サルモネラ菌は、何種類に分類されてるようですが。一般的に、経口感染すると聞いてますが、感染しないサルモネラ菌というのは、あるのでしようか?
それと、二次感染についてもお願いします

A 回答 (2件)

こんにちは。



以下が参考になると思います。

http://www02.so-net.ne.jp/~twhc/t_salumo.htm

感染しないサルモネラもいますね。というより大半がそうです。

但し「感染しない」という意味を「人の腸に住むことができない」ととるとちょっと返事のしようがないですね。大抵の菌は住もうと思えば住めると思うので。

感染経路は、経口感染で二次感染としては、下水道の未整備で、排泄物から環境に散った菌が水、食物を通して口に入る、かつて日本でも腸チフスが流行した、また、現在発展途上国で発生しているパターン、他に、病原体を持っている人が排泄の時に手を汚染してそこから食物に紛れ込むパターンなどがあります。

チフス菌では、菌が胆嚢に寄生して症状を出さない保菌者というのが生じる事があり、医療関係の学校ではこの実例である「チフスのメアリー」という有名なお話を大抵習います。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「見えない存在・微生物毒:サルモネラ菌」

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=32384
この中でzarastro21さんの回答が詳しいようです!

さらに、以下の成書が参考になるのではないでしょうか(内容未確認!)?
=================================
細胞内寄生菌の基礎と臨床/三橋進∥〔ほか〕編/ライフサイエンス・メ…/1996.10
医科細菌学/吉川昌之介,笹川千尋…/南江堂/3001.3 
新細菌学入門/牛場大蔵,斎藤和久/南山堂/1999.1 
戸田新細菌学/天児和暢,南嶋洋一/南山堂/1997.8 
医科細菌学/吉川昌之介/南江堂/1995.7 
===================================

ご参考まで。

参考URL:http://www.aya.or.jp/~karuma/bi.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手洗いで二次感染が防げる、しろうとにもわかる解説がほしいです

手洗いについて、いろいろなサイトを見たのですが、よくわかりませんでした。

・感染症の多くは、皮膚についた菌が口から入って発症する。
・感染した人からうつる2次感染の予防には、手洗いが最も効果的。

このようにかかれていて、手洗いで二次感染が防げるのはわかるのです。そこで「風邪やインフルエンザなどの他人の菌が口に入る」ということが具体的にイメージできるようなことを教えていただけますでしょうか。

他人の菌が口に入るというのは、学校や飲食店で、風邪を引いている人のくしゃみを浴びる、誰が触ったかわからないような手摺りや蛇口をなめてしまうとか、こういうことが思いつくのですが、これって、手洗いをしていても関係のないことですよね。

石けんで手洗いをしなかった時、他人の菌が自分の口に入る、そのケースというか、経路をいろいろ知りたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戸外、特に公共の場所では、手で直接触れる共用部分が多いかと思います。ドアの取っ手や吊り革、握り棒、手すり、エレベータのボタンや、店舗で陳列された商品を選んでいる、モノを手渡しされる、握手をする、他人に触れる、など様々な場面で、手というものは無意識のうちに色々な物に接触しています。それら自分が接触するものは、他人も接触するもの、ということになります。セキをする時に、口を手で覆う人も多いかと思いますが、その時に掌に細菌類が付着してしまえば、それで触れた部分には細菌類が付着してしまいます。

また同時に、手というものは自身にとっても大変便利なもので、菓子などを食べる際や、飲料のキャップを開ける、袋を開ける、ストローを差し込む、などの際にも「直接口に入る部分に」触れてしまう場面があります。
また、癖で唇をいじる、手で触った鉛筆をなめる、鼻をほじる、目をこする、性器に触れる、掻爬する、などの形で手に付着した細菌が粘膜や微小な傷から侵入することもあります。

加えて、手洗いをせずに自室で過ごす習慣がついてしまうと、外で拾って来た「手に付着した細菌類」が、自室の様々な物に付着することとなります。化粧品はもちろん、顔を拭くタオルやテレビのスイッチなど、思いもかけない部分に頻繁に触れています。

これらはいつも何気なく習慣として自動的にやっているだけに、注意して行動して防ぐというのは難しいものです。このような形で、「口等→手→(物→)手→口等」という経路が想定されているわけです。

場合によっては、手洗いで「手を洗う前に触って開栓した水道の栓に、手を洗った後に触れて閉じる」ことを防ぐため、「閉じるときは使い捨てのペーパータオルを使って触る」というような作業をすることもあります。

実際のところは、手洗いだけで「完全に防ぐ」ことは不可能ですし(顔や服に付着していることもあるので)、あまり極端に気にし過ぎて行動が制約されてしまうのも考えものかとは思いますが、人間の体の部分で、ほぼ常に露出したまま、他者との関係で一番よく使う部位である手を常に清潔にしておくというのは、そうした実利的な意味の他にも、「清潔にする習慣」というものを意識するためにも大事なこととも思われます。

戸外、特に公共の場所では、手で直接触れる共用部分が多いかと思います。ドアの取っ手や吊り革、握り棒、手すり、エレベータのボタンや、店舗で陳列された商品を選んでいる、モノを手渡しされる、握手をする、他人に触れる、など様々な場面で、手というものは無意識のうちに色々な物に接触しています。それら自分が接触するものは、他人も接触するもの、ということになります。セキをする時に、口を手で覆う人も多いかと思いますが、その時に掌に細菌類が付着してしまえば、それで触れた部分には細菌類が付着して...続きを読む

Q日本女性に梅毒感染者激増中 中国では紙幣から梅毒感染 梅毒は強力な感染力で猛威を振るっている。 どう

日本女性に梅毒感染者激増中
中国では紙幣から梅毒感染
梅毒は強力な感染力で猛威を振るっている。
どう予防すべきですか?怖くて町も歩けません❗

Aベストアンサー

町なんか歩いても梅毒に感染しません。紙幣からも感染しないです。質問者様の免疫力がよっぽど低下していない限り大丈夫です。

Q口唇ヘルペスに感染した可能性があるのですが、それらしい症状は一切出てい

口唇ヘルペスに感染した可能性があるのですが、それらしい症状は一切出ていません。
この場合、積極的な検査や治療をする必要はありませんか?
放っておけば治るとネットで見たのですが、症状がない場合の対処法を見つけられませんでした。
この先誰かに感染させてしまうことがあってはいけないので、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘルペスウイルスは、ほとんど全ての人が感染する普通の病気です。
ですのであまり神経質になる必要は有りません。
普通に衛生的に生活し、免疫力を低下させないように健康管理していれば、
感染しても発症しない病気です。


症状が出ていなければ、積極的な検査や治療も不必要です。
また、症状がない場合の対処法も特には不要です。
偏食をせず、適度な運動をし、十分な睡眠を取る。
風邪などの予防をし、免疫力の低下を防ぐ。
これだけで十分です。

Qクラミジア感染の可能性、感染経路

排尿時に違和感があったため、3日前に泌尿器科を受診しました。尿検査をして「尿道炎だと思います。クラミジアの可能性があります」とのこと。次回もう一度尿検査をするそうです。ジスロマック4錠を一回飲めば大丈夫だと言われ、翌朝飲みました。次回、いつ頃来るようにという指示がなかったのですが、どの程度で効果が出るものなのでしょうか。
またクラミジアだった場合、性行為による感染と考えてほぼ間違いないと思いますが、この1年は特定の相手としかしてない(頻度は1~2週間に1回程度、コンドームは使用してません)ので、一般的な潜伏期間で考えると、その相手が他の男性と性行為に及んで感染し、そこから私に感染したと推測しています。1回の性行為で感染する可能性や潜伏期間が長くてどの程度なのかがわからないので、なんとも言えないのですが…。私の考えは妥当でしょうか?確率論で構いませんので詳しい方のアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんが感染しているとはまだ確定していないようですが・・・
まず、性器クラミジア感染症に感染しても、女性の約75%、男性の約50%で何の症状も起こさないので、彼女は自分が感染していることに気づいていないでしょう。

男性では,感染のきっかけとなった性交渉後1-4週間で、尿道炎の症状が起きることがあります。つまり、1-4週間前のsexであなたが感染しています。

感染率が50%ですので、二週間に一回sexをしているとしたら、1/2を(365/14)乗すれば、彼女が付き合う前から感染者であって、浮気をしていないという確率がでます。

また、彼女がもし口(のど)のみにクラミジア感染しているとすれば、1/2を付き合ってからオーラルセックスをした回数乗すれば、彼女が付き合う前から感染者であって、浮気をしていないという確率がでます。

また、あなたの口に感染があり、それを女性器にうつし、そこから男性器へと感染が広まったという可能性もあります。

セックス、アナルセックス、フェラチオなどによりあらゆる性行為が感染源となりますので、思い当たる経路を考えて計算してみてください。

余談ですが、一般的に潜伏期間は数日ですが、感染した病原体が少ないと1ヵ月ぐらい後に発病することもあるらしいです。

ジスロマック錠は効果が持続するので、ふつう1日1回(250mg)、3日間だけ服用します。3~4日後以降に診察に行くのが妥当ではないでしょうか?


放置すると、不妊症になったりするので、早めにおふたりで診察を受けることをオススメします。

参考URL:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se61/se6149004.html

質問者さんが感染しているとはまだ確定していないようですが・・・
まず、性器クラミジア感染症に感染しても、女性の約75%、男性の約50%で何の症状も起こさないので、彼女は自分が感染していることに気づいていないでしょう。

男性では,感染のきっかけとなった性交渉後1-4週間で、尿道炎の症状が起きることがあります。つまり、1-4週間前のsexであなたが感染しています。

感染率が50%ですので、二週間に一回sexをしているとしたら、1/2を(365/14)乗すれば、彼女が付き合う前から感染者であって、浮気を...続きを読む

Q性感染症に感染する可能性は…?

独身・男です。すいません。助けてください。
今日、泌尿器科に行ったのですが、尿を採取しトイレから出る際にドアノブに付いていたどうやら前にトイレに入った人の尿を触ってしまってたらしく、その後気づかずに鼻をほじってしまいました。何か臭うと思い、手を洗ったのですが…性感染症は鼻からも感染するのでしょうか?可能性のある病名はなんでしょうか?あと、感染していないとはっきりさせるには期間をどれだけおいて何の検査が必要なんでしょうか?ウソみたいな話ですが、事実です。自分は本当に心配性なんですが、今回は本当に心配で心配で…パニック状態で仕事も手に付きません。誰か助けてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うわあ、それは嫌な経験をなさいましたね。
私だったらパニックになってると思います。
いくら大丈夫と言われても気持ちのいいものではないし。

ただ、明日病院に行っても感染してるかどうかは判定できないと思います。
潜伏期間というものがあるので・・・

また尿の場合は可能性としては淋菌かクラミジアでしょうね。
HIVはもっとあきらかに血液が混じってないと感染しませんし。
鼻も粘膜ですから感染しないとは言い切れないと思いますが。
ただ、淋菌は寄生する細胞の種類が決まっています。
鼻ならノドのあたり、咽頭部にある細胞にしか寄生できません。
クラミジアはかなり弱い菌ですが潜伏期間が2週間くらいあるので、ご心配なら3ヶ月くらいしてからHIVやB型肝炎も併せて血液検査を受ければ確実でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報