36歳の男性、170cm、61kgです。
3/20に登山中に雪崩で流され、右足くるぶしを骨折、左足かかと粉砕しました。
6/5に退院して今は1時間程度歩けます。
登山に必要な脚力を回復するために
(1)机に手をついて爪先立ちでの足踏み左右交互に50回ずつ、
(2)机のはしを手でつかんでしゃがんで立ち上がることを100回、
という運動を毎日1回ずつやっています。
筋力トレーニングの本などを読むとよく「セット法」という言葉が出ていますが、
私の運動も何回かのセットに分けたほうが効果があるのでしょうか?
(セット法の意味がわからないのです)
また毎日ではなく間隔を空けて休息日を入れたほうがよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

unanira さん こんにちは


腕立て伏せですが軽いメニューと「1分休み」ですと筋肉が簡単に回復してしまいその後、軽めの腕立て繰り返しでは効果は期待できません。
そこで 一工夫。
1)手のポジション。
・いつもの置く場所から内側へ手1つ分ずらす。
・いつもの置く場所から外側へ手2つ分ずらす。
2)下げる時「スッ」でなく
・2秒かけて下げる
・3秒かけて下げる
・4・5秒かけて下げる
すれすれのとこで1-2秒停止
上げるときは可能な限りすばやく。

1)手のポジション 内側入れると大胸筋の内側(胸の谷間)に効きます。左右合わさると、力こぶの後の上腕三頭筋にかなり、効いてきます。
外側ですと大胸筋がフルストレッチ状態になりますが上げても大胸筋は「縮みません」
筋トレで一番重要なのは「フルストレッチ状態」から「最大限に筋肉を縮ませる」その間に最適な負荷を掛ける。これが「BEST」
腕立て手内側・・縮まるがフルストレッチ成らず。
腕立て手外側・・フルストレッチでも、縮まらない。
早い話、両方やると、効果てき面。
上腕を体側につけると上腕三頭筋に効果大。
2)秒数こだわるのは同じパターンでやってると筋肉が運動を学習してしまい、成長を妨げやすい。
10回を1セットでも 効果出す方法。
1セット目。手いつもの場。2秒で下ろし即すばやく上げる
2.手2つ外。3秒下ろし。1秒停止。で、すばやく上げる
3.手1つ内。2秒で下ろし1秒停止。すばやく上げる
などなど、6セット全部違うと今迄経験したことない、刺激あります。
セット間の休憩も1分は「長すぎ」です。15秒くらいです。

腕立て、狭いと持ち上げる距離(高さ)が長いので「キツイ」
腕立て、広いと持ち上げる距離(高さ)が短いので「楽」

同じパターンだと「飽き易い」です。がマメに変えると「長続き」します。

ではでは。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>同じパターンでやってると筋肉が運動を学習してしまい
はー、そうなんですかぁ・・・勉強になるなぁ・・・
質問したかったこと以上の回答をいただいてしまいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/24 13:42

unanira さん こんにちは


>このように複数回に分ける目的は何でしょう
そもそも、ウエイトトレーニングとは・・
日常生活では、必要のない 重さを押したり 引いたりして筋肉に負荷を何回も かけ、かかった筋肉は筋繊維がミクロ単位で 傷が着き その傷の 修復のため 蛋白質が 飛んできて 付着し 治します。治し方は 傷つく以前より 強固に治してくれます。
その 結果、筋肉が 太くなり、またパワーがつくのです。

結果を 出すためには何かを仮に10回だけでは なんにも 得られません。(筋繊維が傷つかない)
10回やって2-3分 休み また10回・・・5回くらい繰り返しトレーニングすると 筋繊維が傷つき いずれは結果として現れるのです。

同じ運動を3回以上の複数回(セット)こなすことで、後々太く、強くだけでなく、筋持久力もつきます。

余談ですが回数のことを「かいすう」とは呼ばず「レップ」と中級者以上の人は呼ぶのが多いです。
1セット目・・50キロ 10回 のことを50キロ10レップと呼んでます。もちろん10回でも問題ありませんヨ。

結論として 筋肉を 鍛えるためには複数回に分けるのは必要不可欠なことなのです。

某ボディービルダーは各筋肉 1セットだけで鍛え上げましたが、その人が特別であって基準にはなりません。

以上です。ではでは。。。

また 質問ありましたら、わかる範囲で お受けします。。

この回答への補足

例えば腕立てふせを60回連続でやるのはかなりキツイですが、
20回やって1分休みというのを3セットならずいぶん楽です。
10回やって1分休みというのを6セットならもっと楽です。
効果は変わらないと考えていいでしょうか?

補足日時:2001/08/23 07:55
    • good
    • 0

unanira さん こんにちは


セット法とは・・・
身近な例をあげると「朝マックセット」「バリューセット」「昼ランチセット」など一品だけでは セットとは呼びません、商品構成数が複数をもってセットと呼ばれてます。よね?

セット法とは、これと全く同じ考えです。その前に、

セット法とセットは違います。
「セット」はトレーニング(以下トレ)の回数のことを、1回目2回目と呼ばず、1セット目、2セット目と呼んでるだけの事なのです。
例)有名な ベンチプレス でいくと
1セット目・・50キロ 10回
2セット目・・60キロ 8回

本題の「セット法」について
上の例でいくと、このトレではベンチという、トレ種目だけトレしてます。
ここで1セット目 50キロ 10回終わったら10秒以内に仮に腕立て伏せを20回トレするとします。
これは1セットの構成が「ベンチ」&「腕立て伏せ」の2種目でセットとなってますよね?
このように 複数種目いっぺんに(続けて) トレすることを「セット法」と呼びます。

セット法の種類
コンパウンド セット法
同一筋肉に対し2種類のエクササイズを連続して行う。
例)「ベンチ」&「腕立て伏せ」これは「胸」(大胸筋)を「ベンチ」&「腕立て伏せ」という2種目のトレで鍛える

トライセット法
同一筋肉に対し3種類のエクササイズを連続して行う。
例)「ベンチ」&「腕立て伏せ」&「ダンベルプレス」

ジャイアント・セット法
同一筋肉に対し4種類のエクササイズを連続して行う。
例)「ベンチ」&「腕立て伏せ」&「ダンベルプレス」&「ダンベルフライ」

スーパーセット法
拮抗する2つの筋群を続けて鍛える。「拮抗(きっこう)する」とは相対する筋肉。「胸と背中」「腹筋と背筋」「2頭筋(力こぶ)と3頭筋」などなど。
具体的に、ベンチと懸垂を同時にする。ベンチは胸。懸垂は背中。
他にも ありますが割愛。
おわかり いただけたでしょうか?

unaniraさんの質問で(1)(2)は
(1)トレは「ふくらはぎ」のトレ
(2)トレは 有名な「スクワット」足全体トレで主に太ももの前側と でん部(お尻のホッペ)

あと質問の トレ法ですが(今回の場合はリハビリ) unaniraさんの主治医、リハビリの先生と相談されたほうが安全 確実だと思います。

今回は「セット法」について書きました。

来年の 夏山登山目指して リハビリ頑張って下さい!!

ではでは・・・・。

この回答への補足

ありがとうございます。かなりすっきりしました。
疑問点が整理できました。
>例)有名な ベンチプレス でいくと
>1セット目・・50キロ 10回
>2セット目・・60キロ 8回
このように複数回に分ける目的は何でしょう。
1セット目の回数を20回にしてそれでおしまい、というのより
メリット(効果が高いとか苦しくないとか)があるのでしょうか?

補足日時:2001/08/20 09:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正しい足踏み方法

足踏みをすると骨盤の矯正にもなると聞きました。
正しい足踏み方法ってあるのでしょうか?
ご存知の方いらしたらぜひぜひ教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
骨盤の矯正に効く方法かどうかは忘れましたが
つま先を床につけたままかかとをゆっくり30回程度上下させればいいと聞いた覚えがあります。

スポーツクラブに関する総合サイトですが
自宅で出来るエクササイズ等も載ってますのでよろしければご覧下さい。

http://www.cmnw.com/

参考URL:http://www.cmnw.com/

Qプロテイン5gを30分に一回ずつ食べる減量法について

普通の減量に飽きてつまんなくなってきたので、タイトルどおり、プロテイン5gを30分に一回ずつ食べる、というやり方で減量しようかなと思います。

5、6年前の○ッスル&○ィットネスに書いてあった、30分に5グラムずつホエイプロテインを摂取することが抗筋カタボリックに最も有効、という嘘か誠かなんともおぞましいうろ覚えの記憶を元ネタにしています。(今手許に大量のプロテインがあるということもあります)

炭水化物は野菜からのみで、一日の摂取トータルキロカロリーは1000くらいだと思います。うまく脂肪のほうがたくさん落ちてくれれば良いのですが・・・。実験です。

ちなみに現体脂肪率はそれほど高くなく、短期間にどかっと痩せたいなと思ったということがあります。ノンカーボ減量に対する私の体の反応はとてもポジティブです。(有カーボ減量に比して。)

ということで、筋肉がごっそりいくからやめとけ、あほか、間違い、結末予想等のご指摘をお待ちしております。

実験なんて勝手にやってろしらん、とお思いでしょうが皆さんの意見を知りたくて勝手にやってみればよいところ、質問させていただきました。よろしくお願いします。

普通の減量に飽きてつまんなくなってきたので、タイトルどおり、プロテイン5gを30分に一回ずつ食べる、というやり方で減量しようかなと思います。

5、6年前の○ッスル&○ィットネスに書いてあった、30分に5グラムずつホエイプロテインを摂取することが抗筋カタボリックに最も有効、という嘘か誠かなんともおぞましいうろ覚えの記憶を元ネタにしています。(今手許に大量のプロテインがあるということもあります)

炭水化物は野菜からのみで、一日の摂取トータルキロカロリーは1000くらいだと思います。うまく...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

hisaさんお久しぶりです。

1回5gといえども30分間隔なら結構な総量になりますね。
でも、えーと、個人的にはあまり良い方法ではないと思います。

あまり良いと思わない一番の理由は、面倒臭そうだから、なんですが、それ意外にも理由があります。

ボディビルでは食事はできるだけ細かく分けた方がいい、ってことはよく言われたりすることだと思うんですが、これが極端になって、常にアミノ酸を高いレベルに保つという考えに固執しすぎるのは実はあまり良いことではありません。
というのは、常にアミノ酸レベルが高いままだと、「アミノ酸への感度が落ちる」可能性があるからです。つまり、アミノ酸レベルが高いにもかかわらず、それをきっかけにアナボリックな反応が向上することなくただ排出されてしまう、なんてことが起こります。

まあ抗カタボリックには効果があるかもしれません。ちなみに、この程度の少量ではインスリンレベルはおそらく上昇せず、抗カタボリックな作用はインスリンではなくアミノ酸レベルが高まることそのものによる効果になると思います。

でもって、ホエイを小分けに摂取するというアイデアについては、次のような研究があります。2001年の研究です。ホエイを小分けに摂取すると、吸収の速いホエイでも吸収の遅いカゼインに似たような特性になります。

Dangin M, et al. The digestion rate of protein is an independent regulating factor of postprandial protein retention. Am J Physial Endocrinol Metab. (2001) 280: E340-8.
http://ajpendo.physiology.org/cgi/content/full/280/2/E340

この研究では以下の4パターンが比較されています。
・アミノ酸、カゼインと同じアミノ酸構成(AA) - fast
・カゼイン(CAS) - slow
・ホエイ(WP) - fast
・ホエイ、240分に渡って20分間隔に小分け摂取(RPT-WP) - slow

で、殆ど内容は読んでいませんが、slow (CAS、RPT-WP)では、
・タンパク質合成が小さい
・アミノ酸の酸化が少ない
・長時間に渡ってタンパク質分解が抑制される
・インスリンレベルが上昇しない
…などという結果だそうです。

こんにちは。

hisaさんお久しぶりです。

1回5gといえども30分間隔なら結構な総量になりますね。
でも、えーと、個人的にはあまり良い方法ではないと思います。

あまり良いと思わない一番の理由は、面倒臭そうだから、なんですが、それ意外にも理由があります。

ボディビルでは食事はできるだけ細かく分けた方がいい、ってことはよく言われたりすることだと思うんですが、これが極端になって、常にアミノ酸を高いレベルに保つという考えに固執しすぎるのは実はあまり良いことではありません。
という...続きを読む

Q錠剤のサプリって粉砕してもいいんですか?

錠剤のサプリって粉砕してもいいんですか?
リジン1000mgというサプリメントを飲んでるのですが粒が大きすぎて飲めません。。
もともと錠剤を飲むのが苦手なので半分に割って飲もうとしたのですがそれでも喉につまり死にかけました・・・。
それで粉砕して粉状にして飲もうと思うのですが粉砕しても効果は変わらないでしょうか?

Aベストアンサー

サプリメントはそもそも食品なのでお好きにどうぞ、そもそもサプリメントは効果を謳えませんので。

せいぜい○○を応援とか、○○をサポートって言う曖昧な表記だけです。

飲みやすくするために錠剤になっていますが、サプリの錠剤自体に機能はありませんので砕こうが溶かそうが影響無いでしょう。
ちなみに医薬品であれば胃で溶けないで腸で溶けるや、徐々に溶けるなどあるので医薬品では基本的にやっちゃだめです。

むしろ砕いた方が早く成分は出ると思いますよ。

Q虫歯の神経を抜くのに、5回も6回も通院する必要性など、あるのでしょうか?

 お世話になります。

 私の妻が、虫歯を悪化させたため、近所の歯医者へ受診しました。

 その結果、「大臼歯2本について、神経を抜く必要がある。」との診断を受けたとのことで、もう4回もその歯医者へ通っています。
 しかし、まだ作業が終わらず、もう2回か3回は通わねばならないそうです。

 私は、親知らずを全部(4本)抜くのですら、2回で終わりました。
 また、神経を抜いたケースでも、抜くのに1回、かぶせるのに1回の都合2回で済みました。

 たかだか2本の歯の治療のために、そんなに何回も通院が必要というのは、妙な気がしてなりません。
 通院を重ねることで、出費もバカにならなくなっています。

 このようなことは、適正なのでしょうか?
 以前通っていた歯科医が、本来1日で除去できる歯垢を6回に分けることで不当に利益を上げていたことを思い出すと、素直に医師を信じて良いものか判断に迷っています。

 どうかご意見をくださいませ。

Aベストアンサー

根の治療の回数を重ねて儲ける…20年以上前の中傷本にはそう書かれていました。しかし、僅かな経済観念があれば、そんな無意味な事はしません。さっさと治療を進めた方がマシな収入と信用を得るからです。

大臼歯は上の歯で3本、下の歯で2~4本の神経(根管歯髄)があります。また歯の根の形状や太さは人によって大きく違い、太くてまっすぐなら1~2回で出来ますが、細く、曲がっている場合には(きちんと治療するためには)一本ずつ広げていかなければなりません。
急いで処置をすると、不十分な治療になったり、根の壁に穴を開けてしまう危険性があります、もし穴を開けてしまったら、最悪の場合抜歯になります。
 大きな虫歯や長期に虫歯を放置した場合は、神経が細くなっている可能性はかなりありますから、その場合、2本の根管処置だけで最大10回くらいの治療回数がかかる場合もあります。
 もし、担当医から説明が無ければ、対応に難があると言えますが、あくまでも治療回数はケースバイケース。回数が少ない事は歯医者の善し悪しには関係ありません。
 むしろ危険性を説明せず、回数を減らす方が「危険な歯医者である」場合がある事もご承知おき下さい。

根の治療の回数を重ねて儲ける…20年以上前の中傷本にはそう書かれていました。しかし、僅かな経済観念があれば、そんな無意味な事はしません。さっさと治療を進めた方がマシな収入と信用を得るからです。

大臼歯は上の歯で3本、下の歯で2~4本の神経(根管歯髄)があります。また歯の根の形状や太さは人によって大きく違い、太くてまっすぐなら1~2回で出来ますが、細く、曲がっている場合には(きちんと治療するためには)一本ずつ広げていかなければなりません。
急いで処置をすると、不十分な治療になった...続きを読む

Q来月にちょつとハードな登山に行きます。

来月にちょつとハードな登山に行きます。

疲労回復と足の痛み等に効果のある漢方薬を教えて下さい。

Aベストアンサー

漢方薬に本質は東洋医学に由来する治療です。また処方も症状はもちろん個人の性格といわれる「証」に合わせて出されるオーダーメイド方式です。
従って来月登山だからといって症状も出ていない状態で適切な漢方薬を紹介することは出来ません。

今できることは登山という過酷な環境に負けない体を作ることだと思います。疲れないように心肺能力を強化し、足腰のトレーニングをするのがいいと思います。有酸素運動はもちろんある程度嫌気的なするべきだと思いますし、足腰のトレーニングではレッグプレスやカーフレイズが適当だと思います。強度は20レップを超えても問題は無いでしょう。
ご存知かと思いますが、目的に合わせてトレーニングすれば筋肉痛を緩和することが出来ます。関節痛が心配であればコンドロイチンやグルコサミンなどのサプリメントを服用しておくのも手です。当日の疲労回復のためにクエン酸ドリンクを持参するのもいいでしょう。
登山でバテないためにバランスの取れた食事を心がけ、登山前日と当日は炭水化物の多い食事にしましょう。
色々上げましたが、それ以外にも方法はたくさんあるはずです。

確かに市販されている風邪薬の成分ですら痛みに効果があるともいますが、ですが医薬品や漢方薬は最後の手段と捕らえるべきで、副作用もありますし、素人判断で飲むのは危険です。
登山に薬を携帯し、何らかの症状が出たからといって自己判断で飲んでも誰にも責任はとれません。症状が悪化する可能性もあるのです
お勧めは出来ません。

漢方薬に本質は東洋医学に由来する治療です。また処方も症状はもちろん個人の性格といわれる「証」に合わせて出されるオーダーメイド方式です。
従って来月登山だからといって症状も出ていない状態で適切な漢方薬を紹介することは出来ません。

今できることは登山という過酷な環境に負けない体を作ることだと思います。疲れないように心肺能力を強化し、足腰のトレーニングをするのがいいと思います。有酸素運動はもちろんある程度嫌気的なするべきだと思いますし、足腰のトレーニングではレッグプレスやカーフレ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報