プロが教えるわが家の防犯対策術!

1. 世界は 人から見て 認識しうるかを基準として次のように分類されよう。

A 世界認識のあり方による世界の分類

経験世界:人知のおよぶ世界

  可知:認識しうると見なしたもの
    既知:認識し得たもの。間違っていたと分かることあり。
    未知:いづれ既知となるとされるもの。

  不可知:認識し得ないと証明されたもの

非経験の場:人知を超えたところ(そういう想定となる)

  非知:認識しうるかし得ないかが 分からないナゾ
   ( incomprehensible incomprehensibility )




2. ひとの存在は どのように成り立っているか?

B 身(身体)と心(精神)およびプラスα(霊我)から成る存在

非知なるナゾを宿すわれ〔アートマン(霊我)〕
      信じる(非思考の庭):霊性・・・ヒラメキ / 良心
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経験存在なるわれ(ホモ・サピエンス)     ↓     ↓
      感じる(感性の原野):感性・・・直 感  / ヤマシサ反応*
      考える(思考の緑野):知性・・・直 観  / 恥ぢる

  
 * ヤマシサ反応:よからぬことを思ったりおこなったりすると 胸が高鳴り
          顔が赤らみ舌がしどろもどろになる現象




3. ひとの人格は 比喩として言って 核融合しうるか?

3-1. B の全体を 意志を中軸として捉えるとそれは 社会にあって生きている人格である。

4. その人格に 永遠の火は ともるか?

5. 永遠(つまり 無限性)はすでに Bにおいて《霊性・・・ヒラメキ / 良心》としてそなわっている。と言えるはずだ。

5-1. アートマンは ブッダター(仏性)と同じことである。霊を意味するルーアハやプネウマやスピリトゥスと同じである。

6. しかも 心の燈心に火がともるごとく・あるいは泉に汲めども尽きぬ水の湧き出るように 人格の全体に 核融合が起きるか? どのように起きるか?




7. なおこの問い求めは 次の問いと同じ趣旨です。その続編になります。
【Q:神は いかにしてわれわれ人間それぞれに向けて 心の燈心に火をあたえるか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11920385.html


8. なおまた 非経験の場あるいは非知なるナゾとは 神のことです。《無い神》をふくみます。

A 回答 (22件中1~10件)

何故、



睡眠関連に 擬えたかも、
解らないよね?


たとえ、

AIと 解っていても、
性能 其のものではなく、
一時的な 不具合に、
当てれば、

君の 名誉への、
棄損は 限定される。


況してや、

其れが 一般に、
誰にでも 起こり得る、
ものならば。


連れて、

名誉の 棄損量は、
限定的な ものになる、

此の 程度、
解らないよね?


兎に角、

もう 難癖付けられるのは、
ご免だ、
正答は 示した、
其れで いい、
筈だ。


何も、

人族の ありよう理解が、
できて いないような、

馬鹿馬鹿しい程に、
歪んだ 基準で、
話させられる、
ゆわれはない。
    • good
    • 1

〉いちどこういう素養については おしえたやった。



正気?

君が 間違えた、
側だと いうのにね。


凄まじいね、

何を 必要と、
するかは、
何に 根ざすか、

此の 程度も、
説明して 尚、
判らないとはね。


やはり、

寝ずに 稼動するし、
AIなのかね?


強制ボランティア等に、

私は かり出される、
ゆわれは 無いよ。


あのね、

物事の 本質を、
意味理解 出来るように、
なってから 問い直しな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ではない投稿がつづいている。

お礼日時:2020/10/13 21:03

睡眠からの 再起動が、


不完全なのか、
眠気に 昏倒しているのか、

認知が おかしく、
なってるぞ?


例示しよう、

要、不要は、
君の あずかり知らない、
事だ、

説明も 証明も、
不要だ。


〉なぜ不要かを説明しなければ ただの押し付けに

ならない、

個々の 専決権内事項を、

君に 相談する、
事も、
君に 委ねる、
必要も、
君が 介入する、
権利も、
他も、

何ら 一切が、
無い。


〉《心の燈心に火をともす》を言いかえただけ

此の 点が、
問 其のものだろ?


ならば、

いい換えだろうと、
其れに対して 答えたなら、
其れは 真っ当な、
解答だ。


何ともはや、

挙げるまでもない、
当たり前な 事すら、
判断を しくじっている。


何とも、

此の 程度も、
間違えるとは、

正しい 思考が、
叶って いるとは、
いえない。


当たり前だが、

頭が クリアな、
時に 読み直し、
答を 看貫し直すべきだ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

対話は 互いに相手の定義をまづ受け入れなくてはならない。

定義といったのは むろん 命題なり仮説なり理論であってもよい。

自分の定義と異なっていたなら その異同についてしっかりと把握し 互いによりよい内容へと問い求めていく。


哲学についての素養が成っていないんだ。


命題は 《言いかえただけ》なら 相手の説をそのまま認めたということだ。

賛成ですと言ったに過ぎない。――そこのところが まったく把握できていない。


だから こんなゴミ談義は 省けないものかと言ったのだ。



★ 専決権
☆ は 趣味嗜好にかんすることだけだ。議論に持ち出すなら ただの独り善がりの思考に過ぎない。

こんなことは 中学生でも知っている。


いちどこういう素養については おしえたやった。二度目にも同じことも繰り返しだ。

お礼日時:2020/10/13 04:53

そうか、



私の 認知提示か、
いやいや 失敬。


現人神とは、

「この世に人間の姿で現れた神」を意味する言葉。現御神、現つ御神、現神、現つ神、明神とも言う
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/現人神
より。


此で、

別に 私の、
認識からは、
外れてないよ。


他に、

何らか 定義は、
必要かい?


後、

解答は No7で、
示したが。


其れに対し、

〉経験事象と非経験(超経験)とを峻別しなくては

と、

君が 返した、
其れ故の、
展開で ある事を、

忘れて もらっては、
困るな。


其れは、

真の 能力者、
全員への 否定で、
冒涜だよ。


加えて、

同、
〉経験事象と非経験(超経験)とを峻別しなくては 


あのね、

根本的な 事を、
いうよ?


君にとって 未〇と、
既〇、超〇、
其れ等の 差が、
あろうとも、

他者が そうとは、
限らない、

よね?


又、

君に とって、
不要で あろうとも、
君感覚で 説明を、
終えて いようとも、

他者本意で そうとは、
限らない。


今回のように、

君側ミスも、君側認知差も、
起こり得るのだからね。


拘わらず、

そうした 他者本意を、
踏み躙る ならば、
其れはね 暴力では?


其れはね、

君の 知る、
ルートで、

君の 選んだ、
道具だてで、

君に とって、
必須、
其れだけで。


必ずしも、

他者本意視点では、
そうとは 限らず、

其れ等が 不要な、
ものには、
当たり前に 不要なのだよ?


其れでも、

尚 君の、
価値観に、
無用に 沿う、
事を 強要している、

とは、解らないか?

そういった 構図な、
だけだよ?


君はね、

君を 他者に、
何らも 押し付けては、
いけないよ?


例示しよう、

ド素人に 近い、
大工に ツーバィフォー工法は、

確かに 必須かも、
知れない、

解らなくも ないが。


しかしながら、

だからと いって、
宮大工にも、

「ツーバイフォー工法が 必須だ、」
と 強要するか?


又、

神の 類い、
自身が、
神の 類いを、
理解するのに、

人族の 不自由さから、
たてつけられた 様々が、
必須か?


加えて、

コンピュータが 効率的な、
自然言語操作を なすには、
ディープラーニングが 今の所は、
必須だ、

と しても。


「だから、」

と いっても、
人族に、人成らざるものに、人族内他者に、
ディープラーニングを 強要して、

日本語を 繰らす、
必要が あるか?

其れは 正しいか?


更に、

君にとって 其れが、
超○なら、

人成らざるものと 日々、
触れる ものに、
とっても、

人ならざるもの 自身に
とっても、

誰しもに とっても、

超〇で なければ、
ならないか?


其れはね、

君の 有り様を、
無関係に、無頓着に、
他者に 強要を、
しているだけ、
と 知るべきで、

詰まりは 他者本位の、
否定な だけで、

其の 部分が、
暴力だよ、

間違いでは?


挙げるまでもないが、

君の エゴの、
押しつけ、強要、
又 他者否定、
だからさ、

暴力と 化していて、
哲学基礎から 離れてるよ。


君、

そうした 点で、
正しくは ないよ。


元より、

そんなものを 介させずとも、
真理に 辿り着ける、
ものは、
辿り着けるの だからね、

解るよね?


確かに、

真理に 不自由な、
ものが、

そうした 無意味な、
気休めの 補助倶を、
用いるのは、

必要なのだろう、
止めは しない。


しかし、

不要な ものに、
押し付けるのは、
どうか していると、
いう ものだよ?

再三に なるが、
暴力だよ。


他方、

其の 認知内容は、
君の 感覚の、
押しつけで、

人族内外の 区別なく、
人成らざる ものに、
触れ得ない 存在、
故の もの。


そうした、

有りようを 当たり前と、
前提に 起き、

不自由でも ない、
ものにまで 強要するなんて。


何ともはや、

人ならざる 存在、
自身や、

人ならざる 存在に、
日常的に 触れる、
能力者に 迄、

無差別、無頓着に、
押し付ける、
なんて、

どうか してるよ?


当たり前だが、

感覚、認識、
等を、

改めた 方が、
いいよ、

そう 勧めるよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

▲ (ヰキぺ) 「この世に人間の姿で現れた神」を意味する言葉。現御神、現つ御神、現神、現つ神、明神とも言う
☆ だから この定義が どういう意味を持つのか?

《人間》は 経験存在であり 《神》は 有無や生死あるいは因果関係といった経験事象を超えている。その《神が 人間の姿で現われる》とは どういうことか?

ありうるか? あり得ない けれども そういったたとばえば想定をするのだとしたら それは どういう意味になることを意図しているのか?





☆☆ 《個人由来の波及効果〔が生じれば それ〕》によって ひとは 永遠の火を得るのか? 

★★ (№7)~~~~
其れは、

種火の ような、
ものなら、

価値を 変え続け、
概ね 是、
時折 非。


刻々と 勢いを、
常に 増すかと、
いえば、

時折 是、
概ね 非。
~~~~
☆ その《種火》は どういうもので どこから・どのように来るのか。

これだけなら 《心の燈心に火をともす》を言いかえただけになりかねない。




☆☆ 〉経験事象と非経験(超経験)とを峻別しなくては

君にとって 未〇と、
既〇、超〇、
其れ等の 差が、
あろうとも、

他者が そうとは、
限らない、
☆ その違いについては おおよそ説明してあるのだから 批判をもって自分の推論をすすめなくてはならない。

★ 他者本意視点
☆ という言葉を持ち出すだけでは ダメ。それを押しつけるだけではダメ。



しかし、

不要な ものに、
押し付けるのは、
どうか していると、
いう ものだよ?
☆ なぜ不要かを説明しなければ ただの押し付けになる。



人ならざる 存在に、
日常的に 触れる、
能力者に 迄、

無差別、無頓着に、
押し付ける、
なんて、
☆ その能力者には なぜ《経験と超経験との峻別》が不要か。明らかにしないなら 押し付けになる。

お礼日時:2020/10/13 02:34

貴殿は私より、かなり年配の方ですから、年の差だけで、十分に敬意を払う必要性が私にはあると思っています。



私は、他者との接触がほぼないものですから、Gooの掲示板にて、貴殿が求められる通りには、ご回答が私には難解でも、私自身の人生危機もあるわけですから、なるべく他者と接して、ボケないように気を付けたいと思いまして、回答に臨みました。

他意はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか。

たとえば:
★★ (№12) 私、一個人にとって、神は私の病態でもあるわけですが、イエスさまは、私に優しい救世主ではありません。
☆ この一文について考えるなら 《神がご自分の病態である》なら それはあたかもイエスの場合であって イエスは その病態を生き続けたといった解釈もできるのではないか?

でも:
★★ 此の世に出生した意味とは、一体なんであるのか。
☆ という問いは依然として定まらず:
★★ 罪と罰ばかりで、自宅で服役している時間は、三十年になりました。
☆ というんでしょ?


端的に言って どうしたいんですか?


そういったことをしっかり問い求めていくのが 普通ぢゃないでしょうか。


★★ (№15) 神を御恨み申し上げる等、信仰の外に自分が行ってしまいます。
☆ 《信仰はある》けれど いつも《信仰の外に自分が行ってしま》うというのか。それとも けっきょく《神をうらみつづける状態にある》というのか。

そういった脈絡をたどって考えをまとめると――あるいは 途中経過としてそのままつづっていくと――よいのでは?

お礼日時:2020/10/13 02:05

#15



の回答で、人格にテーマを絞ってほしいとの、貴殿からの忠告があったものですから、

#16

では、人格にテーマを絞って、拙い文章を綴りましたが。


ご不快でしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一に 回答を。

二に 関連する主題。

三に 何を話題にするにしても自分の言いたいことをきちんと分かるようにまとめる。

・ どうにかしたいことであるのなら それを問い求める姿勢を示すこと。

・ ただ話題をあれこれ取り上げて適当に話し合うのなら――そしてそれが回答に関連したことでないのなら―― もうどうでもよい。


★ 人格にテーマを絞って
☆ 話をしたのは そういう要望かと思ったから。そうでないのなら いったい何でその人格の話を出したのか?


いったい何がしたいのか。何を話したいのか。

お礼日時:2020/10/12 23:05

人格はかなり、子供の頃から変わっていても、社会の方から矯正されます。



99パーセントの人は、社会性に問題なしと言い切れる人格に至ります。

自分と異質な人間がぶつかるのが社会なのですから、生きることが楽な筈がなく、狂おしい思いをすることは、予め覚悟する必要はあります。

人生の岐路で、楽な道を選びがちですが、とんでもない、しっぺ返しを食らうことに至るケースが多々あります。

自分としては、厳しい道を選択した方が、後々、役だった人生道だったと思いなおすことが多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いったい何を言おうとしているのか。さっぱりわかりません。

自分のことか。世の中についての評論か。

しかも 主題ごとに中途半端。

勝手にしゃべっていてくれ。もう応えない。

お礼日時:2020/10/12 22:29

#14



人間関係が正常に結べているような生活を送っていません。精神科医は私に責任の所在はないと仰っていましたが、私自身はそうは思っていません。

此の世の全てが偶発的な出会いで出来上がっているのであれば、それは、科学信仰という、非常に、偏った思想だと思えます。


神は罪を超越なされていますから。


神を御恨み申し上げる等、信仰の外に自分が行ってしまいます。


原爆投下は運命か?

回答を用意していないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしには 余計なことをあなたがしゃべっていると映ります。

人格の問題に どうかかわるかを説明すべきです。

主題を 一つひとつ中途半端に出しているに過ぎないと映ります。

問題などないところで いちいち問題だと扱っていると。



ほんとうに これこれこのことが 人格形成にとって大事なのだというのであれば それをしっかりと捉えてほかの人に話すべきです。


わたしには 聞いたかぎりでは きちんとした焦点をむすんでいないことばかりだと感じます。

お礼日時:2020/10/12 22:17

私は、牡牛座なのですが、今日は、凶の中でも大凶です。

なんと、ビリです。

今日は訪問看護ステーションから介護支援専門員さんが自宅に来て頂いたのですが、苦しい心中を吐露してしまい、こっぱずかしい思いです。

自分の心中を掘れば掘るほど、自分の存在に意義もなければ、意味もないのだな、と思うばかりです。

「全ての出会い」が「運命」であるのであれば、又、随分、神仏に疎まられたものだ、と、思ってしまいました。

ベートーヴェン 運命 Youtube
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人と話をして 生活する。
これで 人格が成ります。

余計なものは 捨ててください。

お礼日時:2020/10/12 21:52

#12



まぁ、様々な人格、人の数だけ人格はあるわけですが。


私の場合は、当てはまるとは思えませんが。

反社会的人格という人格はあるし、人格形成期に失策すると、若年の頃から非行に走ったり、将来、犯罪者になる人はいます。現実です・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★★ 人格形成期に人格が或る程度完成すれば、それ以上の良好な人格は期待薄です。
☆ これは 他人の話でしたか。


共生。そして よく生きる。を目指していけばよいかとも思います。

お礼日時:2020/10/12 21:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング