PEAVEYのアンプで「5150」ってありますよね、これってどう読むのでしょうか?ご存知の方、教えください。お願いします。

A 回答 (3件)

「ごーいちごーまる」と楽器屋では言ってました。


メーカーさんでもそれで通ってますね。
    • good
    • 0

僕の周りではゴーイチゴーマルって呼んでます。

    • good
    • 0

こんにちは。


ふぃふてぃわんふぃふてぃ
でよいのではないでしょうか。
#Van Hallen 好きなものですから
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPEAVEYのギターアンプ

部活のスタジオでPEAVEY社製のヘッド(XXL)とキャビ(XXL 412 slant)を使用しているのですが、弾いてると音が小さくなるんです。
店に戻して診てもらったところ、異常はないといわれました。ヘッドの出力とキャビの入力のインピーダンスもあっていて、原因がわかりません。他に考えられる原因はありますか、また、対処法を教えてください。

Aベストアンサー

 ”弾いていると音が小さくなる”というのは、”数分~数十分間続けて音を出して使っていると、突然音量が落ちる”というようなものなのでしょうか?

 どのようなギターやシールドを使っても同様な状態になるということであれば、やはりヘッドの電気回路系の異常ということになるかと思います。
 PEAVEYのXXLは、チューブアンプでは無く、”Trans Tubeテクノロジー”なる回路方式を使っているトランジスタアンプのようですので、この回路の詳細も見てみないと何とも言えないのですが、通常このようなトラブルの場合は、ヘッド内のパワーアンプ部の出力段のトランジスターあたりに問題が発生しているケースが多いでしょうか。
 このようなトラブルは、一般のオーディオアンプ等でもあることですが、基本的にはトランジスタ等の素子の交換を行えば、直る見込みはあることにはなります。


 ある程度の時間が経って異常が発生するということであれば、回路の動作による温度上昇が影響している可能性がありますので、スピーカーへの大電流が流れて発熱する、この出力段のトランジスターあたりがますます怪しいことになるわけです。
 
 部活での練習時には、常にかなりの大音量を出しているのでしょうか? もし、そのようであれば、回路の発熱量は音量の大きさに比例しますので、小さな音量で音を出している場合等には、同様なトラブルが発生しない可能性もあります。
 すなわち、修理に出した先でも、同様な大音量でしばらく音を出し続けてみない限り、トラブルが再現せず、そのため故障箇所が発見できなかったということも考えられるわけです。


 ということで、とりあえずは、再び問題が発生するならば、状況を良く説明した上で再度修理に出すということになるでしょうか。 ”どれくらいの音量で、どれくらいの時間使用するとトラブルが発生する”というような詳細を書いたメモを添える等すれば、修理先でも対応しやすいかと思います。

 また、ユーザー側で確認できることとして、XXLにはプリアンプ出力が付いていますので、音量が下がる前と、下がった後とで、このプリアンプ出力の音量(レベル)を確認し、もしこの音量が変わっていなければ、パワーアンプ部の何らかの故障であることになります。 逆に、もしプリアンプ出力の音量も変わっているならば、故障の原因はパワーアンプ部ではなく、プリアンプ部にあるということで、故障箇所の切り分けができることにはなります。(⇒修理先での対応も容易になります。)


 キャビネットに故障があることはまず考えられませんし、インピーダンス関係でこのようなことが起こるとも考えにくいので、まずは、上記のようなことで、再度修理ということになるでしょう。
 また、前回の修理(確認)が、購入した楽器店で行ったものであれば、次回はその楽器店を経由せずに、メーカー(輸入代理店)に直接送ったほうが適切な対応をとってくれるかもしれません。

 ”弾いていると音が小さくなる”というのは、”数分~数十分間続けて音を出して使っていると、突然音量が落ちる”というようなものなのでしょうか?

 どのようなギターやシールドを使っても同様な状態になるということであれば、やはりヘッドの電気回路系の異常ということになるかと思います。
 PEAVEYのXXLは、チューブアンプでは無く、”Trans Tubeテクノロジー”なる回路方式を使っているトランジスタアンプのようですので、この回路の詳細も見てみないと何とも言えないのですが、通常このようなトラブルの場...続きを読む

Qマイナーキーでの階名唱法は1度の音を「ラ」と読む、「ド」と読む?

あらかじめマイナーキーと解っている曲を階名唱法するとき、皆さんは1度の音を
「ラ」と読みますか。それとも「ド」と読みますか?
「ラ」と読むとき、スケールの音は「ラシドレミファソラ」と読みますね。
「ド」と読むときは「ドレ(ミ♭)ファソ(ラ♭)(シ♭)ド」となりますね。
これでは、♭(フラット)の付いた音は、1音節で発音できないので、
コダーイ・メソッドの「ドディレリ唱法」を用いて「ドレマファソアチド」と、
人それぞれだと思いますが、みなさんは「ラ」と「ド」、どっちを基準として読みますか。
私は、これからどちらで読んでいこうか、悩んでいます。
「ラ」を基準とすれば、慣れ親しんだドレミしか出てこないから楽なんですけど、
「ド」を基準とした方が、度数(1度、3度、5度。。。)と一致させやすいんです。
みなさんは、どっちで読んでいますか?
理論的に、こっちがいいとか。習っている音楽の先生によって有無を言わさず、
こっちであったとか。いろんなご意見をおきかせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

頭の中で、感じた音の名前を、素直に出せば、それでよいのだと思います。

私の場合、純粋培養で小学校の音楽から「ドレミ」を習ったし、小学校の教科書の曲は8割方メジャーでしたので、ごく自然に、長調の基準音を「ド」と読んで、あとは全て相対的に音を感じておりました。

ですから、マイナーの基準音は、「ラ」であると感じ、何の疑問ももたずにおりました。

ところが、私が習った大学のある教授は、「僕は、短調だろうが長調だろうが、基準音がド、と聴こえてしまうんだよ。こればっかりは、直せといわれても直せないね。」と言っておられました。そんな人にははじめてであったのでカルチャーショックでしたが、よくよく聞いてみると、音楽を専門で学んでいく人には、先天的かどうかは別として、そのような意識で聞いている人も多いそうですね。

しかし、当時20歳だった私にとって、そんなことを言われても遅すぎる。また、全く不便は感じない、ということで、今でも私は、マイナーの基準音を「ラ」と読んでいます。

度数と一致しやすいとはいっても、こんなもの、あっという間に慣れますし。

ただ、今後、より、理論的な耳で音楽を聞いて、専門職にしたいと思うのならば、「ラ」は不利でしょう。

頭の中で、感じた音の名前を、素直に出せば、それでよいのだと思います。

私の場合、純粋培養で小学校の音楽から「ドレミ」を習ったし、小学校の教科書の曲は8割方メジャーでしたので、ごく自然に、長調の基準音を「ド」と読んで、あとは全て相対的に音を感じておりました。

ですから、マイナーの基準音は、「ラ」であると感じ、何の疑問ももたずにおりました。

ところが、私が習った大学のある教授は、「僕は、短調だろうが長調だろうが、基準音がド、と聴こえてしまうんだよ。こればっかりは、直せと...続きを読む

QCm7(♭5) ←これって何て読むんですか?


Cm7(♭5)←これってなんて読めばいいんでしょうか?
私はずっと
「シー・マイナーセブン・フラットファイブ」
または
「シー・マイナーセブン・フラットフィフス」
と読んで(呼んで?) いました。今もそうしています。

最近コードに関することを学ぶため、いろんな本を読んだり、ネットで調べたりしています。そこで、音楽的な用語をそれぞれ英訳すると

長…メジャー(例 長2度→メジャーセカンド)
短…マイナー(例 短3度→マイナーサード)
増…オーグメンテッド(例 増5度→オーグメントフィフス)
減…ディミニッシュド(例 減5度→ディミニッシュフィフス)

と言うことを知りました。言葉は知っていましたが、意味までは知りませんでした。
ってことは…

Cm7(♭5)← これは

「シー・マイナーセブン・ディミニッシュフィフス(またはファイブ) 」

とでも言うんでしょうか?

私は今まで大して楽典について勉強もせず、独学でギターを弾いてきたのですが、今までギターや楽器の初心者の人にコードに関することを教えたり説明する時に

「短3度」「増5度」「完全4度」

と言う言葉などを使うと、

「“短”とか“増”とか“度”って何? 何が“完全”なの?」

と聞かれることがありました。自分では理解しているつもりでしたが、それらを1つ1つ説明すると、長くなってしまいますし、初心者の方を混乱させるだけだと思い、単純に

m7コードは「1st・♭3rd・5th・♭7th」
aug7コードは「1st・3rd・♯5th・♭7th」

と言うふうに「♭」や「♯」を使って、言ったり書いたりして説明してきました。「♭は半音低く」「♯は半音高く」と言うことは、小学校の音楽の時間に習うせいか、誰も疑問に感じませんし、誤って伝わっているように感じていませんでした。

しかし

「“減3度”は“長3度”より半音低い」
と言うわけではなく
「“減3度”は“長3度”より半音分音程が短い」

と言うことを今更ながら理解しました。ということはつまり、マイナーコードを説明するのに
「短3度」や「マイナーサード」と言う言葉を使うのが正しいのに「フラットサード」と言っていたのは誤りでは?と考えるようになりました。

「マイナーサード」と「フラットサード」はちがうのであれば
「Cm7(♭5) 」これは「シー・マイナーセブン ディミニッシュフィフス」と読むのでは?と疑問に感じるようになりました。

そう考えると
「じゃあ「♭5」の「♭」は何なんだ。「減5度」は「完全5度」より半音分音程が短いってことで、「完全5度より半音低い」と音の高低を表す言葉ではないのに。」

とも考えるようになり、ここ数日頭が混乱していますし、悩んでいます。なにせかなり偉そうに説明していたんで・・・

簡単に

「“♭”や“#”という記号には、“音程を短くする、長くする”と言う意味もある」

とでもあればそれなりに解決するのですが、色々調べているのですがどうもそういうことでもないらしいです…

だらだら書きすぎて一体自分でも何をどう悩んでいるのか分からなくなってしまいましたが、このような疑問を持って混乱している私の頭をスカッとしてくれる説明や解説をお願い出来ませんでしょうか?

何卒よろしくお願いします。


Cm7(♭5)←これってなんて読めばいいんでしょうか?
私はずっと
「シー・マイナーセブン・フラットファイブ」
または
「シー・マイナーセブン・フラットフィフス」
と読んで(呼んで?) いました。今もそうしています。

最近コードに関することを学ぶため、いろんな本を読んだり、ネットで調べたりしています。そこで、音楽的な用語をそれぞれ英訳すると

長…メジャー(例 長2度→メジャーセカンド)
短…マイナー(例 短3度→マイナーサード)
増…オーグメンテッド(例 増5度→オーグメントフィフス)
減…ディミニッシュド...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース歴:約40年、52歳の男性です。
プロファイルにもちょこっと書きましたが、若い頃に楽典や和声学を少々勉強してましたので、
私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問のタイトルの「Cm7(♭5)」の読み方ですが、他の回答者の方も言われている通り、
「シー・マイナーセブン・フラットファイブ」が一般的だと思います。
正確(?)に言うならば「シー・マイナーセブンス・フラットフィフス」になろうかと思いますが、
ちょっと読みにくいというか、語呂が悪いというか…、前者の読み方が多い(一般的)と思います。

次に、お悩みの点をいくつか…。
>長…メジャー(例 長2度→メジャーセカンド)
>短…マイナー(例 短3度→マイナーサード)
>増…オーグメンテッド(例 増5度→オーグメントフィフス)
>減…ディミニッシュド(例 減5度→ディミニッシュフィフス)
とありましたが、和声学の原型である4つ三和音=トライアド(Triad)のことですね。

「長」は長三和音のことで、英語ではMajor triadと言い、ルート(根音)の上に長三度が乗り、
さらに短三度が乗った三和音のことです。<例> ド ⇒(長三度)⇒ ミ ⇒ (短三度)⇒ ソ

「短」は短三和音のことで、英語ではMinor triadと言い、ルートの上に短三度が乗り、
さらに長三度が乗った三和音のことです。<例> ド ⇒(短三度)⇒ ミ♭ ⇒ (長三度)⇒ ソ

「増」は、増三和音のことで、英語ではAugmented triadと言い、ルートの上に長三度が
2つ乗った三和音のことです。<例> ド ⇒(長三度)⇒ ミ ⇒ (長三度)⇒ ソ♯

「減」は、減三和音のことで、英語では、diminished triadと言い、ルートの上に短三度が
2つ乗った三和音のことです。<例> ド ⇒(短三度)⇒ ミ♭ ⇒ (短三度)⇒ ソ♭


貴殿が言われている…
>「Cm7(♭5)← これは「シー・マイナーセブン・ディミニッシュフィフス(またはファイブ) 」
>とでも言うんでしょうか?
のご質問ですが、このような言い方はしません。
何故ならば、ディミニッシュはあくまでトライアド(三和音)の呼称だからです。
ディミニッシュは構成する音の関係(音程)が全て短三度になっているコードの呼び方だからであり、
ご質問のように、ある特定の音階(音程)をフラットさせると言う意味ではないからです。


また、貴殿が質問に書かれている…、
>m7コードは「1st・♭3rd・5th・♭7th」aug7コードは「1st・3rd・♯5th・♭7th」
>と言うふうに「♭」や「♯」を使って、言ったり書いたりして説明してきました。

のところですが、「相対的な関係」と「絶対的な関係」をちょっと勘違いされているようです。

例えば、Cm7=シー・マイナー・セブン(ス)の場合を考えてみると、ド・ミ♭・ソ・シ♭となり
ますが、この場合の「音程」を整理してみます。
ルートから見た三度目の音程は「短三度」と「長三度」の2つがあります。
マイナーコードの場合、ルートから三度目の音階は、「短三度」である必要があるので、ミを♭
する必要がある…という意味であるだけです。
Cm7の場合、三度目にあたる「ミ」が♭になっているので、「1st・♭3rd・5th・♭7th」と言う
表現がでてくるのも理解できますが、これをAm7に置き換えてみましょう。

Am7は、ラ・ド・ミ・ソが構成音になり、1st・3rd・5th・7thのいずれにも♭は付きません。
貴殿が書かれている「m7コードは、1st・♭3rd・5th・♭7th」と言うのをAm7に当てはめると
おかしくなってしまいます。つまり、ルート音から見ると「短」であろうと「長」であろうと
三度音程は三度音程なのであり、三度目の音階が♭しているか、♯しているかは問題ではなく、
ルート音から「半音、全音が何個分あるか?」という「音程」が問題なのです。

貴殿が書かれた「m7コードは、1st・♭3rd・5th・♭7th」とか、「aug7コードは、1st・3rd・
♯5th・♭7th」の♭・♯の記号は、絶対位置にある音階を♭または♯させる概念になっており、
本来の和音(コード)は、ルート音から見た相対的な音程、もしくは途中の音階との音程の
関係性(完全音程、長音程、短音程、増音程、減音程)で表さないといけないのです。

ですから、「m7コードは、ルート音とルート音から見て、短三度・完全五度・短七度の音で構成
される」と言うか、もしくは「m7コードは、ルート音に短三度と更に長三度・更に長三度の音で
構成される」と表現しないと理論的にはおかしくなってしまうのです。
完全・長・短・増・減が分からない人には、例えば、ルート・半音3つ・更に全音2つが2回と
いうような感じで表現するしかありません。

>マイナーコードを説明するのに、「短3度」や「マイナーサード」と言う言葉を使うのが
>正しいのに「フラットサード」と言っていたのは誤りでは?と考えるようになりました。
の行(くだり)にあるように、「フラットサード」は誤りです。
三度の音程は「長三度」と「短三度」があるため、フラットサードというと三音程目を♭させる
ことになり、どちらを言うのかが分からないためです。
理論上は、長三度を♭させると短三度になり、短三度を♭させると「減三度」と呼びます。
※減三度は、長二度と同じ音になりますが、理論上は、短三度を♭させた音と理解します。

ゴチャゴチャ書き過ぎましたね。すみません。 <m(__)m>  ここで整理しましょう。
(1)♭・♯の意味は、普通に考えて良いです。ある音階を半音分下げる・上げると言う意味です。
(2)♭・♯には音程(ある音とある音との関係性・隔たり性)を短くしたり、長くしたりと意味は
   ありません。これを意味するのは「長音程」「短音程」です。
(3)音程の関係性を簡単に示すと、以下のようになります。
   
   ★減音程←♭【完全音程】♯→ 増音程   例:減四度 ←♭【完全四度】♯→ 増四度
   ★減音程←♭【短 音 程】♯→ 長音程   例:減三度 ←♭【短 三 度】♯→ 長三度
    ★短音程←♭【長 音 程】♯→ 増音程   例:短三度 ←♭【長 三 度】♯→ 増三度

(4)何故、「完全」音程と言うのか?は、他の方への私の回答を参照してください。
   http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7293289.html ⇒ No,2が私です。


   ちなみに、音の関係性を表す「音程」は和声学に属します(…と記憶しています)が、
  何故、和「声」なのか? 和「音」ではないのか?

   これは、男性と女性の「声」がこれらの基礎になっているからです。
   男性と女性の声は約1オクターブ分違いますが、男性の最低音と女性の最高音は4オクターブ
  以上の差があり、これが基礎になって理論や音程等が発展したので和声と言われ、後に楽器の
  音の関係性や音階等に発展していきました。
   和声の基礎である低音に三和音(トライアド)が乗っかった4つの和音に発展しました。
   今でもコーラスは、バス・テノール・アルト・ソプラノの4段階ありますし、弦楽四重奏では、
  チェロ、ビオラ、バイオリンが2つの4つになっていますね。
  

以上です。 お役に立ったでしょうか? 超長文、失礼しました。
楽しい音楽ライフを!

はじめまして。 ベース歴:約40年、52歳の男性です。
プロファイルにもちょこっと書きましたが、若い頃に楽典や和声学を少々勉強してましたので、
私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問のタイトルの「Cm7(♭5)」の読み方ですが、他の回答者の方も言われている通り、
「シー・マイナーセブン・フラットファイブ」が一般的だと思います。
正確(?)に言うならば「シー・マイナーセブンス・フラットフィフス」になろうかと思いますが、
ちょっと読みにくいというか、語呂が悪いというか…、...続きを読む

Qフランクシナトラのマイウェイのギターコードと歌詞をご存知の方お願いします。

恩師が移転するので、(恐らく)大好きであろうこの曲を贈りたいのですが・・検索しても引っかかりません。無料で見つけたいのですが、どなたかご存知の方お願いします。

日本語の歌詞でも良いので知りたいです。できれば原曲を歌いたいのですが・・どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

"my way" lyrics chord で検索したらいっぱいでてきましたよ。
その中で、わかりやすそうだったところのリンクはっておきますね。

参考URL:http://www.chordie.com/chord.pere/getsome.org/guitar/olga/chordpro/s/Frank.Sinatra/MyWay.chopro

Qギター初心者なんですがアンプを買いたくて40Wって音小さいですよね?

ギター初心者なんですがアンプを買いたくて40Wって音小さいですよね?

教えて下さい

Aベストアンサー

現在はマルチ等でクリーンも含め全ての音色を作ってしまう使用用方法も多くその場合は、アンプ本来の使い方、必要位置にVRをセットするだけです。
ディストーションサウンドでもアンプの最小音から、その音で鳴ります。
従って音量に酔いしれる必要が無い自宅等で小音量のディストーション音色演奏が可能です。

Fender Ampはダイアル目盛最小が1、VR目盛2の位置で小音量ながら良い音色が得られます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報