芥川龍之介に関する考察を深めたいと思っています。
特に彼の自殺に至った経緯について詳しく書かれた読みやすい文献などご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

昔吉田精一さんの「芥川龍之介」(前は確か新潮文庫で出てましたが、今はないだろうな…)を読んで、作品論として大変精緻で(でもこちらが素養がなくてちゃんとわかってなかった気がしますが…(^_^;))すごかったです。


ただ、スタンスとして、作品自体を純粋に論じるという感じでした…

今思い出しましたが、内田百閒の小説…ちくまの文庫で一人一冊出てる日本文学全集の百閒のに入ってたんですが、芥川の思い出みたいなのを書いている短編がありました。支那のお土産か何かもらった話だったか…帽子の話だったか…芥川が死んでしまったときの自分を書いていましたね。ご参考に。
小島政二郎の小説もありますが、あの人のはゴシップっぽいからなぁ…それはそれで一つの手法ですが、好き好きで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。m(_ _)m 
参考にしてみます。

お礼日時:2001/08/18 00:36

現代書館かどこかから出ている「FOR BEGINNERS」シリーズの芥川龍之介をかなり前に見て、参考になりました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。探してみることにします。

お礼日時:2001/08/18 00:33

下記は参考文献を紹介されている研究ページです。



芥川、川端、三島、太宰といった作家の場合、
お知りになりたいような経緯が出てくる本はどうしても、
フィクションか、推測、病理学分析のようになりがちで難しいですね。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwjd2293/a-books.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
…しかし、ちょうど今同じサイトを見ていたところでした。文献が多すぎてどれから手をつけていいのか全くわかりません…。いくつか実際に読んで感触をつかんでいくしかないようですね。

お礼日時:2001/08/16 11:43

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ