プロが教えるわが家の防犯対策術!

中国は今も反日教育をしているのでしょうか?
①電気の普及が7.8割で貧民層の人達も器具さえあれば教育を受けられるという環境が整ってきている。

②テクノロジーの発達により普遍的で多様な教育が主流となり後進的で反日の人を育てにくいかつ効率も悪い。などと人を偏向的にすることに限界がある。

③最近は米中摩擦や欧州に国民ヘイトが行っており日本は眼中にないまたは少し距離が空いた。

というのが考えです。

実態はわからないのです。
ですが自分はしていたとしても昔と比べて反日感情を持つ数は減った可能性が高いと思っています。

実際はどうなのでしょうか?

A 回答 (4件)

中国の若い人に聞いたことがありますが、韓国のように嘘だらけのひどい反日教育はやっていないようです。

 その代わり、戦中時代を中心とした反日映画を毎日のようにテレビで流しているとのことでした。
    • good
    • 0

反日教育は普遍ですよ。

その程度で変わるわけない、変わる必要もない。
    • good
    • 0

していますよ。

それがシナ共産党の基本政策ですから。昔から富と
権力を独占する支配者層は、常に外敵を国外に創造、民の不平不満
が自分達に向かないようにするのが常套手段ですから。
それはムン・ジェインが異常過ぎる捏造歴史教育で反日感情を扇動
しているのと同じ構造です。

尚、国家反逆罪に等しい情報漏洩の源は、今、世間を騒がせている
日本学術会議なる反日左翼団体でございます。
    • good
    • 0

>中国は今も反日教育をしているのでしょうか?



反日キャンペーンを張るときは、新聞でもTVでも学校教育でもやるので目にするでしょう。韓国のように継続的、組織的ではなく、政治面での日本向け反感を反日キャンペーンで発露しているのです。

>①電気の普及が7.8割で貧民層の人達も器具さえあれば教育を受けられるという環境が整ってきている。

地方の農村でも、新聞、TV、学校教育には触れるので、政府の反日キャンペーンをお届けする環境は整っています。

>②テクノロジーの発達により普遍的で多様な教育が主流となり後進的で反日の人を育てにくいかつ効率も悪い。などと人を偏向的にすることに限界がある。

都市戸籍の人は情報を入手する手段が多いこと、海外旅行をできる富裕層が多く実際に海外を見たことがある人も多いので、古典的な反日キャンペーンの効果は低いです。

>③最近は米中摩擦や欧州に国民ヘイトが行っており日本は眼中にないまたは少し距離が空いた。

反日キャンペーンにしろ反米キャンペーンにしろ、中共政府の不満の表明ですから、長期継続するものではありません。長くても1、2年。それでも田舎の純朴な人は騙されて染まります。自身で誤情報を訂正する機会がなければ、猛烈な反日中国人ができあがりです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング