150億光年、180億光年ともいわれている広大な宇宙には、太陽のような惑星が30個ほど存在するというのは本当ですか?だとしたら、その周りにも地球のような惑星があったりするのでしょうか?どうぞ教えて下さい。

A 回答 (6件)

 こんばんは。

最新の研究成果はフォローしきれていない一般人ですので、自信は「なし」にしておきます。

 銀河系の中にさえ、恒星は2千億個程度はあると思われています。そして大宇宙の中には銀河系のような「銀河(島宇宙)」は数千億個はあるだろうと言われていますので、大宇宙の中の恒星の数は本当に無数にあると思われます。

 さて、それらの恒星が惑星を持っているか、ですが、これは観測が難しいため、あまり明らかになっていません。ただし、恒星の見た目の動きや恒星からの光を調べることにより、惑星があるに違いない、とされる恒星は徐々に増えて来ています。(私自身の「カン」では、むしろ恒星ができるときに原始太陽系星雲のようなものが形成され、そこから惑星が形成されることの方がむしろ自然ではないかと思います。太陽系内を見ても木星や土星のような大型の惑星の回りには、衛星が多数回っています。)

 最後に地球のような生命がいる惑星がどれほどあるか、という点ですが、これはまだ何とも言えないと思います。恒星からの距離や惑星の大きさなどの多くの要素が絡んでくると思いますので。

 ただし、私自身の考えでは、これも高度な文明を持った生命体でなければ、案外多くの惑星に生命は発生する可能性があるのではないか、と思っています。以前、火星に生命の発生初期のものの化石があるのでは、と話題になりました。星間雲や彗星の核の中に、生物の発生に必要なさまざまな化学物質が発見されているそうです。
 また、人類のような高度?な文明も、宇宙の中に惑星が無数に存在するとすれば、その「宇宙人」が地球に到着しているかどうかは別として、文明自体はいくつもかならず発生していると思っています。(一部の宗教家にはこのような考えは大変ショックだそうですが。)

 参考URLは一応、国立天文台のものです。ここからどんどんリンクして調べてみてはいかがでしょうか。宇宙とか生命とか宇宙人とかの話は、オカルト的なHPも多いと思いますので、公的なHPを中心に見ていった方が良いと思います。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/index_J.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答(解説)で、すごく分かりやすかったです。
星間雲や彗星の核の中に、生物の発生に必要なさまざまな化学物質が発見されているのなら、もしかして地球のような偶然がおこれば…ですよね!
URLも参考にさせていただきます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 10:47

回答ではないですがNo4.さんの


>夜、肉眼で見える星はすべて恒星
は間違いと言うより説明不足では?

実際、金星などは夕暮れに煌々と光っているのですから。
あれ?今日は木星食じゃなかったでしたっけ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

木星食、テレビで見ました。あんなにはっきり見えるものなんですね。
追加説明ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 10:48

太陽は惑星ではなく恒星ですので、夜、肉眼で見える星はすべて恒星、つまり太陽の仲間ということです。

まー見えるのだけであれだけあるのですから、肉眼でみえないのも含めると、数えられません。たぶん。太陽は大きいみたいに思われていますが、実は恒星の中ではかなり小さい部類にはいります。
 恒星には惑星があると思われるものがいくつか見つかっていますが、そこに生命がいるかというのはわかりません。遠すぎて・・・。
 広大な宇宙に地球以外に生命がいるかというと、すくなくても、いないと証明できないので、いると考えてもいいと私はおもっています。可能性が0でなければ、起こりうるわけですから、地球と同じような奇跡がおきていても不思議ではありません。ただし、証明はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恒星に惑星があると思われるものがいくつか見つかっているのですね。
地球と同じような奇跡がおこっていて、そこに違う文明や社会が生まれているというのも素敵ですよね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 10:38

太陽のような「惑星」 太陽は「惑星」ではありません。

「恒星」です

宇宙は太陽のような「恒星」だらけです・・はっきりいって数え切れません・・

問題は地球のような環境を持った「惑星」をもつ太陽系がどのくらいあるかと言う事ですが,これはあくまでも可能性の問題ですが。

地球の誕生は絶妙のバランスと偶然と,奇跡によって生まれています。
しかし,その発生する確率はゼロではない為,同じような星がある可能性は高いでしょうね・・

あくまでも,可能性ですが木星の衛星のエウロパには生物のいる可能性が高いそうですよ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。間違えてしまいました。でも、そういう間違いを正していただけるので心強いです。
木星の衛星のエウロパに生物が?いやーもっと詳しく知りたいなと思いました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 10:34

太陽のような惑星=恒星 だとすると30個以上存在するのではないでしょうか。


地球のような惑星と言うのが動植物の存在する惑星だとしたら、まだ発見されてはいませんが存在する可能性はありますね。
バクテリア以前のタンパク質レベルの生命なら隕石からも発見されてますので。
そういう意味ではUFOは信じないのですが、宇宙人はどこかの恒星系に存在するのではと思います。
そう思った方が夢があって楽しいですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タンパク質レベルの生命は、隕石から発見されてるんですか?なんかわくわくしてきますよね、そういうのって。ホントにありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 10:25

え~と、ご質問のタイトルは普通に読んだら「太陽(のような恒星)は」と読みたくなるところですが、


本文は「太陽のような惑星」ですね。ご質問の意図に合っていますか?まあ、木星だってもう少し大き
かったら自分で光っていたといわれますから、「太陽のような惑星」があっても不思議はないですけど
(その場合は「連星」とかって呼びそうですね。)ただ、30個ほどというのは、なんか「天文学的」
じゃなくて笑っちゃいそうですね。もっとたくさんあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、ほんとですね。惑星ではなく恒星の謝りです! 
お恥ずかしい(*^-'*)> ぽりぽり
30個というのはなんか聞きかじっただけなので…確かにそんなに広大な宇宙の中に30個というのはなんか現実的というかロマンが無い数字ですね。
いろいろご指摘ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 10:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙の150億光年より先

このサイトでは「半径150億光年より向こうは宇宙の外側です」というような回答が多数ありますが、そんなことはありません。半径150億光年はそれより先は観測できない「地平線」ですが、宇宙は地平線を越えて一様であることが分かっています。これは「地平線問題」と言われ、インフレーション宇宙論がこれを解決したことも有名です。つまり150億光年より向こうは「宇宙の外側」などではなく、こちら側と同じ様な宇宙が続いているのです。それはともかく、150億光年より先のことは分からないはずです。しかし最近の観測では「宇宙は24Gpcより大きい」と言われています(http://www.aip.org/pnu/2004/split/685-1.html 、Cornish et al.:Phys. Rev. Lett. 92, 201302 (2004))。この24Gpcという数字は150億光年より大きいように思います。150億光年より先のことがなぜ分かるのでしょうか。

Aベストアンサー

代入すべき現在の値などに詳しくないのでちょっと混乱してきました.

まだ目を通していないのですが,No.2 で挙げた日経サイエンスの記事
「ビッグバンをめぐる6つの誤解」
の著者の論文をプレプリントサーバで見つけましたのでご覧になってみてください.
http://xxx.lanl.gov/PS_cache/astro-ph/pdf/0310/0310808.pdf

参考URL:http://xxx.lanl.gov/PS_cache/astro-ph/pdf/0310/0310808.pdf

Q150億光年と150億年・・矛盾しませんか?

現在観測される限り 宇宙の大きさは、一番遠いモノの観測で約150億光年(直径300億光年) 宇宙がビックバンで生まれて150億年・・・とすると
光速の半分以上のスピードで 広がった事になりませんか?・・・・なんか  ビックバンで生まれて150億年ってところが、間違っているよーな気がするのですが・・・
 
やっぱり、最近研究している、日本の主張している
高エネルギー線?・・・関係あるのかな???

 どう 思われますか。

Aベストアンサー

宇宙の膨張自体は光速を超えるのは、相対性理論
とは矛盾しないんです。

 相対性理論というのは、局所系の理論と
言われるもので、相互に情報が伝わる
ような限られた空間での話なんです。

 相対性理論は宇宙の至る所で使える
理論のはずなんですが、宇宙空間全体を
一度には扱えないんです。

 それと補足なんですが、ビックバン理論は
最近の宇宙観測の結果から否定されつつあります。

 理由はいくつかあるんですが、宇宙の背景放射と
膨張速度がビックバン理論と合わないんです。

 
 宇宙が1点から爆発的に広がったのだとすると、
爆発の中心付近とそこから離れた部分には
エネルギーや熱のムラが生じているはずなんですが、
背景放射(地球で受信できる宇宙空間からの電波)
はどの方向からも非常に高い、安定したレベルで
一定なんです。

 それとビックバンが始まりなら、膨張速度は
一定か、減速しているはずなのに、加速している
ことが分かったんです。
 宇宙を膨張させているのは、初期の爆発が原因では
ありえないということなんです。

宇宙の膨張自体は光速を超えるのは、相対性理論
とは矛盾しないんです。

 相対性理論というのは、局所系の理論と
言われるもので、相互に情報が伝わる
ような限られた空間での話なんです。

 相対性理論は宇宙の至る所で使える
理論のはずなんですが、宇宙空間全体を
一度には扱えないんです。

 それと補足なんですが、ビックバン理論は
最近の宇宙観測の結果から否定されつつあります。

 理由はいくつかあるんですが、宇宙の背景放射と
膨張速度がビックバン理論と合わないんです。

 
...続きを読む

Q【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回

【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回っているそうです。

地球は太陽を中心に回りながら木星と同じように上下運動をしながら回っているのでしょうか?

地球は毎秒何mの上下運動をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

地球が上下運動してたら

我々は飛んだり跳ねたりしませんか?

Q地球以外の太陽系の惑星が消えたら地球にどういう影響がある?

水星、金星、火星、土星といろいろ惑星がありますが、
この星達が何らかの原因で消滅したとします。地球の核爆弾が
直撃したり、すごい隕石が直撃して一瞬のうちに消えたとします。
この場合、破片とかは考えないことにします。
引力の関係でなんらかの影響が地球にあるとは思いますが、
どのような事が起こると想像できますか?

Aベストアンサー

以前、「N○Kスペシャル」でやってましたョ。

短い期間で見ると、他の天体の衝突の確率が上がり、今のように安全に生命活動ができなくなり、やがてその環境に適応した生命だけが、細々と活動する。
長い期間では、太陽系の引力のバランスが崩れ、地球は太陽へ落ちるか、または弾き飛ばされてしまい、生命そのものが絶えてしまう。

今の地球が安定して生命の活動ができるのも、様々な「偶然」が重なって奇跡に近い状態の環境があるからで、他の惑星の大きさや距離、個数など、大変重要な要因となっています。
特に「外惑星」の影響が大きいとのこだったので、木星や土星がなくなると、割合早い時期に影響は出始めるとと思います。

引力のバランスが崩れて影響が出るのは、数百年、数千年、又は数万年という時間だそうです。
地球の歴史から見れば、ほんの一瞬です。

天体衝突の脅威はただちに問題になるでしょう。

Q太陽系惑星は8個あります。すべて太陽を焦点とする楕円軌道上を公転しなが

太陽系惑星は8個あります。すべて太陽を焦点とする楕円軌道上を公転しながら、それぞれ異なる周期で反時計回りに自転しています。という問題があったのですが、これはあってますか、間違ってますか?
回答宜しくお願いしたします。

Aベストアンサー

【それぞれ異なる周期で反時計回りに自転しています】
                ~~~~~~~~
金星以外の惑星は公転方向に対して逆方向に自転しています。
金星だけは公転と同じ方向に自転しています。
答えは × になりますね・v・ノ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報