埋蔵量」に追加されるので、燃やすものが無くなる事はないでしょう。

むしろ燃やし続ける影響の方が、人類存続にとっては問題になると思います。

化石燃料の埋蔵量には色々な種類があり、発見されている全ての量を言う究極埋蔵量と、現在の売買価格と技術を合わせ考えて採取可能と考える量の可採埋蔵量が良く使われます。
可採埋蔵量はエネルギー価格が上がると増えるので、使用猶予と言う事からは究極埋蔵量が対象になるかも知れません。
2008年時点の可採埋蔵量と一次エネルギー全消費量で計算した寿命は66年、究極埋蔵量では918年と言う計算結果がある様です。
この場合の一次エネルギーには化石燃料以外も含まれるので、その計算はもう少し長くなるのです...続きを読む

Qショートの意味とブレーカーの落ちる原因について

機械音痴の自分なのですが、昨日職場で仕事をしている最中に電源が全て落ちまして主電源装置を調べると水が垂れてました(装置の下に水溜りが出来ていました)。
昨日はすごい雨だったので何かの原因で雨漏りし主電源に通じるパイプを伝って雨が装置の中に入ってたようです。
素人では治せないんで今日業者に来てもらって修理してもらうことになりました。社員の人達はショートしたなと言ってました。
恥ずかしい話なんですが、今までショートするとはブレーカーが落ちる状態のことを言うのと思っていました。
そこでお聞きしたいのですが、ショートの意味とブレーカーが落ちる原因を教えてもらえないでしょうか?
職場が工場関係なんで将来仕事を任される時がきてこんなことも知らないようでは情けないんでちゃんと理解しておこうと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地につながる」です。
「漏電」とも言います。

水分によって電線や機械の絶縁が破壊され、プラスの電線からマイナスの電線へ戻るより早く、機械の枠などを通して地面へ流れて行ってしまう現象です。

漏電も小規模のうちは見つけ出すことが困難ですが、ある程度の量になると、人が機械に触っただけで、ビリッビリッと感じるようになります。
さらに大きくなれば、人の生命を危機にさらしたり、出火したりすることもあります。

漏電は、専用の「漏電しゃ断器」で保護するようになっていますが、古い設備ですと漏電しゃ断器などないこともあります。
雨のかかった量が多ければ、地洛 (= 漏電) と短絡とが同時に起こることもあり得ます。

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地に...続きを読む

Q廃油燃料は車の改良が必要ですか?

廃油燃料の使用を検討していますが、
車の改良が必要ですか?
必要であれば経費はどれくらいでしょうか?
ちなみにディーゼルエンジンです。

Aベストアンサー

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3719462.html)の ANo.3 と ANo.4

詳しくは、↑をご覧下さい。

Q走行中に突然回転数が落ちる、原因はサーモ?

走行中に突然回転数が落ちる症状が出ました

1:ギアチェンジの直後などに突然回転数が落ち失速、アクセルを吹かして持ち直す

2:対向トラックの風圧を受けた直後に回転数がガクンと落ち失速

バイク屋に見てもらいましたが原因は不明とのことでした、
吸気・供給系には問題がなかったそうです。

その後は何事も無かったかのように調子よく回っていますが、原因がはっきりしないのでちょっと不安です。

以前も似たような症状があったのですが、その時はキャブのキャップが割れており、それが原因かも知れないということでした。
が、最近また似たような症状が発生しました

どちらも朝方の寒い時間帯に発生したのでサーモが原因かな
と思っているのですが、はたしてサーモの故障でしょうか?

Aベストアンサー

まずこういったところで質問するときへのアドバイスですが、自分が正しいと思っている用語に間違いがないか、勘違いがないか、よくネット検索した上で書き込みましょう。

多分あなたの言う「サーモ」とはラジエターのことでしょうし、「キャップ」とはインシュレータのことです。
用語の間違いがあると正しく伝わりませんし、理解も遅くなります。

私は、突然の回転低下でその後再発しない、ということで、燃料ではなく電気と思います。急な回転低下でその後戻るのは、失火ではないかと思うからです。
ジェネレータからイグニッションコイル、そこから最終的にプラグキャップにいたるまで、どこかに接触不良か断線があるのではないかと思います。まれにイグナイタということもありますが、現車見ないとわかりません。

あなたが十分なスキルがあるなら、このあたり確認してみてください。

Q化石燃料

自分が子供の頃に化石燃料の石油やガソリンはあと50年とかでなくなるって授業
で受けた記憶があります

それから20年以上経って今の小学生の授業でもあと50年とか60年で底を尽きるって言う

一向に減ってないやん!
結局なくなる事ってないんではないですか?

また10年20年だってもまだ50年は取れるとかって感じになるじゃないですか?

Aベストアンサー

近年、新油田の発見が相次いでいます。例えば2007年ガーナ沖合いで油田が発見されて、それが開発されGDP成長率が13.7%にもなるという大騒ぎです。ガーナチョコレートどころではありません。もちろん、そんなことは20年前には誰にも分からなかったことなのです。といって今後も新油田の発見が続くのかは誰にも分かりません。そうかも知れないし、そうでないかも知れません。未発見の油田を充てにして計算に入れるなんてことはできません。供給側には技術の発展だけでは計算できない変動要因があるのです。

需要側にも技術の発展だけでは計算できない変動要因があります。例えば日本は一時期石油火力で70%発電していました。それが石油の価格高騰を受けて、石炭火力、ガス火力、原子力発電、風力発電などにシフトして今では石油火力の依存率は10%を切るぐらいにまで減少させたのです。そういう政策的なシフトは発電だけでもありません。たとえば自動車でもそうです。オイルショックを機にサトウキビやトウモロコシを原料とするバイオエタノールがガソリン代替燃料として脚光を浴びました。電気自動車や天然ガス自動車、LPG自動車へのシフトも進みました。石油の価格が上がれば上がるほど、代替燃料の技術開発が促進され、代替燃料へのシフトが推進されるのです。それは日本だけでなくどの国も同様です。価格だけでなく、地球温暖化問題や大気汚染問題などの環境問題も脱石油への後押しになるのです。

小学生の授業でどこまで教えられているのか私は知りませんが、ここには書ききれないぐらいの多様な脱石油への取り組みが世界中で推進されているということなのです。小学生だって、いつまでも小学生ではないはずです。

近年、新油田の発見が相次いでいます。例えば2007年ガーナ沖合いで油田が発見されて、それが開発されGDP成長率が13.7%にもなるという大騒ぎです。ガーナチョコレートどころではありません。もちろん、そんなことは20年前には誰にも分からなかったことなのです。といって今後も新油田の発見が続くのかは誰にも分かりません。そうかも知れないし、そうでないかも知れません。未発見の油田を充てにして計算に入れるなんてことはできません。供給側には技術の発展だけでは計算できない変動要因があるのです。

需要側...続きを読む

Qこういうささいなミスでも落ちる原因になりますか

これまで正社員募集3件とパート1件を応募しましたが、すべて断られてしまいました。そのもどってきた履歴書をよくみると
○○○大学入学
×○○大学中退
と書いてありました。今、気が付きました。もしかして、私が落ちた理由はこの履歴書(パソコンで書いてある)の変換ミスかなとおもいました。
こういうささいなミスでも落ちる原因になりますか?
回答、お待ちしてます。

Aベストアンサー

職種や、企業にもよるでしょうが、落ちる原因になるでしょう。
大事な履歴書、しかも自分の経歴を間違える。しかもそれに気づいていない。致命的っちゃあ致命的ではないでしょうか。
ミスしたところ以外の内容が良くても、「この人は大丈夫かな…」と思うでしょう。

ところで、履歴書って手書きで書くものじゃないですか?
私は、新卒の就職活動しかしたことがなくて中途に関してはよくわかりませんけど、履歴書は絶対手書きでした。

Q今の化石燃料採掘フィーバーについて

日本ではメタンハイドレード、アメリカではシェールガスやカナダから石油のパイプラインを敷設したりと化石燃料フィーバーに沸きあがっている。
確か化石燃料を止めてCO2を削減しようとしてハイブリッドカーやら電気自動車やらの開発が進められていたのではないだろうか。
元々私自身は地球温暖化CO2主犯説には懐疑的的でしたがメディアではまるでそれが常識の如く流布されていますがこのアメリカや日本の傾向との間の矛盾をどう捕らえているのでしょうか。

Aベストアンサー

中東原油が高くなったからです。
主にイラク問題ですね。米が侵攻したから。ブッシュ息子のせい。
日本での原発事故も世界的な影響を与えています。
やっぱり原発ダメじゃんと。
自然エネルギーも注力はしても、技術的なブレイクスルーが無いといまいちなので、やはり当面は化石燃料しかない。
原油の値上がりによって、けったいな種類でも採算が見合うようになってきました。

CO2問題はまた別。まだまだ贅沢したいと。
温暖化は孫の世代が勝手に悩めばいいのでしょう。俺はしらん。

Qメインブレーカーの落ちる原因

とある会場でメインブレーカーが落ちる事故が発生しました。
分電盤内のうちメインブレーカーはELB40A、子ブレーカーはMCB20Aが8回路です。
事故当時メインのELBだけが落ち、子ブレーカーは落ちていません。
漏電かと思ったのですが、ELBの漏電表示はでていませんでした。
当時は過電流で感知するほど電流は流れておらず、せいぜい3Kwほどしか使われておりませんでした。

質問ですが
①漏電表示が出ていなくとも漏電でメインだけが落ちる事はありえるのか。
②短絡で20Aの子ブレーカーが落ちずにメインだけが落ちる事があるのか。
他考えられる事故原因はありますでしょうか。

その後ブレーカーを上げたのですが問題なく使う事ができ、落ちる事もありませんでした。

線路内中にケーブルの被覆が損傷している部分があり、何かの振動でたまたま触れ落ちた(その後たまたま触れなかった)のかと思いました。ですが、知り合いの電気業者さんに相談したところ、短絡かも知れないと言われまして相談して頂きました。

Aベストアンサー

>①漏電表示が出ていなくとも漏電でメインだけが落ちる事はありえるのか。
漏電で落ちたのなら、必ず漏電表示が出ます。
現在のELBは、過電流でも動作するものがほとんどなので、漏電表示が無ければ過電流、短絡等で動作したものと考えられます。
漏電専用ELBの場合は、「地絡専用」や「OC(オーバーカレント:過電流)無し」などの表示があります。
>②短絡で20Aの子ブレーカーが落ちずにメインだけが落ちる事があるのか。
たとえば、メインブレーカーに定格電流に近い電流が流れていて、そのうえで子ブレーカーが短絡した場合は、各々のブレーカーの動作特性やサージ(衝撃)電流の有無によっては、子ブレーカーが落ちずにメインブレーカーが動作することはありえます。
その後、ブレーカーが動作していない、ということは、損傷ケーブルによる一過性の短絡が考えられますが、現地を見ていないので参考程度にお考え下さい。

Q廃油を燃料にしたボイラは違法ですか?

社内の廃油、エンジンオイルや切削油、厨房の大豆廃油などいっぱいでるのですが、廃油焚きボイラがあることを知りまして、導入しようかと。
大気汚染防止法なんかは、A重油や灯油に換算した値で資料を提出とあるんですが、
そもそも、こういった廃油を燃やしても良いのでしょうか?
そのボイラには”地球にやさしいエネルギの有効利用と低コスト”と書かれていまして。NOxはかなり低くなるようです。(たぶん80ppm以下なんでしょうけど)
どなたか、詳しい方教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

お問い合わせの器具は「ボイラー」と言うよりは「焼却炉」と言うべき物だと思います。通常の焼却炉と違うのは燃やす物が個体か液体かの違いだけです。
こういった廃油には正体のわからない残さが多く含まれているのが普通です。
例えばエンジンオイルの廃油では硫黄分が多量に含まれる事が多く、燃やすと硫黄酸化物(亜硫酸ガスとも言う)が発生してしまいます。厨房の廃油では食塩が溶け込んでいる事が考えられ、これを燃やすと今話題のダイオキシンを発生させます。
その他の問題も多々考えられるので、このようなタイプの焼却炉は「地球をいじめる」器具であるといえます。
「環境にやさしい」処理方法を考えるなら、燃やすのではなく、新しい油に精製再生したり、植物油の場合は飼料原料等にしてくれる企業に引き取ってもらうべきと考えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報