【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

柳生宗矩は"殺人刀"の話の中で「今此3巻にしるすは、家を出でざる書也」といい、「道は秘するにあらず。秘するは、しらせむが為也。」と述べています。これって矛盾してませんか?
門外不出だけれど、秘密ではないって所までなんとなく理解出来るのですが・・・
どなたか彼(宗矩)の表現の真意について教えてください。

A 回答 (1件)

こんにちは。


その本を読んだこともなければ、基礎知識もないので
見当はずれなことを言ってるかもしれませんが・・・

海音寺潮五郎の本で、武芸者の伝書について「技などはみんな口伝とばかり書いていて
他人が見てもさっぱりわからない」とあるのを読んだことがあります。
書そのものはもちろん門外不出だが、書中の技となると師直々にその人物を見、
腕のひとつも試さなければ教えられぬ、ということでしょうか。「隠して教えないのではない、
隠すのは優れた人物にこそ伝えるためだ」とでも言いたいのでは?と、解釈しました。

ご質問を読んで、ひょいと思い出したので、私見ながら書かせていただきました、あしからず。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング