どなたかご存知の方が居たら教えて下さい。
通常3月頃までに申請をするものだと思いますが、
今から医療費控除の申請は行えるのでしょうか?
昨年末に出産したので、その申請です。
なかなか動けず、今になってしまいました。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大丈夫ですよ!!但し、次の申告時期になります。


今年の分を申告する時期に、前年度分として(用紙は別で、平成12年度版があります。税務署にいかないとないかもしれません)同じようにして申請します。
ですから、万一13年度分も医療費控除を申請するとしたら12年度、13年度と別々の用紙で申請します。(二部必要です)
領収書等も分けて提出します。
そして還付金は一緒に(もし二年分なら)返金されますよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難う御座いました。
税務署に電話するにも仕事中などはしにくいし・・・
嫁はこの様な事は苦手でして・・・
大変助かりました。有難う御座いました。

お礼日時:2001/08/16 15:03

医療費控除などで、税金が戻る場合は、5年間まで遡って確定申告が出来ますから、まだまだ間に合います。



医療費控除の対象になる医療費は、実際に支払った年の分を申告しますから、年末の出産の場合、12月31日までに支払ったものが12年度分で、1月以降に支払ったものは13年度分(来年の申告)になります。
12年度分は、今からでも申告できます。

また、医療費控除で出産の場合は、健康保険などから出産育児一時金などが貰えますが、これはかかった費用から控除して、控除額を計算する必要が有ります。
もちろん、出産以外の医療費や薬局で買った薬なども対象になります。
参考URLをご覧ください。

医療費-10万円または所得金額の5%(どちらか少ない額)=医療費控除額です。

税務署に、源泉徴収票、医療費の領収書、印鑑、銀行の通帳を持っていって、相談すれば書き方を教えと貰えます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/mizikana/sitte/h12 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい内容まで有難う御座います。
計算すると医療費控除額が1万円くらいしかなりそうもないので嫁の腰も重いと思います。
だったら私が動いて小遣いにしようかな?(笑)
子供に玩具買ってあげれそうだし。。。

お礼日時:2001/08/16 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q昨年末で退職したら住民税の特別減額があるのですか?

昨年末に会社を退職して現在勉強中・無職です。
支払っている住民税(市民税・県民税)のことで質問です。

所得税は1月より減額されていて、住民税は6月より増額されているので
昨年退職した人には増税分だけが増えているのは「教えてgoo」で分かりました。

仕方がないので普通に払っていたのですが、先日新聞で
昨年末で退職した人には住民税の特別減額があるような事を見ました。

もし本当にあるのなら申請したいのですが、手続きはどのようにすればよいのでしょうか?
返答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経過措置として、今年の住民税に税源委譲前の税率を適用してもらうことができます。

ただし、一旦、今年請求されている住民税を納める必要があり、
来年7月に自治体に申請して差額の還付を受けることになります。

手続きの詳細は、自治体の市民税課等にお問い合わせください。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q住民税に関して教えて頂きたいです。何卒宜しくお願い致します。私は今年の

住民税に関して教えて頂きたいです。何卒宜しくお願い致します。私は今年の1月まで新潟で働いておりました。退職して6月より現在東京に住居を移し、求職活動をしている無職で無所得です。新潟市より住民税の請求が届き、困っています。去年の所得からの算出で4期に分けて約20万の請求が来ました。無所得でも支払わないといけないのでしょうか?また現在東京に住んでいても全額払わないといけないのでしょうか?控除の手続きなどはあるのでしょうか?もしなければ住んでいた期間分だけ支払うという道理は理解できるのですが、住んでもいない期間の分も支払わなければならないとするとなんとも生き難い感じます。何卒、ご回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>無所得でも支払わないといけないのでしょうか?
そのとおりです。
住民税は前年の所得に対する課税なので、退職予定であったなら、本来税金分をとっておく必要があるでしょう。
減免規定もありますが、それは災害などのやむを得ない事情があると役所が認めた場合だけです。
まあ、新潟の役所にダメ元で聞いてみればいいでしょう。

>また現在東京に住んでいても全額払わないといけないのでしょうか?
そのとおりです。

>控除の手続きなどはあるのでしょうか?
いいえ。

>もしなければ住んでいた期間分だけ支払うという道理は理解できるのですが、住んでもいない期間の分も支払わなければならないとするとなんとも生き難い感じます。
これは法律で決められていることなのでどうしようもありません。
前にも書きましたが、住民税は前年分の所得に対する課税で、去年、貴方は新潟に住んでいたのですから、そこに住民税を納めるのが妥当ではないでしょうか。

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q昨年転職した場合の本年度の住民税

昨年10月に転職をしました。そのとき4期分?の住民税がすぐに来ましたので払いました

今年先月に、固定資産税、自動車の税金、バイクの税金が来ましたので支払いました

今回の会社では、本年度分の住民税は個別にくると聞いていたので、まだ待っているのですが
届いてません。会社の事務の方の勘違いでしょうか?

住民税府民税の支払いは(大阪)何月に支払い書が送付されるのですか?

今月の給与明細を見たら住民税はゼロ円でした。ますます、意味わかりません

会社の事務の方に聞くのがいいですが、個別に来るよとしか聞いてないし、まだ6月に来るのか不明なので、忙しい事務方のお手を煩わすのも気が引けている状態です。来たら払うのですが
いったいいくらなのか恐怖です。

住民税関係に詳しい方がおられると思ったので一度こちらで教えていただきたいです

Aベストアンサー

> 昨年10月に転職をしました。そのとき4期分?の住民税がすぐに来ましたので払いました

昨年度の住民税は払い終えたと言うことですね。

> 今回の会社では、本年度分の住民税は個別にくると聞いていたので、まだ待っているのですが届いてません。会社の事務の方の勘違いでしょうか?

今年度の住民税は特別徴収になって今年6月の給与から来年5月の給与までで12分割で支払います。

> 住民税府民税の支払いは(大阪)何月に支払い書が送付されるのですか?

会社には5月31日までには税額が通知される。それを会社があなたに通知するのは6月の給与支払いのときじゃないかな?
支払い書はきません。給与から天引きです。

> 今月の給与明細を見たら住民税はゼロ円でした。ますます、意味わかりません

そうでしょうね。だって5月の給与からは昨年度の住民税しか引かれませんが,あなたは昨年度の住民税を払い終えているのですから。

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q住民税の申告書が届いています(昨年転職)

何も分からず恥ずかしい限りですが、住民税の申告について教えてください。

昨夏に転職をしたのですが、無職期間が2ヵ月半ほどありました。
前職も現職も会社員(正社員)です。年収は300~400万円程度ですが、昨年は2ヵ月半の無職期間があるのでそれより少ないことになります。
前職で住民税は給料から天引きされてました。現職でも基本的には同じですが、今年6月までは自分で支払う形になっているようです。ちなみに年末調整の書類は現在の会社で昨年12月あたりに提出しています。

で、今回住民税の申告書が役所から送られてきてます。
数年前に転職した際は申告した覚えがないのですが…。
私は申告の必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

昨年に転職されて再就職され、再就職先にて前職の源泉徴収票を提出して合算して年末調整を受けていますね?

であればその申告書は不要です。
自治体では昨年退職という情報から(退職時に市町村に報告が行きます)、退職者に自動的に申告書を送付することがあります。

ちなみにもし前職と合算して年末調整を受けていないのであれば、「確定申告」してください。市町村の申告だけでは不足ですから、税務署にて確定申告することが必要です。(確定申告すると国税の申告と市町村の申告を両方行ったことになります)

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q昨年1月に妻が仕事を辞め、私の扶養に入れました。

昨年1月に妻が仕事を辞め、私の扶養に入れました。
妻の昨年中の収入は扶養内で収めております。
が、今年6月になって役所の手違いで税制上は扶養に入っていなかった事が
判明しました。すぐに市役所に届け出て間違いを訂正してもらい現在に至り
ます。
そして今月になって、配偶者控除の分だけ再計算し、私の住民税の金額が低
く変更になりました。
ここでお聞きしたいのですが、昨年扶養に入れているはずが手違いで入って
いなかった場合、昨年分と今年の5月までの分、住民税を払いすぎている事
になりますよね。これらは役所に届ければすぐに還付など行ってもらえるの
でしょうか。もしくは年末調整などで調整されるのでしょうか。
いずれにせよ払いすぎの分、戻ってくると思っておりますが認識合っており
ますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3です。

>私の21年収入分について配偶者控除が反映されていなかった場合、21年中の所得税を払いすぎていると言う事になると思うのですが。
もし、配偶者控除が反映されていなかったなら、そのとおりです。
でも、役所の手違いで住民税に配偶者控除が反映されていなかった、ということなら所得税の配偶者控除は受けているはずです。
会社から役所に出される「給与支払報告書(源泉徴収票と内容が同じ」に、配偶者控除を受けているようになっているのにそれを役所が見落としたということでしょうから。

会社からもらった「平成21年分」の「源泉徴収票」を見てください。
その中で、「控除対象配偶者の有無」という欄で「有」に印がついていれば配偶者控除を受けています。
「無」の欄に印がついていれば受けていません。

>その場合はどのように対応したらよいでしょうか。
万が一、受けていなかったなら配偶者控除を受けるための確定申告をすれば、その分の所得税は還付されまし。


人気Q&Aランキング