一度だけ取引をした会社からの入金が一年近くたっても確認できません。
何度となく確認をとったのですが、払う意思が感じられません。
取引相手は潰れるような逼迫した状況ではありません。担当者が悪かったのか埒があかない状況です。
支払い予定日は昨年10月。しかし現時点でも入金の確認が取れず。
このような場合、延滞金として更に請求額に上乗せすることは可能なのでしょうか?その場合、どの程度の利率で計算されるものなのでしょうか?
この分野は全くの無知なため、さっぱり見当がつきません。
ご教授ください。
宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

下のkensakuさんの回答でほぼ正しいです。

相手の会社の住所はわかりますよね?そこへ内容証明を出すのがいいと思います。そのくらいなら弁護士を使わないで自分でできます。契約時に特に定めていなければ遅延損害金の利率は年5%です。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/law2.html# …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
やはり内容証明からはじめてみたいと思います。
御専門の方からご指導いただき、力を得たような気がします。
遅延損害金の利率って、思ったほど高いものではないんですね。
びっくりしました。
URLにも早速アクセスしてみました。
併せて御礼申し上げます。

お礼日時:2001/08/17 10:18

確か1年くらいだったと思います。

その間、何もしないでいると、ダメだと思います。
請求書を送り直すだけでも有効です。
思うに、強い態度に出ないと舐められていますね。
    • good
    • 0

延滞のときから、当然に延滞金は発生します(民419)ので上乗せして請求できます。

また、その場合の法定利率は、相手は会社ですので、商事債務になり、年6%となっています(商514)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
延滞のときから延滞金が発生するということは、今回の場合は昨年10月の期日以降からの計算でよいのですよね。
相手が会社だと利率も変わるのですか。
やはり法律関連は難しい。

お礼日時:2001/08/17 10:22

金額にもよりますが、弁護士に相談されてはいかがでしょうか? 普通は内容証明郵便で請求書(督促状)を送り、期限までに支払わねば法的措置をとる、とします。


それで払わなければ、裁判所に「支払い命令」を出してもらいます。それでだめなら裁判を起こして戦う、ということになります。請求をきちんとし続けていないと、時効になることもありますので、ご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。
やはり弁護士に相談という形になるのでしょうね。
会社同士の問題になるので、弁護士を通すのが一番とは思っています。
ただ、自分が担当している件なので、できる限り自分の力で解決に持っていきたいと考えています。それでだめなら最終手段って感じですね。

金額は300万弱。決して少ない額ではありません。
やはりkensakuさんに教えて頂いた順序を元に進めていきたいと考えています。
ところで、請求を続けていないと時効が・・・という件ですが、どの程度で時効になってしまうのでしょうか?

お礼日時:2001/08/17 08:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q取引先倒産-破産手続開始後の状況確認

取引相手先が倒産し、破産手続開始通知書が破産管財人から送付されてきましたが、当方の破産債権届出書送付後何の音沙汰もありません。
長々待っていても、無意味(配当なし)であるなら債権放棄も考えています。
破産管財人は、進捗状況の報告義務などはないのでしょうか?
また個別に状況確認の問い合わせ等は回答義務があるのでしょうか?
今までも何度かこのような事がありましたが、延々と時間だけが経ち、管財人から何の連絡もなかったので、このような際の債権者としての
事故処理方法をご教授いただければと思っています。
どなたか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No1です。

対企業向けだとしての話
>・破産手続開始の通知→債権・債務届出依頼
う~む。この程度ならほとんどの弁護士してきて居るなあ。
ま、債権届出書送ってくるのは裁判所なんだけど。
最近は通知書別紙にスケジュール書いてきているパターンの方が多いなあ

「言ってきた人間だけ嫌々通知」って馬鹿野郎な対応した弁護士は千葉での民事再生法事件担当の某弁護士だけですねえ
当社もつきあい有る別業者から知って社長追求して渋々教えてくれた。
(余り頭に来たので弁護士に文句言ったら「目上の人間に対する対応か!」って文句言われた。案の定債権者説明会では地元業者がほとんどなのに債権者から苦情の嵐。担当者もクレーム言おうとしてあっけにとられた位。地元は完璧見放したって。コレは完璧弁護士の指導・対応が最悪!)

なお、最近は大阪地裁みたいに最初から分配不可と見て「債権届出不必要(必要な時は別途連絡)」なんていう対応する裁判所もあります。

>・債権者集会開催(今後のスケジュールと内容)
債権者説明会は形通りとはいえ普通やっていると思いますよ。

>・債権者集会等での意見聴取を基に議事録を債権者全員に通知
1件だけしてきた弁護士居ましたが、普通はそこまでしない。
債権者説明会で紛糾の結果してきた弁護士が1人居ましたが、個人が絡まない債権者説明会はあっさりしたモンです。なんで出ない場合も多いですね。現地営業所長の対応に任せていますので、馴れた人は一切出ません。

>電話で問い合わせても嫌そうな対応だし。
弁護士の素質だと思いますね。
問い合わせた際に「物件売れないからお宅で買わない?」って売り込んできた弁護士まで居ました。 対応した弁護士の印象から見ると「きちんと説明してくれる人の方が多い」って気がしていますけど。偶に馬鹿な対応する弁護士が居るのも事実ですね。

No1です。

対企業向けだとしての話
>・破産手続開始の通知→債権・債務届出依頼
う~む。この程度ならほとんどの弁護士してきて居るなあ。
ま、債権届出書送ってくるのは裁判所なんだけど。
最近は通知書別紙にスケジュール書いてきているパターンの方が多いなあ

「言ってきた人間だけ嫌々通知」って馬鹿野郎な対応した弁護士は千葉での民事再生法事件担当の某弁護士だけですねえ
当社もつきあい有る別業者から知って社長追求して渋々教えてくれた。
(余り頭に来たので弁護士に文句言ったら「目上の人...続きを読む

Q個人でHP作成や中古パソコン販売を行っている人物と取引をしようと入金し

個人でHP作成や中古パソコン販売を行っている人物と取引をしようと入金したのですが、連絡が取れなくなりました。
その人物は他とは取引を続けている様子です。
弁護士に相談したら、内容証明郵便か口座の凍結、警察に言って告訴の3通りのようです。
相手は実在しており、住所や携帯電話の番号(固定電話は教えてもらえませんでした)もあっている様子です。
(なぜ実在したか分かったかと言うと、社名+名前でブログ開いており、私との取引の事も書かれておりました。かなり馬鹿にされた書き込みでしたが・・・)
ただ、押しかけて解決するか分かりません。(相手は大阪市住吉区、当方は岐阜です)
何か良い解決方法は無いでしょうか?

Aベストアンサー

弁護士の言ったことを全て実行すればいいんですよ。

まず入金したお金を返すように内容証明を送り、
期日までに返金がなければ警察に告訴状を提出。
その後、民事で請求すればいいんですよ。

口座凍結も有効ですね。
相手が自営業ならば、内容証明を送らずとも告訴してもいいと思います。

Q利益相反取引・競合取引・自主取引とは?

利益相反取引、競合取引、自主取引について、どのようなことをいうのか簡単に教えてください。当社は非公開の100%子会社であり、親会社の取締役が代表取締役を務めています。また、当社の代表取締役は他の数社の関連会社の代表取締役を、また、当社の他の数名の取締役も他の関連会社の代表取締役や取締役を務めています。当社は3月決算で6月に定時株主総会を開催いたしますが、そのような状況で、5月と6月(総会後)の取締役会では、どういった内容の議案をかけることが必要でしょうか。

Aベストアンサー

自主取引 (直接取引)
直接取引とは取締役が自ら会社を代表して自分と契約を結ぶことです。
会社の機関としても自分が個人としての自分と売買契約を結ぶよな場合がそうです。

間接取引 これは取締役の債務を会社が保証人になるような場合です。個人と会社の機関は例え同一人物でも法律上別の人格だとされますから現実には自分ひとりど契約を結ぶことができてしまいます。

上記の二つを利益相反取引といいます。

競合取引 (競業取引)
会社の取締役が自己の会社の種類に属する営業を行うことです。
取締役はその会社の部類に属することにはノウハウがあることから自己又は他人のためにその部類の取引をすると会社に損害をあたえることがありますから制限されてます。

このように取引をするには取締役会設置会社なら取締役会の承認を取締役会非設置会社なら株主総会の承認が必要になります。

これは上記の取引する要件であって承認を経ても会社に損害があった場合責任が免除されるわけではありません。

特に直接取引は過失の有無をとわず責任が発生します
これは総株主の同意ないと責任免除できません。

自主取引 (直接取引)
直接取引とは取締役が自ら会社を代表して自分と契約を結ぶことです。
会社の機関としても自分が個人としての自分と売買契約を結ぶよな場合がそうです。

間接取引 これは取締役の債務を会社が保証人になるような場合です。個人と会社の機関は例え同一人物でも法律上別の人格だとされますから現実には自分ひとりど契約を結ぶことができてしまいます。

上記の二つを利益相反取引といいます。

競合取引 (競業取引)
会社の取締役が自己の会社の種類に属する営業を行うことです...続きを読む

Q自分の不当解雇の状況を取引業者に話した場合、会社は信用毀損または名誉毀損で訴えることは可能?

事実不当解雇により闘争中ですが、その状況を在職中に取引のあった業者担当者に話した場合、会社から信用毀損または名誉毀損または守秘義務違反などの理由で訴えられてしまいますか?

Aベストアンサー

守秘義務違反というのは一般的には「職務上知れ得た秘密」ということになりますので、公務員や弁護士、医師等に適用になります。
その内容についてはそれぞれの法律で定められており、刑事罰もあるということになりますが、一般的な社員については、契約の有無になります。労働契約により、守秘義務があるような場合は「職務上知り得た秘密」や顧客情報等を漏洩すれば守秘義務違反になるでしょう。
ご質問のケースは契約関係はないので守秘義務はないと考えて良いかと思います。

信用毀損や名誉毀損については程度問題だと思います。
公然と言いふらして、会社の信用を失墜させるのが目的であれば、該当する可能性はあると思います。
該当しない場合でも、会社としては取引先に話したことにより、取引に影響があったことを証明できれば、不法行為による損害賠償としての請求はできると思います。

Q会社の状況を確認したい

スレ違いでしたらすみません。

とある会社から採用内定が出ました。
しかしこの会社、経常利益が2年連続マイナスなのです。
※数億円単位です

人材紹介から応募した企業で、経常利益については
最近気付きました。しかし人材紹介にこれを相談しても大して
取り合ってくれません。

自分はこれは会社の「安定性」の面で大変気にかけているのですが・・

こういったことを相談できる機関などはありますでしょうか?。
できればその会社が財務上問題ないか確認したいのですが。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

財務上の問題がないかを確認するなら、損益計算書だけ見ても意味がありません。
貸借対照表と一緒に公認会計士などに聞くか、ビシネス本に初心者向けの見方の
説明本が出ているので勉強しましょう。

そういった財務諸表関係の見方は社会人には必要な知識なので、学んでおいて
損はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報