京都のどこかに方位学で有名な寺院があると聞いたのですが、どこか分かりません。
知っている方がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

方位学で有名な神社ですよね。


西大路四条から、(西大路通りの西側から)出ているバスに乗って、
大将軍(たいしょうぐん)というバス停で降りて、不二家(お菓子屋さんの)
を東に入ります、道なりに行くと左手に神社があって、そこです。
名前を度忘れしてしまいましたが、おそらくそこです。
方位磁石みたいなのが祭られていました。
るるぶ京都にも掲載されています。だいぶ前のでしたが、
確認してみてください。
ちなみに、京都在住の時何回か、まいりました。
普通の小さい神社なので見落とさない様にして下さい。
一年前まで住んでいたので、記憶違いでしたらご了承下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました、確認してみます。
詳しく教えていただいてありがとうございます。

お礼日時:2001/08/23 11:56

寺ではなく、一条戻り橋にある清明神社のことじゃないですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
でもちょっとちがうような・・・

お礼日時:2001/08/23 11:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q方位学? 九星気学? 吉方位

吉方位について教えて下さい。
興味が湧いたのでネットで調べてみたのですがいまいちと言うか、全然、分かりません。

年別、月別の吉方位があるのは理解出来たのですが、毎日変わるのかがいまいち分かりません。
参考に見たサイトは毎日ではなく、○日~○日までの表示だった為、毎日変わるんじゃないの?と疑問に思った次第です。

あと、私は七赤金星ですが、そのサイトで調べてみると毎月、いえ、ほとんどの月と言いますか年がら年中、東西南北、凶か大凶でした。

これって、オマエは何もするな、どこへも行くな、じっとしてろ!って意味でしょうか?★☆@⊿

来年、東京の学校に入学を見当しているのですが、私の住む地域からみて東京は北東の位置で、方位で調べてみたらだいぶ先まで?凶でした。当たるも八卦、当たらぬも・・・だと頭では理解しつつも、う~ん~と唸ってる状態です。

説明が長くなりましたが、毎日変わるのかが知りたいです。

専門家の方、詳し方、どうぞご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

気学も元は一つですが、その後研究して多くの解釈ができました。なので見る人によっても全く違ってくる場合があります。仕組みについては専門家の方が答えていますけど、
日盤と言って毎日動く日ごとの方位でさえ、夏至と冬至の近くで動く方向が逆転する見方と一年中同じ順序で移動するものがあります。

多くの人(占い師でさえ)勘違いしているのですが、気学は単純に「悪い方角だから行ってはいけない」というものではありません。気学の基本は「吉凶は動より生ず」で動かなければダメなんです。水が澱めば腐るのと同じく方位は動かなければ五黄で腐るんです。
凶方に動かねばならないのではなく「それより以前に凶方を取っているから、その結果として今、凶方を撮らざるを得ない状況にある」と言う解釈が気学の解釈です。

ですから凶方に動かないから良くなることはありません。代替としての凶災が現れるか、次の発現時期に大きな障害となって現れるかのいずれかしかないんです。
凶方に動かされるなら仕方がない、慈善に判れば取らない対処をするか、今から取ったときの対処をすればいいんです。

その方法とは定期的に吉方を取る事。旅行など大きなものじゃなくていいんです。休日の散歩でも吉方に行って2時間留まるでもいいんです。来年3月までは5ヶ月。4週として20回日曜日があります。小さな吉方でも20回とれば影響はあります。
また毎日の生活の中にも祐気を取る方法があります。勇気も吉方も自分にプラスになる気を取る方法ですが、方位と違って祐気摂取は愛称というものを気にしなくていいし、普通に生活すればいいだけです。逆にゴミをポイ捨てする、無駄使いをする、愚痴をこぼす、決まりを破るなどをしなければイイだけなんです。
急いでいても信号無視をしない、スマホ歩きをしないなど結構難しいですよ。毎日だから180日近くありますね。これだけ取れば影響出てきます。

そして凶方を取った場合も吉方と祐気を取っていくことが大切です。何事も「大難を小難に、小難を無難に」です。この世にいけるもの全て障害を乗り越える事によってのみ進化、進歩を続けてきたんです。障害のないところに進歩はありません。シーラカンスなどを見ても分かる通りです。逆境でも慣れてしまえば障害になりませんから。

気学は吉方や祐気を取って坂道を転げている運気を改善し、上昇させていくのが目的です。
最初は自分で勉強、或いは専門家に見てもらってやるのがいいでしょう。それが出来なければすっかり忘れてしまうことです。死なぬが仏で暮らしたほうが何倍も幸せです。

気学も元は一つですが、その後研究して多くの解釈ができました。なので見る人によっても全く違ってくる場合があります。仕組みについては専門家の方が答えていますけど、
日盤と言って毎日動く日ごとの方位でさえ、夏至と冬至の近くで動く方向が逆転する見方と一年中同じ順序で移動するものがあります。

多くの人(占い師でさえ)勘違いしているのですが、気学は単純に「悪い方角だから行ってはいけない」というものではありません。気学の基本は「吉凶は動より生ず」で動かなければダメなんです。水が澱めば腐る...続きを読む

Q就職先の方位について。気学、方位学に詳しい方お願いします

はじめまして。九星、方位学に詳しい方、お願いします。

現在、就職活動をしている学生です。
とある会社から、内定を頂き2010年4月から働く予定なのですが、その会社がある方位が凶方位(南西)なのです。
南西は、五黄殺・本命殺・歳破らしいのですが
もう少し就職活動を頑張って、凶方位でない会社を探すべきでしょうか?
就職は重要な分岐点だと思い相談させていただきました。

本命:五黄土星 月命:七赤金星です。

方違えというもので、良くなるならば実践してみたいと思うのですが、具体的にどうすれば宜しいでしょうか?

Aベストアンサー

これから話すことは完全に気学ベースのことだから、そりゃあキチガイだ、とかってのはなしでお願いね。
あなた5-7だから今年の南西6白は吉方なのね、だから内定が出た。
しかし今年の南西には破れが回ってる。だから来年の凶方にあたってしまったと解釈できる。

方違えなんていう気休めやるくらいなら西へ引っ越してしまいなさい。
「ええ!そこまでは・・・」
という反応をされたのならあなたの気持ちはその程度ということ。
今年中に今年の吉方西の方角、かつ会社の位置が東にくる場所まで引っ越せば来年は6白方位の会社に勤め始めることができる。

気学に関しては信じる信じないの議論が無限に繰り返されているけど、あなたの人生を振り返って気学のパターンとあなたの体感が相関していれば信じる信じないという次元の問題ではなくなるはず。

こういう時によくある回答として、あなたの気持ち次第、というのがあるけど、そもそも気学なんてものを知って興味をもってしまった段階であなたのきもちは凶方を気にしないではいられないはず。だからこそここで質問までしてる。
もしあなたが気持ちを強く持って凶方位の会社へ勤め始めたとして、大なり小なりトラブルが起こったときに方位のせいにしてああでもないこうでもないと思い悩むのではないかい?

だったら思い切って引っ越すか、それとも、これはアタシの印象に過ぎないんだけど6の破れで来年5の破れってこれはビジネスに関する方位だからヤバイ感じがするね。その会社のこともう少し調べてみてはどうだろう?

これから話すことは完全に気学ベースのことだから、そりゃあキチガイだ、とかってのはなしでお願いね。
あなた5-7だから今年の南西6白は吉方なのね、だから内定が出た。
しかし今年の南西には破れが回ってる。だから来年の凶方にあたってしまったと解釈できる。

方違えなんていう気休めやるくらいなら西へ引っ越してしまいなさい。
「ええ!そこまでは・・・」
という反応をされたのならあなたの気持ちはその程度ということ。
今年中に今年の吉方西の方角、かつ会社の位置が東にくる場所まで引っ越せば来...続きを読む

Q気学方位と遁甲方位

僕は気学方位と遁甲方位を使って実際どちらが効果があるのか調べています
僕の実感では気学方位の方が効果があるような感じです(学問上では遁甲方位といわれてますが...)
両方習われている方、私見でもよいですので、どちらが実際効果あったか、回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

貴方の言われる効果と、私の定義している効果の意味が違うのではないかと思いますが、参考意見としてだからアドバイスとしました。

気学の方位現象の象意が幅広い為、はずれる事は余り無いようです。

遁甲方位は、象意の幅が狭い為に頻繁に、はずれます。

実際効果とは、何を意味するのか不明ですが一般的な表面的意味として当たり、ハズレを指すならば、当たりの多い回数で言えば気学でしょう。

実際効果の意味を実効性を求める為の方位使用をするならば、頻繁にハズレようとも遁甲を選んで使うでしょう。
何故か、ならば遁甲方位を使って頻繁にハズレるのを防ぐ方法があるし、遁甲方位は象意を絞っている為に何の目的でどんな効果を得たいのかという使用目的をも絞る事が出来て返って使い易い為です。

遁甲方位は本来、遁甲方位を単独で使う事には無理がありますから古来から方位三典と言って方位を見る三つの占術を使って吉凶を見定めてから使う物なのです。
そうしないとハズレばかりで使う気がしなくなるからです。

Q気学について‥移転方位が二度も凶方位な場合

八白夫、七赤妻、4歳の娘がいます。

今月29日金曜に西南西の仮住まい賃貸マンションに移転します。
その後、うまくいけば3月もしくは4月に新居のできる南々西に移転予定です。

しかしながら今年は南西が凶方位、特に1月は月まで凶方位なのでは?ということ思い始め大変ショックです。

もう契約も済ませてしまった後なのでどうする事もできません‥
何か、ふりかかる災いを少しでも減らす方法はありますか?また、調べた凶方位が南西というのは間違っていませんでしょうか‥。

気の持ちようかもしれませんが以前凶方位と思われる方位に転居し家族に障害者を出してしまったので、気学を信じています‥

どなたかよきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

奇門遁甲の時盤を用いればいいでしょう。よい方位が取れないときは奇門遁甲風水や紫微斗数風水なども活用しましょう。

Q方位学。方位占い。

こんにちは。不動産会社に勤めるものです。

先日、部屋を探しにいらっしゃったお客さんが、方角を気にされる方でした。
正直心の中ではばかにしていたのですが、その方は仕事で大成功されているようです。
それを知り、(成功したのは方位占いの為だけではないにしろ)方位占いが気になり始めました。

方位占い、方位学をやっている方のみにお聞きします。
守ったために良かった、守らなかったためにこんなひどい目に遭った、そんな経験談を教えていただけませんでしょうか?

はなから信じていない方からの回答は、すみませんが今回は不要です。

Aベストアンサー

こんばんは、はじめまして私は気学を指導しているものです。

体験談や経験は論議がわかっていないと理解できないです。
結果だけ聞いてもほんまかいな~で信じない場合が
ほとんどです。

でもこれを知っているのと知らないで生きているのとでは多きな差があります。

私の知っている限りで悪い方はなくなっていますし、
良い方は本当に大勢されていますよ。

気学(方位学)は事前に身の危険も教えてくれているのです。
現状を変えたり、凶から脱出できますし、病気も回復します。

自分の思いが叶えられる気学です。

方位からだけでなくいろんな事がわかります。

ちなみに、気学は占いではありませんので宜しく~


人気Q&Aランキング

おすすめ情報